Teams会議の設定:クラスルーム/ウェビナーセッション

  • 更新

LMS365ではオンラインセッションにTeams会議を使用することができます。ここでは、セッション作成時にMicrosoft Teams 会議を設定する場合の前提条件、セッションでTeams会議を作成する方法、Teams会議に参加する方法について説明します。

セッションの会議に Microsoft Teams ミーティングを使用する場合、管理者は、コースセッションの作成(編集)パネルから直接Teams会議を作成することができます。

前提条件

この機能を使用するには次の設定が必要です。
注記:この機能は LMS365 製品の新しいレベルの権限を必要とするため、LMS365 グローバル管理者は、この機能を有効にするために、テナントから変更された LM365 権限を受け入れる必要があります。

管理サンタ―の設定>通知> Microsoft 365 接続設定に移動します。
mceclip0.png
「LMS365を有効にして、電子メール通知を送信し、会議室を予約し、会議の招待状を作成します。」機能を有効します。
mceclip1.png
Microsoft Graph API for LMS365を使用してMicrosoft Teams会議を作成し、セッションを予約するには、追加の同意が必要です。
mceclip3.png

「LMS365を有効にして、電子メール通知を送信し、会議室を予約し、会議の招待状を作成します。」機能がオフの場合、セッション作成時に「LMS365によるTeams会議のスケジュール」オプションを使用することができません。
mceclip4.png
LMS365でのメール通知の送信、会議室の予約、会議の招待状を作成するための一連のプロセスは、ユーザーガイドの「通知メール管理」セクションに記載されていますのでそちらをご覧ください。

LMS365のセッションから作成されたTeams会議の開催者

電子メールの配信、会議室の予約、Teams会議の招待状の作成と送信には、電子メールアカウントが必要です。LMS365では、「Microsoft 365接続設定」に設定されているユーザーのメールアカウントを使用します。
LMS365のセッションから予約されたTeams会議では、「Microsoft 365接続設定」に設定されているユーザーが開催者となります。
これは、セッションに参加するユーザーにとって次のことを意味します。

  • 参加者が「Microsoft 365接続設定」のユーザーと同じ組織に所属している場合は、承認することなくでセッション/Teams会議に参加できます。
  • 外部のユーザーがセッション/Teams会議に参加する場合、組織の人によって参加者として登録されるまでロビーで待機することになります。ただし、組織全体のTeams設定を構成して、外部のユーザーがMicrosoft Teamsミーティングのロビーを迂回できるようにすることで回避できます。

Teams 会議は、ユーザーの個人カレンダーフォルダーに保存される、追加のプロパティを持つアポイントメントです。以下の理由により、Microsoft 365 接続設定 のユーザーが、LMS365 セッションを介して作成された Teams 会議の開催者となります。

  1. LMS365では、インストラクターのカレンダー内に予定を作成します。ご存知のように、LMS365 では、セッションに、ゼロ(設定無)から複数のインストラクターを設定できますが、
    ● インストラクターがゼロの場合、予約を作成することはできません。
    ● インストラクターが複数の場合、作成した予定を誰が所有するかを決めることができません。
    ● インストラクターを別のユーザーに変更した場合、アポイントメントを作成し直す必要があり、登録されているすべてのユーザーのカレンダーにアポイントメントが更新されてしまいます。また、ログイン時に各インストラクターに同意を求め、そのユーザーの個人カレンダーにアクセスできるようにすることが必要とな
  2. ユーザーのカレンダーに会議を作成して、別のユーザーを会議の開催者として定義することはできません。つまり、Microsoft 365 接続設定で設定されているユーザーのカレンダーに予定を作成し、別のカスタムユーザーを開催者として設定することもできません。

セッションでTeams会議を作成する

Microsoft Teams のオンライン会議を作成するには、以下の手順で行います。

  1. 管理センターのコース一覧でコースを選択し、学習コース管理>「コースセッションの管理」を選択します。
    mceclip2.png
  2. 既存のセッションを編集するか、新しいセッションを作成します。
  3. 開いたパネルで、「LMS365によるTemas会議のスケジュール」オプションを有効にします。
    mceclip1.png
    次の場合、「LMS365によるTeams会議のスケジュール」オプションは使用できません。
    ◆ クラッシック認証を使用している場合
    ◆ 旧式の同意を伴うモダン認証が使用されている場合
    ◆ Microsoft365接続設定で通知が無効になっている場合
    認証を確認するには、管理センター>設定>通知の「Microsoft365接続設定」に移動します。
  4. 「LMS365によるTemas会議のスケジュール」オプションが有効になると、オンライン会議のURLフィールドが自動的に無効(反転)になります。
    mceclip0.png
    注記:このオプションが受講者の登録に影響することはありません。
    既存のセッションを編集し、「LMS365によるTemas会議のスケジュール」オプションを無効(または有効)にした場合、登録されているすべての受講者に変更前の予約のキャンセル通知と新しいセッションへの招待状が届きます。

作成されたTeams会議に参加する

Teams会議が作成されると、TeamsとOutlookのカレンダーに表示されます。受講者はそこから直接会議に参加することができます。

mceclip3.png

mceclip2.png