Release v.3.46 (2024/4/2)

  • 更新

新機能

インストラクター主導型コース

「Microsoft Teams 会議への参加に基づいてセッションへの出席を自動登録する」オプション

管理者とインストラクターは、Teams会議の出席レポートに基づいてセッションの出席を自動的に登録できるようになりました。
この機能は、「コースセッションの編集」パネルで「Microsoft Teams 会議への参加に基づいてセッションへの出席を自動登録する」をオンに設定することで有効になります。

セッションの出席が必須のコースで、少なくとも1人の受講者の出席を確認する必要がある場合、トレーニング管理ページの上部に「出席の確認」ボタンが表示されます。ボタンの丸数字は該当するコースの数を示しています。

出席の確認が必要なセッションは、コース設定パネルの「セッション」セクションで確認します、該当するセッションは表示されるフィルターボタンでフィルタリングすることができます。ボタンの丸数字は該当するセッションの数を示しています。

 

クイズとクイズの設問

AIによるクイズとクイズの設問の生成ソースに「動画」を追加できます

管理者は、AIを使用して、アップロードした動画からクイズとクイズの設問を生成できるようになりました。

この機能は、LMS管理者が、LMS365 管理センターのグローバル設定>新機能>生成AI機能の「ビデオから生成」トグルをオンにすることで有効になります。

 

変更と改善

Go1 との統合

Go1 コンテンツ ハブを介して Go1 コースをインポートできるようになりました。
Go1 コンテンツ Hub は、LMS365プロフェッショナルサブスクリプションをお持ちのお客様向けのプレビュー版です。この機能を使用するには、Go1 のサブスクリプションも必要です。

 

レポートページ

「レポート」ページに日付フィルターが追加されました。
概要、コース、トレーニングプランのダッシュボードの情報を日付でフィルタリングすることができます。

 

ライン管理者ダッシュボード

ライン管理者ダッシュボードの「直属の部下の管理」パネルに「メッセージの送信」アクションが追加され、直属の部下および直属の部下の部下にメールメッセージを送信できるようになりました。

 

カタログ間のコースのコピー

カタログ間でコースをコピーする場合、クイズ、評価、およびラーニングモジュールのすべてのコンテンツ画像がコピーされ、コピー先のカタログのSharePointサイトに保存され、コピーされたコースに適用されるようになりました。

 

UI の変更と改善

ライン管理者ダッシュボード

ライン管理者ダッシュボードの「直属の部下の管理」パネルのセクション見出しが取り除かれ、アクションメニューのみが表示されるようになりました。

「直属の部下の管理」パネルの「インポート」アクションが、「トレーニングデータのインポート]」に名称変更されました。

 

レポートページ

レポートページの「概要」タブの「受講」セクションの情報ラベルが「未開始のうち遅延」
「受講中のうち遅延」に変更されました。

レポートページの「コース」タブの「ステータス別受講」セクション、および「トレーニングプラン」タブの「コース別受講」セクションに表示されるドーナツチャートに正確な数値でパーセンテージが表示されるようになりました。

 

修正

  • 特定のケースで、コースカタログのURLが以前に削除されたカタログから再割り当てされた場合、Webパーツを読み込むことができない問題
  • 特定のケースで、コースセッションの作成で、会議室リストの読み込みに遅延が発生する問題
  • 特定のケースで、受講者のコース完了日を手動で入力する際、ユーザーの地域の日付と時間の書式設定が考慮されない問題
  • LMS365 管理センターのグローバル設定>Viva Learningパネルで削除したプロバイダが、Microsoft Viva Learningに表示される問題