SCORMコンテンツパッケージの完了とナビゲーションに関する問題

  • 更新

受講者が SCORM コンテンツパッケージの視聴を終えても、次のアイテムに進めないという問題に直面することがあります。
これは、コンテンツパッケージが完了とならないため、「次へ」ボタンが使用できないことになります。

このような場合、 SCORMそのもの、または SCORM の「詳細設定」に原因がある可能性があります。

ここでは、原因を確認するために、SCORMと、SCORMの詳細設定を確認する方法についてご説明します。

SCORMの動作を確認する

コンテンツパッケージ自体に問題があり、SCORMが正しく動作しない場合があります。
LMS365にアップロードする SCORM が正しく動作するかどうかわからない場合は、以下の方法で確認することをお勧めします。

ファイル(この場合、コンテンツパッケージ)が正しく動作するかを確認する方法として、「SCORM Cloud」のようなサードパーティの SCORM テストソフトウェアを使用することができます。

1.SCORM Cloud にアクセスし、開いた画面で「Library」>「Import a SCORM, AICC, xAPI or cmi5 package」で確認する SCORM をアップロードします。

capture1.png

アップロードが完了したら、Success ステータスを確認します。
Success ステータスが「unknown」の場合、SCORMパッケージが正しく動作する可能性は低い、もしくは正常に動作しないことを示しています。
この場合、コンテンツパッケージのベンダーに連絡して、詳細をご確認ください。

capture2.png

 

SCORMの詳細設定を確認する

SCORM自体に問題はないが、「完了」ステータスに移行しない、「次へ」ボタンが利用できない場合は、当該 SCORMの「詳細設定」を確認します。

「完了」ステータスに移行しない場合:

1.LMS365管理センター>コンテンツ>コンテンツパッケージストレージで SCORMを選択し、アクションパネルの「コンテンツパッケージの編集」を選択します。

2.詳細設定を開きます。

3.以下の設定を確認します。

SCORM が完了ステータスに移行しない場合:

「完了すると合格として扱う」オプション を有効にします。

capture3.png

重要!

場合によっては、「詳細設定」に関わらず、SCORMパッケージの転送ステータスが「Incomplete(未完了)」となることがあります。これはブラウザの開発者ツール「PostState」項目で確認できます。

capture4.png

 

「次へ」ボタンが表示されない場合:

「ナビゲーションコントロールを表示」で「次へ」ボタンの表示オプションがオンに設定されているか確認します。

capture5.png

SCORMパッケージによっては、LMS365で閲覧したときにナビゲーションコントロールを非表示にする設定になっている場合があります。
SCORMパッケージの imsmanifest.xml ファイルを確認し、ナビゲーションコントロールが非表示になっていないか確認してください。

capture6.png

正常に完了した後、LMS365コースプレイヤーを離れる際にSCORMが完了ステータスに移動しない場合、「SCORM 終了時の自動保存の進捗」オプションが有効になっているか確認してください (特にGo1コースのコンテンツパッケージの場合)。

このオプションを有効にすると、ブラウザウィンドウを閉じたり、別のコースアイテムに移動するなど、現在のSCORMパッケージから移動した場合、ユーザーの進行状況または完了ステータスが正しく記録されます。Go1コースのSCORMコンテンツパッケージでは、このオプションは既定で有効になっています。

コンテンツパッケージの詳細設定については「コンテンツパッケージのインポート・使用・管理」をご参照ください。