LMS365(Learn365 )にアカウントを接続して、Eメール通知、会議室の予約、Microsoft Teams会議を作成する

  • 更新

目次

  • Microsoft 365 アカウントとの接続
  • メールアカウントを接続する
  • メールアカウントの接続を切断する

 

Microsoft 365 アカウントとの接続

各カタログの「Microsoft 365 接続設定」で、LMS365アカウントをMicrosoft のメールアカウントと接続することができます。

Microsoftのメールアカウントと接続することにより、Microsoft Teams等と連携され、カタログの通知をメールで送信したり、Microsoft Teamsを利用した会議室の予約や会議の招待状作成等が利用できるようになります。

※設定にはカタログ管理者の権限が必要です。

 

メールアカウントを接続する

メールアカウントを接続するには、次の手順で行います。

1.LMS365管理センター>カタログ設定>通知を選択します。「通知」画面が開きます。

2.通知画面のメニューバーにある「Microsoft 365接続設定」を選択します。Microsoft 365接続設定パネルが開きます。

3.Microsoft 365接続設定パネルで「LMS365によるメール通知送信、会議室の予約、会議の招待状の作成を有効にする」オプションのトグルを ON にします。

既定では、このトグルは OFF になっています。トグルを ON にすると、モダン認証方法のブロックが表示されます。

モダン認証方法は、ユーザーの認証情報を保存することなく、Azure Active Directory に基づいた安全なユーザー認証と許可を提供します。また、多要素認証 (MFA) などの最新の認証機能を使用できます。

capture1.png

4.モダン認証方法ブロックの「接続」を選択します。

5.クラウドベースのアカウントでサインインします。

接続するアカウントのライセンス要件は以下の通りです。

  • Microsoft Exchange Online(最小プラン 1):通知を送信し、会議室を予約することができます。
  • Teams で会議室を作成するための Microsoft Teams

共有メールボックスを接続アカウントとして使用することはできません。

テナントで Microsoft 365 接続設定を初めて行う場合、設定を行うカタログに関係なく、要求されたアクセス許可に同意するステップが追加で必要になります。同意の項目によって、ユーザーがどのような同意を提供するか決まります。LMS365では、次のことを行うために必要な同意を要求します。

  • 接続したアカウントに代わって、受講者にメール通知や予定を送信する。
  • セッション作成時に会議室にアクセスし、会議場所を設定する。
  • 接続アカウントのカレンダーでイベントや Microsoft Teams 会議を作成、読み取り、更新、削除する
  • 接続中のアカウントの基本プロファイル情報を表示します。これにより、LMS365 管理センターで接続アカウントのメールアドレスが表示され、他の管理者が接続に使用されたアカウントを確認することができます。
  • Microsoft ID プラットフォームのアクセストークンエンドポイントからリフレッシュトークンを受け取り、前回のアクセストークンの有効期限が切れたときに新しいアクセストークンを取得します。
    「組織の代わりに同意する」にチェックすると、組織内の別のアカウントが LMS365に接続されても、再度同意が要求されることはありません。接続する各アカウントが個別に同意する場合は、このオプションにチェックしないでください。
    Microsoft365接続設定が、テナント内のコースカタログでモダン認証方法により既に接続されている場合、新しいユアカウントが接続されても、以前の接続時に「組織の代理で同意」オプションにチェックしている場合は、同意の許可は要求されません。
    Microsoft Graph API for LMS365 を使用してセッションの Microsoft Teams 会議を作成および予約するには、追加の同意が必要な場合があります。(更新を必要とする古い同意の場合に限り、1 度だけ許可します。)たとえば、パスワードを変更すると、付与された同意は古いものとなります。「同意」を選択して続行します。

capture4.png

6・「保存」して、アカウント接続を完了します。

接続されたアカウントには、LMS365から自動送信されるテストメッセージが届きます。

capture3.png

  • 何らかの理由でLMS365とカタログの接続アカウントとの接続が切れた場合、LMS365アプリケーションはメール通知の送信を停止します。この場合、そのカタログで活動するユーザーは、LMS365からの通知を受け取れないことになります。このような状況が発生した場合、LMS365はカタログ管理者とLMS管理者に、 LMS365とアカウント間の接続を再確立する必要があることを自動的に通知します。
  • LMS365は、メール通知の処理に Office 365 の電子メール配信方式を使用しています。配信に問題が発生した場合、管理者は「Exchange Onlineの NDR エラー "550 5.7.1" を修正しました」をご参照ください。
  • メールボックスへのアクセスをLMS365が取得する過程で問題が発生し、次のようなエラーメッセージが表示される場合があります。
    "The mailbox does not exist; This error can happen because Microsoft 365 license limitations or changes in the settings"
    この場合、
    アカウントのSMTPクライアント認証が無効になっていますので、アカウントのSMTPを有効にしてください。手順についてはこちらをご参照ください。

 

メールアカウントの接続を切断する

接続されているメールアカウントを切断するには、次の手順で行います。

1.LMS365管理センター>カタログ設定>通知を選択します。「通知」画面が開きます。

2.通知画面のメニューバーにある「Microsoft 365接続設定」を選択します。Microsoft 365接続設定パネルが開きます。

3.Microsoft 365接続設定パネルで「切断する」を選択し、確認ダイアログで「OK」を選択します。

アカウントが切断されると、LMS365 とクラウドベースのアカウントが再接続されるまで、LMS365 は通知や招待を送信しません。

4.「保存」します。

Microsoft365_______.png