トレーニングダッシュボードの概要と機能

  • 更新

目次

はじめに

トレーニング ダッシュボードは、各ユーザーが登録したトレーニングの概要、進捗状況、受講履歴、スキルの閲覧・管理機能を提供する、パーソナライズされたユーザー専用の eラーニングポータル です。

ライン マネージャーは、トレーニング ダッシュボードでチームのトレーニングの進捗状況を確認できます。そのため、トレーニング ダッシュボードには、ラインマネージャーロールのユーザーのみが閲覧できるセクションが含まれています。

また、トレーニング ダッシュボードでは、監督者に割り当てられたユーザーに、受講者の評価へのアクセスを提供します。

トレーニング ダッシュボードには左側にナビゲーションがあり、ユーザーはさまざまな角度からトレーニング状況を確認することができます。

ここでは、左ナビゲーションのメニュー、トレーニング ダッシュボードの機能の概要、トレーニング ダッシュボードを使用して、パーソナライズされたトレーニングの学習状況の見方についてご説明します。

トレーニング ダッシュボード 左ナビゲーション

以下は、トレーニング ダッシュボードの左ナビゲーションで使用できるナビゲーション項目です。 LMS管理者は、ユーザーに表示するナビゲーション項目を構成することができます。

 

概要 セクション

「概要」セクションは、現在および今後予定されているコースやトレーニング プランに関する情報を提供するもので、2つのサブセクションに分かれています。

「マイチームトレーニングステータス」は、ラインマネジャーのみ利用でき、ラインマネジャーのチームの進捗状況や、チームの各メンバーの進捗状況を確認することができます。

「トレーニングステータス」では、受講者自身の進捗状況を確認することができます。

マイチームトレーニングステータス

ラインマネジャーのみ利用できる「マイチームトレーニングステータス」は、テナン全体にわたるラインマネジャーのチームの進捗状況や、チームの各メンバーの進捗状況を提供します。「マイチームトレーニングステータス」には、サブセクションがあります。

注記:  

  • 直属の部下とは、特定のライン マネージャーが管理する受講者のことを指します。Learn365 のラインマネージャーの設定については、こちらを参照してください。
  • 直属の部下の部下とは、特定のラインマネジャーの直属の部下によって管理される受講者のことを指します。この場合、直属の部下はこれらの受講者のライン マネージャーにあたります。

「マイチームトレーニングステータス」の横にある矢印アイコンは、ラインマネージャーダッシュボードに移動します。

Training Dashboard1.png

直属の部下の概要

直属の部下の概要には、以下の情報が表示されます。

  • 直属の部下からの登録申請: コース / トレーニング プランへの登録について、ラインマネージャーの承認が保留されている直属の部下からの登録申請の数、およびウエイトリストにある登録申請の数

  • 直属の部下: ライン マネージャーによって管理される直属の部下であるユーザーの数

  • 直属の部下が完了したトレーニング:テナント全体で、ライン マネージャーの直属の部下が完了したコースの割合(非アクティブなコースとトレーニングランの一部であるコースを含む)再受講されたコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)は、この計算に含まれません。

  • 期限切れのトレーニングを受講している直属の部下: 登録したコースの期限がすぎても、まだ完了していないラインマネジャーの直属の部下の割合

  • 期限切れ、直属の部下が完了していない: テナント全体で、登録されたラインマネージャーの直属の部下が完了していない、期限切れのコース(トレーニング プランの一部であるコースを含む)の割合期限を過ぎた非アクティブなコースは、この計算に含まれません。

注記:  

ユーザーが登録されているトレーニングプラン内の各コースはこの概要に含まれますが、トレーニングプラン自体は含まれません。

 

直属の部下の部下の概要

直属の部下の部下の概要には、以下の情報が表示されます。

  • 直属の部下の部下からの登録申請: コース / トレーニング プランへの登録について、ラインマネージャーの承認が保留されている直属の部下の部下からの登録申請の数、およびウエイトリストにある登録申請の数

  • 直属の部下の部下:ライン マネージャーの直属の部下によって管理されているユーザの数

  • 直属の部下の部下が完了したトレーニング: テナント全体で、ライン マネージャーの直属の部下の部下が完了したコースの割合(非アクティブなコースとトレーニングランの一部であるコースを含む)再受講されたコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)は、この計算に含まれません。

  • 期限切れのトレーニングを受講している直属の部下の部下: 登録したコースの期限がすぎても、まだ完了していないラインマネジャーの直属の部下の部下の割合

  • 期限切れ、直属の部下の部下が完了していない: テナント全体で、登録されたラインマネージャーの直属の部下の部下が完了していない、期限切れのコース(トレーニング プランの一部であるコースを含む)の割合期限を過ぎた非アクティブなコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)は、この計算に含まれません。

注記:  

ユーザーが登録されているトレーニングプラン内の各コースはこの概要に含まれますが、トレーニングプラン自体は含まれません。

 

受講者リスト

「受講者リスト」には、ラインマネージャーの部下であるユーザーが表示されます。リストには、 各ユーザー、彼らの部下、トレーニングの進捗状況に関する情報と、期限切れコースの数が表示されます。

ユーザーを選択すると、進捗情報が表示され、完了、受講中、未開始、期限切れ (ある場合) のコース数を確認することができます。

ユーザーを展開して、(部下がいれば)その部下についても同じ情報を見ることができます。

Training Dashboard2.png

 

トレーニングステータス

「トレーニングステータス」には、以下の情報を含む、ユーザー自身の進捗の要約が表示されます。

  • 登録したトレーニング: 完了した非アクティブなコース(削除されたコース、または「ユーザ」ページの「外部トレーニングデータのインポート」オプションでインポートされたコース)、ユーザーが受講しているトレーニングプランの一部であるコース、承認待ちのコース、およびウエイトリストに追加されているコースを含め、テナントでユーザが登録されたコース数を表示します。

  • 完了したトレーニング: ユーザーが完了したコースの数と割合を表示します。完了したコースには、非アクティブなコースと、トレーニングプランの一部であるコースが含まれます。再受講されたコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)は、そのコースがユーザーによって再度完了されるまで、ここではカウントされません。

  • 予定されたトレーニング: ユーザが登録されているトレーニングプランの一部であるコース、承認待ちのコース、およびユウエイトリストに追加されているコースを含め、テナントでユーザが登録しているが完了していないコース数を表示します。

  • 期限切れトレーニング: ユーザーが登録しているコースのうち、期限までに完了していないコースの割合を表示します(トレーニングプランの一部であるコースを含む)。ここでは、期限が過ぎている非なアクティブコースはカウントされません。

  • 獲得したCEU合計: ユーザーが獲得したCEUの合計数を表示します。

  • 有効な認定証:ユーザーが保有する有効、および期限切間近の認定証の数を表示します。

注記:  

ユーザーが登録されたトレーニングプラン内の各コースはこの概要に含まれますが、トレーニングプラン自体は含まれません。

 

トレーニングの完了

「トレーニングの完了」セクションでは、ユーザーは、正常に登録されているが、まだ完了していないテナントのコース数を確認することができます。

「トレーニングの完了」セクションでは、以下はカウントしません。

  • トレーニングプラン自体(その中のコースのみカウントします。)
  • 非アクティブなコース
  • 承認待ちのコース
  • ユーザーがウエイトリストにいるコース

「トレーニングの完了」セクションでは、以下の情報を表示します。

  • 期限切れ: テナントにあるコース(ユーザーが登録したトレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、期限までにユーザーが完了していないコース数を表示します。ここでは、期限切れステータスを持つ非アクティブなコースはカウントされません。

  • 期限: テナントでユーザーが登録したコース(ユーザーが登録したトレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、期限が設定されているコースの数を表示します。

  • 期限なし: テナントでユーザーが登録したコース(ユーザーが登録したトレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、期限が設定されていないコースの数を表示します。

  • 必須: テナントでユーザーが登録したコース(ユーザーが登録したトレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、必須として設定されているコースの数を表示します。

  • 任意: テナントでユーザーが登録したコース(ユーザーが登録したトレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、必須として設定されていないコースの数を表示します。

Training Dashboard3.png

 

予定されたトレーニング

「予定されたトレーニング」セクションには、まだ完了していないコースのうち、承認待ち、およびウエイトリストにいるコースが表示されます。

「予定されたトレーニング」セクションでは、以下はカウントしません。

  • トレーニングプラン自体(その中のコースのみカウントします。)
  • 非アクティブなコース

「予定されたトレーニング」セクションは、「予定されたトレーニング」と「保留のトレーニング」の2つのブロックに分かれています。

予定されたトレーニング:

  • 承認待ち: テナントにあるコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、承認待ちのコースと、ユーザーがウエイトリストにいるコースの数を表示します。

  • 未開始: テナントにあるコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、ユーザーが登録済みでまだ開始していないコースの数を表示します。

  • 進行中: テナントにあるコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、ユーザーが受講を開始したが完了していないコースの数を表示します。

保留中のトレーニング:

  • 承認待ち: テナントにあるコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、ユーザーの登録が保留されているコースの数を表示します。

  • ウエイトリスト: テナントにあるコース(トレーニングプランの一部であるコースを含む)のうち、ユーザーがウエイトリストいるコースの数を表示します。E ラーニングコースはウエイトリストがありません。

 

認定証

「認定証」セクションでは、取得した認定証の総数とそのステータス(有効、期限切間近、期限切れ)が表示されます。

このセクションには、すべてのカタログにおいて取得されたすべての認定証を表示します。

同じコース / トレーニングプランに複数の認定証がある場合、最後に取得した認定証のみがカウントされます。

ここでは、予定された認定証はカウントされません。

 

スキル

「スキル」セクションでは、取得したスキルの総数とそのステータス(有効または失効)が表示されます。

ここでは、スキルレベルはカウントされません。

スキルに有効なレベルが1つ以上ある場合、そのスキルは有効なスキルとしてカウントされます。

スキルのすべてのレベルが失効した場合、そのスキルは失効としてカウントされます。

注記:  

Microsoft 365 グローバル管理者によって「スキル」ライセンスが有効化されていない場合、「スキル」 セクションは左ナビゲーションに表示されません。

 

評価 セクション

「評価」セクションは、学習項目「評価」の監督者として割り当てられたユーザーに表示され、評価の査定が必要なコースに登録されている受講者を表示します。非アクティブの受講者は、評価セクションに表示されません。

監督者は、公開されたコースでのみ、評価を追跡・管理することができます。つまり、リストにあるコースには、公開が終了したもの、未公開のもの、予定されているトレーニングは含まれていません。

注記:  

ラインマネージャーロールを通じて監督者として割り当てられたユーザーは、ラインマネージャーダッシュボード ページの「評価」ページから受講者を表示し、承認することができます。

 

「評価」セクションでは、2つのフィルターを適用できます。

  • 受講者: このフィルターは、関連する受講者のチェックボックスを選択し、評価を行う必要がある受講者を絞り込むことができます。「すべて選択」は、リスト内のすべての受講者を選択することができます。受講者が選択されると、「すべてクリア」ボタンが有効になります。非アクティブな受講者は、リストに表示されません。

  • トレーニング: このフィルターは、関連するトレーニングのチェックボックスを選択し、評価するコースの「評価」を絞り込むことができます。「すべて選択」は、リスト内のすべてのトレーニングの「評価」を選択することができます。トレーニングが選択されると、「すべてクリア」ボタンが有効になります。リストには、公開が終了したもの、未公開、予定されているトレーニングは含まれていません。

「評価」セクションには、以下の情報が各列に表示されます。

  • 受講者:監督者の評価が必要な登録された受講者の名前(非アクティブな受講者は、リストに表示されません。)

  • トレーニング: 評価に関連するコース名コース名は、コースホームページへのハイパーリンクです。

  • 評価: 評価(学習項目)のタイトル評価のタイトルを選択するとサイドパネルが開き、評価の説明を見ることができます (評価の説明が提供されている場合)。

  • 承認: 承認(チェックアイコン)オプションにより、監督者は受講者の評価を承認し、コースの学習項目「評価」を完了として記録することができます。
    「キャンセル」を選択するとメッセージは閉じられ、評価は承認待ちのままとなります。評価を承認する際、監督者は任意で受講者にフィードバックを提供することができます。このフィードバックは、評価が承認されると受講者に送信される「評価のレビュー」通知に記載されます。「評価のレビュー」通知の詳細については、こちらを参照してください。

  • 受講者にメール:受講者にメール(封筒のアイコン)オプションを使用して、Eメールによって受講者に直接フィードバックを提供することができます。このオプションを選択すると、ユーザーのメールボックスが新しいメッセージで開きます。
    この メッセージの「差出人」には監督者のメールアドレス、「宛先」には受講者のメールアドレス、本文には次のメッセージが予め入っています。:コース「(タイトル)」の「アセスメント「(タイトル)」に関するメッセージです。

  • コースの表示: コースの表示(矢印アイコン)オプションを選択すると、コースホームページに移動できます。

 

トレーニング セクション

概要

トレーニングセクションには、ユーザーがアクセスできるテナント上のすべてのカタログのコースとトレーニングプランが表示され、ユーザーが登録された、承認待ち、またはウエイトリストにいるすべてのコースとトレーニングプランの概要を提供します。

既定では、「トレーニング」セクションにはアクティブなコースとトレーニングプランのみが表示されます。未公開、削除された、または外部トレーニングのインポートオプションでインポートされたコースとトレーニングプランを表示するには、フィルターの「非アクティブを非表示」のチェックを外します。

Training Dashboard5.png

 

便宜上、カードビューまたはリストビューを使用できます。

「カードビュー」では、トレーニングカードにトレーニングタイプ、タイトル、期限(設定されている場合)、進捗ステータス、必須マーク(トレーニングが必須として設定されている場合い)、およびトレーニング プランに含まれるコースについては、これらのコースのリストを示すアイコンが表示されます。トレーニングがお気に入りとして登録されている場合、ハートのアイコンに色が付きます。

Training Dashboard6.png

 

「リストビュー」では、トレーニングはリストで表示され、「トレーニング名」列にトレーニングのタイトルとトレーニングタイプ、トレーニングプランに含まれるコースのリスト、トレーニングが必須として設定されている場合は「必須」列に情報アイコン、「ステータス」列に完了ステータス、期限が設定されている場合は「期限」列に表示されます。トレーニングがお気に入りとして登録されている場合、ハートのアイコンに色が付きます。

Training Dashboard7.png

 

トレーニングの完了ステータスは、以下の通りです。

  • 完了: ユーザーは、すでにコースまたはトレーニングプランを完了しています。
    カードビューでは、トレーニングカードにステータス「完了」 と、その上に完了日が表示されます。
    リストビューでは、「ステータス」列に「完了」と表示されます。完了日は表示されません。完了日を見るには、トレーニングのホームページを開きます。

  • 未開始: ユーザーはコースまたはトレーニングプランに登録されていますが、まだ受講を開始していません。カードビューではトレーニングカードに、リストビューでは「ステータス」列に「未開始」と表示されます。

  • 進行中: ユーザーはコース、またはトレーニングプランの受講を開始しましたが、まだ完了していません。カードビューではトレーニングカードに、リストビューでは「ステータス」列に「進行中」と表示されます。

  • 承認待ち: ユーザーのコース、またはトレーニングプランへの登録は承認待ちです。カードビューではトレーニングカードに、リストビューでは「ステータス」列に「承認待ち」と表示されます。

  • ウエイトリスト: ユーザーは、セッションまたはコースのウエイトリストに登録されています。カードビューではトレーニングカードに、リストビューでは「ステータス」列に「ウエイトリスト」と表示されます。

検索とフィルター オプション

「トレーニング」セクションには、検索とフィルター オプションがあります。これらはビュー(カード ビューまたはリストビュー)によって、利用できるものや配置が異なります。

カード ビュー

Training Dashboard8.png

リストビュー

Training Dashboard9.png

完了ステータスによるフィルター

カードビューとリストビューの両方で利用できます。

カードビューでは、完了ステータスはトレーニングカード表示され、「完了」の上に完了日が表示されます。リストビューでは、完了ステータスは「ステータス」列に表示され完了日は表示されません。「ステータス」列は並べ替えにも使用できます。

トレーニングの完了ステータスでフィルターかけるには、ドロップダウンメニューの「予定」、「完了」、「すべて」から選択します。既定では、「トレーニング」セクションには、ユーザーがアクセスできるすべてのカタログにわたって、ユーザが登録したアクティブな「予定」のコース / トレーニングプランを表示します。

  • 予定: ユーザーが登録している、ウエイトリストにある、または登録の承認を待っているコースとトレーニング プランを表示します。ここで表示されるコースとトレーニング プランの完了ステータスは、「未開始」、「進行中」、「承認待ち」 または 「ウエイトリスト」 です。

  • 完了: ユーザーがアクセスできるすべてのカタログにわたって、ユーザーが完了したコースとトレーニングプランを表示します。ここには、公開、未公開、外部トレーニングのインポートオプションでインポート、そして削除されたコースとトレーニングプラン、また、削除されたカタログのコースとトレーニングプランも含まれます。
    ここで表示されるコースとトレーニング プランの完了ステータスは、「完了」です。

  • すべて: ユーザが受講者としてアクセスできるすべてのカタログにわたるすべてのコースとトレーニングプランを表示します。すべての完了ステータスのコースとトレーニングプランがここに表示されます。

Training Dashboard10.png

 

トレーニングタイプによるフィルター

カードビューとリストビューの両方で利用できます。

注記:  

フィルタリングは、選択されている完了ステータスのコースとトレーニングプランに対して適用されます。例えば、完了したコースとトレーニングプランの表示を選択した場合、トレーニングタイプによるフィルターは完了したコースとトレーニングプランに対してのみ適用されます。

タイプを選択するフィルターを使用します。

既定では、「非アクティブを非表示」 が予め選択されているため、このフィルターには 1 が表示されています。この場合、未公開、削除、または外部トレーニングデータのインポートオプションでインポートされたコースとトレーニングプランはダッシュボード上で非表示になります。上記を含むすべてのコースとトレーニングプランを表示するには、「非アクティブを非表示」の選択を解除してください。
既定では、トレーニング タイプは選択されていません。

Training Dashboard11.png

 

フィルター内の「トレーニングタイプ」で、ダッシュボードに表示するトレーニングのタイプを選択します。チェックボックスを選択すると、選択されたパラメータの数が表示され、自動的にトレーニング画面にフィルターが適用されます。ページを更新したり、別のページに移動した後は、「非アクティブを非表示」が選択され、トレーニングタイプが選択されていない状態の、 「1個を選択」 に戻ります。

名前・期限による並び替え

カードビューとリストビューの両方で利用できます。

注記:  

選択されている完了ステータスのコースとトレーニングプランに対して適用されます。例えば、完了ステータスフィルターで「予定」が選択されている場合、並び替えは予定されたコースとトレーニングプランに対してのみ適用されます。

 

カードビューでは、トレーニングの名前または期限による並び替えができます。

  • 名前(昇順): コースとトレーニングプランを、名前のアルファベットの昇順(A-Z)に並べます。
  • 名前(降順): コースとトレーニングプランを、名前のアルファベットの降順(Z-A)に並べます。
  • 期限(上矢印): 期限の古いもの、つまり完了することが最も重要なコースとトレーニングプランを、リストの一番上に表示します。これは既定の設定です。
  • 期限(下矢印): 期限が新しいコースとトレーニングプランが、リストの一番上に表示されます。

リストビューでは、トレーニングの期限は「期限」列に表示されます。期限による並び替えは、列見出し「期限」を選択します。名前による並び替えは、列見出し「トレーニング名」選択します。コースとトレーニングプランをアルファベット順(A-ZまたはZ-A)に並べ替えることができます。

完了日による並び替え

カード ビューでのみ利用できます。

完了ステータスフィルターで「完了」または「すべて」を選択すると、「期限」が「完了日」に変わり、完了日による並び替えができます。

Training Dashboard12.png

  • 名前(昇順):コースとトレーニングプランを、名前のアルファベットの昇順(A-Z)に並べます。
  • 名前(降順):コースとトレーニングプランを、名前のアルファベットの降順(Z-A)に並べます。
  • 完了日(上矢印): 完了日が最も古いコースとトレーニングプランが、リストの一番上に表示されます。
  • 完了日(下矢印): 完了日が最も新しいコースとトレーニングプランが、リストの一番上に表示されます。

お気に入りを表示する

「お気に入りを表示する」フィルターは、カードビューとリストビューの両方で使用できます。お気に入りのトレーニングには、ハートのアイコンに色が付いています。

「お気に入りを表示する」 を選択すると、完了ステータスにかかわらず、お気に入りとして追加したものだけを表示します。

Training Dashboard13.png

 

トレーニングプランの場合、フィルターは次のように機能します。

  • トレーニングプランがお気に入りに追加され、その中のコースもお気に入りとして追加されている場合、フィルターの結果にはこのトレーニングプランが表示され、それを展開すると、その中のお気に入りコースを表示します。

  • トレーニングプランがお気に入りに追加され、そのコースはお気に入りとして追加されていない場合、フィルターの結果にこのトレーニングプランが表示されますが、展開することはできません。

  • トレーニングプラン内のコースがお気に入りに追加されていても、トレーニングプラン自体がお気に入りに追加されていない場合、フィルターの結果にコースは表示されますが、トレーニングプラン内には表示されません。

選択フィルター>「トレーニングタイプ」、「その他のフィルター」を選択するか、検索フィールドを使用して、お気に入りのトレーニングをさらに絞り込むことができます。

Training Dashboard14.png

フィルターされた結果をリセットするには、「予定に戻る」を選択します。トレーニングセクションは既定の表示に戻り、予定されているコースとトレーニングプランのみが表示されます。

検索フィールド

検索フィールドを使用して、関連するコースまたはトレーニングプランを検索します。カードビューとリストビューの両方で利用できます。

検索フィールドは、コースとトレーニングプランのタイトルで実行されます。検索ワードで始まる語句だけでなく、検索ワードを含む語句を検索します。

注記:  

フィルターは、選択されている完了ステータスのコースとトレーニングプランに対して適用されます。
例えば、完了ステータスフィルターで「完了」が選択されている場合、検索は完了したコースとトレーニングプランに対してのみ適用されます。

必須ステータスによるフィルター

カードビューとリストビューの両方で利用できます。

注記:  

フィルターは、選択されている完了ステータスのコースとトレーニングプランに対して適用されます。
例えば、完了ステータスフィルターで「完了」が選択されている場合、フィルターは完了したコースとトレーニングプランに対してのみ適用されます。

「必須」アイコンは、コースまたはトレーニングプランが完了必須として設定されていることを示します。また、トレーニングプラン内の少なくとも1つのコースが完了必須に設定されている場合、トレーニングプランに「必須」アイコンが表示されます。

カードビューでは、必須コースまたはトレーニングプランのカードに「必須」アイコンが表示されます。コースとトレーニングプランを「必須」ステータスでフィルターするには、その他フィルターで「必須のみ」を選択します。

Training Dashboard15.png

 

リストビューでは、必須のコースとトレーニングプランには、「必須」列に対応するアイコンが表示されます。列見出し「必須」を選択し、必須、または必須でないコースとトレーニングプランで並び替えることができます。

Training Dashboard16.png

 

トレーニングカードでのアクション

トレーニングカードでは、トレーニングのタイプや その他の設定に応じたアクションを実行することができます。

利用可能なアクションを表示するには、関連するアイコン、または省略記号メニューを選択します。

申請のキャンセル

コースまたはトレーニングプランの登録申請をキャンセルするには、トレーニングカードの省略記号メニューから「申請のキャンセル」を選択します。ユーザーは、登録申請をキャンセルする理由を入力する必要があります。

お気に入りに追加/お気に入りから削除

ユーザーは、コースやトレーニングプランをお気に入りとしてマークすることができます。
これにより、ユーザーは、トレーニングダッシュボードで興味のあるコースやトレーニングプランをすぐに見つることができます。

カードビューでは、以下方法でお気に入りに追加 /お気に入りから削除することができます。

  • トレーニングカードの「ハートアイコン(お気に入りに追加)」を選択して、トレーニングをお気に入りに追加します。お気に入りから削除するには、もう一度ハートアイコンを選択します。
  • トレーニングカードの省略記号メニューを選択し、開いたアクションメニューから「お気に入りに追加」を選択します。元に戻すには、お気に入りから削除を選択します。
  • トレーニングプラン内の各コースをお気に入りとしてマークしたり、お気に入りから削除することができます。これを行うにはトレーニングプランのカードでコース一覧アイコンを選択し、関連するコースの「ハートアイコン(お気に入りに追加)」を選択します。お気に入りからコースを削除するには、もう一度ハートアイコンを選択します。

Training Dashboard17.png

 

リストビューでは、以下の方法でお気に入りに追加 /お気に入りから削除することができます。

  • 右側のアクションの列で、関連するコースまたはトレーニングプランのお気に入りに追加(ハートのアイコン)を選択し、トレーニングをお気に入りに追加します。お気に入りから削除するには、もう一度アイコンを選択します。
  • 関連するコースまたはトレーニングプランの省略記号メニューを選択し、開いたアクションメニューから「お気に入りに追加」を選択します。元に戻すには、お気に入りから削除を選択します。
  • トレーニングプラン内の各コースをお気に入りとしてマークしたり、お気に入りから削除することができます。トレーニングプランのタイトルを展開し、トレーニングプラン内のコースリストを開きます。関連するコースの「ハートアイコン(お気に入りに追加)」を選択します。お気に入りからコースを削除するには、もう一度ハートアイコンを選択します。

コース/トレーニングプランの閲覧

コースやトレーニングプランを閲覧するには、以下の3つの方法があります。

  • トレーニングカードのトレーニング名を選択して、トレーニングのホームページへ移動します。
  • トレーニングカードの矢印アイコンを選択して、トレーニングのホームページへ移動します。
  • トレーニングカードの省略記号メニューから「コース閲覧/トレーニングプラン閲覧」を選択して、トレーニングのホームページへ移動します。

注記:  

次の場合、「閲覧」」アクションは利用できません。

  • ユーザーが登録されている「未公開」のコースとトレーニングプラン(完了ステータスは問いません)
  • ユーザーが登録されているユーザーページで、「トレーニングデータのインポート」オプションを使用してインポートされた外部のコース。
  • トレーニングが削除された時点でユーザーが登録していた完了済みのコース。これらは、タイトルがグレーアウトされアクションを実行できません。
  • カタログが削除された時点でユーザーが登録していた、削除されたカタログの完了済みコース。これらは、タイトルがグレーアウトされアクションを実行できません。削除されたカタログの「進行中」および「未開始」のコースとトレーニングプランはダッシュボードに表示されません。

 

コース/トレーニングプランの再受講

再受講は、認定証の有効期限が切れたときや有効期限が迫っている場合、またはコース管理者やコースカタログの管理者がトレーニング設定で「任意の再受講」オプションを有効にしている場合に利用できます。

受講者は、以下の2つの方法でコース/ トレーニング プランンを再受講できます。

  • トレーニング カードの再受講アイコンを選択する
  • トレーニングカードにある省略記号メニューから「コースの再受講 / トレーニングプランの再受講」を選択する

コース / トレーニングプランの再受講の詳細については、こちらを参照してください。

Training Dashboard18.png

 

トレーニングからの登録解除

注記:  

以下の場合、受講者は、コース/ トレーニング プランンから登録を解除することができません。

  • 受講者が Microsoft Entra ID(Azure Active Directory)グループを通じてコースに登録されている場合
  • 受講者がすでにコース / トレーニングプランを完了している場合
  • コース / トレーニングプランの「登録解除を許可しない」オプションがオンになっている場合
  • コース/ トレーニング プランを含むコースカタログが削除された場合。削除されたコースとトレーニングプランは表示されますが、タイトルはグレーアウトし、アクションオプションは表示されません。

 

受講者は、省略記号メニューから「登録を取り消す」を選択し、コース / トレーニングプランから登録を解除することができます。

詳細については、こちらを参照してください。

Training Dashboard19.png

 

コースを利用する

注記:  

アクティブなコースのコンテンツしか利用できません。

コースのコンテンツに進むためには、コースカード上の「コース起動」、または省略記号メニューから「コース起動」を選択します。

LMS365 プレイヤーにリダイレクトされ、コースの学習項目のうち、未完了の最初の項目が開きます。

Training Dashboard20.png

 

トレーニングプランのコースリストを見る

注記:  

アクティブなトレーニングプランしか利用できません。

トレーニングプランに含まれるコースのリストを表示するには、トレーニングプランカードの「コースリスト」を選択するか、トレーニングカードの省略記号メニューから「コース リスト」を選択します。

Training Dashboard21.png

 

開いたパネルから、トレーニングプランに含まれる、アクティブでロックされていないコースに移動することができます。ロック アイコンは、削除されたコースと、前提条件が設定されたコースに表示されます。ロックされたコースについては、そのコースにアクセスする前に、先にコースに登録するか、先行のコースをすべて完了する必要があります。

Training Dashboard22.png

 

セッションの詳細を見る

講師によるトレーニングコースのトレーニングカードには、コースセッションの詳細を表示するオプションがあります。 コースカードの情報アイコン、または省略メニューの「セッション詳細」リンクのいずれかを選択します。

Training Dashboard23.png

パネルが開き、セッションの情報、「名前 / 開始日 / 連絡先(セッションの講師、講師が割り当てられていない場合はコース管理者) / 場所」 が表示されます。

認定証 セクション

概要

このセクションは、管理者によってナビゲーションから隠すことができます。

「認定証」セクションには、以下の情報が表示されます。

  • トレーニング名:認定証が付与されたコース / トレーニングプランのタイトルを表示します。

  • ステータス:認定証のステータスを表示します。これは、「有効」、「期限切間近」、「期限切れ」、「予定」のいずれかになります。
    期限切れのステータスは、通知の「認定証期限のリマインダー」の設定によります。 既定では、認定証の有効期限が切れる60/30/14/7日前に設定されています。
    例えば、有効期限の 60 日前になると、認定証のステータスは「期限切間近」に変更され、それに応じた通知がユー ザーに送信されます。

  • 発行日:認定証の発行日を表示します。

  • 有効期限:認定証の有効期限が切れる日付を表示します。

検索とフィルター

「認定証」セクションには、以下の検索とフィルターオプションがあります。

  • ステータスを選択フィルターから、該当するステータス(有効、期限切間近、期限切れ、予定)を選択すると、選択したステータスを持つ認定証のみが表示されます。既定では、すべてのステータスの認定証が発行日順に表示され、発行日が最も新しいものがリストの最上位に表示されます。
  • 特定の認定証を検索するには、検索フィールドを使用します。検索ワードで始まる語句だけでなく、検索ワードを含む語句を検索します。検索は、認定証が付与されるコースとトレーニング プランで実行されます。
  • 各列の見出しを選択してリストを並べ替えることができます。既定では、認定証は(発行日に基づいて)新しいものから順に並んでいます。
  • 「発行日」を選択すると、発行日に基づいて認定証を新しいものから古いもの(下矢印)、古いものから新しいもの(上矢印)の順に並べ替えることができます。
    同様に「有効期限」列を選択すると、有効期限が新しいものから古いもの(下矢印)、古いものから新しいもの(上矢印)の順に並べ替えることができまする。

利用可能なアクション

追加情報と認定証についてのアクションは、右側の列と省略記号メニューから利用できます。

  • 認定証のダウンロード:認定証をローカルのコンピュータにダウンロードします。削除されたコース / トレーニングプランの認定証もダウンロードできますが、コース / トレーニングプランのタイトルはグレーアウトされ、これらにアクセスすることはできません。

  • コース / トレーニングプラン閲覧: 認定証が付与されたトレーニングのホームページにリダイレクトします。

  • 登録を取り消す:ステータスが「予定」の認定証でのみ利用できます。完了時に認定証が付与されるコース、またはトレーニングプランからの登録を解除することができます。

  • セッションの詳細: パネルが開き、セッションの情報、「名前 / 開始日 / 連絡先(セッションの講師、講師が割り当てられていない場合はコース管理者) / 場所」 が表示されます。

  • コース / トレーニングプラン再受講:ステータスが「予定」の認定証では利用できません。認定証が付与されたトレーニングの再受講を開始することができます。

Training Dashboard24.png

注記:  

コース / トレーニングプランを再受講すると、このトレーニングに異なるステータスの認定証が重複して表示されます。これらの認定証のうち、1つは「有効/期限切間近/期限切れ」ステータスで、もう1つは「予定」ステータスです。

「有効/期限切間近/期限切れ」ステータスの認定証には、ユーザーがこのトレーニングを再受講していることを示す「三角の情報アイコン」が表示されます。

再受講が完了すると、「予定」ステータスの認定証が「有効」になり、認定証 セクションに表示されます。有効/期限切間近/期限切れのステータスの認定証は「受講履歴」セクションに表示されます。

Training Dashboard25.png

 

スキル セクション

概要

「スキル」セクションには、以下の情報が表示されます。

  • スキル:スキル名を表示します。これはアクティブなリンクで、パネルが開き、受講者はスキルに関する情報を見ることができます。ここには、次の情報が表示されます。:ステータス、レベル、スキルソース、スキルの取得日、および失効日(設定されている場合)スキルにカテゴリーや タグが定義されている場合は、それらも表示します。

  • レベル:スキルのレベルを表示します。

  • スキル ソース:以下のいずれかの情報を表示します。
    • 完了するとスキルが付与されるトレーニングのタイトル。トレーニング名は、トレーニングホームページへリダイレクトするアクティブなリンクです。トレーニングが削除された場合、終了された場合、公開されていない場合、またはインポートオプションを使用してインポートされた場合、タイトルはグレーアウトします。
    • 特定のトレーニングではなく、管理者がユーザページ、またはライン マネージャーダッシュボードを通じて手動でユーザーにスキルを付与した場合は、その管理者の名前を表示します。管理者の名前を選択すると、ユーザーは管理者にEメールで連絡することができます。
    • 受講者が、「スキルの追加」オプションを使用して自分でスキルを追加し、ライン マネージャーの承認を待っている間は、受講者の名前を表示します。ラインマネージャーがこのスキルを承認すると、ここに表示されている受講者の名前が、そのラインマネージャーの名前に変わります。
    • 受講者が、「スキルの追加」オプションを使用して自分でスキルを追加した際、ラインマネージャーの承認が必要ない場合は、受講者の名前を表示します。
    • 受講者が「スキルの追加」オプションで追加したスキルを承認した、ラインマネージャーの名前。ラインマネージャーの名前は、「スキルの自己評価にライン マネージャーの承認を必須にする」オプションが有効な場合のみ表示されます。

  • ステータス:スキルのステータス(有効、失効、予定)を表示します。
    • 有効:スキルは有効です。有効なスキルに三角の情報アイコンが付いて場合、このスキルが付与されるトレーニングを再受講していることを示します。この場合、スキルの「有効」ステータスは受講者が以前に達成したものに該当し、再受講の下に表示されている「予定」ステータスのスキルは、再受講を完了した後に「有効」になります。
    • 失効:スキルは失効しています。
    • 予定: スキルは、トレーニングを完了すると付与されます。
    • 承認待ち:受講者は、「スキルを追加」オプションを使用してスキルを追加し、ライン マネージャーによる承認を待っている状態。

  • 取得日: スキルを取得した日付を表示します。

  • 失効日: スキルが取り消される日付(設定されている場合)、または失効した日付が表示されます。

カードビューでは、受講者のスキルはスキルセクションの各タブ(有効、失効、予定、承認待ち、すべて)にグループ化されています。

各スキルごとにカードで表示されます。スキルカードには、以下の情報が表示されます。

  • スキル ステータス:スキルのステータス(有効、失効、予定)を表示します。
    • 有効:スキルは有効です。有効なスキルに三角の情報アイコンが付いて場合、このスキルが付与されるトレーニングを再受講していることを示します。この場合、スキルの「有効」ステータスは受講者が以前に達成したものに該当し、再受講の下に表示されている「予定」ステータスのスキルは、再受講を完了した後に「有効」になります。受講者がスキルに対して複数の有効なレベルを持っている場合、最もレベルの高いスキルのカードのみが表示されます。カードを選択するとパネルが開き、有効なスキルレベルをすべて見ることができます。
    • 失効:スキルは失効しています。
    • 予定: スキルは、トレーニングを完了すると付与されます。
    • 承認待ち:受講者は、「スキルを追加」オプションを使用してスキルを追加し、ライン マネージャーによる承認を待っている状態。

  • スキル名:これはアクティブなリンクで、パネルが開き、受講者はスキルに関する情報を見ることができます。ここには、次の情報が表示されます。:ステータス、レベル、スキルソース、スキルの取得日、および失効日(設定されている場合)スキルにカテゴリーや タグが定義されている場合は、それらも表示します。

  • スキル レベル:スキルのレベルを表示します。

  • 付与者:以下のいずれかの情報を表示します。
    • 特定のトレーニングではなく、管理者がユーザページ、またはライン マネージャーダッシュボードを通じて手動でユーザーにスキルを付与した場合は、その管理者の名前を表示します。管理者の名前を選択すると、ユーザーは管理者にEメールで連絡することができます。
    • 受講者が、「スキルの追加」オプションを使用して自分でスキルを追加し、ライン マネージャーの承認を待っている間は、受講者の名前を表示します。ラインマネージャーがこのスキルを承認すると、ここに表示されている受講者の名前が、そのラインマネージャーの名前に変わります。
    • 受講者が、「スキルの追加」オプションを使用して自分でスキルを追加した際、ラインマネージャーの承認が必要ない場合は、受講者の名前を表示します。
    • 受講者が「スキルの追加」オプションで追加したスキルを承認した、ラインマネージャーの名前。ラインマネージャーの名前は、「スキルの自己評価にライン マネージャーの承認を必須にする」オプションが有効な場合のみ表示されます。

  • トレーニング名:完了するとスキルが付与されるトレーニングのタイトル。トレーニング名は、トレーニングホームページへリダイレクトするアクティブなリンクです。トレーニングが削除された場合、終了された場合、公開されていない場合、またはインポートオプションを使用してインポートされた場合、タイトルはグレーアウトします。

  • 取り消し予定日:有効なスキルが取り消される日付が表示されます (設定されている場合)。

  • 失効:スキルが失効した日付を表示します。

  • 評価担当者:受講者が「スキルを追加」オプションで追加したスキルを評価するラインマネージャーの名前。

目標スキルとスキル ギャップ チャート

「スキル」セクションのチャートは、受講者の目標達成状況を視覚的に表しています。
受講者に、 3~20 のスキルが定義されている場合、レーダーチャートが表示されます。定義されたスキルが3つ未満、または20を超える場合は、棒グラフで表示します。

チャートのスキルにカーソルを合わせるとツールチップが表示され、目標レベルと現在の習熟度、および目標までの距離が表示されます。目標を達成すると、「現在の習熟度」バーが緑色になります。達成されていない場合は黄色になります。

Training Dashboard26.png

 

検索とフィルター

スキル サブセクションには、以下の検索とフィルターオプションがあります。

  • 「スキル」フィルターでは、リストのチェックボックスを選択するか、検索ボックスを使用して該当するスキルを検索することができます。

  • 「スキル ソース」フィルターでは、スキルを付与、または追加した人やトレーニングのチェックボックスを選択して、スキルリストをフィルタリングします。その他、検索ボックスを使用して関連するスキル ソースを検索することもできます。

  • 「取得日」フィルターを選択するとカレンダーが開き、スキルが取得された日付の範囲を指定することができます。

  • 「失効日」フィルターを選択するとカレンダーが開き、スキルが取り消された (または取り消される) 日付の範囲を指定することができます。

  • 「カテゴリー」 フィルターでは、カテゴリー リストのチェックボックスを選択するか、検索ボックスを使用して該当するカテゴリーのスキルを検索できます。このフィルターは、受講者が、カテゴリーが定義されたスキルを持っている場合にのみ表示されます。フィルターでは、カテゴリーはカタログ名でグループ化され、受講者には各自のスキルに関連するカテゴリーのみを表示します。

  • リストビューの「ステータス」フィルターでは、該当するステータス(すべて、有効、失効、予定、承認待ち)のチェックボックスを選択します。選択したステータスのスキルのみを表示します。既定では、すべてのステータスのすべてのスキルを表示します。

  • 特定のスキルを検索するには、検索フィールドを使用します。検索は、検索ワードで始まる語句だけでなく、スキルが付与されたトレーニングのタイトル、スキルの付与者、スキル名、およびスキルレベルを含むスキルのプロパティで実行されます。

  • リストビューでは、列見出しを選択してスキルリストの並べ替えを行います。
    既定では、取得日が最も新しいスキルがリストの一番上に表示されます(下矢印)。列見出しの 「取得日」 を選択して、並び替えの順序を変更し、最も古い取得済スキルをリストの一番上に表示できます (上矢印) 。
    同様に、その他の列見出しでも同じ方法で並び替えの順序を変更できます。

  • カードビューには、追加で以下のフィルターがあります。
    • 名前(昇順): スキル名のアルファベット順(A-Z)に並べ替えられます。
    • 名前(降順): スキル名のアルファベット逆順(Z-A)で並べ替えられます。
    • 取得日(上矢印):取得日が最も古いスキルをリストの一番上に表示します。
    • 取得日(下矢印):取得日が最も新しいスキルをリストの一番上に表示します。

利用可能なアクション

 「スキル」 セクションは、カードビューかリストビューかに応じてアクションを実行できます。

  • リストビューでは、コース / トレーニングプランを通じてスキルが取得された場合、省略記号メニューからアクションリンクを選択できます。スキルが人から付与された場合、追加のアクションは使用できません。

Training Dashboard27.png

  • カードビューでは、スキル名ルを選択してパネルを開き、スキルがコース / トレーニング プランを通じて取得された場合は、省略記号メニューからアクションを選択できます。スキルが人から付与された場合、追加のアクションは使用できません。

Training Dashboard28.png

 

スキルの追加

「スキルの追加」オプションは、カードビューとリストビューの両方で使用できます。

受講者によるスキルの追加は、カタログ管理者が Learn365 管理センター>グローバル設定から「スキルの自己評価を有効化」オプションを有効にする必要があります。

受講者は、以下の手順で、自分の記録にスキルを追加します。

1.トレーニング ダッシュボードで、「スキルの追加」を選択します。

2.開いた「スキルの追加」パネルで、「検索」フィールドを使用して関連するスキルを検索します。

  • フィールド内をクリックすると、選択可能なスキルのドロップダウンリストが表示されます。
  • スキル名の一部を入力するとリストが絞り込まれ、検索ワードを含むスキルのみを表示します。

受講者は、一度に複数のスキルを追加することができます。

Training Dashboard29.png


3.該当するスキルを選択すると、ドロップダウンリストが表示され、スキルレベルを選択することができます。

Training Dashboard30.png

4.「送信」を選択します。

次のステップは、Learn365 管理センター>グローバル設定の「スキルの自己評価にライン マネージャーの承認を必須にする」オプションの設定によって異なります。この設定については、こちらを参照してください。

  • ラインマネジャーの承認が不要な場合、受講者はラインマネジャーの承認を必要とせず、自分でスキルを追加し査定することができます。追加されたスキルは「スキル」セクションに表示され、受講者の受講履歴に追加されます。
  • ラインマネージャの承認が必要な場合、追加されたスキルは、申請がライン マネージャーによってレビューされるまで「承認待ち」と表示されます。
    • ライン マネージャーが申請したスキルを承認した場合、そのスキルは 「スキル」 セクションに表示され、受講者の受講履歴に追加されます。受講者は、「スキル申請の承認」通知メールを受け取ります。
    • ライン マネージャーが申請したスキルを却下した場合、受講者は「スキル申請の却下」通知メールを受け取り、承認待ちスキルは削除されます。

スキルレベルの調整

受講者が、すでに取得したスキルのレベルを変更したい場合は、以下の手順で行います。

1.「スキル」セクションで、該当するスキル名を選択します。スキルパネルが開き、取得したスキルの概要と、そのスキルで取得したすべてのレベルが表示されます。

2.「スキルレベルの調整」を選択します。


Training Dashboard31.png

3.開いた「スキルレベルの調整」パネルで、ドロップダウンリストから該当するレベルを選択します。

 

Training Dashboard32.png

 

4.「送信」を選択します。

次のステップは、Learn365 管理センター>グローバル設定の「スキルの自己評価にライン マネージャーの承認を必須にする」の設定によって異なります。この設定については、こちらを参照してください。

  • ラインマネジャーの承認が不要な場合、受講者はラインマネジャーの承認を必要とせず、自分でスキル レベルを調整することができます。調整されたスキルは「スキル」セクションに表示され、受講者の受講履歴に追加されます。
  • ラインマネージャの承認が必要な場合、調整されたスキルレベルは、ライン マネージャーによってレビューされるまで「承認待ち」と表示されます。
    • ライン マネージャーが申請したスキルレベルを承認した場合、そのスキルレベルは 「スキル」 セクションに表示され、受講者の受講履歴に追加されます。受講者は、「スキル申請の承認」通知メールを受け取ります。
    • ライン マネージャーが申請したスキルレベルを却下した場合、受講者は「スキル申請の却下」通知メールを受け取り、承認待ちスキルは削除されます。

Training Dashboard33.png

 

コース / トレーニングプラン閲覧

このアクションは、受講者をスキルが付与されたトレーニングのホームページにリダイレクトします。トレーニングの完了により取得できるスキルでのみ利用できます。

登録を取り消す

受講者は、完了時にスキルが付与されるトレーニングから登録を解除することができます。これは、ステータスが「予定」のスキルでのみ利用できます。

セッションの詳細

パネルが開き、セッションの情報、「名前 / 開始日 / 連絡先(セッションの講師、講師が割り当てられていない場合はコース管理者) / 場所」 が表示されます。

コース / トレーニングプラン再受講

このアクションは、スキルが付与されたトレーニングの再受講を開始することができます。これは、ステータスが「予定」のスキルでは利用できません。

受講履歴 セクション

概要

このセクションは、管理者によってナビゲーションから隠すことができます。

「受講履歴」セクションでは、ユーザーがアクセスできるすべてのカタログにわたって、受講中のすべてのコースとトレーニングプラン、すべての認定証(予定、有効、期限期限間近、期限切れ)、すべてのスキル(予定、有効、失効)の概要が表示されます。

「受講履歴」セクションには 3つのサブセクション(トレーニング、認定証、スキル)があります。

サブセクション間を移動するには、「フィルターを選択」ドロップダウンリストを使用し、表示するサブセクションを選択します。既定では、すべてのサブセクションが表示されています。
フィルターのすべてのサブセクションを選択すると、何も選択されていない状態と同じになります。

注記:  

以下の場合、ユーザーはトレーニングやそれに関連する認定証/スキルを見ることができません。

  • ウエイトリストに追加された場合
  • 登録申請を送ったが、まだ承認されていない場合
  • トレーニングに登録されたが、このトレーニングが未公開である場合
  • トレーニングに登録したが、トレーニングを開始する前に、これが未公開になった場合

トレーニング セクション

「トレーニング」では、ユーザーがアクセスできるすべてのカタログにわたって、ユーザが登録したすべてのコースとトレーニングプランを見ることができます。これには、削除されたカタログのコースやトレーニングプランも含まれます。

コースやトレーニングプランについては、以下の情報が表示されます。

  • トレーニング名
  • 完了ステータス(未開始、進行中、完了)
  • 完了したコース / トレーニングプランの完了日
  • CEU(設定されている場合)

「トレーニング」サブセクションの各列は、列見出しを選択して並べ替えに使用することができます。既定では、コースとトレーニングプランは名前のアルファベットの昇順(A-Z)に並んでいます。

コース / トレーニングプラン名を選択すると、そのホームページに移動します。コースまたはトレーニングプランが取り消された場合、公開されていない場合、削除された場合、または外部トレーニングデータのインポートオプションを使用してインポートされた場合、そのコースまたはトレーニングプランにアクセスすることはできません。

CEUs 列の数値の近くにあるアスタリスクは、トレーニング完了時に獲得予定の CEUs であることを示します。また、すべてのコースとトレーニングプランのリストの下、セクションの最後では、すでに獲得した「獲得済」、これから獲得する「予定」、そして「合計 CEUs」(獲得済 CEUsと予定 CEUsの合計)を見ることができます。

注記:  

「任意の再受講」オプションが有効で、受講者がコースまたはトレーニングプランを再受講する場合、このトレーニングのステータスは「未開始」または「進行中」(ユーザの進行状況による)になりますが、前回完了した記録は受講者の受講履歴に残ります。

Training Dashboard34.png

 

認定証 セクション

「認定証」では、受講者は、自分のすべての認定証のタイトル、有効ステータス(有効、期限切間近、期限切れ、予定)、発行日(予定の認定証は除く)、有効期限(設定されている場合)を見ることができます。ユーザーが、コースまたはトレーニングプランに対して複数の認定証を持つ場合、すべての認定証がこのセクションに表示されます。

「認定証」サブセクションの各列は、列見出しを選択して並べ替えに使用することができます。既定では、認定証は発行日順に並んでいます。

「認定」 サブセクションでコース / トレーニング プラン名を選択すると、トレーニングのホームページにリダイレクトされます。コースまたはトレーニングプランが取り消された場合、公開されていない場合、削除された場合、または外部トレーニングデータのインポートオプションを使用してインポートされた場合、そのコースまたはトレーニングプランにアクセスすることはできません。

 

スキル セクション

「スキル」では、受講者は自分のすべてのスキルのタイトル、有効ステータス(失効、有効、予定)、取得日(予定のスキルは除く)、失効日(設定されている場合)を見ることができます。

「スキル」サブセクションの各列は、列見出しを選択して並べ替えに使用することができます。既定では、スキルは発行日の順に並んでいます。

「スキル ソース」列には、スキルを取得した経緯に応じて、トレーニング名、または個人名が表示されます。

  • 完了するとスキルが付与されるトレーニングのタイトル。トレーニング名が青色のリンクの場合は、それを選択してトレーニングホームページに移動できます。トレーニングが削除された場合、終了した場合、公開されていない場合、またはインポートオプションを使用してインポートされた場合、トレーニング名はグレーアウトします。
  • 「ユーザ」ページ、またはラインマネージャダッシュボードを通じて、手動でスキルを付与した管理者の名前。名前を選択すると、このユーザーにEメールで連絡できます。
  • 受講者が、「スキルの追加」オプションを使用して自分でスキルを追加した際、ラインマネージャーの承認が必要ない場合は、受講者の名前を表示します。
  • 受講者が「スキルの追加」オプションで申請したスキルを、承認したラインマネージャーの名前。ラインマネージャーの名前は、「スキルの自己評価にライン マネージャーの承認を必須にする」オプションが有効な場合のみ表示されます。

受講履歴のエクスポート

「受講履歴」セクションの「PDFにエクスポート」オプションを選択すると、ユーザーのすべてのスキル、認定証、登録されているコースとトレーニングプランの履歴のすべてをダウンロードすることができます。このオプションは、「受講履歴」セクションのどのサブセクションでも利用できます。

Training Dashboard35.png

 

ダウンロードされた受講履歴は多言語に対応しており、トレーニング、認定証、スキルに関する詳細情報が含まれています。

  • 「トレーニング」では、ユーザーがアクセスできるすべてのカタログにわたって、ユーザが登録したすべてのコースとトレーニングプランを見ることができます。コース名、ステータス(未開始、進行中、完了)、完了日(完了したコースとトレーニングプランの場合)、CEUが表示されます。削除されたカタログのコースとトレーニングプランも表示されます。
  • 「認定証」では、ユーザーはすべての認定証を見ることができます。タイトル、有効ステータス(有効、期限切間近、期限切れ、予定)、発行日 (予定の認定証は除く)、有効期限(設定されている場合)。ユーザーが、コースまたはトレーニングプランに対して複数の認定証を持つ場合、トレーニングに関連するすべての認定証が表示されます。
  • 「スキル」では、ユーザーは自分のすべてのスキルを見ることができます。タイトル、有効ステータス(失効、有効、予定)、取得日(予定スキルは除く)、失効日 (設定されている場合)、スキルソース列には、完了時にユーザーにこのスキルが付与さ れるトレーニング名、または手動でユーザーにスキルを付与した人の名前が表示されます。

CEU セクション

概要

このセクションは、管理者によってナビゲーションから隠すことができます。

「CEU」セクションでは、獲得したCEU の概要を確認することができます。このセクションには、ユーザーが登録したコースとトレーニングプランのうち、CEUが獲得できるもののみを表示します。トレーニング名、トレーニングタイプ、CEU数、ユーザーのCEUのステータス(獲得済または予定)が表示されます。

ここには、削除されたコースやトレーニングプランの CEU も表示されますが、これらのコースやトレーニングプランにアクセスすることはできません。

トレーニングプラン内の各コースの CEU を確認するには、トレーニングプラン名を展開します。

「CEU」セクションの下部には、各ステータスのCEUの要約が表示されます。

  • 獲得済: トレーニングの完了して獲得したCEU
  • *予定: トレーニングを完了すると獲得できるCEU
  • 合計:獲得済CEUと、予定CEUの合計

ユーザーがコースまたはトレーニングプランを再受講した場合、このトレーニングは2つ表示されます。1つは「獲得済み」ステータスで、再受講を示す三角情報アイコンが付き、ツールチップの説明が表示されます。もう1つは「予定」ステータスです。

「獲得済」ステータスは、ユーザーの前回の獲得情報と、すでに獲得した CEU数です。

「予定」ステータスは、受講者が再受講を完了した後に取得できるCEU数を示します。

再受講が完了すると、取得したCEU数が更新され、「獲得済」ステータスの表示は削除され、「予定」ステータスが「獲得済」となり表示されます。

注記:  

  • 受講者がトレーニングを完了した後に、そのトレーニングで獲得できる CEU数が変更されても、獲得済みの CEU数は更新されません。

    例えば、受講者はコースやトレーニング プランを完了し、CEUを 12 獲得しています。その後、コースの管理者が、そのコースまたはトレーニングプランで獲得できるCEU数を20に変更しました。このコースまたはトレーニングプランで獲得した受講者の CEU は更新されず、12のままとなります。CEU の更新が必要な場合、受講者はトレーニングを再受講することもできます。

  • 受講者がトレーニングを完了した後で、そのトレーニングで提供される CEU 数が変更され、受講者がトレーニングを再受講した場合は、トレーニング完了時に取得した CEU 数が更新されます。
    変更されたCEU数は、トレーニングカードに表示されます。
  • トレーニングの完了で獲得できるCEU数が変更されていない場合、受講者のトレーニングカードには、予定 CEU と共に+0*が表示されます。CEUは、再受講が正常に完了した後に更新されます。

  • トレーニング完了で獲得できるCEUの数が増える場合、受講者のトレーニングカードには 「+ (すでに獲得したCEUと新しい値との差) *」 が予定CEUとともに表示されます。CEUは、再受講が正常に完了した後に更新されます。

  • トレーニング完了で獲得できるCEUの数が減る場合、受講者のトレーニングカードには 「-(すでに獲得したCEUと新しい値との差) *」 が予定CEUとともに表示されます。CEUは、再受講が正常に完了した後に更新されます。

Training Dashboard36.png

 

利用可能なアクション

トレーニングに関連する追加情報とアクションへのリンクは、右側の列にあります。

  • コース / トレーニングプラン閲覧:CEUが提供されているトレーニングのホームページにリダイレクトします。
  • 登録を取り消す: ステータスが「予定」のCEUカードでのみ利用できます。完了時に CEUが提供されているコース、またはトレーニングプランからの登録を解除することができます。
  • セッションの詳細:パネルが開き、セッションの情報、「名前 / 開始日 / 連絡先(セッションの講師、講師が割り当てられていない場合はコース管理者) / 場所」 が表示されます。
  • コース / トレーニングプラン再受講:ステータスが「獲得済」のCEUカードでのみ利用できます。「任意の再受講」 オプションが有効になっている場合、CEUを獲得したトレーニングの再受講を開始できます。

検索とフィルター

「CEU」セクションには、以下の検索とフィルターオプションがあります。

  • 「すべて」フィルターでステータス(「すべて」、「獲得済」、「予定」)を選択して、該当するCEUステータスを持つコースとトレーニング プランを表示します。既定では、すべてのステータスのすべてのコースとトレーニング プランを、名前のアルファベット順(A-Z)に表示します。
  • 「完了期間」フィルターは、選択した日付範囲内に完了日があるコースとトレーニング プランを表示できます。カレンダーパネルが開き、日付範囲を選択します。
  • 「検索」 フィールドを使って、CEUを提供するコースやトレーニングプランを検索します。検索は、コース / トレーニングプラン名で実行され、検索ワードで始まる語句だけでなく、検索ワードを含む語句を検索します。
  • 「CEU」セクションの各列は、列見出し((トレーニング名、ステータス、完了日、CEU)を選択して並べ替えに使用することができます。
  • 「完了日」列を選択すると、コースとトレーニング プランを完了日が新しいものから古い順(下矢印)、または古いものから新しい順(上矢印)に並べ替えることができます。

注記:  

検索が適用されると、表示されるCEUが変わるため、セクション下部に表示されるCEUの要約の値も変わります。

例えば、ユーザーが検索フィールドに 「LMS」 と入力すると、トレーニング名にこのワードが含まれるコースとトレーニングプランのみが表示され、そのCEUのみが画面下部の要約でカウントされます。

また、フィルターを適用すると、表示されるCEUが変わるため、セクション下部に表示されるCEUの要約の値も変わります。

例えば、ユーザーがCEUの「予定」ステータスのコースとトレーニングプランのみを表示するように選択した場合、画面下部の要約では*予定と合計のCEUのみがカウントされます。

 

ランキング セクション

このセクションは、管理者によってナビゲーションから隠すことができます。

「ランキング」セクションでは、獲得したCEU、完了したトレーニング、および取得した認定証の総数に基づいて、テナント全体のユーザーをランキングで表示します。

注記:  

  • 外部ユーザーは、同じドメインの他の外部ユーザーのSharePointプロフィールの写真を表示できます。内部ユーザーは、SharePoint プロファイルと Office 365 からの写真を表示できます (Office 365 プロファイルが設定されている場合)。
  • Office 365 プロファイルと SharePoint プロファイルで異なる写真が設定されている場合、ランキングボード には Office 365 プロファイルの写真が表示されます。

「ランキング」セクションには、「獲得したCEU」、「完了したトレーニング」、「取得した認定証」の3つの表があります。

「全体」フィルターのドロップダウン リストで、ランキングデータの集計期間(今週、今月、今年、全体(既定))を選択できます。選択した期間の進捗と実績は、すべてのランキング表に表示されます。
日付は、現在のサイトの「地域の設定」に従って設定されます。

Training Dashboard37.png

 

ランキング表には最大10名が表示されます。 ユーザー自身が上位10名に入っていない場合、リストの下に自分のスコアが表示されます。
 ユーザーがトレーニングを完了していない場合、CEU を獲得していない場合、または認定証を取得していない場合、スコアは 0 です。

注記:  

  • 「獲得したCEU」のランキングで、ユーザーの獲得したCEU数が同じ場合、先に最も多くのCEU数を獲得したユーザーが最上位になります。コースやトレーニングプランの CEU数が変更された場合、トレーニングの再受講が完了すると、獲得した CEU数が更新されます。
  • 「完了したトレーニング」のランキングで、ユーザーが完了したコースとトレーニングプランの数が同じ場合、最も多くのトレーニングを先に完了したユーザーが最上位に表示されます。
  • 「取得した認定証」のランキングでは、有効期限が切れた認定証や削除された認定証はカウントされません。

 

設定

「設定」セクションは、LMS管理の トレーニングダッシュボードに表示されます。

このセクションでは、LMS管理者はダッシュボードの「左ナビゲーション」を管理し、テナントのすべてのユーザーに共通して、ダッシュボードに表示できる情報を設定できます。トレーニングダッシュボードの「左ナビゲーション」の設定については、こちらを参照してください。

Training Dashboard38.png

 

個人設定

「個人設定」セクションでは、Learn365 の学習に Microsoft Teams を使用する場合、Teams でLearn365 の通知を受けとるかどうかを各ユーザーが自分で設定できます。 既定では、このオプションは無効になっています。

このオプションを「有効」にすると、通知テンプレートの「宛先」フィールドにメールアドレスがある場合、ユーザーは Teams と Eメールの両方でメイン受信者として通知を受け取ります。「無効」にすると、ユーザーはEメールでのみ通知を受け取ります。

Training Dashboard39.png