会議室の作成と設定

  • 更新

クラスルーム&ブレンド研修タイプのコースではコースセッションを開催する会議室を設定することができます。会議室を選択するには、まず、テナントレベルとコースカタログレベルの2つのレベルで設定を構成する必要があります。

注記:先にテナントレベルで設定を行い、その後、コースカタログレベルで設定を行います。

1.テナントレベルの設定

テナントレベルの設定は以下の手順で行います。

1.Microsoft365アカウントがグローバル管理者であることを確認します。SharePoint オンライン管理シェルを使用してLMS365 Exchange Onlineに接続します。

capture1.gif

  •  Exchange Online PowerShell モジュールをインストールします。

    capture2.png

  •  実行ポリシーを設定します。
    C:¥>Set-ExecutionPolicy -Scope Process -ExecutionPolicy RemoteSigned

詳細については、Exchange Online PowerShell V2 モジュールをご覧ください。

注記:使用するアカウントには、LMS365 Exchange Online の権限が必要です。既定値では、Office 365のグローバル管理者のみがExchange Onlineの組織管理権限を持っています。

”A parameter cannot be found that matches parameter name "Roomlist"" エラーが発生した場合、権限がグローバル管理者になっていることを確認してください。

2.Exchange Onlineに接続します。

C:¥>Connect-ExchangeOnline

capture3.png

注記:「Create Powershell Session is failed using OAuth」 という警告が表示された場合は、EXO V 2モジュールの前提条件を確認する必要があります。

capture4.png

3.Office 365 会議室グループを作成します。

注記:下記コード中の 'Rooms for elearning' は一例です。任意の名前をつけることができます。

C:¥>Get-Mailbox -RecipientTypeDetails RoomMailbox -Filter {Office -eq 'Rooms for elearning'} | select -ExpandProperty Alias

C:¥>New-DistributionGroup -RoomList -Name 'Rooms for elearning' -Members $RoomAlias

capture5.png

4.Office 365 管理センターで会議室を作成します。

①  Microsoft 管理センターに移動します。

② 左側のメニューの[リソース]タブをクリックし[会議室と備品]をクリックします。

③ 「+リソースの追加」をクリックし、「リソースの種類」「会議室」を選択して、残りのフィールドに入力します。アスタリスクが付いているフィールドは必須です。

mceclip0.png

④「保存」をクリックすると、会議室が作成されます。

5.作成した会議室のメールボックス(4.メールフィールドに入力したアドレス)を、会議室リスト配布グループに追加します。

今回の例では、このコマンドレットは次のようになります。

C:¥>Add-DistributionGroupMember -Identity "Rooms for elearning" -Member MeetingRoomA@lms365.onmicrosoft.com

capture6.png

重要:このコマンドレットには、手順3.で作成したRoomListの名前と、4.で作成した電子メールが含まれている必要があります。

上記の手順をすべて完了したら、カタログレベルで設定を構成します。

2.コースカタログレベルでの設定

コースカタログレベルの設定は以下の手順で行います。

1.LMS365管理画面の「設定」>「通知]」>「Microsoft 365 接続設定」でコースカタログの通知設定を有効にします。 

コースカタログごとにMicrosoft 365 接続設定を設定します。配信元メールアドレスには次の2.で使用するアカウントを入力します。
メールアカウントが設定されていない場合、クラスルーム&ブレンド研修のコースセッション作成において、会議室の選択ができません。次の警告メッセージが表示されます。

mceclip23.png

2. 以下のコマンドレットをコピー&ペーストして、管理Shellでカレンダーのアクセス権を追加してください。

C:¥>$(Get-Group "Rooms for elearning").Members | % {
$member = $_
$mailBox = Get-Mailbox -Identity $member
Add-MailboxFolderPermission $mailBox":\Calendar" -User admin@lms365.onmicrosoft.com -AccessRights Reviewer}

capture7.png

注記:「 admin@domain.com 」には、上記1.のMicrosoft 365接続設定で入力した配信元メールアドレスを使用してください。

これでクラスルーム&ブレンド研修のコースセッション作成または編集の際に、アクセス権を設定した会議室一覧からの選択が可能になります。

注記: 会議室作成後、24時間以内に予約が可能になります。空室の欄に "はい "と表示されている会議室は予約可能です。お使いのアカウントが特定のルームのカレンダーへのアクセス権を持たない場合、カレンダー上部に警告メッセージに表示されます。

選択リストには最大100の会議室が表示されます。