個人データとデータの保存

  • 更新

Office 365以外で保存される個人データ:

LMS365はMicrosoft Azure上に構築されており、収集した個人データはMicrosoft Azureプラットフォームに安全に保存されます。各顧客のデータは、インストール時に選択したデータセンターにある専用のAzure SQLデータベースに保存されます。

これらのデータベースは、LMS365のMicrosoft Azureサブスクリプションでホストされており、ELEARNINGFORCEによって管理されていることを意味します。

  • アカウント名
  • ユーザー表示名
  • メールアドレス
  • 部署名
  • 役職名
  • オフィス
  • 国名
  • 都市名
  • マネージャーID/Eメール
  • トレーニング記録

トレーニング記録は、受講者が登録したトレーニング、開始したトレーニング、完了したトレーニングに関する情報です。これには、課題評価の合否やスコア情報(使用されている場合)が含まれます。

注:個人情報がマーケティングやその他の目的のためにELEARNINGFORCEおよび/またはパートナー企業によって使用、または共有されることはありません。

データの保存

LMS365では、お客様ごとに専用のデータベースを用意し、そこにすべての受講者の記録を保存します。専用のデータベースを持つことで、他のお客様がデータにアクセスしたり、閲覧したりすることはありません。

コンテンツの保存:

  • SCORM & AICCパッケージ:Azure Shared Blob Storageに保存され、お客様はご自身のコンテンツのみを見ることができます。
  • コースおよび認定証テンプレート:Azure Shared Blob Storageに保存され、お客様はご自身のコンテンツのみを見ることができます。
  • その他のコンテンツ:ラーニングモジュールビルダー、クイズ、課題で使用されるワード文書、パワーポイント、PDF、ストリームビデオなどのコンテンツは、お客様のMicrosoft 365 SharePoint Onlineテナントに保存されます。

テクニカルサポートの遠隔測定:

テクニカルサポートのサービス向上のため、Microsoft Azure Application Insights を使用して LMS365 に行われたリクエストを追跡しています。登録したリクエストには、以下の個人データが保存されます。

ユーザーのログイン名(例:電子メールアドレス)
Microsoft Azure Application Insight のデータは保護されており、90 日間のみ保存され、その後 Microsoft によって自動的に削除されます。