コースカタログの表示と設定

  • 更新

「カタログ」タブからコースカタログを選択する:

カタログタブのオプション:

LMS365ボットからコースカタログを選択する:

「コースカタログ」タブを追加する:

コースカタログ間を移動する:

 

「カタログ」タブからコースカタログを選択する:

LMS365 Teamsアプリの「カタログ」タブでは、ユーザーがアクセスを持つ複数のコースタログの中から、特定のカタログを選択して表示することができます。

カタログタブを開きます。

mceclip0.png

フィールドをクリックして表示するコースカタログを選択します。フィールドにコースカタログのタイトルや、URLを入力することもできます。

mceclip1.png

指定したコースカタログにアクセス権がない場合、以下のメッセージが表示されます。

mceclip2.png
コースカタログが指定されると、「選択」ボタンが利用できるようになります。

mceclip3.png

利用可能なコースの一覧が表示された「コースカタログ」が表示されます。

mceclip6.png

アクセス可能なコースカタログが1つしかない場合、自動的にそのコースカタログにリダイレクトされます。

 

カタログタブのオプション:

既定値では、「カタログ」タブには、ユーザーが LMS365 Teams アプリから最後に開いたカタログが表示されます。

「カタログ」タブでは、以下のことができます。

コースの表示を、カードビューまたはリストビューから選択できます。

mceclip2.png

表示する順序を設定できます。

mceclip3.png

フィルターを使ってトレーニングを検索することができます。

mceclip4.png

管理者は次の2つが利用できます。

①「Webパーツの設定」でコースカタログの設定を管理することができます。

mceclip6.png

ここで行った変更は、現在のコースカタログに適用されます。他のコースカタログには影響しません。

②Teams でLMS365管理センターにアクセスできます。

mceclip8.png

LMS365管理センターは管理タブに開きます。

mceclip7.png

 

LMS365ボットからコースカタログを選択する:

LMS365のボットを使ってコースカタログを選択することができます。

ボットとチャットに移動します。

「Find Training」コマンドを選択し、Enterキーを押します。

mceclip9.png

ドロップダウンメニューから必要なコースカタログを選択し、「select」ボタンをクリックします。

mceclip10.png

ドロップダウンリストには、ユーザーが次の権限を持つコースカタログが表示されます。
  • コースカタログ管理者
  • コースカタログの訪問者
  • コース管理者
  • LMS管理者

カタログ内の全てのトレーニングを表示するか、フィルタリングして特定のトレーニングを表示できます。

mceclip11.png

 

「コースカタログ」タブを追加する:

以下の手順で、チャンネルのトップに「コースカタログ」をタブとして追加することができます。

「コースカタログ」タブを追加するチームをに移動し、「+」をクリックします。

mceclip12.png

LMS365 アプリをクリックします。

mceclip13.png
表示でコースカタログを選択し、コースカタログタイトルまたはURLを入力します。フィールドをクリックしてドロップダウンリストから選択することもできます。

mceclip14.png

「保存」をクリックします。
コースカタログのタブが追加されます。

mceclip15.png

保存ができない場合は、すべての項目が入力されているか確認してください。
  トレーニングやコースカタログにアクセスできない場合は、ピン留めすることができません。

 

コースカタログ間を移動する:

画面の上部に現在のコースカタログのタイトルが表示されています。

「変更」ボタンをクリックします。

mceclip16.png

コースカタログを選択して、「選択」ボタンをクリックして変更します。

mceclip17.png

コースカタログは独自のカテゴリー設定があります。管理者はウェブパーツの設定で確認、管理することができます。
  複数のコースカタログがある場合、ユーザーは受講者以上の権限を持つコースカタログ間で移動することができます。別のコースカタログに移動するには、「カタログ」タブの「変更」ボタンをクリックしてください。

ライン管理者は、「ダッシュボード」タブの「ライン管理者ダッシュボード」で、コースカタログ間を移動することができます。

mceclip0.png

コースを開始すると、次のようなメッセージが表示される場合があります。LMS365の機能をすべて活用するためには、サインインする必要があります。

「サインインボタン」をクリックすると、全てのコースコンテンツにアクセスすることができます。

mceclip1.png