Learn 365 と Go1 の統合を設定する

  • 更新

目次

重要!  

LMS365 と Go1 の統合は、LMS365 プロフェッショナル サブスクリプションをお持ちのお客様が利用できます。LMS365 スタンダード サブスクリプションをお持ちのお客様はご利用いただけません。プロフェッショナル サブスクリプションへのアップグレードをご希望のお客様は、サポートまでご連絡いただくか、営業担当者にお申し付けください。

 

Go1 と LMS365 を統合すると、Go1 コースを LMS365 にインポートして掲載することができます。

LMS365 に Go1 コースをインポートすると、LMS365 の「トレーニング管理」ページで、組織内の他のコースやトレーニング プランと同様に Go1 コースを表示、管理することができます。

 

LMS365 と Go1 を統合する

必要なロール:LMS 管理者

1.LMS 管理者として、LMS365 管理センター>グローバル設定 に移動し、LMS 設定>統合コネクタ>「統合コネクタ」パネル>「Go1」タイルの「接続」を選択します。

 

注記:

ご契約のサブスクリプション プランが LMS365 と Go1 の統合をサポートしていない場合、「接続」オプションは無効になります。この場合、ページ上部に黄色いバナーが表示され、サブスクリプション プランのアップグレードをご案内します。

 

integration go1.png

 

2.「Go1」パネルで、「接続」を選択します。

integration go2.png

 

ログインには 2 つの方法があります。既存の Go1アカウントでログインするか、無料サブスクリプションで 20 コースの無料コースパックが利用できる Go1 アカウントを作成することができます。

 

3.既存の Go1 アカウントでログインするには、go1 ログイン ダイアログから、 ログイン情報を入力し、「Log in and connect」を選択します。Go1 のログインに問題が発生した場合は、こちらの Go1 ヘルプを参照してください。

integration go3.png

 

Go1 のサブスクリプションをお持ちでないお客様で、無料の Go1 コースを利用したい場合は、Go1 アカウントを作成します。アカウントを作成すると、Go1 の無料サブスクリプションと 20 コースの無料コースパックを利用できます。

go1 ログイン ダイアログから、「Sign up」を選択します。「Sign up to Go1」ページが開きます。

フォームに入力し、「Sign up」を選択して、Go1 アカウントを作成します。Go1 のログインに問題が発生した場合は、こちらの Go1 ヘルプを参照してください。

integration go4.png

 

既存の Go1 アカウントを使用してログインする場合も、新規アカウントを作成してログインする場合も、Go1 に対する次のアクセス許可の確認と同意が必要となります。

  • お客様のアカウント情報へのアクセス
  • コンテンツへのアクセスと管理
  • このポータルへのアクセスと管理
  • 登録へのアクセスと管理
    ユーザー プロファイルへのアクセスと管理

Go1 が要求するアクセス許可に関する詳細は、Go1 Global Support Team にお問い合わせください。

 

4.承諾する場合は、「Authorize」を選択します。

integration go5.png

 

アクセス許可を承諾すると、「Go1」パネルが開きます。

5.既定では、インポートされた Go1 コースは公開されないため、各コースを手動で公開する必要があります。インポートした Go1 コースを自動的に公開するには、「インポートされたコースを自動的に公開する」オプションをオンに切り替えます。このオプションをオンにすると、インポートされたコースはインポート時の日付と時刻で公開されますが、終了日は指定されません。

6.カタログ管理者が Go1 コースを LMS365(LMS365) にインポートする際の方法を指定します。

  • Go1 提供の Learn365 コンテンツ ハブを通じて Go1 コースをインポートするには、「コンテンツ ハブを使用する」オプションをオンに切り替えます。
  • LMS365 ユーザー インターフェイスを通じて Go1 コースをインポートするには、「コンテンツ ハブを使用する」オプションをオフに切り替えます。

 

ヒント:

 2024 年 4 月 2 日のリリース以前に LMS365 と Go1 の統合を設定していた場合は、Go1 提供の Learn365 コンテンツ ハブを効果的に利用するために、一度 Go1 との接続を切断し、再接続する必要があります (このセクションの前半の手順を使用)。

 

これで、カタログ管理者は LMS365 に Go1 コースをインポートして管理できるようになります。

integration go6.png

 

Go1 の接続を確認する

Go1 の接続ステータスを確認するには:

LMS 管理者として、LMS365 管理センター>グローバル設定 に移動し、LMS 設定>統合コネクタ を選択します。「統合コネクタ」パネルが開きます。

「Go1」タイルに、統合接続ステータスが表示されます。

  • 接続:緑色のテキストで表示され、LMS365 が Go1 に接続されていることを意味します。
  • 接続エラー:赤いテキストで表示され、LMS365 が Go1 に接続できないことを意味します。エラーの詳細を確認するには、「管理」を選択します。
  • 接続中:グレーテキストで表示され、LMS365 が Go1 との接続を確認中であることを意味します。

 

Go1 コースを LMS365 にインポートする

LMS365  と Go1 の統合が設定されたら、カタログ管理者は Go1 コースを LMS365 にインポートできます。

Go1 コースは、eラーニング コースとして LMS365 にインポートされます。一度に最大 30 のコースをインポートできます。

Go1 コースをインポートする方法は、LMS 管理者が LMS365 と Go1 の統合を設定する際に決定します。次の 2 つのオプションがあります。

  • LMS365 ユーザー インターフェイスを通じて Go1 コースをインポートする。
  • Go1 提供の Learn365 コンテンツ ハブを通じて Go1 コースをインポートする。Go1 提供の Learn365 コンテンツ ハブは、LMS365 にコースをインポートする際の拡張機能を提供します。

 

LMS365 インターフェイスを通じて Go1 コースをインポートする

必要なロール:カタログ管理者

 

1.LMS365 管理センター>トレーニング管理 に移動し、コース インポート>Go1 を選択します。「Go1 コースをインポート」パネルが開きます。

開いた「Go1 コースをインポート」パネルには、すべての Go1 コースが「タイトル」、「学習時間」、「言語」情報とともに表示されます。

integration go7.png

 

注記:

Go1 アカウントが無料サブスクリプションの場合、「Go1 コースをインポート」パネルには 20 コースの無料コースパックのみが表示されます。

Go1 アカウントが有料サブスクリプションの場合、「Go1 コースをインポート」パネルには、ご契約のサブスクリプション プランで利用可能なすべての Go1 コースが表示されます。

 

2.検索フィールドを使用して、特定の Go1 コースを検索することができます。検索はコース名 (タイトル) フィールドのみで実行されます。コース名の一部を入力し、Enter キーを押すと、指定したキーワードに一致する Go1 コースのリストが表示されます。

3.「Go1 コースをインポート」パネルの Go1 コースのリストをタイトルで並べ替えることや、トピック、学習時間、タグでフィルタリングすることができます。

既定のビューには、お持ちのサブスクリプション プランで利用可能なすべての Go1 コースが表示されます。

トピック フィルター:利用可能な Go1 コースに関連付けられたトピックでフィルタリングすることができます。複数選択することが可能です。

カテゴリーは、コース ホーム ページに表示され、カタログ内のトレーニングのフィルタリングに使用されます。Go1 コースをインポートすると、トピックは LMS365 のカテゴリーに変換されます。

「トピック」ドロップダウンから、該当するトピックを選択し、「適用」を選択してフィルターを適用します。適用したフィルターを解除するには、「すべてクリア」を選択します。または、「すべて選択」チェックボックスを使用して、すべてのトピックの選択のオンとオフを切り替えます。

フィルターを適用すると、フィルターのドロップダウン名の「トピック」が、適用されたトピック フィルターの数に置き換えられます。

学習時間:利用可能な Go1 コースの学習時間でフィルタリングすることができます。15 分未満、15~30 分、30~60 分、60 分未満です。複数選択することが可能です。

「学習時間」ドロップダウンから、該当する学習時間を選択し、「適用」を選択してフィルターを適用します。適用したフィルターを解除するには、「すべてクリア」を選択します。または、「すべて選択」チェックボックスを使用して、すべての学習時間の選択のオンとオフを切り替えます。

フィルターを適用すると、フィルターのドロップダウン名の「学習時間」が、適用された学習時間フィルターの数に置き換えられます。

タグ フィルター:利用可能な Go1 コースに関連付けられたタグでフィルタリングすることができます。複数選択することが可能です。

「タグ」ドロップダウンから、該当するタグを選択し、「適用」を選択してフィルターを適用します。適用したフィルターを解除するには、「すべてクリア」を選択します。または、「すべて選択」チェックボックスを使用して、すべてのタグの選択のオンとオフを切り替えます。

フィルターを適用すると、フィルターのドロップダウン名の「タグ」が、適用されたタグ フィルターの数に置き換えられます。

4.コース名を選択すると、そのコースの詳細情報を表示するパネルが開きます。このパネルから、このコースをインポートするか、「Go1 コースをインポート」パネルから複数のコースをインポートすることができます。

integration go8.png

 

5.✖ を選択すると、パネルが閉じます。

6.「Go1 コースをインポート」パネルで、インポートする Go1 コースのチェックボックスをオンにします。一度に最大 30 のコースをインポートできます。

7.Go1 コースを選択したら、「インポート」ボタンを選択してコースをインポートするか、「キャンセル」を選択してインポートをキャンセルします。コースのインポートはバックグラウンド タスクとして実行されるため、LMS365 を使用し続けることができます。

 

注記:

30 以上のコースをインポートする場合は、該当するコースをすべてインポートし終えるまで、ステップ 6 と 7 を繰り返してください。

 

インポートにかかる時間は、インポートするコースの数によって異なります。コースが正常にインポートされた場合、同期する変更がない場合、1 つ以上のコースのインポートに失敗した場合、通知フィードに通知が表示されます。LMS365 管理センターのツールバーのベル アイコンを選択して、通知を確認できます。

インポートされたコースは、他のコースやトレーニング プランと一緒に、「トレーニング管理」ページに表示されます。インポートされた Go1 コースの既定の公開ステータスは、LMS 管理者が Go1 統合の設定時に指定したものです。非公開の Go1 コースは、「ステータス」列に

 

アイコンが表示されます。「カテゴリー」列には、コースに割り当てられたカテゴリーが表示されます。

1 つ以上のコースのインポートに失敗した場合は、通知にある詳細を確認してください。

 

Go1 提供の Learn365 コンテンツ ハブを通じて Go1 コースをインポートする

重要! 

Go1 提供の Learn365 コンテンツ ハブは、LMS365 プロフェッショナル サブスクリプションをお持ちのお客様がプレビュー版で利用できます。 この機能を利用するには、Go1 サブスクリプションも必要です。

 

必要なロール:カタログ管理者

1.LMS365 管理センター>トレーニング管理 に移動し、コース インポート>Go1 を選択します。「Import Go1 courses」パネルが「Home」タブで開きます。

2.「Search」タブを選択します。

Go1content hub1.png

 

3.特定のコースを検索します。フィルターを使用して検索を絞り込む方法については、こちらの Go1 ヘルプを参照してください。

4.コース名を選択すると、そのコースの詳細情報を表示するパネルが開きます。

5.インポートする各コースのチェックボックスをオンにして、「Add to Library」アイコンを選択します。

Go1content hub2.png

 

6.「Library」タブを選択すると、現在ライブラリにインポート可能なコースが表示されます。

 

注記:

同期する前に、ライブラリに 100 以上のコースを追加しないことをお勧めします。

 

Go1content hub3.png

 

7.「Library」タブのコースをLMS365 と同期するには、「Sync Library」を選択します。

LMS365 にすでにインポートされている「Library」タブのコースは、再度同期されません。

インポートにかかる時間は、インポートするコースの数によって異なります。コースが正常にインポートされた場合、同期する変更がない場合、1 つ以上のコースのインポートに失敗した場合、通知フィードに通知が表示されます。LMS365 管理センターのツールバーのベル アイコンを選択して、通知を確認できます。

インポートされたコースは、他のコースやトレーニング プランと一緒に、「トレーニング管理」ページに表示されます。インポートされた Go1 コースの既定の公開ステータスは、LMS 管理者が Go1 統合の設定時に指定したものです。非公開の Go1 コースは、「ステータス」列に Unpublished_course_icon.png アイコンが表示されます。「カテゴリー」列には、コースに割り当てられたカテゴリーが表示されます。

1 つ以上のコースのインポートに失敗した場合は、通知にある詳細を確認してください。

 

Go1 と LMS365 のコース プロパティのマッピング

Go1 コースが LMS365 にインポートされると、Go1 コース プロパティが LMS365 コース プロパティにマッピングされます。

 

Go1 フィールド  LMS365 フィールド
Title

Name

名前

Web Address

Web アドレス
Description


Short Description (without HTML formatting)
概要説明
Long Description(with HTML formatting) 詳細説明
Topic Categories カテゴリー
Tags Tags タグ
Course ID ID ID
Duration Duration (standard format) 所要時間 (標準形式)

 

Go1 コースをインポートすると、以下のアクション実行されます。

  • インポートされたすべてのコースに Go1 カテゴリが追加されます。
  • Go1 コース画像は LMS365 コースのサムネイル画像として表示されます。
  • バナー画像にはコース カタログの既定の画像が表示されます。
  • コンテンツ パッケージはコースの「コンテンツ」セクションに追加されます。

 

注記:

インポートした Go1 コースの既定の設定:

  • 受講者と管理者はコースに割り当てられません。
  • インポートされたコースは非公開として設定されますが、この設定は変更できます。変更するには、LMS365 管理センター>グローバル設定 に移動し、LMS 設定>統合コネクタ を選択します。開いた「統合コネクタ」パネルで、「go1」タイルの「管理」を選択し、「インポートされたコースを自動的に公開する」をオンに切り替えます。
  • インポートされたコンテンツ パッケージはコース完了に必須として設定されます。
  • LMS365 のコースの Web アドレスでサポートされていない特殊文字 (例 " # % & * : < > ? \ / { | } ~ [ ] ` ' ^ およびスペース) は、インポート処理中にアンダースコアに置換されます。コース タイトルに含まれる特殊文字は保持されます。

 

停止された Go1 コース

LMS365 では、Go1 と同期する際に、以前にインポートされたコースが停止されていないか、または停止対象としてマーク付けされていないかどうかもチェックされます。

リスト内の少なくとも 1 つの Go1 コースが停止されている、または停止対象としてマーク付けされている場合、LMS365 では、「トレーニング管理」ページのステータス列に LinkedIn_Learning_training_management_page_information_icon.png アイコンが表示されます。この LinkedIn_Learning_training_management_page_information_icon.png アイコンは、該当するトレーニングの横にも表示されます。さらに、停止されたコースに含まれるコンテンツ パッケージの「コンテンツ パッケージ ストレージ」ページにも表示されます。

停止されたコースは受講者が引き続き利用できる状態であるため、コース管理者の責任において、コースを非公開にするか、コースを削除するかを選択してください。

 

インポートしたコースを準備して公開する

必要なロール:カタログ管理者またはコース管理者

Go1 コースをインポートしたら、通常の方法で新しい LMS365 eラーニング コースを準備して公開することができます。また、インポート時に自動的に公開するように設定されたコースをさらに設定することもできます。LMS365 で eラーニング コースを公開するための準備方法については、こちらを参照してください。

 

LMS365 フリーミアム サブスクリプション プランで Go1 を統合した場合

  • Go1 からインポートした無料コースパークのコースは、コースとトレーニング プランの上限である 8 件にはカウントされません。ただし、Go1 コースへの登録は、月間の新規登録者数 100 の制限にカウントされます。
  • 無料コースパックでは、コース設定パネルの「コンテンツ」タブで学習項目を追加または削除することはできません。
  • インポートした Go1 コースは通常の方法で削除できます。

 LMS365 の有料サブスクリプションで利用可能な機能については、こちら (英語)をご覧ください。

 

Go1 との接続を解除する

必要なロール:LMS 管理者

接続を解除すると、LMS365 と Go1 の統合は解除され、以下のようになります。

  • Go1 コースは LMS365 にインポートできなくなります。
    「トレーニング管理」ページの「Go1 コースをインポート」オプションは利用できなくなります。
  • インポートされた Go1 コースは「トレーニング管理」ページに表示されますが、
  • 受講者が Go1 コースを受講しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

接続を解除 (切断) すると、確認メッセージが表示されます。これを承認すると、LMS365 と Go1 間のリンクが削除されます。

1.LMS 管理者として、LMS365 管理センター>グローバル設定 に移動し、LMS 設定>統合コネクタ >「統合コネクタ」パネル>「Go1」タイルの「管理」を選択します。

2.「Go1」パネルで、「切断する」を選択します。

3.「OK」を選択して操作を確定するか、「キャンセル」を選択します。

 

Go1 ポータルを使用して LMS365 と Go1 の統合をサポートする

Go1 アカウントを作成すると、Go1 ポータル サイトが自動的に作成されます。Go1 ポータルの URL は、企業名に基づいています。

オプションで、Go1 ポータルを使用して LMS365 と Go1 の統合をサポートすることができます。

Go1 ポータルで行われた変更が LMS365 に反映されるように、該当する Go1 コースを LMS365 にインポートする必要があります。

Go1 ポータルの詳細については、Go1 ヘルプセンターをご覧ください。

 

無料コースパックの定期的な更新

無料コースパックは随時更新されます。そのため、コースの内容が更新されることや、無料コースパックにコースが追加または削除されることがあります。

無料コースパックから削除されたコースは、新しいコースが受講生に提供された後も 30 日間は引き続き利用可能であるため、受講生は未完了のコースを受講して完了することができます。