データセンターの場所と物理的セキュリティ

  • 更新

LMS365はAzure Platform-as-a-Serviceコンポーネントを使用して構築されており、Microsoft Azureクラウド上で安全に運用されています。
メンテナンスとアップデートはLMS365のサブスクリプションに含まれています。

現在、LMS365は8つの地域のAzureデータセンターと、米国GCCと、GCC Highテナントの双方にサービスを提供する米国政府のAzure Cloudで利用できます。

お客様は、初回インストール時に、データ保管先として利用するAzureデータセンターをお選びいただけます。

 LMS365 Geography  Microsoft Azure Data Center  Azure Paired Region
 Americas  Central US  East US 2
 Asia Pacific  Japan East  Japan West
 Australasia  Australia East  Australia Southeast
 Canada  Canada Central Canada East
 Europe  North Europe (Ireland)  West Europe (Netherlands)
 Germany  Germany West Central  Northeast Germany
 Switzerland  Switzerland North  Switzerland West
 United Kingdom (UK)  UK South  UK West
 US GCC  US Gov Virginia  US Gov Texas
 US GCC High  US Gov Virginia  US Gov Texas

 

Azure の施設、建物、および物理上のセキュリティ

ELEARNINGFORCE社は、LMS365プラットフォームに接続された社内データセンター、物理的ネットワーク、およびサーバーを保有していません。

Azure ベースのデータセンターの物理的・環境的セキュリティはマイクロソフトによって管理されています。

Azureの物理的セキュリティについては、マイクロソフトのドキュメント「Azure の施設、建物、および物理上のセキュリティ」と弊社の「プラットフォームと標準規格」でご説明しています。

ELEARNINGFORCE社の内部のセキュリティプログラムは、弊社のオフィスにおける物理的なセキュリティをカバーしています。