LMS 管理者:概要と管理

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 管理者ロールを持つユーザーは、LMS365 管理者およびコース カタログ管理者の追加や削除、カタログの作成 (LMS 管理者に SharePoint 管理者ロールも割り当てられている場合)、カタログの削除、言語ファイルの編集、グローバル設定の管理、トレーニング ダッシュボードの「設定」セクションの設定を行うことができます。

LMS 管理者ロールは、組織内の複数のユーザーに割り当てることができます。

ここでは、LMS365 管理者の割り当て、割り当ての解除、および LMS365 管理者にメッセージを送信する方法について説明します。

 

注記:

LMS 管理者は、コース カタログのカタログ管理者ロールを割り当てられるまでは、カタログを管理する権限を持ちません。

 

LMS 管理者を追加する

必要なロール:LMS 管理者または Microsoft 365 グローバル管理者

 

LMS 管理者を追加するには:

1.グローバル設定>LMS 管理者 に移動し、「+LMS365 管理者の追加」を選択します。「LMS365 管理者の追加」パネルが開きます。

2.「LMS365 管理者の追加」パネルの「ユーザーの選択」フィールドで、LMS 管理者ロールを割り当てるユーザーを選択します。このフィールドは必須です。

LMS 管理者ロールを外部ユーザーに割り当てることはできません。

LMS admins1.png

 

3.ユーザーに新しいロールを通知するかどうかを選択します。既定では、「ユーザー通知」オプションのトグルはオンになっており、「件名」および「メッセージ」の 2 つの追加フィールドが利用可能です。どちらも既定のテキストが入力されていますが、手動で変更することができます。ユーザーに新しいロールを通知しない場合は、「ユーザー通知」オプションのトグルをオフに切り替えてください。

4.「保存」を選択するか、「キャンセル」を選択して操作をキャンセルします。

メール アドレスが登録されていないユーザーがいた場合、これらのユーザーにはメールが届かないことを通知するメッセージが表示されます。

「確認」を選択するか、「キャンセル」を選択して「LMS365 管理者の追加」パネルに戻ります。

追加された LMS 管理者は、「LMS 管理者」ページに表示され、メール アドレス、ロールを割り当てた担当者、ロールが割り当てられた日時も表示されます。

 

LMS 管理者にメッセージを送信する

必要なロール:LMS 管理者または Microsoft 365 グローバル管理者

LMS 管理者にメッセージを送信するには:

1.グローバル設定>LMS 管理者 に移動し、メールを送信するユーザーを選択します。リスト内のすべてのユーザーを選択するには、列見出し「名前」の横にあるチェックボックスをオンにします。「LMS 管理者の管理」パネルが開きます。

2.「LMS 管理者の管理」パネルで、「メッセージの送信」を選択します。このオプションは、メール アドレスが登録されているユーザーに対してのみ有効です。

3.「件名」と「メッセージ」フィールドに、LMS 管理者に送信するテキストを入力します。

LMS admins2.png

 

4.「送信」を選択してメールを送信するか、「キャンセル」を選択します。

 

ユーザーから LMS 管理者ロールを削除する

必要なロール:LMS 管理者または Microsoft 365 グローバル管理者

 

重要!  

LMS 管理者ロールを削除されたユーザーは、LMS365 のグローバル設定にアクセスできなくなります。

 

LMS365 管理者の割り当てを解除するには:

1.グローバル設定>LMS365 管理者 に移動し、LMS 管理者ロールを削除するユーザーを選択します。「LMS 管理者の管理」パネルが開きます。

2.「LMS 管理者の管理」パネルで、表示されたメッセージを確認し、「割当て解除」を選択します。割り当てを解除されたユーザーは、LMS365 のグローバル設定にアクセスできなくなります。