LMS365のセットアップ

  • 更新

お客様のテナントに、LMS365をインストール後、ご使用の前にいくつかの設定が必要です。

ここでは、これらの設定をステップごとに順を追ってご説明します。

ステップ1:コースカタログの作成

コースカタログとは、LMS365のコースやトレーニングプランを作成・管理する場所です。LMS365では、複数のコースカタログを作成できます。組織内の各部門別、社内向け、社外向けなど、別々のコースカタログを作成し、ユーザーのニーズに合ったトレーニングを提供することができます。

このステップを行うために必要なロール:

LMS365 のコースカタログは、Microsoft365グローバル管理者、または SharePoint管理者のいずれかによって作成することができます。これらのロールは、Microsoft 365 Admin Center で管理される Microsoft のロールです。

LMS365 の使用を開始するには、最初に少なくとも1つのコースカタログを作成する必要があります。

これは LMS365管理センターで行います。

1.グローバル設定>コースカタログ管理に移動し「+コースカタログ追加」を選択します。

2.コースカタログの追加パネルのフィールドに記入します。

3.カタログを保存します。

これでコースカタログが作成され、設定を開始することができます。

コースカタログの作成についての詳細は「コースカタログの作成と管理」をご参照ください。

capture1.png

ステップ2:権限の付与

LMS365システムを管理するために必要な権限を、組織内のユーザーに付与します。この権限は、LMS365管理者またはコースカタログ管理者のロールで与えることができます。

LMS365管理者ロール:

LMS365管理者は、コースカタログの設定・削除、コースカタログ管理者の割り当て、LMS365モバイルアプリの設定など、LMS365のグローバル設定を管理することができます。これらは、LMS365ソリューションの全般的な設定となります。

LMS365管理者権限の付与を行うために必要なロール:

LMS365管理者ロールは、Microsoft365グローバル管理者、またはSharePoint 管理者のいずれかによって付与することができます。

ユーザーにLMS365管理者ロールを付与するには

1.グローバル設定>LMS365管理者に移動し「+LMS365管理者の追加」を選択します。

2.LMS365管理者の追加パネルのユーザーの選択フィールドで、ロールを付与するユーザーを選択し、必要に応じて残りのフィールドを設定します。

3.保存します。

LMS365管理者権限の割り当てについて、詳しくは「LMS365管理者」をご確認ください。

capture2.png

コースカタログ管理者ロール:

コースカタログ管理者は、管理者であるコースカタログの設定を管理し、コースを作成することがでます。

コースカタログ管理者権限の付与を行うために必要なロール:

コースカタログ管理者ロールは、Microsoft365グローバル管理者SharePoint管理者、またはLMS365管理者のいずれかによって付与することができます。

ユーザーにコースカタログ管理者ロールを付与するには

1.LMS365管理センターの グローバル設定>コースカタログ管理に移動します。

2.コースカタログを選択し、開いたパネルの「コースカタログ設定」を選択します。

3.カタログ管理者フィールドに、ロールを付与するユーザーを追加します。

4.変更を保存します。

コースカタログ管理者権限の割り当てについて、詳しくは「コースカタログの作成と管理>2.コースカタログ管理者の追加」をご確認ください。

capture3.png

LMS365のロールと権限の詳細については「LMS365のロールと権限」をご参照ください。

ステップ3:LMS365の通知を有効にする

LMS365では、電子メールやMicrosoft Teams、モバイルアプリのプッシュ通知で、ユーザーに自動的に通知を送信することができます。コースカタログ管理者は、これらの通知をカスタマイズし、通知の送信をコントロールすることができます。

このステップを行うために必要なロール:

LMS365システムが通知の送信を行うには、コースカタログ管理者が「Microsoft 365 接続設定」を行う必要があります。

Microsoft 365 接続設定は、コースカタログレベルで行う必要があるため、複数のコースカタログがある場合、通知を送信するすべてのコースカタログでこの設定を行う必要があります。

Microsoft 365 接続設定は、以下の手順で設定します。

1.LMS365管理センターのコースカタログ管理ページ>カタログ設定>通知に移動し「Microsoft 365 接続設定」を選択します。

2.「LMS365によるメール通知送信、会議室の予約、会議の招待状の作成を有効にする」トグルをONにします。

3.認証方法を選択して、通知を送信するアカウントを接続します。詳細については「Microsoft 365接続設定」をご参照ください。

4.設定を保存します。

capture4.png

ステップ4:スキルフレームワークの設定

認定証と同様に、LMS365スキルフレームワークは、コースやトレーニングプランを完了した受講者にスキルを付与することができます。

※スキルフレームワークをご利用いただくには、ご契約のプランに「スキル管理」が含まれていることをご確認ください。(無料トライアルには「スキル管理」が含まれています。)

このステップを行うために必要なロール:

コースカタログ管理者は、管理するコースカタログのスキルフレームワークを設定します。

スキルフレームワークのは、以下の手順で設定します。

スキルレベルセットの作成

先に、スキルレベルセット(初級、中級、上級など)を作成します。

1.LMS365管理センターのコースカタログ管理ページ>カタログ設定>スキルフレームワーク>スキルレベルセット管理に移動し「+スキルレベルセット追加」を選択します。

2.スキルレベルセット追加パネルのフィールドに入力します。

3.設定を保存します。

capture5.png

スキルの作成

コースやトレーニングプランを修了した受講者が身につけることができるスキルを作成します。

スキルの作成は次の手順で行います。

1.LMS365管理センターのコースカタログ管理ページ>カタログ設定>スキルフレームワーク>スキル管理に移動し「+スキル追加」を選択します。

2.スキル追加パネルのフィールドに入力します。

3.設定を保存します。

capture6.png

スキルフレームワークの詳細については、「スキルおよびスキルレベルセット」をご参照ください。

ステップ5:コースとトレーニングプランの作成

学習コンテンツの作成を開始します。

このステップを行うために必要なロール:

コースとトレーニングプランは、該当するコースカタログで、コースカタログ管理者が作成します。

コース・トレーニングプランの作成は、以下の手順で行います。

1.LMS365管理センターのコースカタログ管理ページ>トレーニング管理 に移動し「+トレーニング作成」を選択します。

2.作成するトレーニングのタイプを選択します。

eラーニング:自習型のオンラインコースが作成できます。eラーニングコースに登録した受講者は、いつでもどこでも自分のペースでコースを受講することができます。
詳細については「eラーニングコースの作成」をご参照ください。

インストラクター主導型:インストラクターによるセッションが可能なコースが作成できます。セッションはオンラインおよび物理的な場所で開催できます。
詳細については「インストラクター主導型コースの作成」をご参照ください。

トレーニングプラン:複数のコース組み合わせ、1つのトレーニングを作成することができます。
詳細については「トレーニングプランの作成」をご参照ください。

capture7.png

ステップ6:受講者をLMS365に招待する

ユーザー(受講者)をLMS365ソリューションに招待します。

ユーザーを、コースカタログ内のコースやトレーニングプランに登録する前に、当該コースカタログのユーザ一覧に追加することをお勧めします。これにより、ユーザーはコースカタログのすべてのコースとトレーニングプランにアクセスすることができ、SharePointからのアクセス拒否を防ぐことができます。ユーザーを一覧に追加した後、特定のコースやトレーニングプランに登録します。

このステップを行うために必要なロール:

コースカタログ管理者は、管理するコースカタログのユーザ一覧に追加することができます。

コースカタログのユーザ一覧にユーザーを追加するには、以下の手順で行います。

1.LMS365管理センターのコースカタログ管理ページ>ユーザーに移動し、「+ユーザーを追加または招待」を選択します。

2.ユーザーを追加または招待パネルのフィールドに、ユーザーのメールアドレスを入力します。

3.「追加」ボタンでユーザーを追加します。

詳細については、「ユーザー管理(ユーザーページ)」をご参照ください。

capture8.png

最後に、ユーザーをコースとトレーニングプランの受講者に登録します。

このステップを行うために必要なロール:

コースカタログ管理者またはコース管理者は、ユーザーをコースやトレーニングプランの受講者に登録することができます。また、コースやトレーニングプランがカタログに表示され、利用できる場合、ユーザー(受講者)自身が登録することができます。

詳細については「トレーニングへの受講登録と解除」をご参照ください。

コースカタログ管理者、コース管理者による登録については「受講者の登録と管理者の追加」をご参照ください。