ライン マネージャー ダッシュボードの概要と機能

  • 更新

ここでは、ライン管理者ダッシュボードの概要とその機能についてご説明します。

ライン管理者ダッシュボードでのユーザー管理については「ライン管理者ダッシュボード:ユーザー管理」で詳細をご説明しています。

 

ライン管理者ダッシュボーへのアクセス

ライン管理者ダッシュボードのすべての機能を使用するには、組織の階層が適切に設定されている必要があります。
組織の階層の設定方法については、「LMS365でライン管理者を設定するには」をご参照ください。

ライン管理者は、LMS365管理センターのライン管理者ダッシュボードから、部下のトレーニング活動の閲覧と管理を行うことができます。

ライン管理者は、以下の方法でライン管理者ダッシュボードにアクセスします。

1.トレーニングダッシュボードに移動します。

2.左側にあるナビゲーションメニューから「ライン管理者ダッシュボード」を選択します。

Line Manager Dashboard1.png

このカタログに関連する LMS365 ライン管理者ダッシュボードが開きます。

カタログ名はページ上部のカタログセレクタに表示されています。

Line Manager Dashboard2.png

ライン管理者ダッシュボードのトップバーから次の機能が利用できます。

Line Manager Dashboard3.png

Line Manager Dashboard4.png

Line Manager Dashboard5.png

カタログの選択

カタログのトレーニングダッシュボードからライン管理者ダッシュボードにアクセスすると、カタログに関連する LMS365ライン管理者ダッシュボードが開きます。
カタログ名は、ページ上部のカタログセレクタに表示されています。

Line Manager Dashboard6.png

カタログセレクタのドロップダウンリストには、ライン管理者が次のいずれかの条件に当てはまり、アクセスができるカタログが表示されます。

  • このカタログのカタログ管理者である。
  • このカタログのユーザーリストに追加されている。
  • LMS管理者である。この場合、このライン管理者は、テナントのすべてのカタログから選択することができます。

ドロップダウンリストからカタログを選択しと、選択したカタログにおける部下の学習情報を追跡することができます。

「すべてのカタログ」を選択すると、このライン管理者がアクセス権を持つすべてのカタログを集約した、部下の情報を表示することができます。この場合、ユーザーをコースやトレーニングプランに登録するなどの一部の機能は使用できなくなります。

Line Manager Dashboard7.png

カタログにアクセスできるユーザーを確認する

LMS365ライン管理者ダッシュボードのユーザー名の横に表示される人アイコン.pngアイコンは、このユーザーが、LMS365管理センターの「ユーザー」リストの「ユーザーの追加または招待」により現在のカタログに追加されていないか、個別のコースまたはトレーニングプランに登録されていないことを示します。

この場合、このユーザーの学習情報はLMS365ライン管理者ダッシュボードに表示されません。
ライン管理者がこのユーザーを選択した場合、直属の部下の管理パネルのアクションは使用できません。ユーザーの学習を管理するには、現在のカタログの「ユーザー」リストに追加します。

アイコンの表示がないユーザーは、現在のカタログにアクセス権が付与されており、ライン管理者は、これらのユーザーを現在のカタログのコースやトレーニングプランに登録し、ここで管理することができます。

この列ではフィルターでアクセス権の有/ 無 によるフィルターが利用できます。

Line Manager Dashboard8.png

検索とフィルタリング機能

Microsoft Entra ID (Azure Active Directory) アカウントを無効にしているユーザーは、部下としてLMS365ライン管理者ダッシュボードに表示されません。

直属の部下/ 直属の部下の部下 セレクター

ライン管理者ダッシュボードを開くと、既定ではライン管理者の直属の部下の情報が表示されます。

直属の部下が「部下」をもつ場合、それら情報を見ることもできます。この場合、トップバーの「直属の部下」を展開し、「直属の部下の部下」を選択します。

Line Manager Dashboard9.png

部下を持つユーザーには展開ボタンが付きます。展開して「直属の部下の部下」の情報を表示します。

検索フィールド

検索フィールドにユーザー名またはその一部を入力することで、ユーザーを検索することができます。検索条件に一致するユーザーのみが表示されます。同じ機能をもつフィルターが「名前」列にもあります。

エクスポートを選択して、現在の画面(適用されているフィルターの状態)の情報をダウンロードできます。

Line Manager Dashboard10.png

列フィルター

LMS365ライン管理者ダッシュボードには「名前」「進行中」「未開始」「完了」「期限切れ」「期限切れの認定証」「CEU」 に関する情報が各列で表示されます。

各列にはソート機能があり、これを行うには列見出しをクリックします。列の情報に応じて昇順、降順で並べ替えることができます。

Line Manager Dashboard11.png

 

ライン管理者ーダッシュボードには、コースに関する情報のみを含みます。トレーニングプランはここには含まれません。すべてのコースおよびトレーニングプランに関する部下の進捗の概要は、直属の部下の管理パネルの「受講の進捗を閲覧」を選択します。
受講の進捗ダッシュボードで確認できる情報については「受講者の進捗ダッシュボードとレポートの読み方」をご参照ください。
非公開のコースや まだ作成途中のコースに関する情報は含まれません。
  • 名前:ライン管理者の直属の部下または直属の部下であるユーザーの名前が表示されます。検索フィルター機能があります。
  • 人アイコン.png アイコン:現在のカタログに追加されていないユーザーにはアイコンが付きます。
    この列には選択フィルター機能があります。:「すべて選択」、「ユーザーがコースカタログにいる(カタログにアクセスできるユーザー)」、「ユーザーがコースカタログにいない(カタログにアクセスできないユーザー)」。
  • 進行中:現在公開されているコースのうち、ユーザーが受講中(開始したが、まだ完了していない)コースの数。
  • 未開始:現在公開されているコースのうち、ユーザーがまだ受講を開始していないコースの数。
  • 完了:ユーザーの現在のコース登録ステータス、コースの公開ステータスに関わらず、ユーザーが既に完了したコースの数。
  • 遅延:現在公開されているコースのうち、ユーザーが現在登録済みで、コースに設定された期限までに完了していないコースの数。
    以下のコースが、「遅延」としてカウントされます。
    • ユーザーが期限を過ぎて完了したコース(コースの完了ステータス:完了)
    • コースの期限が過ぎても進行中のコース(コースの完了ステータス:進行中)
    • コースの期限が過ぎても開始されていないコース(コースの完了ステータス:未開始)
  • 期限切れの認定証:期限切れの認定証証明書と/ユーザーの取得した認定証 。
    例えば、1 / 4と表示されている場合、ユーザーが取得した4つの認定証のうち、1つが期限切れであることを示します。ユーザーが同じコースまたはトレーニングプランで複数の有効期限切れの認定証を持つ場合、ここでは最新のものだけがカウントされます。
  • CEU:ユーザーが取得した CEUの合計数。カタログセレクタで「すべてのカタログ」が選択されている場合、この列はすべてのカタログにおいてユーザーが獲得したCEUの合計数を表示します。

フィルターと並べ替えオプションは併用できます。例えば、カタログに含まれるユーザーをフィルタリングし、CEUs昇順で情報を並べ替えができます。

コースフィルター

コースフィルターを使って、特定のコースまたはトレーニングプランに登録されているユーザーすることができます。

「コースフィルター」を選択するとフィルターパネルが開きます。既定では現在のカタログ内のすべてのコースとトレーニングプランが表示されます。

目的のコースやトレーニングプランのチェックボックスを選択します。

パネルの下部にある「フィルター」ボタンを選択すると、ライン管理者ダッシュボードがフィルタリングされ、選択したコース / トレーニングプランに登録されているユーザーを表示します。

Line Manager Dashboard12.png

検索やフィルターを使って、パネルのコース / トレーニングプランを絞り込むことができます。

検索フィールド:フィルターパネルの検索フィールドを使用して、目的のコースまたはトレーニングプランを表示することができます。検索はトレーニング名と、関連するカテゴリーとタグを対象に実行されます。

トレーニングの公開ステータスとタイプ:パネルのトップバーにある「すべて トレーニング」を選択します。公開ステータスとトレーニングタイプがドロップダウンリストで表示されます。項目を選択します。公開トレーニングを選択後、eラーニングを選択してフィルターを組み合わせることも可能です。

Line Manager Dashboard13.png

期間:コースの公開「開始日」と「終了日」によるフィルタリングを行います。

1.パネルのトップバーにある「期間」を選択します。

2.現在の日付は青が表示されています。カレンダーの開始日と終了日で期間を指定します。

3.期間フィルターが適用されます。パネルに表示されるコースとトレーニングプランはトレーニングのタイプにより異なります。

eラーニングコースとトレーニングプランの場合:

次のいずれかの項目に該当しているコース / トレーニングプランを表示します。

  • コースまたはトレーニングプランの開始日と終了日の両方が指定された期間の範囲内である。
  • コースまたはトレーニングプランの開始日は指定された期間の範囲内に設定されているが、終了日が設定されていない。
  • コースまたはトレーニングプランの開始日は設定されていないが、終了日は指定された期間の範囲内である。
  • コースまたはトレーニングプランには開始日と終了日が設定されていない。

以下のコース / トレーニングプランは表示しません。

  • 未公開のもの。
  • コースまたはトレーニングプランの開始日が指定された期間の開始日より前であり、終了日は指定された期間の範囲内である
  • コースまたはトレーニングプランの開始日が指定された期間の範囲内で、終了日は指定された期間の範囲外である。
  • コースまたはトレーニングプランの開始日と終了日が指定された期間の範囲外である。

インストラクター主導型コースの場合、コースのセッション / セッショングループの開始日と終了日に基づいて決まります。少なくとも1つのセッション / セッショングループの開始日と終了日の両方が、指定された期間の範囲内である場合に表示します。

期間フィルターを解除するには、指定期間の横にある「✖」を選択します。

Line Manager Dashboard14.png

検索フィールドやフィルターでフィルタリングしたコースとトレーニングプランのリストから、目的のコース / トレーニングプランを選択します。
リスト内のすべてのコースとトレーニングプランを選択するには、列見出し「名前」の横にあるチェックボックスを選択します。

パネル下部の「フィルター」ボタンを選択すると、ライン管理者ダッシュボードにフィルターが適用されます。

インストラクター主導型コースの場合、登録されているセッションまたはセッショングループに関係なく、選択したコースおよびトレーニングプランに現在登録されているすべてのユーザーが表示されます。セッションまたはセッショングループには登録されていないが、コースに登録されているユーザーも表示します。

フィルターパネルを閉じるには、パネルの外側をクリックします。パネルを閉じても、適用したフィルタは保持されます。

トップバーにある「エクスポート」で、現在画面に表示されている結果をExcelファイルにダウンロードできます。

トレーニングなしでフィルター:フィルターパネルでコースまたはトレーニングプランが選択されていない場合にのみ、パネルの下部に表示されます。選択すると、コースカタログ内のコースまたはトレーニングプランに現在登録されていないユーザーを表示します。

フィルターパネルを閉じるには、パネルの外側をクリックします。パネルを閉じても、適用したフィルタは保持されます。

トップバーにある「エクスポート」で、現在画面に表示されている結果をExcelファイルにダウンロードできます。

Line Manager Dashboard15.png

適用したすべてのコースフィルターを解除するには、フィルターパネルにを開き、下部にある「リセット」ボタンを選択します。

スキルフィルター

コースフィルターのパネルでは、スキルによるフィルタリングを加えることができます。

  • 特定のスキルが付与されるコースやトレーニングプランに登録されているユーザーを検索する。
  • スキルが付与されないコースやトレーニングプランに登録されているユーザーを検索する。

1.ライン管理者ダッシュボードのトップバーにある「コースフィルター」を選択します。

2.開いた「フィルター」パネルのトップバーにある「スキル」フィルターを選択します。

3.「スキルフィルター」パネルが開き、現在のカタログに掲載されているすべてのスキルがリストで表示されます。目的のスキルを選択します。

検索フィールドを使用して、目的のスキルを検索できます。検索は、名前、カテゴリー、またはタグで実行されます。

リストに表示されたすべてのスキルを選択するには、列見出し「名前」のチェックボックスを選択します。

Line Manager Dashboard16.png

スキルフィルターが適用されていない場合、パネルの下部にある「スキル無でフィルター」が利用できます。これにより、スキルが付与されないコースとトレーニングプランをフィルタリングすることができます。

Line Manager Dashboard17.png

4.「スキルフィルター」パネルで「フィルター」ボタンを選択すると、フィルター(コース)パネルに適用され、選択したスキルでフィルタリングされたコースとトレーニングプランを表示します。

Line Manager Dashboard19.png

フィルター(コース)パネルのスキルフィルターのアイコンが青になり、リストされたコースとトレーニングプランが設定されたスキルフィルターに従ってフィルタリングされていることを示します。
フィルター解除するには、「スキルフィルター」パネルを開き、「リセット」ボタンを選択します。

5.スキルフィルターを適用したあと、フィルター(コース)パネルでコース/ トレーニングプランを選択します。すべてのコースとトレーニングプランを選択するには、列見出し「名前」のチェックボックスを選択します。

6.「フィルター」ボタンで、ライン管理者ダッシュボードにフィルターを適用します。
特定のスキルが付与される、特定のコースとトレーニングプランに現在登録されているユーザーが表示されます。

フィルターパネルを閉じるには、パネルの外側をクリックします。パネルを閉じても、適用したフィルタは保持されます。

トップバーにある「エクスポート」で、現在画面に表示されている結果をExcelファイルにダウンロードできます。

ユーザーの管理

ライン管理者ダッシュボードでは、カタログ、コース、トレーニングプランにアクセスできる直属の部下に対して、さまざまな管理アクションを実行できます。「直属部下の管理」パネルで利用できる操作については、こちらの記事をご覧ください。

データのエクスポート

ライン管理者ダッシュボードに表示されている情報は、トップバーにある「エクスポート」でダウンロードすることができます。Excelファイルで作成されたレポートがダウンロードされ、ファイルには現在のビューに表示されている情報が含まれます。

レポートは、ブラウザの言語がLMS365でサポートされている場合、その言語で内容(情報)を表示します。そうでない場合は、英語(米国)で表示されます。

Line Manager Dashboard18.png