モバイルアプリでセッションの出席を登録する

  • 更新

LMS365モバイルアプリでは、インストラクターや受講者によるセッションの出席登録ができます。

1.インストラクターによる登録

LMS365モバイルアプリで受講者の出席を登録できるのは、セッションインストラクターのみです。

手動での登録

インストラクターが、LMS365モバイルアプリから受講者のセッションの出席を手動で登録するには、以下の手順で行います。

1.LMS365モバイルアプリにログインします。

2.コースカタログからコースを選択します。

3.コースの「説明」または「情報」タブページから利用可能なセッションを表示するか、「セッション」タブページに移動します。セッションの一覧が表示されます。出席を登録するセッションを選択します。

capture1.png

4.セッションカードにある「出席登録」ボタンをタップします。

開始日時が到来していないセッションは、出席登録できません。

5.表示された受講者から該当するユーザーのチェックボックスを選択し「出席登録」を選択します。すべての受講者を選択する場合は、名前のチェックボックスを選択します。

開いた出席リストで、該当する値を選択します。欠席、欠席(通知)、25%、50%、75%、100%、またはキャンセルを選択してパネルを閉じます。

capture2.png

選択した出席率は、選択されているすべての受講者に適用されます。既に出席登録がある場合は上書きされます。

capture3.png

6.受講者の出席登録が完了すると、選択した受講者の出席欄に登録した出席状況が表示されます。

また、設定された出席率はLMS365管理センターで確認することができます。

出席登録に使用するQRコードの生成

インストラクターは、LMS365モバイルアプリで特定のセッションのQRコードを生成することができます。受講者は、LMS365モバイルアプリでQRコードをスキャンして、そのセッションへの出席を登録することができます。

  • 管理者は、LMS365モバイルアプリからQRコードを生成することができます。
  • 受講者がQRコードから出席を登録するには、管理者はセッションの設定で「受講者によるモバイルアプリからの出席登録を許可する」を有効にし「QRコード」を有効にします。

インストラクターは、次の手順に従って、LMS365モバイルアプリでQRコードを生成し、共有します。

1.LMS365モバイルアプリにログインします。

2.コースカタログで、コースを選択し、セッションを選択します。

3.「QRコード生成」をタップします。

capture4.png

各セッションごとにQRコードの生成が必要です。

QRコードが生成されると、画面右上の共有アイコンから受講者と共有することができます。

共有方法は、デバイスやデバイス内のアプリによって異なりますが、「メールで送信」「SNSで共有」「ストレージに保存して共有」「メッセージで送信」「ダウンロード」「Bluetoothで共有」「印刷」「外部モニターで共有」が可能です。

capture5.png

2.受講者による登録

管理者が、受講者によるモバイルアプリからの出席登録を許可している場合、受講者はLMS365のモバイルアプリから自分で出席を登録をすることができます。

以下場合、受講者は、セッションの出席を登録することはできません。

  • 開始日時が到来していないセッション
  • 管理者が設定した登録期限が過ぎているセッション
  • 受講者の出席がすでに登録されているセッション

出席を登録するには、受講者はLMS365モバイルアプリにログインし、当該コースの「セッション」タブページに移動します。

出席状況設定ボタンで登録

出席登録ボタンから出席を登録するには、セッションのカードにある「出席状況設定」をタップします。

a)すべてにセッション登録するタイプのコースの場合、出席登録ができるすべてのセッションのカードに「出席状況設定」が表示されます。

b)1つのセッションを選択して登録するタイプのコースの場合、「出席状況設定」は受講者が登録したセッションのカードに表示されます。

capture6.png

「出席状況設定」をタップすると出席が100%で登録され、画面下部に「出席状況が正常に設定されました」と通知が表示されます。インストラクターと管理者は、LMS365管理センターで受講者の出席を確認することができます。

capture6-2.png

すでに出席が登録されているセッションのカードには「出席状況設定」は表示されません。

QRコードで登録

管理者が、「受講者によるモバイルアプリからの出席登録」を許可し、「QRコード」をオプションを有効にしている場合、受講者はQRコードを読み取ることで出席を登録することができます。

  • QRコードで出席を登録するには、受講者はデバイスでLMS365モバイルアプリにカメラのアクセス許可をします。
  • 管理者はセッションの設定で「受講者によるモバイルアプリからの出席登録を許可する」を有効にし「QRコード」を有効にします。

QRコードの共有方法に応じて、受講者は以下の方法で出席を登録することができます。

  • デバイスのカメラでQRコードを読み取る

プレゼンテーションのスライドなどでQRコードが提供されている場合、受講者はデバイスのカメラで画面から直接QRコードを読み取ることができます。

  1. LMS365モバイルアプリにログインし、該当のコースでセッションの「出席状況設定」をタップします。
  2. QRコードにデバイスをかざすウィンドウが開き、QRコードに向けると自動的に読み取ります。

    capture7.png

  3. QRコードの読み取りが完了すると、自動的にセッションの出席が100%で登録されます。
  4. セッションのページが更新され、画面下部に「出席状況が正常に設定されました」と通知が表示されます。

インストラクターと管理者は、LMS365管理センターで受講者の出席を確認することができます。

すでに出席を登録しているセッションのカードには、「出席状況設定」ボタンは表示されません。
  • モバイル端末で直接QRコードを検出する方法

受講者は、メール、SNS、共有リンク、またはストレージへの共有にアクセスしてQRコードを受け取ることができます。

これらすべての場合において、受講者はモバイルデバイスで直接QRコードを検出して、モバイルアプリから出席を登録することができます。QRコードの検出は、受講者のデバイスの機能と、インストールされているQRコード読み取り用のアプリに依存します。

一般に、出席登録は次のような手順で行われます。

  1. 受講者は、受け取ったQRコードをデバイスで開きます。QRコードのファイルはPNG形式となります。
    こちらは、Outlookメールで受け取ったQRコードをモバイルで表示した例です。

    capture8.png
  2. 受講者は、モバイルデバイスにインストールされた適切なアプリでQRコードを読み取ります。アプリによっては、QRコードを読み取る前にダウンロードが必要な場合があります。
  3. スキャン後にLMS365のWebサイトのリンクをタップします。

    capture9.png

  4. ダイアログウィンドウで、 LMS365モバイルアプリでリンクを開くオプションを選択します。
  5. LMS365モバイルアプリで、コースに移動すると、セッションの出席が100%で登録されます。※「出席が登録されていません」と表示された場合はページが更新されるまで待ちます。

インストラクターと管理者は、LMS365管理センターで受講者の出席を確認することができます。

署名で登録

管理者が、「受講者によるモバイルアプリからの出席登録」を許可し、「署名」オプションを有効にしている場合、受講者の署名により出席を登録します。

以下の手順で、署名により出席を登録します。

  1. LMS365モバイルアプリにログインし、該当のコースでセッションの「出席状況設定」をタップします。
  2. デバイスの画面上に直接署名します。フィールドの右上に表示されるクリアボタンで、署名をやり直すことができます。

    capture10.png

  3. チェックマーク✓をタップすると出席が100%で登録されます。画面下部に「出席状況が正常に設定されました」と通知が表示されます。

インストラクターと管理者は、LMS365管理センターで受講者の出席を確認することができます。

すでに出席を登録しているセッションのカードには、「出席状況設定」ボタンは表示されません。

コースカタログ管理者、コース管理者、インストラクターは、LMS365管理センターでサインインシートをダウウンロードすることができます。

capture11.png