Learn365 のロールと権限

  • 更新

目次

 

はじめに

Learn365 でトレーニングを受講したり、トレーニングの作成や管理を行ったりするには、適切な権限が必要です。

Learn365 における権限は、Learn365 の 7 つのロールと、Learn365 の一連の権限の設定を行うことができる Microsoft 365 の 2 つのロールがあります。

Learn365 には、各ロールに必要な権限を的確に付与できるよう、ロールと許可のマトリクスが備わっています。このページの最後で、ロールと権限の一覧表をダウンロードできます。

ここでは、Learn365 のロールと権限の概要、Learn365 管理センターからロールをユーザーに付与する方法、また、組織内の各ユーザーに必要なロールについて説明します。

 

注記:

組織内で Learn365 の管理者が入れ替わる場合は、前任者または社内の IT グローバル管理者が、新しい管理者に必要な権限を付与してください。Learn365 はお客様の Microsoft365 環境でホストされているため、Learn365 がお客様のインスタンスに変更を加えることはできません。

 

Learn365 における Microsoft 365 のロール

現在、Learn365 が把握しながらもコントロールできない、固有の資格とアクセス許可を持つ 2 つの Microsoft 365 ロール「Microsoft 365 グローバル管理者」 と「SharePoint 管理者 」があります。

 

Microsoft 365 グローバル管理者

Learn365 アプリをインストールするには、Microsoft 365 グローバル管理者のロールが必要です。

インストール後、Microsoft 365 グローバル管理者は Learn365 のグローバル設定にアクセスできるようになり、次のような権限が付与されます。

Microsoft 365 グローバル管理者は、個々のコース カタログを設定、管理する権限を持っていません。この権限は「カタログ管理者」に付与される権限です。

Microsoft 365 グローバル管理者がこの権限を必要とする場合、Learn365 のグローバル設定から自分自身に「カタログ管理者」ロールを割り当てることができます。

Microsoft 365 グローバル管理者ロールは、Microsoft 365 管理センターを通じて内部ユーザーに付与されます。

詳細についてはこちらを参照してください。

Learn365 roles and permissions-1.pngMicrosoft 365 グローバル管理者のLearn365 管理センターのビュー

 

SharePoint 管理者

SharePoint で SharePoint 管理者の権限が付与されると、Learn365 のグローバル設定にアクセスできるようになり、次のような権限が付与されます。

SharePoint 管理者は、個々のコース カタログを設定、管理する権限を持っていません。この権限は「カタログ管理者」に付与される権限です。

SharePoint 管理者がこの権限を必要とする場合、Learn365 のグローバル設定から自分自身に「カタログ管理者」ロールを割り当てることができます。

SharePoint 管理者ロールの詳細については、こちらを参照してください。

Learn365 roles and permissions-2.pngTeamsでの Sharepoint 管理者のLearn365 管理センターのビュー

 

Learn365 のロール

Learn365 では、以下のロールがそれぞれ独自の機能と権限を持ちます。

 

LMS 管理者

LMS 管理者は、Learn365 の中で最も幅広い権限を持つロールです。

Learn365 がインストールされ、1 つ以上のコース カタログが作成されると、Learn365 グローバル設定を管理するためには、LMS 管理者ロールが必要となります。

組織内で Learn365 のグローバル設定を管理するユーザーには、このロールを付与する必要があります。このロールは、社内の Learn365 ユーザーのみに付与することができることに、注意してください。

Learn365 では、LMS 管理者は以下のことができます。

LMS 管理者は、個々のコース カタログを設定・管理する権限を持っていません。この権限は「カタログ管理者」に付与される権限です。LMS 管理者がこの権限を必要とする場合、Learn365 のグローバル設定から自分自身に「カタログ管理者」ロールを割り当てることができます。

新しいカタログを作成すると SharePoint サイト コレクションも作成されるため、新しいカタログを作成するには Microsoft 365 グローバル管理者または SharePoint 管理者 のいずれかのロールが必要であることに留意してください。SharePoint サイト コレクションを作成するには、Microsoft 365 グローバル管理者または SharePoint 管理者ロールが必要です。

LMS 管理者ロールは、Learn365 管理センター>グローバル設定> LMS 管理者 で、Microsoft 365 グローバル管理者SharePoint 管理者、または別の LMS 管理者によって付与することができます。

Learn365 roles and permissions-2.pngTeamsでの LMS管理者のLearn365 管理センターのビュー

 

カタログ管理者

カタログ管理者ロールは、コース カタログに対してほぼすべての権限を持ちます。コース カタログの設定・管理を行い、カタログ内のトレーニングや受講者を管理するには、カタログ管理者ロールが必要となります。

したがって、これらのタスクを実行するユーザーには、このロールを付与する必要があります。このロールは、内部ユーザーと外部ユーザーの両方に付与することができます。

カタログ管理者は、自動的にコース カタログの SharePoint サイト「所有者」グループに追加されます。これにより、SharePoint コースカタログサイトに対する「フルコントロール」のアクセス許可レベルが与えられます。

SharePoint の各アクセス許可レベルは、そのレベルを対象としたロールとタスクに基づいて、それに関連するアクセス許可のセットを持っています。よって、SharePoint サイト コレクションのカタログ管理者は、サイト コンテンツへのフル アクセスとコントロールが可能となり、サイトの権限、設定、外観などを管理できます。

SharePoint サイトの所有者グループのすべての権限については、こちらを参照してください。

カタログ管理者は、Learn365 管理センターで以下のことができます。

  • コース カタログのタイトル、サイト URL、サイト テンプレートなど、コース カタログ設定や Web サイトの構成の設定
  • コース カタログのコースとトレーニング プランの作成と管理
  • 自分が管理者であるカタログでコース /トレーニング プランのコピーの作成
  • コース管理者の追加と削除
  • 受講者の外部トレーニングのアップロードなど、すべての受講者とそのトレーニング記録の管理
  • 登録承認フローとウエイト リストの管理
  • 自分が管理するコースカタログのクイズ、すべての設問プール、現在のコースカタログおよびこのコースカタログのコースと共有されるコンテンツパッケージを含む、コンテンツとコースカタログコンテンツライブラリの管理
  • 認定証テンプレート、コース カテゴリー、タグ、通知、およびスキル フレームワークの作成と管理
  • 評価、セッションやセッション グループの表示数、地域の設定、既定のトレーニング バナー画像など、コースカタログの基本的な構成の設定と管理

 

注記:

カタログ管理者は、Learn365 管理センターにアクセスしてコース カタログを管理することができますが、Learn365 グローバル設定にアクセスすることはできません。
よって、Learn365 でカタログ管理者以上のロールが設定されていない場合、Learn365 管理センター> グローバル設定メニューは表示されません。

 

カタログ管理者ロールは、Microsoft 365 グローバル管理者、SharePoint 管理者、または LMS 管理者が、Learn365 管理センター>グローバル設定 から付与することができます。

Learn365 roles and permissions-3.png
Teamsでの カタログ管理者のLearn365 管理センターのビュー

 

コース管理者

コース管理者ロールは、コースまたはトレーニング プランを管理・削除することができます。このロールは 1 つ以上の特定のコースやトレーニング プランを管理、または作成するユーザーに付与します。このロールは、内部ユーザーと外部ユーザーの両方に付与することができます。

コース カタログまたはコース ホーム ページへのアクセスは、コース管理者が Learn365 管理センター>ユーザー に追加されているかどうかにより異なります。

  • コース管理者がLearn365 管理センターの「ユーザー」 に追加されると、このコース管理者は自動的にコース カタログの SharePoint サイト 「閲覧者」グループと、関連するコース /トレーニングプランのトレーニングページの「管理者」グループに追加されます。
    これにより、「閲覧者」グループでコース/トレーニングプラン管理者にSharePointコースカタログサイトの「閲覧」のアクセス許可レベルが与えられ、このユーザーはコースカタログ全体のサイトコンテンツを閲覧することができます。
    「管理者」グループに属すると、 トレーニングホームページからコース / トレーニング プランを表示および管理することができるので、 「コース / トレーニング プラン管理」 アクションリンクが表示されます。

既定の SharePoint サイト グループの詳細については、こちらを参照してください。

  • コース管理者が Learn365 管理センターの「ユーザー」に追加されず、個別にコース管理者またはトレーニングプラン管理者として特定のコース / トレーニングプランに追加された場合、コースカタログの「閲覧者」グループには追加されませんが、SharePointトレーニングページに閲覧権限を持つ「管理者」グループに追加されます。
    これは、コース管理者がコースカタログのすべてのコンテンツを閲覧せず、当該コース  / トレーニングプランだけを閲覧・管理することを可能にします(管理アクションリンクが表示されます)。 

コース管理者は以下のことができます。

  • 自分が管理するコースやトレーニング プランの設定と管理 (コースのコンテンツ、全般の構成と運用、期限や完了条件、認定証、ウエイト リスト、登録フローなどが含まれます)
  • 自分が管理するコースの削除
  • 自分が管理するコースやトレーニング プランのコース管理者と受講者の追加、削除
  • 自分が管理するコースやトレーニング プランがあるコース カタログの、クイズや設問プールの管理、およびこのコース カタログで自分が管理するコースと共有されているコンテンツ パッケージへのアクセス
  • 講師によるトレーニング コースのセッションとセッション グループの作成と管理
  • 自分が管理するコースやトレーニング プランの受講者の進捗や履歴の管理
  • コースに関連するレポートの作成

コース管理者ロールは、コース(e-ラーニング講師によるトレーニング)やトレーニング プランを作成、編集する際、そのコースまたはトレーニング プランの管理者、またはカタログ管理者が付与することができます。

Learn365 roles and permissions-4.pngTeamsでの コース管理者のLearn365 管理センターのビュー

 

ライン マネージャー

ライン マネージャー ロールは、従業員やチームを管理するユーザーに自動的に割り当てられます。

マネージャーと部下の関係は、Microsoft Entra ID (Azure Active Directory) 内で設定する必要があります。

ライン マネージャーは、ライン マネージャーダッシュボードから以下のことができます。

  • 部下全員のトレーニング活動全体の進捗閲覧とレポートのダウンロード
  • 個々の部下の受講履歴の閲覧とダウンロード
  • 個々の部下の進捗閲覧とレポートのダウンロード
  • ラインマネージャーの承認による登録フローのコース / トレーニングプランに対する部下の登録申請の承認、却下
  • 部下をコース / トレーニング プランに登録、または登録解除
  • 認定証のダウンロード
  • 外部トレーニングのインポート
  • スキルの付与と取り消し
  • 自分が監督者である評価の確認と承認、必要に応じて受講者にフィードバックを送信します。
    評価が承認されなかった場合は、受講者に E メールを送信できます。

トレーニング ダッシュボードの「概要」セクションにある「マイ チーム トレーニング ステータス」から、チーム全体の進捗や、個々のメンバーの進捗を把握することができます。

Learn365 roles and permissions-5.pngライン マネージャー ダッシュボードのビュー

 

講師

講師ロールは、講師によるトレーニング コースの 1 つ以上の特定のセッションの講師として割り当てられたユーザーに付与されます。このロールは、内部ユーザーと外部ユーザーの両方に付与することができます。

セッション グループに講師を割り当てることはできません。

講師は、Learn365 管理センターで以下のことができます。

  • 自分が講師であるコース セッションの出席管理
  • 出席シートの印刷
  • 自分が講師であるコース セッションの受講者にメッセージの送信

コース カタログまたはコース ホーム ページへのアクセスは、講師が Learn365 管理センター>ユーザー に追加されているかどうかにより異なります。

  • 講師が Learn365 管理センター>ユーザー に追加されると、この講師は自動的にコース カタログの SharePoint サイト「閲覧者」グループに追加されます。
    SharePoint の各アクセス許可レベルは、そのレベルを対象としたロールとタスクに基づいて、それに関連するアクセス許可のセットを持っています。これにより、「閲覧者」グループで講師にSharePointコースカタログサイトの「閲覧」のアクセス許可レベルが与えられ、この講師はコースカタログ全体のサイトコンテンツを閲覧することができます。

SharePoint サイト グループの詳細については、こちらを参照してください。

  • 講師が Learn365 管理センター>ユーザー に追加されず、特定のコースのセッション講師としてのみ追加されている場合、コース カタログの SharePoint グループには追加されません。そのため、講師がコース カタログやコース ホーム ページにアクセスすると、アクセス拒否のメッセージが表示されることがあります。コースに講師として追加する前に、そのユーザーを Learn365 管理センター>ユーザー に追加することをお勧めします。

Learn365 roles and permissions-6.pngセッション 講師のLearn365 カタログのビュー

 

監督者

監督者ロールは、評価における受講者のパフォーマンスを評価する担当者に付与します。このロールは、内部ユーザーと外部ユーザーの両方に付与することができます。

監督者ロールには「コース管理」へのアクセス権はありませんが、トレーニング ダッシュボード「評価」セクションから、承認が必要な評価の一覧を表示し、評価を承認することができます。
ライン マネージャーが監督者として割り当てられている場合、ライン マネージャー ダッシュボードで承認が必要な評価の一覧を確認することができます。

評価の記録における監督者ロールの詳細については、こちらをご覧ください。

コース カタログまたはコース ホーム ページへのアクセスは、監督者が Learn365 管理センター>ユーザー に追加されているかどうかにより異なります。

  • 監督者が Learn365 管理センター>ユーザー に追加されると、この監督者は自動的にコース カタログの SharePoint サイト「閲覧者」グループに追加されます。これにより、「閲覧者」グループで監督者にSharePointコースカタログサイトの「閲覧」のアクセス許可レベルが与えられ、この監督者はコースカタログ全体のサイトコンテンツを閲覧することができます。

SharePoint サイト グループの詳細については、こちらを参照してください。

  • 監督者が Learn365 管理センター>ユーザー に追加されず、特定のコースの監督者としてのみ追加されている場合、コース カタログの SharePoint グループには追加されません。
    そのため、監督者がコース カタログやコース ホーム ページにアクセスすると、アクセス拒否のメッセージが表示されることがあります。コースに監督者として追加する前に、そのユーザーを Learn365 管理センター>ユーザー に追加することをお勧めします。

 

受講者

Learn365 でトレーニングを受講するユーザーには、受講者ロールが必要です。管理者がユーザーをコースまたはトレーニング プランに登録するか、ユーザーが自己登録することで、受講者ロールが割り当てられます。このロールは、内部ユーザーと外部ユーザーの両方に付与することができます。

受講者は以下のことができます。

  • 登録されているコースやトレーニング プランへのアクセス、受講、完了
  • 利用可能なコースやトレーニング プランへの登録や登録申請
  • トレーニング ダッシュボードの利用
  • 自分の取得した認定証や、受講履歴のダウンロード

ユーザーには、特定のコースやトレーニングプランの受講者ロールを付与することができます。

この場合、ユーザーはこのコースやトレーニング プランにアクセスすることができますが、コース カタログ ホーム ページや、コース カタログ内にある他の利用可能なトレーニングにアクセスすることはできません。

ユーザーを各コースやトレーニング プランに登録する前に、すべてのユーザーを Learn365 管理センター>ユーザー に追加することをお勧めします。

受講者をLearn365 管理センター>ユーザー に追加すると、この受講者は自動的にコース カタログの SharePoint サイト「閲覧者」グループに追加されます。
これにより、「閲覧者」グループで受講者に SharePoint コースカタログサイトの「閲覧」のアクセス許可レベルが与えられ、コースカタログ内のすべてのコースとトレーニングプランのホームページの閲覧が可能となり、受講者がコースカタログ内を移動する際に SharePoint からアクセス拒否のメッセージを受け取ることを回避できます。

コース カタログの特定のトレーニングを、特定のユーザーのみにアクセスを許可する場合は、トレーニング対象者と限定公開オプションを利用することができます。

コース カタログ管理者は、コース カタログの Learn365 管理センター>「ユーザー」ページで、ユーザーに受講者ロールを付与することができます。

ユーザー ページの「+ユーザーを追加または招待」で、個々のユーザーを追加するか、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループを追加しグループのメンバー全員を同時にコースカタログに追加します。

 

SharePoint グループとの同期について

コース カタログ、またはコースやトレーニング プラン サイトの SharePoint「受講者」グループにユーザーを追加するだけでは、ユーザーに 「受講者ロール」を付与することはできません。
この操作は、ユーザーに SharePoint サイト上で SharePoint のアクセス許可が付与されるだけで、 Learn365 受講者のいかなる権限も付与されません。

ユーザーに適切なロールを割り当てるには、Learn365 を通じてユーザーを追加してください。

ユーザーから受講者ロールを解除したい場合、SharePoint 「受講者」グループからユーザーを削除するだけではLearn365 受講者ロールを解除することはできません。

Learn365 の受講者ロールを解除するには、Learn365 を通じてユーザーの登録を取り消す必要があります。

 

注記:

その他のロールについても SharePoint グループとの同期はされません。

 

Learn365 のロールと権限の一覧表

添付ファイル「Learn365のロールと権限.xlsx」をクリックすると、Learn365 のロールと権限の一覧表をダウンロードできます。