Learn365 ユーザー ナビゲーション

  • 更新

目次

はじめに

Learn365 では、ユーザーは、Microsoft SharePoint の Web ページ、Microsoft Teams、Learn365 モバイル アプリからトレーニングにアクセスすることができます。

これらは、Learn365 サイトのホーム ページ、トレーニング ダッシュボードのページ、コース カタログのホーム ページ、トレーニング(コース / トレーニング プラン)のホーム ページで構成されています。

ここでは、Learn365 でトレーニングにアクセスしたとき、ユーザーに表示されるユーザー インターフェイスの概要について説明します。

 

SharePoint ホーム ページ

すべてのカタログには、ホームと呼ばれる SharePoint ページがあります。このホーム ページは、カタログの作成時に SharePoint サイトによって作成される既定のページです。このページは、組織が推奨するコースやトレーニング プラン、組織内のトレーニングに関連したニュースやお知らせなどを掲載するために使用されます。SharePoint サイトでは、別のページを作成して、SharePoint サイトのホーム ページに設定することができます。

また、コミュニケーション サイトのヒーロー Web パーツをカスタマイズして、ホーム からトレーニング ダッシュボードやコース カタログ 、 お薦めのコースやトレーニング プランに移動することができます。

User navigation1.png

 

トレーニング ダッシュボード

トレーニング ダッシュボードでは、テナント内のすべてのカタログにおいて、ユーザーが登録したコースやトレーニング プランとそれらの進捗、受講履歴などの概要を、パーソナライズして表示します。ユーザーは、ここからトレーニングを開始し、継続していくことができます。

受講者は、コースやトレーニングプランをお気に入りとしてマークすることで、後から簡単に見つけることができ、自分に合った学習環境を作ることができます。

ライン マネージャーは、チームや個々のチーム メンバーの学習の進捗を確認したり、部下のトレーニング活動を管理したりできます。詳細については、こちらを参照してください。

監督者は、評価および評価の承認が必要な受講者の概要を確認できます。

LMS 管理者は、ダッシュボードの左ナビゲーション メニューに表示するメニュー項目を設定できます。

User navigation2.png

 

ユーザーは、ダッシュボードの左ナビゲーションからメニューを選択して、トレーニングに関する詳細情報を見つけることができます。

  • 概要: テナント内で利用できるすべてのカタログを対象に、ユーザーの進捗を要約し、トレーニング活動の詳細情報をまとめたチャートを表示します。監督者は評価を管理でき、ライン マネージャーはチームのトレーニング ステータスの概要を確認できます。詳細については、こちらを参照してください。
  • 評価: このメニューは、監督者にのみ表示されます。監督者として割り当てられた各ユーザーには、評価すべき受講者のリストが表示され、それを管理することができます。詳細については、こちらを参照してください。
  • トレーニング: テナント内で利用できるすべてのカタログを対象に、ユーザーが登録しているコースとトレーニング プランを表示します。「お気に入りを表示する」を選択すると、各受講者は自分がお気に入りとしてマークしたすべてのトレーニングの概要を確認できます。詳細については、こちらを参照してください。
  • 認定証: ユーザーが取得した認定証と現在のステータスの概要を表示します。詳細については、こちらを参照してください。
  • スキル: ユーザーが取得したスキルと現在のステータスの概要を表示します。詳細については、こちらを参照してください。
  • 受講履歴:ユーザーのトレーニング、認定証、スキルに関する記録を確認することができます。詳細については、こちらを参照してください。
  • CEU: 受講者が獲得した CEU と、獲得が予定されている CEU を表示します。詳細については、こちらを参照してください。
  • ランキング: CEU の獲得数、トレーニングの完了数、および認定証の取得数の合計に基づいて、テナント全体のユーザーのランキングを表示します。詳細については、こちらを参照してください。
  • ライン マネージャー ダッシュボード: このメニューは、ライン マネージャーのみに表示されます。ライン マネージャーは、部下のトレーニング活動を追跡し、管理することができます。詳細については、こちらを参照してください。
  • 設定: このメニューは、Learn365 管理者にのみ表示されます。LMS 管理者は、左ナビゲーション メニューのどのセクションを受講者に表示するかを設定できます。詳細については、こちらを参照してください。
  • 個人設定: Microsoft Teams で Learn365 の通知を受け取る場合、ここで設定を有効にします。詳細については、こちらを参照してください。

 

コース カタログ ページ

コース カタログ ページには、コース カタログに公開されているすべてのコースとトレーニング プランの概要が表示されます。組織では複数のコース カタログを持つことができます。

コース カタログは、ユーザーが受講可能なコースやトレーニング プランを見つけ、その概要を把握するのに最適なページです。

コース カタログには 3 つのビュー (カード ビュー、リスト ビュー、カレンダー ビュー) があります。「セレクター スイッチ」オプションが有効になっている場合、ユーザーはビューを切り替えることができます。

リスト ビューでは、カタログのコースとトレーニング プランの概要が、縦にスクロール可能なリストで表示されます。

User navigation4.png

 

カード ビューでは、カタログのコースとトレーニング プランの概要が、カードとして表示されます。

User navigation3.png

 

カレンダー ビューでは、特定の日、稼働日、週、月に実施される講師によるコース セッションの概要が表示されます。カレンダー ビューを有効にする方法とその機能の詳細については、こちらを参照してください。

User navigation5.png

 

限定公開とトレーニング対象者が設定されている場合、ユーザーがアクセスできないコースとトレーニング プランはコース カタログに表示されません。カタログ管理者は、Learn365 管理センターを通じて、カタログ内のすべてのコースとトレーニング プランを表示、管理することができます。

Web パーツ設定で「上位ランクのトレーニング」オプションが有効になっている場合、最も人気のあるコースとトレーニング プランが、カタログ ページ上部に別カテゴリーで表示されます。

コースまたはトレーニング プランを選択すると、サイド パネルに詳細情報が表示されます。パネルは、「概要」、「コンテンツ」、「セッション」 (講師によるトレーニングのみ)、「コース」 (トレーニング プランのみ) タブに分かれています。ユーザーはタブを切り替えて、トレーニングに関する詳細情報を表示できます。

カード ビューまたはリスト ビューの場合、サイド パネルは「概要」タブで開きます。

User navigation6.png

 

カレンダー ビューでは、サイド パネルは「セッション」タブで開きます。

User navigation7.png

 

コースの場合

  • 概要:コースの説明など、コースに関する基本情報が表示されます。受講者はコースをお気に入りとしてマークすることで簡単に見つけることができ、自分に合った学習環境を作ることができます。
  • コンテンツ:このコースの学習項目とその説明 (設定されている場合) が表示されます。
  • セッション:コースの利用可能なセッション グループや単独セッションに関する情報が表示されます。このタブは、講師によるトレーニングでのみ表示されます。

トレーニング プランの場合

  • 概要:トレーニング プランの説明と基本情報が表示されます。受講者はトレーニング プランをお気に入りとしてマークすることで簡単に見つけることができ、自分に合った学習環境を作ることができます。
  • コース:トレーニング プランに含まれるコースとその説明が表示されます。

User navigation8.png

 

ユーザーは、トレーニング カードの「コース閲覧 / トレーニングプラン閲覧」またはサイド パネルの「閲覧」を選択して、トレーニング ホーム ページに移動することができます。

カタログ管理者がフィルターを有効にしている場合、ユーザーはカテゴリー、トレーニング タイプ、コース セッション日付、コース セッション タイプ、コース セッション講師、セッションの場所、スキル、Go1 と LinkedIn Learning からインポートされたトレーニングで、コースとトレーニング プランをフィルタリングできます。設定したフィルターに一致するコースまたはトレーニング プランの数が各項目のかっこ内に表示されます。

ユーザーはフィルター チェックボックスをオンにして、選択したフィルターに一致するコースとトレーニング プランを確認できます。フィルターを使用して該当するコースやトレーニング プランを検索する方法については、こちらを参照してください。

User navigation9.png

 

「コース カタログの検索」フィールドでは、検索用語によるコースとトレーニング プランの検索ができます。「コース カタログの検索」フィールドの使用方法については、こちらを参照してください。

User navigation10.png

 

コース ホーム ページ

コースに登録されたユーザーは、通常、コース ホーム ページから学習を開始します。たとえば、ユーザーがメールや Microsoft Teams で受け取った通知のリンクを選択すると、コース ホーム ページにリダイレクトされます。

コース ホーム ページでは、コースのタイプ (e-ラーニングまたは講師によるトレーニング)、説明、学習コンテンツ、セッション (講師によるトレーニングの場合)、学習の進捗、認定証、スキル、コースに関連するトレーニング プランなど、コースに関するすべての情報を確認できます。

User navigation11.png

 

コース ホーム ページには、次の情報が表示されます。

  • コースの説明:コースの基本情報で入力された詳細説明が表示されます。詳細説明が入力されていない場合は概要説明が表示されます。トレーニングの説明については、eラーニングコースの作成講師によるトレーニングコースの作成を参照してください。
  • コンテンツ:コースに含まれる学習項目の一覧が表示されます。コースが公開されていない場合、ユーザーはコンテンツを見ることはできません。学習コンテンツの受講方法については、こちらを参照してください。
    コースに学習項目が追加されていない場合、コンテンツ セクションには「このコースには学習項目がありません」と表示されます。

  • 情報:トレーニングのタイプ、カテゴリー、学習時間、獲得できる CEU、期日、コースの連絡先など、コースに関する補足情報が表示されます。コースの連絡先にはコース管理者の名前が表示され、E メールで連絡を取ることができます。コース ホーム ページのこのセクションに表示される情報は、e-ラーニングまたは講師によるトレーニングのコース設定パネルで設定します。

  • セッション:コースのセッションとセッション グループに関する情報が表示されます。これは、講師によるトレーニングにのみ適用されます。コースの登録タイプに応じて、ユーザーは1つ、または複数の単独セッション / セッショングループを選択して登録するか、すべての単独セッション / セッショングループに登録されます。
    コースに登録後、単独セッションまたはセッション グループに登録すると、そのセッション情報がコース ホーム ページの 「セッション」 セクションの一番上に表示されます。
    ユーザーがコース、単独セッション / セッション グループに登録する方法については、こちらを参照してください。
    コースに利用できるセッションがない場合は、それを通知するメッセージが表示されます。コースの「セッションのリクエスト」オプションが有効になっている場合、ユーザーはコース管理者に新しいセッションをリクエストすることができます。

  • 学習の進捗:コースに登録されたユーザーにのみ、コースの進捗が表示されます。
    このセクションでは、受講者はコースの進捗、コース内の学習項目の総数のうち完了した学習項目の数、登録日、およびコース完了日を確認できます。
    コース セッションの出席と課題は、コース ホーム ページの学習の進捗の計算に含まれないため、コース ホーム ページに表示される進捗は、Learn365 管理センターでコース管理者やカタログ管理者に表示される「コースの進捗」パネル「受講者の進捗」パネルに表示される進捗とは異なります。コース ホーム ページに表示される学習の進捗の計算方法については、こちらを参照してください。

  • このコースのトレーニング プラン:コースがトレーニング プランの一部である場合、該当するトレーニング プランが表示されます。このコースを含んでいるすべてのトレーニング プランが表示されます。

  • 認定証:コース完了時に認定証が付与される場合はその情報が表示されます。
    「認定証」セクションには、コース完了時に付与されたすべての認定証と、それらを取得した日付、有効期限(設定されている場合)が表示されます。
    認定証のステータスに応じて、認定証アイコンの表示の色が変わります。
    グレー:付与が予定されています。
    緑:認定証は有効です。
    黄:認定証の有効期限が迫っています。
    赤:認定証の有効期限は切れています。

    ダウンロード アイコンを選択して、取得した認定証を個々にダウンロードできます。または、省略記号メニューの「認定証のダウンロード」オプションを選択して、取得したすべての認定証を一括 (.ZIP ファイル) でダウンロードできます。
    認定証の有効期限が切れたときや有効期限が迫っているとき、管理者が「任意の再受講」オプションを有効にしていれば、受講者はコースを再受講することができます。また、認定証やスキルが有効である場合でも、受講者は完了したコースを再受講することができます。
    コースとトレーニング プランの再受講については、こちらを参照してください。

  • スキル:コースを完了するとスキルが付与される場合はその情報が表示されます。コース完了時に付与されたスキルとスキル レベル、および失効日 (設定されている場合) が表示されます。スキルの名前とスキル レベルはバックスラッシュで区切られています (例:Learn365 Administrator\Outstanding)。スキルのステータスには、「予定」、「有効」、「失効」があります。
    スキルのステータスに応じて、スキル アイコンの表示の色が変わります。
    グレー:付与が予定されています。
    緑:スキルは有効です。
    赤:スキルの失効日が迫っているか、すでに失効しています。

 

トレーニング プラン ホーム ページ

トレーニング プランに登録されたユーザーは、通常、トレーニング プラン ホーム ページから学習を開始します。たとえば、ユーザーはメールや Microsoft Teams で受け取った通知のリンクを選択して、トレーニング プランのホーム ページを開きます。

トレーニング プラン ホームページでは、トレーニング プランの説明、トレーニング プランを構成するコース、学習の進捗など、トレーニング プランに関する情報を確認できます。

User navigation12.png

 

トレーニング プラン ホーム ページには、次の情報が表示されます。

  • トレーニングプランの説明:トレーニング プランの基本情報で入力された詳細説明が表示されます。詳細説明が入力されていない場合は概要説明が表示されます。トレーニング プランの説明については、こちらを参照してください。
  • トレーニング プラン コース: トレーニング プランに含まれるコースとそのタイプ、コース進捗ステータスが表示されます。トレーニング プランの公開が終了している、または未公開の場合、このセクションはユーザーに表示されません。
    トレーニング プランに登録されると、ユーザーはトレーニング プランのコースにアクセスし、コース間を移動することができます。
    コース進捗ステータスは次のとおりです。
    • 未開始:ユーザーはこのコースを開始していません。コースの進捗は 0% です。「開始」オプションが表示されます。
    • 受講中:ユーザーはこのコースを開始しています。コース内の学習項目の進捗に関わらず、コースの進捗は 50% です。ユーザーがコースの学習項目に失敗し不合格である、また、不合格の学習項目の試行回数が残っていない場合、コースの進捗は 50% のままとなります。ユーザーがコースを完了するまで「続ける」オプションが表示されます。
    • 完了:ユーザーはこのコースを完了しました。コースの進捗は 100% で、「レビュー」オプションが表示され、コースを閲覧することができます。
    • ロックされています:このコースは、トレーニング プランの前のコースが完了するまでロックされた状態となります。
      他にも、ユーザーがコースに登録されていない、またはコースが公開されていないなどの理由でコースがロックされることがあります。コースの進捗には「このコースは、前のコースが完了するまでロックされています。」と表示され、「ロックされています」アイコンが表示されます。
      コースの学習コンテンツの受講方法については、こちらを参照してください。

  • 情報:トレーニングのタイプ、カテゴリー、学習時間、獲得できる CEU、期日、連絡先など、トレーニング プランに関する補足情報が表示されます。連絡先にはコース管理者の名前が表示され、E メールで連絡を取ることができます。トレーニング プラン ホーム ページのこのセクションに表示される情報は、トレーニング プラン設定パネルで設定します。

  • 学習の進捗:トレーニングプランに登録されたユーザーに表示され、受講者のトレーニング プランの進捗が表示されます。
    このセクションでは、受講者はトレーニング プランの進捗、トレーニング プランに含まれるコースの総数のうち完了したコースの数、登録日、完了ステータス、およびトレーニング プランの完了日を確認できます。
    トレーニング プラン ホームページの学習の進捗は、Learn365 管理センターで管理者に表示される進捗とは異なります。トレーニング プランの進捗は、トレーニング プラン内のコースの進捗とともに、コース管理者またはカタログ管理者が、「トレーニング プランの進捗」ダッシュボードとレポート、および「受講者の進捗」パネルから確認できます。トレーニング プラン ホーム ページに表示される学習の進捗の計算方法については、こちらを参照してください。

  • 認定証:トレーニング プラン完了時に認定証が付与される場合はその情報が表示されます。
    「認定証」セクションには、コース完了時に付与されたすべての認定証と、それらを取得した日付、有効期限(設定されている場合)が表示されます。
    認定証のステータスに応じて、認定証アイコンの表示の色が変わります。
    グレー:付与が予定されています。
    緑:認定証は有効です。
    黄:認定証の有効期限が迫っています。
    赤:認定証の有効期限は切れています。

    ダウンロード アイコンを選択して、取得した認定証を個々にダウンロードできます。または、省略記号メニューの「認定証のダウンロード」オプションを選択して、取得したすべての認定証を一括 (.ZIP ファイル) でダウンロードできます。
    認定証の有効期限が切れたときや有効期限が迫っているとき、管理者が「任意の再受講」オプションを有効にしていれば、受講者はトレーニング プランを再受講することができます。また、認定証やスキルが有効である場合でも、受講者は完了したトレーニング プランを再受講することができます。
    コースとトレーニング プランの再受講については、こちらを参照してください。

  • スキル:トレーニング プランを完了するとスキルが付与される場合はその情報が表示されます。トレーニング プラン完了時に付与されたスキルとスキル レベル、および失効日 (設定されている場合) が表示されます。スキルの名前とスキル レベルはバックスラッシュで区切られています (例:Learn365 Administrator\Outstanding)。スキルのステータスには、「予定」、「有効」、「失効」があります。
    スキルのステータスに応じて、スキル アイコンの表示の色が変わります。
    グレー:付与が予定されています。
    緑:スキルは有効です。
    赤:スキルの失効日が迫っているか、すでに失効しています。