ユーザーへの認定証の付与と再発行

  • 更新

LMS365では、コースやトレーニングプランを完了したユーザーに、認定証を付与することができます。

標準的なフローでは、コースやトレーニングプランの作成時に認定証が設定され、完了したユーザーに認定証が付与されます。

認定証の更新や再発行が必要となった場合は、いくつかの方法でそれに対処することできます。

ここでは、認定証の付与と再発行の方法についてご説明します。

 

LMS365の標準フローでの付与

必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

コース/トレーニングプランの設定で、登録されたユーザーがトレーニングを完了したときに付与する認定証を設定します。このフローは、eラーニング、インストラクター主導型、およびトレーニングプランで同じです。

※認定証テンプレートドロップダウンメニューで利用できる認定証は、コースとトレーニングプランで異なります。これは、認定証テンプレートが、コース用またはトレーニングプラン用として作成されるためです。認定証テンプレートの詳細については「認定証:コース/トレーニングプランの認定証の作成と管理」をご参照ください。

 

コース/受講者の進捗ダッシュボードからの付与と再発行

必須ロール:カタログ管理者、またはコース管理者

コースの進捗ダッシュボードと受講者の進捗ダッシュボードでは、以下の方法により認定証を付与または再発行することができます。

  • 手動で完了し付与する:該当するユーザーのコース/トレーニングプランを手動で完了します。トレーニングプランはその中のコースをすべて完了にします。
    これにより、ユーザーに認定証が付与されます(コース/トレーニングプランに認定証が設定されていることが前提)。
    コース/トレーニングプランの完了、認定証やスキルの付与など、関連するすべての通知が受講者に送信されます。これらの通知の送信が不要な場合、予め、通知を無効にすることができます。

  • コース/トレーニングプランの進捗を削除した後、手動で完了して再発行する:ユーザーのコース/トレーニングプランの進捗を削除すると、ユーザーの現在の認定証、スキルは削除され、コース/トレーニングプランのステータスがリセットされ「未開始」になります。コースの進捗を削除した後、管理者は手動でコースを完了にします。トレーニングプランはその中のコースをすべて完了にします。
    これにより、ユーザーに認定証が付与されます(コース/トレーニングプランに認定証が設定されていることが前提)。
    コース/トレーニングプランの完了、認定証やスキルの付与など、関連するすべての通知が受講者に送信されます。これらの通知の送信が不要な場合、予め、通知を無効にすることができます。

  • コースの進捗を編集して再発行する:コースの進捗の編集で、完了トグルをOff に変更して保存します。コースステータスが「未開始」になります。その後、再び完了トグルをONにして、ユーザーのコースを手動で完了にします。
    これにより、ユーザーに認定証が付与されます(コースに認定証が設定されていることが前提)。コースの完了、認定証やスキルの付与など、関連するすべての通知が受講者に送信されます。これらの通知の送信が不要な場合、予め、通知を無効にすることができます。

  • コース/トレーニングプランの再受講で再発行する:ユーザーのコース/トレーニングプランを強制的に再受講にします。強制的な再受講では、完了したコース/トレーニングプランのユーザーの進捗はリセットされます。リセットされたコース「完了」トグルを「オン」にすることで、ユーザのトレーニングを手動で完了することができます。トレーニングプランはその中のコースをすべて完了にします。
    これにより、ユーザーに認定証が付与されます(コース/トレーニングプランに認定証が設定されていることが前提)。
    コース/トレーニングプランの完了、認定証やスキルの付与など、関連するすべての通知が受講者に送信されます。これらの通知の送信が不要な場合、予め、通知を無効にすることができます。

トレーニングデータインポートによる付与と再発行

必要なロール:カタログ管理者

トレーニングデータインポートオプションでは、サードパーティシステムでのトレーニングの完了記録をLMS365にインポートできます。

このオプションを使って、ユーザーのトレーニング完了日の更新、認定証の付与および再発行を行うことができます。

トレーニングデータインポートは、eラーニングおよびインストラクター主導型コースでのみ機能します。

このオプションは次のようなケースに役立ちます。

  • ユーザーがコースを完了した時点で、認定証がコースに設定されていなかった場合
  • 何らかの理由でユーザーの認定証を更新する必要がある場合
  • コースを完了したかどうかに関わらず、ユーザーに認定証を付与する必要がある場合
  • 外部システムのトレーニングの認定証を付与する場合

トレーニングデータインポートについては「ユーザー:コースカタログのユーザーを管理する」をご参照ください。

トレーニングデータインポートで設定された完了日は認定証の付与(発行)日となり、有効期限は任意で設定できます。

ここで認定証を付与(発行)しても、それについてユーザーに通知されることはありません。

認定証に有効期限が設定された場合は、有効期限のリマインダー有効期限切れの通知を受け取ります。

インポートした記録は、トレーニングダッシュボードおよびユーザーの受講履歴に表示されます。

 

LMS365 API エンドポイントを介した証明書の授与または再発行

必要なロール:API キーの利用ができるユーザー

認定証は、LMS365APIエンドポイントを使用してユーザーに付与できます。

詳細は「APIで認定証を付与する」をご参照ください。

Power Automate フローではLMS365 API を呼び出しを使って、複数のユーザーに認定証を付与することができます。

ユーザーの既存の認定証の再発行、更新については「APIで認定証再発行、設定を更新する」をご参照ください。