プロキシ認証回避(ホワイトリスト)について

  • 更新

LMS365にアクセスする際、プロキシの認証を回避するには、次のURLをホワイトリストに追加します。

 

LMS365が独自にアクセスするURLは以下ものがあります。

上記 *.365.systems以外に以下のものがあります。



また、LMS365自体がSharePoint上に実装される仕組みとなるため、
SharePoint側で独自に通信が発生するルートについてはLMS365側で把握することができません。
Office365(Microsoft365)が使用している各種URLについてはMicrosoftの公式情報をご参照のうえ
必要に応じてOffice365(Microsoft365)が使用している各種URLについて追加します。

Office365(Microsoft365)が使用している各種URL