Microsoft 365接続設定

  • 更新

LMS365 による通知の送信や、セッションで会議室の予約を行うには、コースカタログ管理者がコースカタログ毎に「Microsoft 365接続設定」を構成する必要があります。

ここでは、Microsoft 365接続設定についてご説明します。


アカウントの接続

Microsoft 365 接続設定はコースカタログ毎に、次の手順で行います。

1. LMS365管理センターのコースカタログ管理ページで、カタログ設定>通知を選択します。

2.開いたページの左上にある「Microsoft 365接続設定」 を選択します。

capture1.png

3.「LMS365によるメール通知送信、会議室の予約、会議の招待状の作成を有効にする」オプションを有効にします。既定では無効になっています。

capture2.png

4.モダンまたはクラッシックのいずれかの認証方式を選択し、以下のそれぞれの手順に従ってください。

capture3.png

モダン認証:

モダン認証は、ユーザーの認証情報を保存することなく、Azure Active Directoryに基づいた安全なユーザー認証と許可を提供するため、この方法を強く推奨します。また、多要素認証(MFA)などの最新の認証機能ご利用できます。モダン方式の設定は以下の手順で行います。

① 認証方法で「モダン」を選択します。

② 接続ボタンをクリックします。

③ 通知メールの送信に使用するアカウントでサインインします(同じアカウントが、会議室の予約やMicrosoft Teams会議の作成に使用されます)。メール配信に使用するアカウントは、クラウドベースでなければなりません。また、このアカウントはSMTPクライアント認証が有効でなければなりません。なお、共有メールボックスを接続アカウントにすることはできません。

テナント内のどのコースカタログに対して設定するかに関わらず、テナント内で初めてMicrosoft 365 接続設定を構成する場合、管理者は LMS365が次のことを行うために必要な権限の要求を承諾してください。

  • 接続したアカウントに代わって、受講者に通知メールや予定を送信する
  • セッション作成時に、セッションの場所として会議室にアクセスする
  • 接続アカウントのカレンダーでイベントや Microsoft Teams 会議を作成、読み取り、更新、削除する
  • 接続に使用されたアカウントを確認できるように、LMS365管理センターのUIに、接続中のアカウントの基本プロファイルにある「電子メールアドレス」を表示します。
  • 有効期限が切れた場合に新しいアクセストークンを取得するために、Microsoft identity platform access token endpointからリフレッシュトークンを受け取ります。

「組織の代わりに同意する」にチェックすると、組織内で別のアカウントが LMS365 に接続されていても、再度同意が要求されることはありません。以降、テナント内のコースカタログでモダン認証方式が構成されている場合は、これらの許可は要求されません。

接続されている各アカウントが個別に同意するためには、このオプションのチェックはお勧めしません。

capture4.png

新しいユーザーアカウントが接続され、以前の設定で「組織の代理で同意する」オプションが有効になっていない場合を除き、既にMicrosoft 365 接続設定が、テナント内のコースカタログでモダン認証方式により設定されている場合、これらの許可は要求されません。

LMS365がメールボックスにアクセスする際、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

  • メールボックスが存在しません:このエラーは、Microsoft 365のライセンス制限、または設定が変更されたことにより起こります。
  • アカウントのSMTPクライアント認証が無効になっています:この場合、アカウントのSMTPを有効にします。手順についてはこちらをご参照ください。

クラシック認証:

Microsoft は、2022年10月1日にExchange Online の Basic認証を廃止するため、この日以降、クラッシック方式での認証ができなくなります。

また、この廃止に伴い、LMS365の通知についても、Microsoft 365 接続設定でクラッシック認証を使用しているコースカタログについては、機能しなくなることが予想されます。

コースカタログのMicrosoft 365接続設定でクラッシック認証を使用している場合、2022年9月30日までに、モダン認証への変更をお願いします。

クラシック認証は、ユーザーのログイン名とパスワードを必要とする基本的なExchange/SMTP認証方式です。

既にMicrosoft社が基本認証のサポートを終了することを発表しているためクラッシック認証の使用はお勧めできませんが、ご使用いただくことはできます。

クラシック認証方式を使用する場合、アプリケーションの一部の機能が使用できなくなります。

クラッシック方式の設定は以下の手順で行います。

① 認証方法で「クラシック」を選択します。

② Office 365のEメールアドレスとパスワードを入力します。

capture6.png

多要素認証が有効な場合、Microsoft 365アカウントと接続するためには、アプリのパスワードを作成する必要があります。パスワード作成についてはこちらをご参照ください。

5.保存すると選択した認証方法で接続されます。設定を破棄する場合は「キャンセル」ボタンをクリックします。

capture5.png

接続されたアカウントは、LMS365システムから自動的に送信されるメッセージを受け取ります。

何らかの理由で LMS365と接続されているアカウント間の接続が失われた場合、LMS365 は電子メール通知の送信を停止します。これは、上記のカタログを使用しているユーザーが、LMS365 からの通知を受け取らないことを意味します。このような状況が発生した場合、LMS365はコースカタログ管理者とLMS管理者に、 LMS365とアカウント間の接続を再確立する必要があることを自動的に通知します。

通知メールについては、Office365のメール配信を採用しています。配信に問題が発生した場合、管理者はこちらのページをご参照のうえ問題の修正を行ってください。

アカウントの接続切断

接続されているアカウントを切断するには「切断する」ボタンをクリックします。

メッセージを確認して「OK」ボタンをクリックします。接続を切断すると、上記の手順で再度接続するまで、LMS365は通知や招待を送信することができませんのでご注意ください。