コースカタログ内、コースカタログ間でのコンテンツの共有

  • 更新

LMS365では、コースカタログ内の複数のコースでクイズを使用したり、テナント内のコースカタログ間で設問プールやコンテンツパッケージを使用することができます。

ここでは、クイズ、設問プール、コンテンツパッケージの共有についてご説明します。

クイズの共有

クイズの 「共有先」オプションでクイズの共有範囲を指定することができます。

  • コースカタログ:クイズは、現在のコースカタログ内で共有されます。コースカタログ内のすべてのコースで使用できます。
  • コース:クイズを個々のコースに共有します。共有したコースで使用できます。

詳細については「クイズ:クイズの作成」をご参照ください。

 

設問プールの共有

設問プールはテナントベースです。よって、設問プールは既定でテナント内のすべてのコースカタログに共有されます。

つまり、1つのコースカタログで設問プールが作成されると、テナント内のすべてのコースカタログおよびすべてのコースサイトでそれを使用することができます。

設問プールは、すべてのカタログ管理者とコース管理者が閲覧、編集、使用することができます。

詳細については「クイズ:設問プールの作成と管理」をご参照ください。

 

コンテンツパッケージの共有

コンテンツパッケージは、オンライントレーニングのユニットの作成に使われ、LMS365システム全体で共有することができます。

コンテンツパッケージのアップロード時、または編集時に共有の設定を行います。

  • 共有しない:コンテンツパッケージがコンテンツパッケージストレージ経由でアップロードされ、コースまたはコースカタログに共有されなかった場合、このコンテンツパッケージはアップロードされたカタログのコンテンツパッケージストレージでのみ表示されます。コースで利用できるようにするには、さらに共有する必要があります。コンテンツパッケージがコース経由でアップロードされた場合、このコンテンツパッケージはアップロードされたコースでのみ使用することができます。
  • コースに共有:選択したコースでのみ使用(閲覧または編集)できます。
  • コースカタログに共有:選択したコースカタログでのみ使用(閲覧または編集)できます。
  • すべてに共有:テナントにあるすべてのコースカタログで使用(閲覧または編集)できます。

詳細については 「コンテンツパッケージのインポート・使用・管理」をご参照ください。