学習の進め方

  • 更新

ユーザーがコースやトレーニングプランに正常に登録されると、ユーザーは受講者となり、トレーニングのコンテンツを開始することができます。

ここでは、受講者がトレーニングを開始する方法と、LMS365でコースの学習コンテンツを操作する際のユーザーインターフェイスについて説明します。

ここでの説明は、トレーニングプランにも適用されます。トレーニングプランは、複数のコースを組み合わせたオリジナルのトレーニングプログラムです。トレーニングプランを完了するには受講者はそのすべてのコースを完了する必要があります。

トレーニングを開始する

受講者はトレーニングのホームページからトレーニングを開始します。コースの場合はコンテンツセクションから、トレーニングプランの場合はトレーニングプランコースセクションから始めます。

コース/トレーニングプランを開始するには

  1. 最初のステップは、コースとトレーニングプランのどちらを選択するかによって異なります。

    学習コンテンツの受講は、トレーニングホームページに移動し、コースの場合は「コンテンツ」セクション、トレーニングプランの場合は「トレーニングプランコース」セクションから開始します。

    Microsoft Teamsでのコースホームページcapture1-2.png
    モバイルアプリでのコースホームページ
    capture1-3.png

    トレーニングプランの場合は、トレーニングプランホームページで、関連するコースを選択します。選択したコースのコースホームページにリダイレクトされます。

    SharePoint Webページでのトレーニングプランホームページcapture1-4.png
    モバイルアプリでのトレーニングプランホームページ
    capture1-5.png

  2. 受講者は、次の2つの方法で学習コンテンツを開始することができます。
  • コースの場合、受講者はコースホームページの情報セクションで「コース起動」を選択します。LMS365プレイヤーにリダイレクトされ、コースの最初の学習項目が開きます。コースシラバスの概要は、左のナビゲーションに表示されます。

    capture2.png

  • コースとトレーニングプランどちらでも、受講者は取り組みたい学習項目またはコースの右にあるアクションボタンから開始することができます。

トレーニングのホームページで使用できるアクションは、選択した学習項目の現在のステータス、またはトレーニングプランの場合は選択したコースによって異なります。

  • 開始 _____.png学習項目またはコースはまだ開始されていません。受講者は学習を開始することができます。

  • 続ける ______.png 学習項目またはコースは開始されていますが、完了していません。受講者は続きの学習をすることができます。

     

  • ロックされています ______.png学習項目またはコースには前提条件があります。受講者は、前の学習項目またはコースがすべて完了するまで、これを開始することはできません。

  • 再試行 ______.png受講者は最後の試行に失敗しています。

  • レビュー _______.png受講者は学習項目またはコースを完了しています。

  • 閲覧 _____.pngこのアクションは、学習項目の「評価」に表示されます。受講者はこのアクションを選択して評価を見ることができます。

トレーニングを続ける

受講者がすでに開始したコースやトレーニングプランをまだ完了していないときは、次の方法でトレーニングの続きを学習できます。

コースの場合

  • コースホームページの情報セクションで「コース起動」を選択します。LMS365プレイヤーにリダイレクトされ、未完了の学習項目のうち先頭にあるものが開きます。
  • コースホームページで学習を続ける学習項目の右にあるアクションを選択します。

トレーニングプランの場合

  • 受講者はトレーニングプランホームページで学習を続けるコースの横にあるアクションを選択します。リダイレクトされたースホームページの情報セクションで「コース起動」を選択するか、学習を続ける学習項目の右にあるアクションを選択します。

 

LMS365 プレイヤー

受講者がアクションまたは「コース起動」を選択すると、LMS365プレイヤーが開きます。

学習項目またはコースがまだ開始されていない場合、受講者にはコースの最初の学習項目が表示されます。コースシラバスの概要は、左のナビゲーションに表示されます。

ページには「開始」と「スキップ」の2つのボタンがあります。「開始」を選択すると学習項目が開始され、同時にコースが開始となります。「スキップ」を選択すると、ロックが解除された次の学習項目に移動します。

受講者は、コースシラバスで関連する項目を選択し、その項目に移動してコンテンツを開始できます(ロックされた項目には移動できません)。

learners interact6.png

受講者が学習を開始すると、ボタンが「次のアイテム」または「前のアイテム」に変わります。「次のアイテム」を選択すると、コースシラバスの次の学習項目に進みます。「前のアイテム」を選択すると、前の学習項目に戻ります。

受講者は、すでに完了した学習項目に戻ることができます。学習項目がクイズの場合、受講者にまだ試行できる回数があればもう一度挑戦することができます。また、オプションが有効であれば、自分の回答を確認することができます。

learners interact7.png

コースの完了に必要な学習項目がすべて完了すると、受講者はコースステータスページにリダイレクトされます。ここでは、星の評価を選択することでコースを評価したり、ハートアイコンを選択してコースをお気に入りとしてマークできます。受講者は、完了した項目や未完了の項目に移動して、見直しや学習を行うことができます。

learners interact8.png

コースの完了に必要な学習項目がまだ完了していない場合は、コースステータスにコースが完了していないことを知らせるメッセージが表示されます。受講者は「コースにある未完了の項目の先頭に戻る」または「再開」を選択して未完了の学習項目に進むことができます。

learners interact9.png

上部のドアアイコンを選択すると、コースのホームページに戻ることができます。

learners interact10.png

コースは、コンテンツパッケージ、クイズ、ラーニングモジュール、外部アプリ、および評価の学習項目で構成することができます。これらの学習項目のうち「評価」はLMS365プレイヤーで完了することはできません。評価の取得については、こちらをご参照ください。学習方法は学習項目によって異なります。

 

ラーニングモジュール

ラーニングモジュールには、コンテンツパッケージ、クイズ、各種ファイル、マルチメディア、確認メッセージ、外部アプリ、Webサイトやファイルのリンクなどを含めることができます。

受講者がコースホームページで学習項目のアクションまたは「コース起動」を選択すると、LMS365プレイヤーが開きます。

ラーニングモジュールが開始されていない場合開始ページが開き、左ナビゲーションが展開されラーニングモジュール内の学習項目が表示されます。

「開始」を選択すると、ラーニングモジュールの最初の学習項目が開始され、同時にコースが開始となります。「スキップ」を選択すると、ラーニングモジュールの次のロックされていない学習項目に移動します。

ラーニングモジュールが既に開始されている場合は、先頭にある未完了の学習項目が開きます。

capture9-1.png

ラーニングモジュール内の学習項目を移動するには、フッターのナビゲーションボタン(「前のアイテム」「次のアイテム」)、または左ナビゲーションで学習項目を選択します。

capture9-2.png

ラーニングモジュール内のクイズやコンテンツパッケージに失敗(不合格)し試行回数が残っていない場合、受講者はそれらをやり直すことはできません。
この場合、ラーニングモジュールは不合格となります。受講者がラーニングモジュールを完了するには、コース管理者またはコースカタログ管理者に連絡します。

ラーニングモジュールには、視聴した教材の内容を理解したか確認を求めるメッセージが含まれていることがあります。
受講者が理解したことを確認しなければ、ラーニングモジュールを完了することはできません。

確認のチェックボックスを選択すると、「次のアイテム」ボタンが有効になり、受講者は先に進むことができます。

確認方法が承認の場合、受講者は自分の認証情報の入力を求められます。パスワードを入力してサインインするとチェックボックスに✓が付きます。 

capture10-1.png

ユーザーが Mozilla Firefox ウェブブラウザを使用して LMS365 プレイヤーで動画を表示すると、「No video with supported format and MIME type found(サポートされている形式と MIME タイプの動画が見つかりません)」というエラーが発生することがあります。

このエラーの解決方法は、「Firefox ウェブブラウザ: 「No video with supported format and MIME type found」エラー」をご参照ください。

 

クイズ

クイズはコースのコンテンツ、またはラーニングモジュールの学習項目として含むことができます。

クイズの「ナビゲーションの許可」がオンの場合、受講者はフッターの「前のアイテム」「次のアイテム」ボタンか、左ナビゲーションで設問を選択して設問間を移動することができます。

左ナビゲーションにクイズ内の設問が表示され、受講者が回答した設問には青い丸が付きます。

クイズの「時間制限」と「プレイヤーにタイマーを表示する」オプションがオンの場合、クイズ画面の左側にタイマーが表示されます。

learners interact14.png

時間が過ぎると、受講者は終了画面にリダイレクトされます。回答は自動的に送信され、答えた質問のポイントが計算されます。

クイズの得点が合格点に達していると、このクイズは完了となります。それ以外の場合、このクイズは不合格となります。受講者は、設問の回答を確認できます。

learners interact15.png

クイズの「時間制限」オプションがオンの場合でも「プレイヤーにタイマーを表示する」オプションがオフの場合は受講者にタイマーは表示されません。時間のカウントはバックグラウンドで実行されます。時間が過ぎると、受講者は終了画面にリダイレクトされます。

受講者がタイマーが動作している間にクイズを止めたり、別の項目に移動したりするときは、メッセージでタイマーが継続して動作すること、また時間が過ぎて戻った場合は試行が終了されることが通知されます。

クイズの「クイズ中にスコアを表示」オプションが有効になっている場合は、受講者は回答中に各設問に設定されたポイント数を確認できます。

受講者が正解するとポイントが与えられます。

設問に複数の正解が設定されている場合は、設問に設定された正解率のルールに従ってポイントを獲得できます。

learners interact16.png

クイズの「時間制限」オプションがオフの場合、受講者は設問への回答が終わったら「送信」ボタンを選択します。

回答を送信ダイアログに確認メッセージが表示されます。未回答の設問があるときは、受講者に知らせます。

受講者は「キャンセル」を選択して、クイズの設問に戻って回答することができます。

受講者がクイズに設定された合格点に達するとクイズは完了します。

受講者は、クイズの終了画面にリダイレクトされ、次のステップに進むか、試行回数が残っている場合は再試行することもできます。

クイズの「レビュー」オプションが設定されている場合、回答を確認することができます 。

learners interact17.png

レビューオプションで「回答の正解、または不正解を表示」が設定されている場合、未回答の設問には「この設問には回答していません」と表示されます。

 

コンテンツパッケージ

コンテンツパッケージはコースのコンテンツ、またはラーニングモジュールの学習項目として含まれています。

コースのコンテンツがコンテンツパッケージ1つのみで、コンテンツパッケージの「目次を表示」オプションがオフに設定されている場合、既定ではコースシラバスは表示されません。コースシラバスを表示するには画面右上の「目次」ボタンを選択します。

learners interact18.png

ご使用のコンテンツパッケージで「回答のレビュー」オプションがサポートされている場合は、受講者は回答の確認ができます。

learners interact19.png

コンテンツパッケージの「受講者の統計情報を表示する」オプションがオンに設定されている場合、
______.png統計を見る」を選択して、SCORMに関連するデータを見ることができます。

受講者は、主な項目の値、所要時間などを見ることができます。 「統計」ページを閉じるには、フッターの「結果」を選択するか、コースシラバスで学習項目を選択して移動します。

コンテンツパッケージの「ナビゲーションコントロールを表示」オプションがオンに設定されている場合、フッターに表示される「一時停止」ボタンで試行を一時停止することができます。

コンテンツパッケージで利用できるオプションについては、「コンテンツパッケージ:インポートと使用・管理」をご参照ください。

 

評価

学習項目の「評価」とは、担当の指導者(または受講者のライン管理者)によるパフォーマンスを評価します。
たとえば、機械の正しい取り扱いなど、作業現場で実行される手動のタスクを受講者が行いこれを担当の指導者が評価します。

コースに含まれている「評価」は、コース内の他の学習項目と同じようにLMS365プレイヤーに表示されます。ただし、指導者の承認が必要なため、LMS365プレイヤー内で完了することはできません。

受講者は、LMS365プレイヤーに表示される説明で評価の内容について確認できます。

指導者の名前が表示される場合、受講者は指導者名を選択してメールメッセージを送信できます。

評価のステータスは、次のようになります。

未開始: 評価をまだ行っていない、または評価を行ったがまだ指導者によって承認されていない

完了: 受講者の評価は承認されています。評価は、担当の指導者、コース管理者、またはカタログ管理者が承認した場合にこのステータスを取得できます。評価が承認されると受講者は「評価レビュー済み」通知を受け取ります。

learners interact20.png

 

コースの完了

コース内の学習項目は、コースの完了に必須として設定されているものがあります。

受講者がコースを完了するにはこれらの学習項目をすべて完了する必要があります。

コースの完了に必須の学習項目に「評価」が含まれている場合、受講者は評価が承認されるまでコースを完了することができません。

学習項目がコースの完了に必須であるかは、コースホームページで確認できます。
完了に必須の学習項目にはタイトルの横に情報アイコン ______.png が付いています。

このアイコンが付いていない学習項目は、未完了であってもコースの完了には影響しません。

learners interact21.png

コースの完了に必須の学習項目がすべて完了すると、コースは自動的に「完了」となります。

受講者は、コースを完了するために特別な操作を行う必要はありません。

受講者はLMS365プレイヤーの「コースステータス」ページにリダイレクトされ、星の評価を選択することでコースを評価したり、ハートアイコンを選択してコースをお気に入りとして追加できます。これらは後でコースホームページから行うこともできます。

「レビュー内容」を選択するとコースの最初の学習項目にリダイレクトされ、学習項目を見直すことができます。

「コースステータス」ページにコース完了のメッセージが表示された時点で、コースのステータスは既に完了として設定されています。

______.pngコースへ戻る」 オプションを選択して受講を終了します。

learners interact22.png