データの消去とメディアサニタイジング

  • 更新

サブスクリプションを終了した際のデータの取り扱い

ELEARNINGFORCE社 は、お客様のご要請に応じてお客様データを永久に消去する責任があります。特に、すべての場所にあるすべての範囲であらゆるデータを消去し、また、すべてのコピーが確実に破棄されることに重点を置いています。

データ消去のスケジュールは、ELEARNINGFORCE社 の裁量で決定しますが、できる限りお客様のご要望に沿った形で行うものとします。
サプライヤーは、お客様データの保存に使用された記憶媒体を廃棄するか、それらが再利用の目的で使用される前に、適切な手段でお客様データを消去する義務があります。

データの削除と保存期間

LMS365 サブスクリプションが終了すると、お客様のデータは LMS365 Azure サブスクリプションから 90日後に削除されます。その後、最長 35日間はバックアップを利用することができます が、それ以降は完全にデータを取得することができなくなります。

Azure上の物理的な保存装置のデータ消去について

LMS 365はサービスとしてのソフトウェアとしてのMicrosoft Azureソリューション上に構築されているため、ELEARNINGFORCEには、以下のMicrosoft Media Sanitationガイドラインに従って、Azure上の顧客データの保存に使用されるメディアをクリーンアップおよび破棄するために物理的なアクセス権はありません。

保管用のディスク ドライブにハードウェア障害が発生した場合、Microsoft がそのディスク ドライブを交換または修理のために製造元に返却する前に、ディスク ドライブは確実にデータ消去されるか、破壊されます。ドライブ上のデータは完全に上書きされるので、そのデータを回復することはどのような手段でも不可能になります。
このようなデバイスが廃棄される場合、米国の NIST 800-88 Guidelines for Media Sanitation に従ってデータ消去または破壊が行われます。

詳細はマイクロソフトトラストセンター>お客様の顧客データの保護と管理>「サービス利用終了時のお客様のデータ」をご参照ください。

コースカタログ(SharePointサイトコレクション)、コースカタログのサイトコレクションのサブサイト、コースカタログのサイトコレクション内に保存されているコース、およびコースコンテンツ( 例:Word文書、PDF、など)

これらのサイト、およびそのコンテンツは、すべてお客様の Microsoft 365テナントに属しているため、ELEARNINGFORCE社 がこれらのサイトやコンテンツを削除することはありません。