コースカタログの作成と管理

  • 更新

コースカタログは、コースやトレーニングプランをまとめたものです。
LMS365アプリの主要な要素となるコースカタログは、コースやトレーニングプランを作成、管理し、掲載する場所となります。
LMS365ソリューションでは、部門やグループ単位、また社内用、社外用など、複数のコースカタログを用意して、異なる特性のコースやトレーニングプランを異なる対象者に提供することができます。

LMS365を使い始めるには、少なくとも1つのコースカタログを作成する必要があります。

ここでは、LMS365のコースカタログの作成・管理、カタログ管理者の追加・削除、およびコースカタログの設定の確認についてご説明します。

コースカタログの作成

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者、または SharePoint 管理者

コースカタログは、デスクトップブラウザでのみ作成することができます。

コースカタログを作成するには

1.LMS365管理センター>グローバル設定>「コースカタログ管理」に移動します。

2.「+コースカタログを追加」を選択します。開いたパネルに必要な情報を入力します。

capture1.png

コースカタログタイトル:コースカタログのタイトルを入力します。タイトルは、コースカタログ一覧とコースカタログページに表示されます。

サイトURL:コースカタログの相対的なアドレス。既定では「コースカタログタイトル」フィールドの入力と並行して、サイトURLが自動的に生成されます。サイトURLフィールドは手動で編集することもできます。URLが自動生成、または手動で修正された場合、無効な文字 "#%&*:<>?\/{|}~ [] `'^とスペースは自動的に除かれます。

サイトアドレスにピリオドを使用している場合は、以下の点に注意してください。
  • ピリオドを連続して使用することはできません。
  • サイトアドレスの先頭、末尾にピリオドを使用することはできません。

サイト言語:コースカタログで使用する言語を指定します。ドロップダウンメニューで、コースカタログの既定の言語を選択します。

コースカタログ、ダッシュボード、 LMS365Web パーツの言語は、SharePoint サイトの言語と同じです。
お使いのブラウザの優先言語が SharePoint の代替言語として指定されている場合、管理センターはこの言語で表示されます。
ブラウザの言語が SharePoint で有効な代替言語のリストにない場合、SharePoint サイトの既定値の言語が使用されます。

サイトテンプレート:コミュニケーションサイト」または「チームサイト」のいずれかを選択します。既定ではコースカタログサイトはSharePointのコミュニケーションサイトで作成されます。

コミュニケーションサイトとチームサイトの違いについては、Microsoft のドキュメント「SharePoint のサイト」をご参照ください。

カタログ管理者:既定ではコースカタログを作成したユーザがその管理者になります。必要に応じてカタログ管理者を追加します。

既存のサイトURLを選択、または新しいサイトURLを指定する:既存のサイト、または新しいサイトのURL使用して作成することもできます。既存のサイトでコースカタログを作成するためには、ユーザーはそのサイトのサイトコレクション管理者である必要があります。
このオプションを ON にすると、コースカタログタイトルとサイト言語フィールド非表示になります。

3.「保存」を選択して、新しいコースカタログを作成します。

コースカタログが作成されると、無料サンプルコースの追加が自動的に開始されます。コースのインポートの進行状況と完了情報は通知センターで確認できます。

サンプルコースは、LMS365とMicrosoft 365スイートのトピックに関するものです。LMS365の使い方や、トレーニングの構築の参考にしてください。

サンプルコースは継続的に更新されます。これにより、すぐに利用できるコースが増えるにつれて、新しいコースカタログにはより多くの、異なるコースが含まれることになります。

サンプルコースは、トレーニング管理の一覧に表示されます。これらのコースは、既定では未公開です。必要に応じて公開し、他のコースと同様にご利用いただけます。

capture2.png

サンプルコースの学習項目は編集や削除することができません。学習項目の「アクション」パネルの「編集」「削除」は利用することができません。

すべて完了すると、新しいコースカタログが作成され、次の3つのページを持つコースカタログ用のサイトコレクションが生成されます。

コースカタログの作成過程で地域の設定を行うことはできません。地域の設定は、作成後に設定することができます。

既存のサイトがクラシックのチームサイトの場合、LMS365のコースカタログとダッシュボードWebパーツはモダンのページで作成されます。

LMS365のコースカタログがすでに設置されているサイトに新しいコースカタログを作成することはできません。

コースカタログがクラシックサイトコレクションにインストールされている場合は、コースカタログをモダンに移行することをお勧めします。

コースカタログの管理

必要なロール:カタログ管理者、LMS365 管理者、Microsoft 365 グローバル管理者、またはSharePoint 管理者

コースカタログは、デスクトップブラウザでのみ管理可能です。

コースカタログを管理するには:

1.コースカタログの一覧からコースカタログを選択します。

2.開いた「コースカタログ管理」パネルでアクションを選択します。

コースカタログ設定:コースカタログのタイトル、サイトURL、サイトテンプレートの確認、カタログ管理者の追加・削除を行うことができます。

コースカタログ表示:このコースカタログ SharePointサイトの既定ページである「カタログホームページ」にリダイレクトします。

コースカタログ管理:LMS365 管理センターにリダイレクトされ、カタログ設定の管理、コースやトレーニングプランの作成、ユーザーの管理などを行うことができます。

コースカタログの削除:コースカタログを削除します。確認メッセージが表示されます。この操作は元に戻すことができません。

カタログ管理者の管理

必要なロール:カタログ管理者、LMS365管理者、Microsoft 365グローバル管理者、またはSharePoint管理者

カタログ管理者フィールドにユーザを追加して、コースカタログの管理者に割り当てることができます。
既定ではコースカタログを作成したユーザがその管理者になります。

カタログ管理者はデスクトップブラウザでのみ管理することができます。

カタログ管理者を管理するには

1.コースカタログ管理ページで、コースカタログを選択します。コースカタログ管理パネルが表示されます。

2.「コースカタログ設定」を選択します。

3.コースカタログ設定パネルの「カタログ管理者」フィールドでカタログ管理者を管理します。

カタログ管理者の追加:既存のユーザーの名前、またはメールアドレスを入力するか、外部ユーザーのメールアドレスを入力します。
カタログ管理者の追加中に問題が発生した場合は、「カタログ管理者が追加できない場合」をご参照ください。

カタログ管理者の削除:カタログ管理者を削除するには、該当するユーザーを ✖ アイコンでフィールドから削除します。

4.「 保存」ボタンで変更を適用します。

外部ユーザーに関する重要事項:外部ユーザーを、コミュニケーションサイトのカタログ管理者として追加するには、外部共有機能を有効にする必要があります。コミュニケーションサイトでは既定では外部共有は無効になっています。外部共有を有効にするには、SharePoint Online 管理シェルを開いて、以下のコマンドを実行します。

Connect-SPOService -Url https://TENANT-admin.sharepoint.com

Set-SPOsite https://TENANT.sharepoint.com/sites/SITE -SharingCapability ExternalUserAndGuestSharing

”TENANT”,”SITE” の部分には、お客様の環境の値を入力してください。

コミュニケーションサイトでの外部共有の詳細については、以下のリンク(英語)をご参照ください。https://www.techmikael.com/2017/08/enable-external-sharing-on.html

Azure Active Directory で、「ユーザーは、アプリが自身の代わりに会社のデータにアクセスすることを許可できます」オプションが選択されていない場合、ユーザーが LMS365 アプリを使用する前に、Microsoft 365 グローバル管理者がこれに同意する必要があります。