October 2021 Release

  • 更新

LMS365の October 2021 Release のリリース予定についてお知らせします。

10月18日(月)より、各地域のデータセンターで段階的にロールアウトを開始します。

ダウンタイムは発生しませんが、展開中にパフォーマンスの低下が発生する可能性があります。

Japan East at 2PM CEST time(日本時間:2021年10月18日(月) 21:00 ~)

※ Microsoft TeamsのLMS365アプリとプロキシ は全リージョン終了後に更新されます。

今回のリリース:

1.トレーニングの作成と編集

コースやトレーニングプランを作成・編集する方法が新しくなり、直感的な操作でのトレーニングの作成・編集を可能にします。

コースやトレーニングプランの作成・編集は、これまで通りトレーニングを管理している「コース一覧」と「トレーニングプラン一覧」から行います。コース・トレーニングプランの作成や編集を選択すると、パネルが表示され、直感的にすべての設定ができるような流れで各ステップを案内します。

新しいインターフェースにより、すべてのトレーニングの設定やコンテンツをスムーズに管理することができ、新しいユーザーが管理者となった場合でも、すぐにトレーニングの作成を行うことができます。

詳しくは「トレーニングを作成・編集の新しい方法」をご覧ください。

new_way_to_create_and_edit_training.png

2.「学習コース管理」と「トレーニングプラン管理」パネルの新しいリンクとナビゲーション動作

コース・トレーニングプランの作成・編集の変更に伴い、「学習コース管理」と「トレーニングプラン管理」パネルに新しいリンクが導入されます。すべてのリンクは、トレーニングの設定を行うコース・トレーニングプランの編集パネルにリダイレクトされます。

つまり、これらのパネルからすべてのトレーニング設定オプションに直接リンクすることになります。

Group_25__2_.png

新しく導入されるリンクは、「コース設定の管理」リンクで、トレーニングの設定を管理することができます。また、「コースの管理」リンクは、トレーニングプラン管理パネルから利用することができ、当該トレーニングプランのコースを管理することができます。

「コース・トレーニングプランの編集」リンクは、コース・トレーニングプランの「基本情報」セクションに移動します。「受講者を管理する」リンクをクリックすると、「ユーザー」セクションに移動し、受講者の登録を管理することができます。「コースコンテンツの管理」リンクはコースで利用でき、コースのコンテンツを管理するパネルのエリアに移動します。「コースセッションの管理」はセッションベースのコースで利用でき、コースのセッションを管理するパネルのエリアに移動します。

10_release___.png

training-management-panel.gif

3.カテゴリーの必須変更

コースやトレーニングプランを作成する際に、カテゴリー欄の記入が不要になりました。これにより、カテゴリーを指定せずトレーニングを作成できるようになります。受講者や管理者がこれらの未分類のコースやトレーニングプランをより簡単に見つけられるように、カテゴリーなしでトレーニングをフィルタリングすることができます。

LMS365管理センターでは、管理者はコース一覧とトレーニングプラン一覧からカテゴリーなしでフィルタリングして、カテゴリーのないすべてのトレーニングの一覧を見ることができます。

Group_25__3_.png

受講者は、コースカタログのトップページで、「カテゴリーなし」でトレーニングをフィルタリングできるようになります。

すべてのコースやトレーニングプランにカテゴリが設定されている場合は、カテゴリーなしの値はフィルタリングオプションとして表示されません。

4.ライブフィードバックとアクティビティの更新

アクションや設定の結果を即座にフィードバックします。
LMS365製品から管理者へのタイムリーなコミュニケーションの流れをサポートするために、システムメッセージを配信するのための新しいフレームワークを作成しました。

管理者は、トレーニングの作成・編集やユーザーのトレーニングへの登録などのアクションを実行する際に、アクションの成功を確認するポップアップメッセージ、プロセスのエラーを通知するメッセージ、アクティビティを通知するメッセージなどの形で、システムからのライブフィードバックやアクティビティ情報を受け取ることができるようになります。

これにより、管理者はアクションの流れの状況を継続的に把握し、変更が正常に完了したかどうかを確認することができます。

メッセージは5秒間、画面に表示されます。その後、管理者は、ベルのアイコンをクリックしてアクションの成功または失敗に関して受け取ったすべての通知を見ることができます。

mceclip1.png

5.トレーニングのホームページ

コースにコンテンツが設定されていない場合の「コンテンツエリア」のユーザーインターフェースを更新します。

コースのコンテンツやコースが公開されていない場合、受講者にコンテンツエリアが空のトレーニングのホームページが表示されます。今回のリリースでは、空のコンテンツエリアにイラストと説明文を導入し、コンテンツセクションが空である理由を受講者に表示します。

コースに学習項目が追加されていない場合、または追加されていてもホームページ上で非表示になっている場合、「このコースには学習項目がありません」と表示します。

image_97.png

トレーニングの内容が公開されていない場合(予定や公開が終了している)、「このトレーニングは公開されていないためコンテンツを見ることはできません。」と表示します。

image_96.png

トレーニングプランに利用可能なコースがない場合は、「このトレーニングプランにはコースが追加されていません」と表示します。

image_96__1_.png

イラストは自動的にダークモードに調整されます。

6.LMS365Microsoft Teamsアプリ

トレーニングダッシュボードの左側ナビゲーションが変更されます。
Microsoft Teams のユーザーインターフェースに合わせて、LMS365Microsoft Teamsアプリ の トレーニングダッシュボードの左側ナビゲーションを変更します。

左ナビゲーションのメニューが折りたたまれるようになりました。選択すると、メニューはパネル上部に折りたたまれます。

lms_dashboard_menu-teams.gif

ここでは、10月18日のリリースに向けてお客様に準備をしていただくため、導入を予定しているリリース内容をお知らせしています。しかしながら、安定した製品性能を確保するために、お知らせした内容がリリース前に変更となる場合がございます。予めご了承ください。