LMS365APIの使い方

  • 更新

LMS365APIでは各リクエストに応じたエンドポイントからデーターにアクセスし、必要な処理を行います。

データーにアクセスするには認証が必要です。ユーザー名とパスワードはテナントのAPIキーです。
mceclip1.png

テナントのAPIキーはLMS365管理センターのグローバル設定>設定>LMS設定>API Key 管理でAPIキーをコピーして取得することができます。

mceclip2.png

APIキーフィールドが空欄の場合、「生成」ボタンをクリックしてAPIキーを生成します。詳細についてはインストールガイドの LMS 設定 >「APIキー管理」をご参照ください。

 

メゾットの実行手順:

  1. https://api.365.systems/ にアクセスします。
  2. 開いたページを下部に移動すると次のようにLMS365 Cloud API があります。
    mceclip0.png

  3. 各セクションを展開すると、利用可能なメゾットとそのエンドポイントの一覧が表示されます。

    mceclip3.png


  4. 必要なメゾットを選択(クリック)し、「Try it out」ボタンをクリックします。

    mceclip4.png

  5. 「Execute」ボタンをクリックします。必要に応じてパラメータを入力することもできます。

    mceclip6.png

  6.  Response body に応答が返されます。

    mceclip10.png

    Request URL:実行したリクエスト
    CODE 2XX-:リクエストは正しく動作しました。
    Download : Response bodyの結果をダウンロードできます。