無料トライアルと製品版へのアップグレードについて

  • 更新

LMS365無料トライアルは、月間100人までのユーザーを登録することができる無料のサブスクリプションです。

ここでは、無料トライアルで利用できる機能、ライセンスの使用制限、製品版へのアップグレード方法、製品版にアップグレードした際のリソースの取り扱いについてご説明します。

1.無料トライアルで利用できる機能

LMS365 では、お客様のニーズに合わせて様々なサブスクリプションプランをご用意しています。

無料トライアルでは製品版で提供されている機能のうち、次の機能をご利用いただけます。

  • LMS365モバイルアプリ
  • スキルフレームワーク
  • LMS365 Microsoft Teamsアプリ
  • LMS365APIへのアクセス(制限あり)

2.ライセンスの使用制限

無料トライアルのライセンスは以下の範囲でご利用いただけます。

  • テナントに1つのコースカタログを作成できます。
  • カタログ内に8つのコース、またはトレーニングプランを作成できます。
  • 1ヶ月あたり最大100人の新規受講者を登録することができます。

APIメソッドは、一般的な無料トライアルの制限に従います。例えば、コースの消去エンドポイントは利用できません。

3.製品版へのアップグレード

製品版ライセンスをご購入いただくことで、機能制限なくLMS365をお使いいただけます。
製品版の購入に関しましては、営業担当者よりご連絡させていただきますので、以下のフォームよりご連絡をお願いいたします。

お問い合わせフォーム

4.リソースの取り扱い

無料トライアルで作成したコースやトレーニングプランは、引き続き製品版でご利用いただけます。