コース カタログの作成と管理

  • 更新

目次

はじめに

コース カタログとは、コースとコースとトレーニング プランをまとめたもので、LMS365 のメイン コンポーネントとして、コースやトレーニング プランを作成、掲載、管理する機能を備えています。

LMS365 ソリューションでは複数のコース カタログを持つことができ、異なるテーマのコースやトレーニング プランを異なる対象者に提供することができます。たとえば、社内向けのカタログと社外向けのカタログに分けることができます。

LMS365 を使用するには、少なくとも 1 つのコース カタログを作成する必要があります。

ここでは、LMS365 でコース カタログを作成、管理する方法、カタログ管理者を追加または削除する方法、コース カタログの設定を表示する方法について説明します。

 

コース カタログを作成する

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者または SharePoint 管理者

コース カタログは、デスクトップ ブラウザでのみ作成することができます。

コース カタログを作成するには:

1.LMS365 管理センター>グローバル設定 に移動します。「コース カタログ管理」ページが開きます。

2.「コース カタログ管理」ページで、「+コース カタログの追加」を選択します。 「コース カタログの追加」パネルが開きます。

Create and manage course catalogs1.png

 

  • コース カタログ タイトル:ここに指定したコース カタログのタイトルは、「コース カタログ管理」ページとカタログ ホーム ページのテナントのコース カタログ一覧に表示されます。
  • サイト URL:「サイト URL」フィールドは、「コース カタログ タイトル」フィールドを入力すると自動的に生成されますが、手動で変更することもできます。URL が自動生成または手動で変更された際、無効な文字 " # % & * : < > ? \ / { | } ~ [ ] ` ' ^ やスペースなどはすべて自動的に削除されます。

 

注記:

サイト アドレスにピリオドを連続して使用することはできません。また、サイト アドレスの先頭、末尾にピリオドを使用することはできません。

 

新しいサイト URL を指定することも、既存のサイト URL を使用することもできます。既存のサイト URL を使用するには、「既存のサイト URL を使用する」をオンに切り替えます。既存のサイトでコース カタログを作成するには、そのサイトのサイト コレクション管理者である必要があります。

 

  • サイト言語:コース カタログの表示言語を選択します。

 

注記:

コース カタログ、トレーニング ダッシュボード、LMS365 Web パーツの言語は、SharePoint サイトの言語と同じです。

お使いのブラウザの優先言語が SharePoint の代替言語として指定されている場合、LMS365 管理センターはこの言語で表示されます。

ブラウザの言語が SharePoint で有効な代替言語のリストにない場合、SharePoint サイトの既定値の言語が使用されます。

 

  • サイト テンプレート:「コミュニケーション サイト」または「チーム サイト」のいずれかを選択します。既定では、コース カタログは SharePoint コミュニケーション サイトとして作成されます。コミュニケーション サイトチーム サイトの作成の違いについては、マイクロソフトのドキュメントを参照してください。
  • カタログ管理者:必要に応じて、カタログ管理者を追加します。 既定では、コース カタログを作成したユーザーが管理者になります。
  • 既存のサイト URL を使用する:このオプションをオンにすると、既存のサイト URL を使用してカタログを作成できます。オフにすると、新しいサイト URL を指定してカタログを作成できます。既存のサイトでカタログを作成するには、そのサイトのサイト コレクション管理者である必要があります。このオプションをオンにすると、「コース カタログ タイトル」と「サイト言語」 フィールドは自動的に非表示になります。

 

3.「保存」を選択してコース カタログを作成します。

コース カタログが作成されると、無料サンプル コースが自動的にカタログに追加されます。インポートの進捗と完了は通知センターで確認できます。

サンプル コースは、LMS365 とMicrosoft 365 スイートのトピックに関するものであり、これらのサービスを組織内のユーザーが最大限に活用するのに役立ちます。

LMS365 の使い方や、トレーニングの構築の参考にしてください。

サンプル コースは継続的に更新されます。これにより、すぐに利用できるコースが増えるにつれて、新しいコース カタログにはより多くの、異なるコースが含まれることになります。

カタログの学習コンテンツとして利用可能なサンプル コースは、トレーニング管理パネルに表示されます。

既定では、サンプル コースは未公開です。これらのコースは、LMS365 の他のコースと同様に公開することや削除することができます。

 

注記:

サンプル コースのコンテンツ (学習項目) は編集、削除することができません。サンプル コースの「コンテンツ」セクションで学習項目を選択した際に表示されるアクションパネルの「編集」および「削除」は無効になります。

 

すべて完了すると、コース カタログが作成され、次の 3 つのページを持つコース カタログのサイト コレクションが生成されます。

注記:

  • 地域の設定はコース カタログの作成過程で行うことはできません。作成後に地域の設定を変更することができます
  • 既存のクラシック チーム サイトを選択してコース カタログを作成した場合、LMS365 のコース カタログとダッシュボード Web パーツはモダン ページで作成されます。
  • LMS365 のコース カタログがすでに設置されているサイトに、新しいコース カタログを作成することはできません。
  • コース カタログがクラシック サイト コレクションに設置されている場合は、コース カタログをモダン ビューに移行して外観を改善することをお勧めします。

 

「コース カタログ管理」ページからコース カタログを管理する

必要なロール:LMS 管理者Microsoft 365 グローバル管理者、または SharePoint 管理者

コース カタログは、デスクトップ ブラウザでのみ管理することができます。

「コース カタログ管理」ページからコース カタログを管理するには:

1.「コース カタログ管理」ページで、該当するコース カタログを選択します。「コース カタログ管理者」パネルが開きます。

2.「コース カタログ管理者」パネルで、該当するアクションを選択します。

  • コース カタログ設定:コース カタログのタイトル、サイト URL、サイト テンプレートの確認や、カタログ管理者の追加または削除を行うことができます。
  • コース カタログ表示:このコース カタログの SharePoint サイトの既定のページであるカタログ ホーム ページにリダイレクトします。
  • コース カタログ管理:LMS365 管理センターにリダイレクトして、カタログ設定の管理、コースやトレーニング プランの作成、ユーザーの管理などを行うことができます。
  • コース カタログ削除:コースカタログを削除します。この操作は元に戻すことができません。追加のセキュリティ ステップで確認を求められます。

 

カタログ管理者を管理する

必要なロール:LMS 管理者Microsoft 365 グローバル管理者、または SharePoint 管理者

既定では、コース カタログを作成したユーザーが管理者になります。

カタログ管理者は、デスクトップ ブラウザでのみ管理することができます。

コース カタログの管理者を管理するには:

1.「コース カタログ管理」ページで、該当するコース カタログを選択します。「コース カタログ管理者」パネルが開きます。

2.「コース カタログ管理者」パネルで、「コース カタログ設定」を選択します。「コース カタログ設定」パネルが開きます。

3.「コース カタログ設定」パネルで、「カタログ管理者」フィールドを使用してカタログ管理者を管理します。

  • カタログ管理者の追加:既存の Microsoft 365 ユーザーの名前またはメール アドレスを入力するか、外部ユーザーのメール アドレスを入力します。.カタログ管理者の追加中に問題が発生した場合は、こちらを参照してください。
  • カタログ管理者の削除:ユーザー名の横にある X アイコンを選択して「カタログ管理者」フィールドからユーザーを削除すると、そのユーザーからカタログ管理者ロールが削除されます。

4.「保存」を選択して、変更を適用します。

 

外部ユーザーに関する重要事項!

SharePoint Online で外部共有を構成して、外部ユーザーがコース カタログにアクセスできるようにする方法については、こちらを参照してください。

外部ユーザーを、コミュニケーション サイトのカタログ管理者として追加するには、SharePoint Online 管理シェルを通じて外部共有機能を手動で有効にする必要があります。SharePoint コミュニケーション サイトでは既定では外部共有は無効になっています。

外部共有を有効にするには、SharePoint Online 管理シェルを開き、次のコマンドを実行します。

  • Connect-SPOService -Url https://TENANT-admin.sharepoint.com
  • Set-SPOsite https://TENANT.sharepoint.com/sites/SITE -SharingCapability ExternalUserAndGuestSharing

    ”TENANT”,”SITE” の部分には、お客様の環境の値を入力してください。

SharePoint サイトの外部共有の詳細については、マイクロソフトのドキュメントを参照してください。

Microsoft Entra ID (Azure Active Directory) で「ユーザーは、アプリが自身の代わりに会社のデータにアクセスすることを許可できます」が選択されない場合、ユーザーが LMS365 アプリを使用する前に、Microsoft 365 グローバル管理者がこれに同意する必要があります