マイトレーニングダッシュボード>トレーニングセクション2

  • 更新

使用できるアクション

トレーニングのカードには次のアクションがあります。

コースまたはトレーニングプランの閲覧

トレーニングを見るには、以下の方法があります。

  • トレーニングのタイトルをクリックします。
  • 矢印のアイコンをクリックします。
  • ドットメニューの「コースを閲覧」をクリックします。

   mceclip1.png

次の場合、「コースの閲覧」または「トレーニングプランの閲覧」アクションは表示されません。

  • 非公開(公開終了も含む)で、受講のステータスが「未開始」、「受講中」、「完了」のコース
  • インポートされたコース
  • 完了済みの削除されたコース
  • 削除されたコースカタログの完了済みコース

コース起動:

コースにある学習項目を再生するには、コースの画像をクリックするか、アクションメニューから[コース起動]を選択します。
mceclip2.png

LMS365プレイヤーに直接リダイレクトされます。

注記: 受講中、または完了した公開中のトレーニングのみでコース起動が使用できます。

 

トレーニングプランに含まれるコース一覧:

トレーニングプランに含まれているコースを表示するには、トレーニングプランカードの「コース一覧」をクリックします。

mceclip3.png

注記:

トレーニングプランのコースに前提条件が設定されている場合、受講者がロックされたコースにアクセスするには、前のコースを全て完了する必要があります。

mceclip4.png

 

セッションの詳細

セッションを表示するには、「セッションの詳細」をクリックします。

mceclip5.png

セッションの開始日、連絡先、セッションの場所または会議URLが表示されます。mceclip6.png

注記: セッションにインストラクターがいる場合は、連絡先にインストラクター、またはコース管理者が表示されます。

 

コースまたはトレーニングプランの再受講

次の場合、受講者はトレーニングの再受講ができます。

  • 認定証の有効期限が切れているか、期限が近づいている場合
  • LMS365管理者がコースオプションの「認定証またはコンピテンシーが有効な場合でも、受講者による完了したトレーニングの再受講を許可する」を有効にしている場合

mceclip7.png

注記: トレーニングプランとこのトレーニングプラン内にあるすべてのコースの進捗はリセットされます。受講者は再受講してコースを完了することができます。

 

トレーニングの受講申請を解除

トレーニングの受講申請をキャンセルするには、「受講解除」をクリックします。

mceclip9.png

キャンセルメッセージを入力し、OKをクリックするとウエイトリストから削除、または受講申請が取り消されます。

受講の解除:

トレーニングから登録解除するには、[登録解除]をクリックします。

mceclip10.png

キャンセルメッセージを入力して受講を解除します。

注記:

次の場合、受講者はトレーニングから登録解除できません。

  • ADグループを介してコースに登録された場合
  • コース、トレーニングプランの「受講解除を許可しない」オプションが有効の場合
  • トレーニングが既に完了している場合
 

コースカタログが削除された場合、完了したコースはダッシュボードに表示されますが、タイトルは反転で表示され、コースの閲覧、再受講、登録解除のボタンは表示されません。
未開始、または受講中のトレーニングは、ダッシュボードに表示されません。

コースの作成、または編集で「必須コースに設定」オプションを有効にした場合はカードに表示されます。

mceclip11.png

トレーニングプランの場合、作成時または編集時に必須と設定されているか、少なくとも1つのコースが必須と設定されている場合、「必須」と表示されます。

受講者がトレーニングを完了すると、完了日の詳細を表示するツールチップが表示されます。

mceclip12.png

eラーニングコースの期日が設定されると、カードにコースを完了する期日と、残り日数を表示するツールチップが表示されます。

mceclip13.png