AIでeラーニングコースを作成する

  • 更新

LMS365では、AIによる拡張機能のプレビュー版を試用いただけます。
現在、クイズの作成、クイズや設問プールの設問の作成、eラーニングコースの作成においてAI駆動アシスタント(AI-driven assistance)を試用できます。

ここでは、LMS365のAI駆動アシスタント機能を使って、eラーニングコースを作成する方法をご説明します。

AI駆動アシスタント機能が有効の場合でも、通常の方法でクイズ、設問、eラーニングコースを作成できます。

AI駆動アシスタント機能における、LMS365のデータ管理、プライバシー、セキュリティについては「LMS365と人工知能(AI):データ・プライバシー・セキュリティ」をご参照ください。

  • LMS365はクイズ、設問、eラーニングコースの作成において、AI駆動アシスタント機能のプレビュー版をリリースしました。初期の段階では、LMS365はいかなる場合でもこのサービスを中止する権利を留保します。
  • 現在、LMS365はすべてのお客様にAI機能への先行無料アクセスをご提供しています。将来のビジネスモデルは、ここから収集された知見とフィードバックに基づいて決定されます。
  • AIサービスは、有害、攻撃的あるいは潜在的に危険なコンテンツの生成を防止するために、内部に拘束が設けられています。そのようなコンテンツが検出された場合、サービスはそのコンテンツの生成を拒否し、管理者に通知します。

AIでクイズや設問の作成を行うにはAI駆動アシスタント機能を有効にする必要があります。詳細については「LMS365で生成AI機能を使う」をご参照ください。

 

AIでeラーニングコースを作成する

必要なロール:カタログ管理者。コース管理者はコースが作成された後、編集および管理することができます。

以下手順で AIでeラーニングコースを作成し、オプションでクイズも生成できます。

1.LMS365 管理センター > トレーニング管理に移動し、メニューバーにある「AIを使ったコースの作成」を選択します。「コースの生成」パネルが開きます。

2. 下記の方法で「ソーステキスト」フィールドにテキストなどを入力または追加します。AIはこのコンテンツを使用してコースを生成します。

  • テキストをフィールドに手動で入力します。また、トピックを入力するとAIがそれを使用してコースや関連するクイズ(設問)を生成します。
  • リソースから内容をコピーし、フィールドに貼り付けます。
  • 「ファイルを使ってテキストを挿入] でPDF ファイル (元ファイルの制限 10 ページ)、Word ファイル (元ファイルの制限 500 段落)、および PowerPoint ファイル (元ファイルの制限 10 スライド) から追加します。ファイルの内容が「ソーステキスト」フィールドにアップロードされ、そこで編集できます。
  • eラーニングコースを生成するために LMS365 にアップロードしたコンテンツやファイルは、LMS365 には保存されません。これらは、eラーニングコースを生成する目的でのみ使用され保持されません。
  • LMS365 では最大 10,000 文字に基づいてeラーニングコースを生成します。「ソーステキスト」フィールドにはより多くの文字を含めることができますが、「ソーステキスト」フィールドの下にカウンターが表示され、制限内の残りの文字数を表示します。カウンターが負の数値を示す場合は、制限を超えています。コースを生成する前に一部のテキストを削除する必要があります。
  • AI機能は、表、段落、およびリストに表示されるテキストからコースを生成できます。
  • ビデオや画像からのクイズや設問の生成は、現在対応していません。

Create courses with AI1.png

3.コースにクイズを追加する場合は「クイズの追加」をオンにします。クイズを追加しない場合は、手順 6 に進みます。

4.「クイズの合格スコア」フィールドに0から100の間でパーセンテージを設定します。ユーザーのスコアは、クイズに回答して獲得したポイントに基づいて計算されます。

5.生成する設問数と回答数(回答の選択肢の数)を定義します。設問は合計して20個まで生成できます。

  • 設問数:各設問タイプごとに生成する数を指定します。単一選択、複数選択、正誤問題の場合、一度に10個まで、組み合わせ問題は一度に5個まで生成できます。
    生成しない設問タイプは、既定値の 0 のままにします。これらのフィールドは入力必須フィールドです。空にすることはできません。
  • 回答数:回答の選択肢の数を設定します。各設問タイプで 2 から 5 までの数値を指定します。既定の値は 3です。「正誤問題」では使用できません。
    これらのフィールドは入力必須フィールドです。空にすることはできません。
    「設問数」が 0 に設定されている場合でも、「回答の数」フィールドには 2~5までの値を入力する必要があります。この場合、設問は生成されません。

現在、AI は次のタイプの設問を生成できます。

  • 単一選択問題
  • 複数選択問題
  • 正誤問題
  • 組み合わせ問題

Create courses with AI2.png

6.「生成」を選択して、コースとオプションのクイズを生成します。「閉じる」を選択すると操作を中止します。

コースとクイズの生成にかかる時間は、提供するコンテンツの量と内容によって異なります。

これにより、

  • eラーニングコースとクイズの追加を選択した場合はクイズも生成します。
  • AIによってタイトル、概要説明、詳細説明、関連するカテゴリが入力され、その他は既定値の設定でコースが作成されます。
  • コースを生成したカタログ管理者は、自動的にコース管理者として割り当てられます。
  • クイズはコースに直接追加されます。生成されたeラーニングコースとクイズは通常の方法で編集、管理することができます。
  • 生成されたコースは未公開に設定されています。
  • 提供されたコンテンツの量により、生成されたクイズの設問数が定義した数よりも少ない場合があります。

Create courses with AI3.png

 

AIがサポートする言語

LMS365のAIアシスタントはマイクロソフトがサポートする言語を理解します。
つまり、生成されるコースはコンテンツフィールドで提供された言語と同じになります。

例えば、提出されたコンテンツがドイツ語の場合、生成されるコースもドイツ語になります。

 

ご意見・ご質問について

AI駆動アシスタント機能を利用する際のご質問やご意見、コンプライアンスやプライバシーに関するご質問がございましたら、dataprotection@elearningforce.com(英語)または、株式会社ソフィアサポートsupport@lms365.jp にご連絡ください。