個人データとデータの保存

  • 更新

LMS365 ソリューション内でお客様が保存したデータとファイルは、各お客様専用の SQL データベースと Azure Blob ストレージに保存されます。

このようにして、お客様はご自身のコンテンツだけを見ることができます。

お客様専用のSQLデータベースとAzure Blobストレージは、LMS365のインストール時にお客様が選択したリージョンに設置されます。

LMS365 のラーニングモジュール、クイズ、課題で使用される Word ドキュメント、パワーポイント、PDF、Stream ビデオなどのその他のコンテンツはすべて、お客様自身の Microsoft 365 SharePoint Online テナントに保存されます。

データやファイルは LMS365製品によって操作されますが、アクセスできるのはお客様のみです。

ここでは、LMS365 におけるデータとファイルの保存についてご説明します。

Microsoft 365の外部に保存された個人データ

LMS365はMicrosoft Azure上に構築されており、弊社が収集した個人データはMicrosoft Azureプラットフォームに安全に保存されます。

お客様のデータは、インストール時にお客様が選択されたデータセンターの場所にある、専用のAzure SQLデータベースに保存されます。

これらのデータベースは、LMS365 Microsoft Azure サブスクリプションでホストされており、ELEARNINGFORCE社 によって管理されます。

  • アカウント名

  • ユーザー表示名

  • メールアドレス

  • 部署名

  • 役職名

  • オフィス

  • 国名

  • 都市名

  • マネージャーID/Eメール

  • トレーニング記録

トレーニング記録は、受講者がどのトレーニングに登録し、開始 および/または 完了したかという履歴に関する情報です。これには、評価の合格/不合格情報、および評価のスコア(使用されている場合)が含まれます。

注記:ELEARNINGFORCE社および /またはパートナー企業が、マーケティングやその他の目的で個人情報を使用または共有することはありません。

データの保存

LMS365では、お客様ごとに専用のデータベースを用意し、そこにすべての受講者の記録を保存します。専用のデータベースを持つことで、他のお客様からデータにアクセス、閲覧されることはありません。

コンテンツの保存

SCORM & AICCパッケージはAzure Shared Blob Storage に保存されます。
それぞれのお客様のテナントごとに、LMS365のインストール時、お客様によって選択されたデータセンターの場所に別々のコンテナが作成されます。

これらのコンテナへのアクセスは、Azure Shared Access Signatures によって保護されています。
このようにして、お客様は、お客様自身のコンテンツしか見ることができないようになっています。

コースや認定証テンプレートは Azure Shared Blob Storage に保存されるため、お客様はご自分のコンテンツしか見ることができません。

ラーニングモジュールビルダー、クイズ、課題で使用される Word ドキュメント、パワーポイント、PDF、Stream Videos などのその他のコンテンツはすべて、お客様自身の Microsoft 365 SharePoint Online テナントに保存されます。

テクニカルサポートのテレメトリー

弊社では、テクニカルサポートの品質向上のため、Microsoft Azure Application Insights を使用して、LMS365へのお問い合わせを追跡しています。登録されたリクエストには、以下の個人データが保存されます。

ユーザーログイン名(メールアドレスなど)

Microsoft Azure Application Insightのデータは安全に保護され、90日間保持された後、マイクロソフトによって自動的に削除されます。