LMS365のセットアップ

  • 更新

LMS365をインストールした後、利用を開始する前にいくつかのセットアップが必要です。

ここでは、これらの手順を説明します。

LMS365 スタンダードまたはプロフェッショナルサブスクリプションプランをお持ちで、LMS365 の使用開始についてご質問がある場合は、サポートまでお問い合わせください。:support@lms365.jp

MS365でコースを作成し、それらを組織に展開する前に、次のステップでいくつかの設定を行う必要があります。

1.コースカタログの作成:LMS365アプリをインストールしてサブスクリプションを有効化した後、Microsoft 365グローバル管理者またはSharePoint管理者のいずれかによって、少なくとも1つのLMS365コースカタログが作成される必要があります。コースカタログは、LMS365でコースとトレーニングプランを作成、管理するサイトコレクションです。

2.権限の割り当て:LMS365ソリューションを管理する組織内の人々に権限を割り当てます。

3.LMS365の通知を有効にする:関連する学習イベントのメッセージを確実にユーザーに送信するには、LMS365通知を有効にします。

4.スキルフレームワークの設定:(スキルフレームワークを含む LMS365 サブスクリプションプランをご利用の場合)ユーザーがトレーニングを完了した際に、特定のスキルを付与したい場合、またはユーザー自身によるスキルの登録を行う場合は、スキルフレームワークを設定する必要があります。

5.コース/トレーニングプランを作成する:コースカタログでユーザーが学習するためのコースやトレーニングプランを作成します。

6.ユーザーをLMS365に招待する:ユーザーをコースカタログに招待します。ユーザーはトレーニングに登録してLMS365での学習を開始することができます。

7.モバイルデバイスとMicrosoft Teamsでの受講:ユーザーがLMS365モバイルアプリやLMS365 Microsoft Teamsアプリで学習を行うことができるようにします。

 

ステップ1:コースカタログの作成

コースカタログとは、LMS365のコースやトレーニングプランを作成・管理する場所です。
LMS365では、複数のコースカタログを作成できます。組織内の各部門別、社内向け、社外向けなど、別々のコースカタログを作成し、ユーザーのニーズに合ったトレーニングを提供することができます。

手順を行うために必要なロール:Microsoft365グローバル管理者/ SharePoint管理者

これらのロールは、Microsoft 365 管理センター で管理される Microsoft 365のロールです。

LMS365 の使用を開始するには、最初に少なくとも1つのコースカタログを作成する必要があります。

これは LMS365管理センターで行います。

  1. グローバル設定>コースカタログ管理に移動し「+コースカタログ追加」を選択します。
  2. 各フィールドに入力します。
  3. 保存します。

これでコースカタログが作成され、設定を開始することができます。

コースカタログの作成についての詳細は「コースカタログの作成と管理」をご参照ください。

Set up LMS3651.png

ステップ2:権限の割り当て

LMS365を管理するユーザーに権限を割り当てます。

これらの権限は、LMS365管理者またはカタログ管理者のロールに与えられています。

LMS365の各ロールと権限については「LMS365のロールと権限」で詳しくご説明しています。

LMS365管理者ロールの割り当て:

LMS365管理者は、コースカタログの設定・削除、コースカタログ管理者の割り当て、LMS365モバイルアプリの設定など、LMS365 グローバル設定を管理することができます。これらの設定は、LMS365ソリューションのすべてのコースカタログに適用されます。

手順を行うために必要なロール:Microsoft365グローバル管理者、またはSharePoint 管理者

これらのロールは、Microsoft 365 管理センターで管理される Microsoft365 のロールです。

ユーザーにLMS365管理者ロールを付与するには

  1. グローバル設定>LMS365管理者に移動し「+LMS365管理者の追加」を選択します。
  2. LMS365管理者の追加パネルのユーザーの選択フィールドで、ロールを付与するユーザーを選択し、必要に応じて残りのフィールドを設定します。
  3. 保存します。

LMS365管理者の詳細については「LMS365管理者」をご参照ください。

Set up LMS3652.png

コースカタログ管理者ロールの割り当て:

コースカタログ管理者は、管理者として割り当てられたコースカタログを管理し、トレーニングを作成することがでます。

手順を行うために必要なロール:Microsoft365グローバル管理者、SharePoint管理者、またはLMS365管理者

ユーザーにコースカタログ管理者ロールを付与するには

  1. LMS365管理センターの グローバル設定>コースカタログ管理に移動します。
  2. コースカタログを選択し、開いたパネルの「コースカタログ設定」を選択します。
  3. コースカタログ管理者フィールドに、ロールを付与するユーザーを追加します。
  4. 変更を保存します。

コースカタログ管理者の割り当てについての詳細は「コースカタログの作成と管理>2.コースカタログ管理者の追加」をご参照ください。

Set up LMS3653.png

ステップ3:LMS365の通知を有効にする

LMS365では、電子メールやMicrosoft Teams、モバイルアプリのプッシュ通知で、ユーザーに自動的に通知を送信することができます。

コースカタログ管理者は、これらの通知をカスタマイズし、通知の送信をコントロールすることができます。

手順を行うために必要なロール:コースカタログ管理者

LMS365システムが通知の送信を行うには「Microsoft 365 接続設定」で接続を行う必要があります。

Microsoft 365 接続設定は、コースカタログレベルで行う必要があるため、複数のコースカタログがある場合、通知の送信を行うすべてのコースカタログでこの設定を行う必要があります。

Microsoft 365 接続設定は、以下の手順で設定します。

    1. LMS365管理センターの グローバル設定>コースカタログ管理でコースカタログを選択し、開いたパネルの「コースカタログ管理」を選択します。
    2. カタログ設定>通知に移動し、「Microsoft 365 接続設定」を選択します。
    3. 「LMS365によるメール通知送信、会議室の予約、会議の招待状の作成を有効にする」オプションをオンにして、「接続」ボタンでクラウドベースのアカウントを接続します。

      共有メールボックスは、接続アカウントとして使用できません。

      接続するアカウントには以下のライセンスが必要です。

      ・通知の送信と会議室の予約を行うための Microsoft Exchange Online (Plan 1 以上)
      ・Teams で会議の作成をするための Microsoft Teams

    4. 設定を保存します。

詳細については「アカウントの接続:LMS365の通知送信、会議室の予約、会議の招待状の作成を有効にする」をご参照ください。

送信される通知の概要とその管理方法については「LMS365 の通知:概要と管理」をご参照ください。

Set up LMS3654.png

ステップ4:スキルフレームワークの設定

LMS365スキルフレームワークは、コースやトレーニングプランを完了したユーザーにスキルを付与することができます。

注記:スキルフレームワークはご購入のサブスクリプションプランに「スキル管理」が含まれている場合ご利用いただけます

手順を行うために必要なロール:コースカタログ管理者

スキルフレームワークは、以下の手順で設定します。

スキルレベルセットの作成:

まず、スキルレベルセット(初級、中級、上級など)を作成します。

  1. LMS365管理センターの グローバル設定>コースカタログ管理でコースカタログを選択し、開いたパネルの「コースカタログ管理」を選択します。
  2. カタログ設定>スキルフレームワーク>スキルレベルセット管理に移動し「+スキルレベルセットの追加」を選択します。
  3. スキルレベルセットの追加パネルのフィールドに入力します。
  4. 設定を保存します。

Set up LMS3655.png

スキルの作成:

次にスキルを作成します。

  1. カタログ設定>スキルフレームワーク>スキル管理に移動し「+スキルの追加」を選択します。
  2. スキルの追加パネルのフィールドに入力します。
  3. 設定を保存します。

詳細については、「スキルとスキルレベルセット:作成・管理・削除」をご参照ください。

Set up LMS3656.png

ステップ5:コース/トレーニングプランを作成する

手順を行うために必要なロール:コースを提供するコースカタログのコースカタログ管理者

コースやトレーニングプランの作成は、以下の手順で行います。

  1. カタログのLMS365管理センターのトレーニング管理ページで「+トレーニングの作成」を選択します。
  2. 作成するトレーニングのタイプを選択します。

    *Eラーニング:自習型のオンラインコースが作成できます。eラーニングコースに登録した受講者は、いつでもどこでも自分のペースで学習を進めることができます。
    詳細については「eラーニングコースの作成をご参照ください。

    *インストラクター主導型:オンラインまたは会場で開催するセッションを併用する学習が可能なコースを作成できます。詳細については「インストラクター主導型コースの作成」をご参照ください。

    *トレーニングプラン:複数のコース組み合わせ、1つのトレーニングを作成することができます。詳細については「トレーニングプランの作成」をご参照ください。

Set up LMS3657.png

ステップ6:ユーザーをLMS365に招待する

ユーザーをLMS365ソリューションに招待します。

ユーザーを、コースやトレーニングプランに登録する前に、コースカタログで学習を行うすべてのユーザーを当該カタログの「ユーザー」ページで追加することをお勧めします。
これにより、ユーザーはコースカタログのすべてのコースとトレーニングプランにアクセスすることができ、SharePoint からのアクセス拒否を防ぐことができます。
ユーザーページで追加した後、カタログ内のコースやトレーニングプランの受講者として登録します。

ユーザーをコースカタログに追加する:

手順を行うために必要なロール:当該カタログのコースカタログ管理者

コースカタログにユーザーを追加するには、以下の手順で行います。

  1. コースカタログのLMS365管理センター>ユーザーに移動し、「+ユーザーの追加または招待」を選択します。
  2. ユーザーの追加または招待パネルのフィールドに、ユーザーのメールアドレスを入力します。
  3. 「追加」ボタンでユーザーを追加します。

詳細については「ユーザーページ:コースカタログのユーザーを管理する」をご参照ください。

Set up LMS3658.png

ユーザーをコース/トレーニングプランに登録する:

手順を行うために必要なロール:当該カタログのコースカタログ管理、コース管理者、または受講者

コースやトレーニングプランには次の方法で登録することができます。

ステップ7:モバイルデバイスとMicrosoft Teamsでの受講

最後に、LMS365モバイルアプリや、LMS365 Teamsアプリが利用できるようします。

LMS365モバイルアプリについては「LMS365モバイルアプリ」をご参照ください。

LMS365Teamsアプリについては「LMS365 Microsoft Teams アプリ」をご参照ください。