テナントからLMS365を削除する方法

  • 更新

LMS365をテナントからを削除する方法と、注意点は以下の通りです。

テナントからLMS365サイトを削除する:

テナント内にあるコースカタログのサイトコレクションを削除します。カタログ内のコースやトレーニングプランも自動的に削除されます。

  1. SharePoint管理センターに移動し、「サイト」>「アクティブなサイト」をクリックします。
  2. 削除するサイトを選択し、「削除」をクリックします。
    mceclip0.png
    確認メッセージが表示されます。
    mceclip1.png
    「削除」ボタンをクリックして削除を実行します。
  3. サイトをSharePointから完全に削除します。「サイト」>「削除されたサイト」をクリックします。
  4. サイトを選択し、「完全に削除」をクリックします。
    mceclip2.png
  5. 確認メッセージが表示されます。
    mceclip3.png
    「削除」ボタンをクリックすると、サイトは完全に削除をされます。
    注記: 削除されたサイトの「完全に削除」はコミュニケーションサイトでのみ使用できます。チームサイトを完全に削除するには SharePoint Online Management Shell で「Remove-SPODeletedSite」を実行します。詳細についてはこちらをご参照ください。

SharePoint App カタログから LMS365アプリを削除する:

  1. SharePoint 管理センターに移動し、「その他の機能」>「アプリ」の「[開く」ボタンをクリックします。
    mceclip4.png
  2. 「アプリカタログ」 をクリックします。
    mceclip6.png
  3. 「SharePoint 用アプリ」にある「LMS365」 と「 LMS365.AccessApp」 を削除します。
    mceclip7.png

Azure Active DirectoryからLMS365関連のアプリを削除する:

  1. Microsoft Azure portal>Azure Active Directoryに移動し、「エンタープライズ アプリケーション]をクリックします。
    mceclip10.png
  2. リストにある「LMS365」をクリックします。
    mceclip11.png
  3. LMS365概要が表示されます。「View properties」をクリックしてプロパティを開きます。
    mceclip12.png
  4. 「削除」ボタンをクリックしてLMS365アプリを削除します。
    mceclip13.png
  5. 「LMS365」を削除した後、「LMS365 API 」と「LMS365 API Client」 についても同様の操作を行い削除します。
  6. 「LMS365」「LMS365 API 」「LMS365 API Client」の削除が完了すると、LMS365 がテナントから削除されます。

ライセンス終了から60日後にLMS365テナントは自動的に削除されます。

ライセンス終了とともにLMS365を削除する場合は、Sharepoint 管理センターでコースカタログ(サイト)やドキュメント、ビデオ、音声、個人ファイルなどを削除してください。

データの消去については「データ消去とメディアサニテーション」をご覧ください。