コースカタログの作成と管理

  • 更新

コースカタログは、コースやトレーニングプランを掲載するページです。コースカタログでは、受講者はコースの概要を見ることができます。コースカタログの管理者は、コースカタログから新しいコースやトレーニングプランを作成することができます。

LMS365ソリューションでは、1つのカタログは社内向け、もう1つのカタログは社外向けのように、複数のコースカタログを用意して、異なる特性のコースやトレーニングプランを異なる対象者に提供することができます。

LMS365を使い始めるには、少なくとも1つのコースカタログを作成する必要があります。

1.コースカタログの作成

新しいコースカタログは以下の手順で作成します。

1.LMS365管理センター>グローバル設定>「コースカタログ一覧」に移動します。

2.「+コースカタログを追加」をクリックして、開いたパネルに必要な情報を入力します。

mceclip1.png

注記:コースカタログを作成できるのは、グローバル管理者のロールを持つユーザのみです。他のユーザの場合、「+コースカタログを追加」ボタンは表示されません。

コースカタログタイトル

コースカタログのタイトルを指定します。このタイトルは、コースカタログ一覧とコースカタログページに表示されます。

サイトURL

コースカタログの相対的なアドレスを入力してください。既定値ではこのフィールドにはコースカタログのタイトルが入力されますが、ユーザーが手動で変更することもできます。URLが生成される際、すべての無効な文字 (例えば、# % & * : < > ? ˶ˆ꒳ˆ˵ ) は除外されます。

既存のサイトURLを使用することもできます。「既存のサイトURLを使用する」のオプションのトグルをONにします。次のパネルが表示されます。

mceclip0.png

注記:既存のサイトでコースカタログを作成するためには、そのサイトコレクションの管理者である必要があります。

  • 既存のサイトがクラシックのチームサイトの場合、コースカタログとマイトレーニングダッシュボードWebパーツはモダンページに作成されます。
  • LMS365コースカタログがインストールされているサイトに新しいコースカタログを作成することはできません。
  • コースカタログがクラッシックのサイトコレクションにインストールされている場合、こちらの「モダンサイトに移行」をご参照のうえ移行することをお勧めします。

3.[保存]ボタンをクリックします。

サイト言語

コースカタログで使用する言語を指定します。

  • コースカタログ、ダッシュボード、コース Web パーツの言語は、SharePoint サイトの言語と同じです。

  • お使いのブラウザの優先言語が SharePoint の代替言語として指定されている場合、管理センターはこの言語で表示されます。

  • ブラウザの言語が SharePoint で有効な代替言語のリストにない場合、SharePoint サイトの既定値の言語が使用されます。

サイトテンプレート

コミュニケーションサイト」または「チームサイト」のいずれかを指定します。既定値ではコースカタログサイトはSharePointのコミュニケーションサイトとして作成されます。

カタログ管理者

カタログ管理者を追加するには[カタログ管理者]フィールドにユーザー名を入力します。既定値では、カタログを作成したユーザーがカタログ管理者に指定されます。

外部ユーザーを追加する場合;

コミュニケーションサイトのカタログ管理者に外部ユーザーを追加する場合、外部共有機能を有効にする必要があります。(コミュニケーションサイトでは既定値では無効となっています。)
有効にするには、SharePoint Online 管理シェルを開いて、以下のコマンドを実行します。

Connect-SPOService -Url https://TENANT-admin.sharepoint.com

Set-SPOsite https://TENANT.sharepoint.com/sites/SITE -SharingCapability ExternalUserAndGuestSharing

”TENAN”,”SITE”と記載されているところは御社環境に合わせてください。

コミュニケーションサイトでの外部共有の詳細については、以下のリンク(英語)をご参照ください。

https://www.techmikael.com/2017/08/enable-external-sharing-on.html

コースカタログ作成時にサイトの地域設定を指定することはできません。コースカタログを作成後、サイト設定(/_layouts/15/settings.aspx)>サイトの管理>地域の設定で確認、および変更ができます。

2.コースカタログの管理

新しいコースカタログが作成が完了すると、3つのページを持つこのカタログのサイトコレクションが生成されます。

  • ホームページ:コースカタログのSharePointサイトの既定値のページ
  • トレーニングダッシュボードのページ
  • コースカタログのページ

mceclip1.pngコースカタログのSharePointサイトコレクションをハブサイトにすることをお勧めします。これにより、コースカタログ内のコース・トレーニングプランサイトのトップナビゲーションが、コースカタログのトップナビゲーションと一致します。LMS365サイトコレクションをハブサイトするにはこちらの「SharePointハブ サイトを作成」をご覧ください。

コースカタログの管理では、カタログを選択し、表示されたアクションメニューからアクションを選択します。

mceclip2.png

コースカタログの設定:カタログ管理者の追加・削除ができます。

mceclip3.png

コースカタログ表示:コースカタログサイトのホームページにリダイレクトされます。

mceclip5.png

ナビゲーションをクリックしてコースカタログとトレーニングダッシュボードページに移動できます。

要求されているアクセス許可を組織として承認している場合(インストール時)、このアプリは組織内のすべてのユーザーの指定リソースへのアクセスできます。権限を求めるメッセージは他のユーザーには表示されません。

_____.png

注記:外部ユーザーによるLMS365 Webパーツ(コースカタログ、トレーニングダッシュボードなど)へのアクセスを可能にし、初回アクセス時のログインを不要にするためには、Office 365グローバル管理者がすべてのユーザーに権限を付与する必要があります。詳細については「外部ユーザーとLMS365 SPFXのWebパーツ 」をご参照ください。

Azure ADで「ユーザーが自分に代わって会社のデータにアクセスするアプリに同意できる」オプションが選択されていない場合、ユーザーが当社のアプリを使用する前に、Office 365グローバル管理者による同意が必要となります。

Azure________APP__.png

コースカタログ管理:選択したカタログのコース・トレーニングプランの作成、管理や、受講者の管理などを行う管理画面に移動します。

コースカタログの削除:選択したコースカタログをコースカタログ一覧から削除します。