AI で eラーニング コースを作成する

  • 更新

目次

はじめに

現在、LMS365 管理センターでは、LMS365 でのコンテンツの作成において AI アシスタンスを利用できます。

ここでは、カタログ管理者が LMS365 の AI アシスタンス機能を使って、eラーニング コースを作成し、必要に応じて関連するクイズを作成する方法を説明します。

カタログ管理者は、AI アシスタンス機能が有効になっていても、通常の方法でコースを作成できます。

カタログ管理者は、AI アシスタンス機能が有効になっていても、通常の方法で (AI 機能を使わずに) スキルを作成できます。

AI 機能におけるデータ管理、プライバシー確保、セキュリティ維持のために LMS365 で採用している対策や方法については、こちらを参照してください。

 

注記:

  • AI アシスタンス機能は、プレビュー版としてリリースされています。この初期段階では、LMS365 はいつでもこのサービスを中止する権利を留保します。
  • 現在、すべてのお客様に無償で AI 機能への先行アクセスをご提供しています。今後の AI のビジネス モデルは、ここから収集された知見とフィードバックに基づいて決定されます。
  • AI サービスには、有害、攻撃的、または潜在的に危険なコンテンツの生成を防止する内部制限があります。そのようなコンテンツが検出された場合、AI サービスはそのコンテンツの生成を拒否し、管理者に通知します。
  • 技術の性質上、AI によって生成されるコンテンツには誤りがある場合があります。AI 関連の機能を継続的に開発し、生成されるコンテンツの品質向上を図っております。

 

eラーニング コースを作成するために AI アシスタンスを有効にする

必要なロール:LMS 管理者またはMicrosoft 365 グローバル管理者

AI アシスタンスでeラーニング コースを作成するには、AI 拡張機能のプレビュー版を有効にする必要があります。

LMS365 の AI アシスタンス機能を有効にする方法については、こちらを参照してください。

 

AI で eラーニング コースを作成する

必要なロール:カタログ管理者コース管理者は、作成されたコースを編集、管理することができます。

このセクションでは、「コースの生成」パネルから eラーニング コースと、必要に応じてクイズを作成する方法について説明します。

 

注記:

AI 機能では、テキスト (パラグラフ、リスト、表内に表示されたコンテンツを含む) またはアップロードしたビデオからコースを生成できます。現時点では、画像からコースを生成することはできません。

 

1.LMS365 管理センター>トレーニング管理 に移動し、「AI を使ったコースの作成」を選択します。「コースの生成」パネルが開きます。

2.コースの生成方法を選択します。

 

テキスト コンテンツを追加するには:

a. 「テキスト」タブを選択します。

 

注記:

  • すでに「ビデオ」タブでビデオをアップロードしている場合、「テキスト」タブは無効になります。テキスト コンテンツを追加するには、まずビデオを削除する必要があります。
  • テキストからコースを生成する場合、「ソースのテキスト」フィールドに追加されたテキスト (手動入力またはファイルからの挿入) は、LMS365 には保存されません。テキストはコースを作成する目的のみに使用され、その後は保持されません。
  • LMS365 では最大 10,000 文字に基づいてコースを生成しますが、「ソースのテキスト」フィールドにはより多くの文字を含めることができます。「ソースのテキスト」フィールドの下のカウンターに、10,000 文字の制限内の残りの文字数が表示されます。カウンターがマイナスの数値を示した場合、コースを生成する前に一部のテキスト コンテンツを削除する必要があります。

 

b. 以下の 1 つまたは複数の方法を使用して「ソースのテキスト」フィールドにテキスト コンテンツを追加します。

  • フィールドにテキスト コンテンツを手動で入力します。また、トピックだけを入力すると、AI がそれを使用してコースや関連するクイズを生成します。
  • リソースのテキスト コンテンツをコピーし、フィールドに貼り付けます。
  • 「ファイルを使ってテキストを挿入」オプションを使用して、PDFファイル (元ファイルの制限 10 ページ)、Word ファイル (元ファイルの制限 500 パラグラフ)、PowerPoint ファイル (元ファイルの制限 10 スライド) のテキスト コンテンツを追加します。ファイルのテキスト コンテンツが「ソースのテキスト」フィールドにアップロードされ、そこで編集できます。

Create courses with AI1.png

 

ビデオ コンテンツを追加するには:

a. 「ビデオ」タブを選択します。

 

注記:

  • アップロードされたビデオに音声コンテンツが含まれている場合にのみ、コースを生成できます。
  • アップロードしたビデオからコースを生成する場合、ビデオは処理中のみ LMS365 に保存されます。ビデオの処理が終了すると、LMS365 (Learn365) のストレージからビデオは削除されます。
  • すでに「テキスト」タブでテキスト コンテンツを追加している場合、「ビデオ」タブは無効になります。ビデオをアップロードするには、まず「ソースのテキスト」フィールドのテキスト コンテンツを削除する必要があります。
  • 現時点では、ビデオへのリンクからコースを生成することはできません。

 

b. 「ビデオをアップロード」を選択し、ビデオ (最大 100MB まで) を選択します。アップロードしたビデオを削除するには、削除 (赤い✖) アイコンを選択します。

次のファイル タイプがサポートされています。

  • mp4
  • .avi
  • .3gp
  • .3gpp
  • .wmv
  • .m4a
  • .m4v
  • .dvr-ms
  • .mkv
  • .wav
  • .mov

 

3.「出力言語」ドロップダウン リストから、生成するコースの言語を選択します。

既定の設定 (入力言語) のままにしてソース コンテンツと同じ言語でコースを生成するか、ドロップダウンからマイクロソフトがサポートする言語を選択します。

詳細については、「AI がサポートする言語」を参照してください。

4.「ファイルを使ってテキストを挿入」または「ビデオをアップロード」を使用してコースを作成する場合、ソース ファイルまたはビデオを新しいラーニング モジュールに追加することもできます。その場合、コースが生成されると、新しいラーニング モジュールにタイトルと説明が追加され、生成されたコースに自動的に追加されるようになります。それらのラーニング モジュールは通常の方法で管理できます。

新しいラーニング モジュールにソース ファイルまたはビデオを追加するには、「アップロードしたファイルでラーニング モジュールを生成」トグルをオンにします。

5.コースにクイズを追加する場合は、「クイズの追加」トグルをオンにします。クイズを追加しない場合は、手順 8 に進みます。

6.「クイズの合格スコア」フィールドに、受講者がクイズに合格するために必要なパーセンテージを設定します。値は、0% から 100% の間で設定する必要があります。受講者のスコアは、クイズに回答して獲得したポイントに基づいて計算されます。

7.選択した設問のタイプについて、生成する設問数と回答数 (回答の選択肢の数) を定義します。すべての設問タイプで合計して 20 個まで定義できます。

  • 「設問数」フィールド:
    • 各設問タイプで生成する設問数を指定します。「単一選択問題」、「複数選択問題」、「正誤問題」の場合、一度に 10 個まで生成できます。「組み合わせ問題」の場合、一度に 5 個まで生成できます。
    • 生成しない設問タイプについては、フィールドを規定値の 0 のままにします。これは入力必須フィールドです。
  • 「回答数」フィールド:
    • 各設問について、2 ~ 5 の数値を指定します。既定の設定は 3 です。このフィールドは、「正誤問題」では利用できません。
    • 対応する「設問数」フィールドが 0 に設定されている場合でも、「回答数」フィールドには 2 ~ 5 の値を入力する必要があります。この場合、設問と回答は生成されません。これは入力必須フィールドです。

現在、AI は次の設問タイプの設問を生成できます。

  • 単一選択問題
  • 複数選択問題
  • 正誤問題
  • 組み合わせ問題

AI アシスタンスで e-ラーニング コースや関連するクイズを生成する例

Create courses with AI2.png

 

8.「生成」を選択して、コースや関連するクイズを生成します。操作をキャンセルするには、「閉じる」を選択します。

コースやクイズの生成にかかる時間は、提供するコンテンツの量と内容によって異なります。

 

結果:

  • e-ラーニング コース、クイズ、ラーニング モジュール (クイズとラーニング モジュールは生成することを選択した場合) が生成されます。
  • AI によってタイトル、概要説明、詳細説明、関連するカテゴリーが入力され、その他は定義した内容でコースが生成されます。
  • テキストから生成されたコースの場合、保存する前に、トレーニング タイプを「講師によるトレーニング」または「トレーニング プラン」のいずれかに変更することができます。
  • コースを生成したカタログ管理者は、自動的にコース管理者として割り当てられます。
  • 関連するクイズやラーニング モジュール (生成することを選択した場合) はコースに直接追加されます。e-ラーニング コースクイズラーニング モジュールは、通常の方法で管理できます。
  • 生成されたコースは非公開として設定されます。
  • 提供したコンテンツの量により、生成されたクイズの設問数が定義した数よりも少ない場合があります。

e-ラーニング コースをテキストから生成した例

Create courses with AI3.png

 

AI がサポートする言語

AI アシスタントは、マイクロソフトがサポートする言語を理解します。 生成されるコンテンツは、提供したコンテンツと同じ言語にすることも、異なる言語にすることも可能です。

複数の言語のコンテンツを提供した場合や、コンテンツの提供が不十分な場合、AI は予期しない言語でコンテンツを生成することがあります。

 

ご意見・ご質問について

AI 機能を利用する際のご質問やご意見、コンプライアンスやプライバシーに関するご質問がございましたら、dataprotection@zensai.com (英語) または株式会社ソフィア サポート support@lms365.jp にご連絡ください。

AI 機能拡充に関するご提言、ご提案、ご意見がございましたら、担当のカスタマー サクセス マネージャーに直接ご連絡いただくか、カスタマー サクセス チーム customersuccess@zensai.com (英語) にメールでご連絡ください。

LMS365 で AI 機能に関する問題が発生した場合は、Zensai プロダクト サポート (英語) にリクエストを送信してください。