LMS365 API と Postman での認証

  • 更新

LMS365 APIを使用するには、APIキーによる認証が必要です。APIキーはPostmanでの認証にも使用します。

ここでは、APIキーの取得方法と、LMS365 APIおよびPostmanでの認証方法についてご説明します。

LMS365 APIキーの取得

必要な役割:LMS 管理者、または Microsoft 365 グローバル管理者

LMS365では、グローバル管理者によって「読み取り専用」または「フルコントロール」の2種類の APIキーを複数生成することができます。

以下の手順で必要な権限レベルのAPIキーを取得できます。

1.LMS365 管理センター>グローバル設定>API キー管理 に移動します。

2.目的の APIキーを選択し「APIキーをコピーする」を選択します。

authorize with an API key1.png

LMS365 APIで認証する

APIキーを取得したら、このキーを使ってLMS365 APIへのアクセスを承認することができます。

  1. https://api.365.systems/ にアクセスします。
  2. 画面を下にスクロールすると「LMS365 Cloud API」があります。
    「Authorize」ボタン、または使用するAPIエンドポイントのロックアイコンを選択します。
    利用可能な認証ページが開きます。

    authorize with an API key2.png

  3. Basic authorization の下で次のように入力します。
    Username:api
    Password:コピーしたAPIキー

    capture3.png

  4. 「 Authorize」を選択して承認を行います。キャンセルする場合、「Close」を選択します。

認証後にLMS365 APIからログアウトするには

  1. 「Authorize」ボタン、またはAPIエンドポイントのロックアイコンを選択します。
    利用可能な認証ページが開きます。
  2. Available authorizationsウインドウで「Logout」を選択します。

    authorize with an API key4.png

Postmanで認証する

  1. 「 Authorization」タブに移動します。
  2. 「タイプ」ドロップダウンメニューから、「Basic Auth」タイプを選択します。
  3. Username と Password フィールドに入力します。

    Username:api
    Password:コピーした API キー



    basic_auth.png

  4. 「Send」を選択します。

認証データは自動的にリクエスト内に含まれ、リクエストが送信されるたびに使用されます。