LMS365でのAzure ADグループについて

  • 更新

LMS365では、Azure Active Directoryグループを使用することができます。LMS365では次のような場合、最もよくにAzure ADグループが使用されます。

1.コースにADグループを登録した場合、このADグループにいるすべてのユーザーが自動的に受講者一覧に追加されます。

2.ADグループに新しいユーザーを追加すると、これらのユーザーは、このADグループが登録されたコースに自動的に追加されます。

3.「ユーザー」 セクションでADグループを登録すると、ADグループにいる各受講者がそれぞれカウントされます(カウントされたユーザー数はカッコ内に記載されています) 。

mceclip0.png

コースセッションの「出席者登録」にはADグループにいるユーザーが個別に表示されます。

mceclip1.png

4.ADグループからユーザーを削除すると、そのユーザーはコース・トレーニングプランから削除されます。削除された受講者の進捗は表示されません。ユーザーが他のコース・トレーニングプランに登録されていない場合は、受講者一覧から削除されます。

5.ADグループで追加されたユーザ―をコースカタログから削除(受講者管理>受講者一覧「コースカタログからユーザーを削除」)した場合、通知に次のメッセージが失敗が表示されます。

mceclip2.png

詳細をクリックする以下のメッセージが表示されます。グループ名をクリックするとグループを削除することができます。

mceclip3.png

ご注意ください:ADグループを削除すると、このグループを介して登録された受講者は、コース・トレーニングプランから登録を解除されます。このADグループを介してコースにのみ登録または追加された受講者は、受講者一覧から削除されます。個別、または他のグループを介して登録または追加されている受講者は、受講者一覧から削除されず、コース・トレーニングプランの登録は解除されません。ADグループをコースカタログから削除する方法については、こちらの「受講者一覧:コースカタログのユーザーを管理する」をご参照ください。

AD_____.png

すべてのシステムからADグループを削除する には、 「Azure Active Directory admin center」 > 「Groups」 > 「Delete group」 に移動します。グループはしばらくすると削除されます。

不要となったADグループをシステムから削除(ライセンスの解放)するには、Azure Active Directory管理センター>グループでグループの削除を実行します。反映には少し時間がかかります。