ユーザーの概要:表示の設定、フィルター、エクスポート

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 管理センターの「ユーザー」ページには、現在のカタログのユーザーを表示して管理するためのさまざまなオプションが用意されています。このページに表示する列は設定することができ、 管理者はフィルターを使用して特定の条件に一致するユーザーを見つけることができます。また、このページからレポートをダウンロードすることもできます。

ここでは、「ユーザー」ページに表示する列の設定方法、フィルターの適用方法、ダウンロードできるレポートのタイプについて説明します。

 

「ユーザー」ページでできること

必要なロール:カタログ管理者

「ユーザー」ページでは、次のことができます。

 

「ユーザー」ページに表示する列を編集する

必要なロール:カタログ管理者

「ユーザー」ページでは、各列に、現在のカタログのユーザーに関する情報が表示されます。

カタログ管理者は、グローバル設定>LMS 設定>ユーザーページの列 で、LMS 管理者または Microsoft 365 グローバル管理者によって事前に定義された列を選択して、「ユーザー」ページに表示する列を設定することができます。

「ユーザー」ページに表示する列を選択、カスタマイズ、編集するには:

1.LMS365 管理センター>ユーザー  に移動します。

2.「ユーザー」ページで、「オプション」ドロップダウンリストから「列の表示設定」を選択します。

capture1.png

 

3.「設定」パネルでは次のことができます。

  • 「ユーザー」ページに表示する列を選択する。「選択済みの列」セクションには、現在表示されている列が含まれています。列を表示しない場合は、該当する列のチェックボックスをオフにします。この列は自動的に「すべての列」に移動します。

「すべての列」には、追加して「ユーザー」ページに表示できる列が表示されています。表示する列を追加するには、該当するチェックボックスをオンにします。この列は自動的に「選択済みの列」に移動します。

capture2.png

  • 列の表示順を変更する。列の順番を変更するには、「選択済みの列」で、列をドラッグ&ドロップするか、各列名の横にある上下の矢印を使用します。
  • 列名を編集する。列名をカスタマイズするには、まず、該当の列を「選択された列」に追加します。次に、列名のフィールドで、変更することができます。

4.変更を保存するには、「保存」を選択します。保存せずにパネルを閉じるには、×アイコンを選択します。

 

「ユーザー」ページの情報をフィルタリングする

必要なロール:カタログ管理者

列によるフィルタリング

「ユーザー」 ページの情報を列でフィルタリングし、「エクスポート」を選択して、フィルタリングした結果をデバイスにダウンロードできます。

「ユーザー」ページの情報をフィルタリングする方法はいくつかあります。

  • メニューバーの「検索」フィールドを使用できます。カスタム列を含め、列に表示されている任意の情報で検索することができます。たとえば、ユーザーの市・区名でフィルタリングできます。
  • 各列には選択オプションを含むフィルターが用意されています。
  • 列名の横にあるフィルター アイコンを選択すると、検索フィールドが表示されます。
  • 列名を選択して、アルファベット順 (昇順 A-Z または降順 Z-A) や数値順 (昇順または降順) に並べ替えることができます。
  • 一部の列では、データを空の値でフィルタリングすることができます。たとえば、「役職なし」でフィルタリングする場合は、該当するチェックボックスをオンにします。

capture3.png

 

ここでは、複数の列を使って同時にフィルタリングすることができます。たとえば、管理者と国でフィルタリングし、特定の国で、特定の管理者を持つカタログ内の受講者を検索することができます。

 

capture4.png

 

「ユーザー」ページには、現在のコース カタログ、またはその中のコースやトレーニング プランへのアクセス権を持つすべてのユーザーが表示されます。

ユーザーが、受講者としてコース カタログの特定のコースまたはトレーニング プランに直接登録され、「ユーザー」ページの「+ユーザーを追加または招待」でコース カタログに追加されていない場合、該当するユーザーの名前の横には _____.png アイコンが表示されます。この場合、ユーザーは受講者として登録されているコースやトレーニング プランにアクセスすることはできますが、コース カタログ ページ、およびコース カタログ内の他のコースやトレーニング プランにはアクセスすることができません。

 

注記: 

ユーザーがコース管理者、セッション講師、監督者としてコースやトレーニング プランに追加され、「+ユーザーの追加または招待」によって「ユーザー」ページに追加されておらず、コース カタログで受講者ロールを持っていない場合、「ユーザー」ページには表示されません。

 

お探しのユーザーが現在のカタログの「ユーザー」ページに表示されていない場合、コース カタログ セレクターを使用して他のカタログに切り替えることができます。コース カタログ セレクターのリストには、ユーザーがアクセス権を持つコース カタログのみが表示されます。

「すべてのカタログ」は、LMS365 管理者、Microsoft 365 グローバル管理者、または SharePoint 管理者ロールを持つカタログ管理者が利用できます。「すべてのカタログ」を選択すると、LMS365 管理センターのコース カタログ管理ページにリダイレクトされます。

コース カタログ セレクターはキャッシュを使用するため、閲覧権限がないコース カタログが表示されることがあります。この場合はコース カタログへのアクセスはできません。この問題を解決するには、キャッシュをクリアして画面を更新してください。

capture5.png

 

スキルによるフィルタリング

「スキルフィルター」を使用すると、ユーザーが持つスキルによってフィルタリングできます。

capture6.png

 

選択したスキルでフィルタリングすると、選択したスキルを有効ステータスで持っている受講者が表示されます。受講者は、そのスキルを取得したコースまたはトレーニング プランから登録を解除されていることもあります。

 

特定のスキルでユーザーをフィルタリングするには:

1.「スキルフィルター」を選択すると、「スキル フィルター」パネルが開きます。

2.「スキル フィルター」パネルで、該当するスキルのチェックボックスをオンにします。右上の検索フィールドを使用して、該当するスキルを探すことができます (名前、カテゴリー、タグで検索されます)。

capture7.png

 

「選択中」タブには、選択したスキルのリストが表示されます。選択を解除するにはスキルのチェックボックスをオフにします。すべてのスキルの選択を解除するには、列名「名前」の横にあるチェックボックスをオフにします。

 

3.「フィルター」ボタンを選択して、設定したフィルターを「ユーザー」ページに適用します。

フィルタリングが「ユーザー」ページに適用され、設定したフィルターの条件に一致するユーザーのみがページに表示されます。「エクスポート」を選択して、フィルタリングした結果を Excel ファイルでデバイスにダウンロードすることができます。ダウンロードしたレポートは、LMS365 でサポートされている言語であれば、お使いのブラウザの言語で表示され、 そうでない場合は、英語 (米国) で表示されます。

「ユーザー」ページのフィルタリングをリセットするには、「スキル フィルター」パネルまたは「ユーザー」ページにある「リセット」を選択します。

capture9.png

 

スキルなしでフィルタリング

「スキルなしでフィルター」ボタンを選択すると、スキルを取得したことがないユーザー、または有効ステータスのスキルを持たないユーザーのリストを取得できます。

 

「スキルなしでフィルター」を適用するには:

1.「スキルフィルター」を選択すると、「スキル フィルター」パネルが開きます。

2.開いたパネルで、「スキルなしでフィルター」を選択します。

capture8.png

 

フィルタリングが「ユーザー」ページに適用され、設定したフィルターの条件に一致するユーザーのみがページに表示されます。「エクスポート」を選択して、フィルタリングした結果を Excel ファイルでデバイスにダウンロードすることができます。

ダウンロードしたレポートは、LMS365 でサポートされている言語であれば、お使いのブラウザの言語で表示され、そうでない場合は、英語 (米国) で表示されます。

「ユーザー」ページのフィルタリングをリセットするには、「スキル フィルター」パネルまたは「ユーザー」ページにある「リセット」を選択します。

 

トレーニングによるフィルタリング

「トレーニング フィルター」を選択すると、次の受講者のリストを取得できます。

  • いずれのコースまたはトレーニング プランにも登録されていない。
  • 特定のコースまたはトレーニング プランに登録されている。

capture10.png

 

「トレーニング フィルター」を選択すると、「コースとトレーニングプランによるフィルター」パネルが開き、トレーニングなし、公開ステータス、トレーニング タイプ、期間などの複数のフィルターがあります。お探しのユーザーのリストを取得するには、該当するフィルターを適用するか、複数のフィルターを組み合わせて利用します。

 

トレーニングなしでフィルタリング

現在、いずれのコースまたはトレーニング プランにも登録されていないユーザーのリストを取得するには、「トレーニングなしでフィルター」を選択します。
 

フィルタリングが「ユーザー」ページに適用され、設定したフィルターの条件に一致するユーザーのみがページに表示されます。「エクスポート」を選択して、フィルタリングした結果を Excel ファイルでデバイスにダウンロードすることができます。ダウンロードしたレポートは、LMS365 でサポートされている言語であれば、お使いのブラウザの言語で表示され、 そうでない場合は、英語 (米国) で表示されます。

capture11.png

 

公開ステータスとトレーニング タイプによるフィルタリング

既定では、「コースとトレーニング プラン」タブには、現在のコース カタログのすべてのコースとトレーニング プランが表示されます。

特定のコースやトレーニング プランに登録されているユーザーのリストを取得するには、以下のいずれかの方法、またはフィルターを組み合わせて行うことができます。

  • 該当するコースやトレーニング プランのチェックボックスをオンにします。
  • 検索フィールドを使用して、該当するコースやトレーニング プランを検索します。検索は、トレーニング名、カテゴリー、タグで実行されます。
  • 「すべてのトレーニング」ドロップダウン リストから、公開ステータス (公開、未公開、予定済、公開終了) とトレーニング タイプ (e-ラーニング、講師によるトレーニング、トレーニング プラン) を組み合わせて、フィルタリングができます。既定の設定は、「すべてのトレーニング」です。

フィルターを設定したら、「フィルター」を選択して「ユーザー」ページにフィルターを適用します。フィルタリングされた結果には、フィルターに設定したコースやトレーニング プランに登録されているユーザーのみが表示されます。

「エクスポート」を選択して、フィルタリングした結果をデバイスにダウンロードすることができます。ダウンロードしたレポートは、LMS365 でサポートされている言語であれば、お使いのブラウザの言語で表示され、 そうでない場合は、英語 (米国) で表示されます。

capture12.png

 

期間によるフィルタリング

コースやトレーニング プランの公開開始日と終了日を、指定した日付範囲内でフィルタリングし、該当するコースに登録されているユーザーを取得します。

1.「コースとトレーニングプランによるフィルター」パネルで、「期間」を選択します。

2.開いた「期間」パネルのカレンダーで、開始日と終了日を選択します。カレンダーでは現在の日付は青く表示されます。

capture13.png

 

日付をリセットするには、「期間」フィルターの日付の横にある ✖ を選択します。

「コースとトレーニング プラン」タブには、指定した日付範囲でフィルタリングされたコースとトレーニング プランが表示されます。

フィルタリングの結果は、コースとトレーニング プランのタイプによって異なります。

 

eラーニング コースとトレーニング プランの場合、フィルタリングの結果はコースまたはトレーニング プランの開始日と終了日に依存します。フィルタリングの結果には、以下の条件に該当するコースとトレーニング プランが含まれます。

  • コースまたはトレーニング プランの開始日と終了日の両方が、指定した日付の範囲内にある。
  • コースまたはトレーニング プランの開始日は指定した日付範囲内にあるが、終了日が設定されていない。
  • コースまたはトレーニング プランの開始日は設定されていないが、終了日は指定した日付の範囲内で設定されている。
  • コースまたはトレーニング プランの開始日または終了日が設定されていない。

フィルタリングの結果には、以下のコースやトレーニング プランは含まれません

  • 未公開のコースまたはトレーニング プラン。
  • コースまたはトレーニング プランの開始日が、期間フィルターで指定した開始日よりも早く、終了日は期間フィルターの終了日内に設定されている。
  • コースまたはトレーニング プランの開始日が指定した日付範囲内にあり、終了日は指定した日付よりも後に設定されている。
  • コースまたはトレーニングプランの開始日と終了日が指定した日付範囲外である。

講師によるトレーニングの場合、フィルタリングの結果はコース内のセッション (単独またはグループ) の開始日と終了日に依存します。コースにあるセッションのうち、指定した日付範囲内に開始日と終了日時を持つセッション (単独またはグループ) が 1 つでもあれば、結果に表示されます。

フィルタリングの結果には、単独セッションまたはセッション グループが設定されていないコースは含まれません

3.「コースとトレーニング プラン」タブで、フィルタリングの結果として表示されたコースまたはトレーニング プランのリストから、該当するコースまたはトレーニングプランを選択して、さらに受講者をフィルタリングします。すべてのコースとトレーニング プランを選択するには、列名「名前」の横にあるチェックボックスをオンにします。

4.「フィルター」を選択します。

 

「ユーザー」ページにフィルターが適用されます。選択したコースに登録されているすべての受講者は、登録されている単独セッションやセッション グループに関係なく、「ユーザー」ページに表示されます。受講者が単独セッションやセッション グループに登録されておらず、コースにのみ登録されている場合でも表示されます。

「エクスポート」を選択して、フィルタリングした結果をデバイスにダウンロードすることができます。ダウンロードしたレポートは、LMS365 でサポートされている言語であれば、お使いのブラウザの言語で表示され、 そうでない場合は、英語 (米国) で表示されます。

 

トレーニングとスキルによるフィルタリング

「コースとトレーニングプランによるフィルター」パネルでは、スキルによるフィルタリングを追加することができます。

  • スキルが付与されるコースやトレーニング プランに登録されている受講者を検索します。
  • スキルが付与されないコースやトレーニング プランに登録されている受講者を検索します。

「コースとトレーニング プランによるフィルター」パネルで「スキル」フィルターを使用するには:

1.「ユーザー」ページで、「トレーニング フィルター」を選択します。

2.「コースとトレーニングプランによるフィルター」パネルが開きます。ここで、「スキル」フィルターを選択します。

3.「スキル フィルター」パネルが開きます。以下の方法で目的のスキルを選択します。

  • 「スキル」タブで、スキルを選択します。ここには、現在のコース カタログにあるすべてのスキルが表示されています。
  • 「検索」フィールドで、該当するスキルを検索します。検索は、名前、カテゴリー、タグで実行されます。検索結果から、スキルを選択します。
  • パネルの下部にある「スキルなしでフィルター」ボタンを選択します。これにより、スキルが付与されないコースやトレーニング プランが表示されます。

「スキル」タブに表示されているすべてのスキルを選択するには、列名「名前」の横にあるチェックボックスをオンにします。

4.「フィルター」ボタンを選択して、設定したスキルでコースとトレーニング プランをフィルタリングします。

フィルタリングされたコースとトレーニング プランが「コースとトレーニング プラン」タブに表示されます。

スキル フィルター アイコンが青く表示され、コースとトレーニング プランのリストがスキルによってフィルタリングされていることを示しています。「スキル」を選択すると「スキルフィルター」パネルに戻ることができます。

5.「コースとトレーニング プラン」タブで、コースやトレーニング プランを選択して、「ユーザー」ページに表示するユーザーをさらにフィルタリングします。すべてのコースとトレーニング プランを選択するには、列名「名前」の横にあるチェックボックスをオンにします。

6.「フィルター」ボタンを選択すると、「ユーザー」ページにフィルターが適用されます。フィルターで指定したスキルが付与される、フィルターで選択したコースとトレーニング プランに登録されているユーザーが表示されます。

「エクスポート」を選択して、フィルタリングした結果を Excel ファイルでデバイスにダウンロードすることができます。

 

ユーザーがコース カタログにアクセスできるか確認する

必要なロール:カタログ管理者

「ユーザー」ページに表示されているユーザーは、コース カタログ内の特定のコースまたはトレーニング プランの受講者に登録されているが、「ユーザー」ページの「+ユーザーを追加または招待」でコース カタログに追加されていない場合があります。この場合、このユーザーは登録されているコースやトレーニング プランにアクセスすることはできますが、コース カタログ ページやコース カタログ内の他のコースやトレーニング プランにはアクセスできません。

ユーザーがこれに該当するかどうかを判別するために、「ユーザー」ページでは該当するユーザーの名前の横に_____.pngアイコンが表示されます。

ユーザーがコース カタログの「ユーザー」ページに追加されておらず、コース管理者、セッション講師、監督者としてのみコースやトレーニング プランに追加され、コース カタログで受講者ロールを持っていない場合、「ユーザー」ページには表示されません。

capture17.png

 

列見出しのアイコンの横にあるフィルターを選択し、該当するオプションのチェックボックスをオンにして、コース カタログにアクセスできるユーザー / できないユーザーをフィルタリングすることができます。

 

「ユーザー」ページの情報をエクスポートする

必要なロール:カタログ管理者

ツールバーの「エクスポート」を使用して、「ユーザー」ページに表示されている情報をダウンロードすることができます。「エクスポート」を選択すると、現在の表示されている情報がダウンロードされます。ページにフィルターを適用した場合、フィルターが適用された状態でダウンロードされます。

エクスポートされた情報は Excel ファイルとしてデバイスにダウンロードされます。ダウンロードしたレポートは、LMS365 でサポートされている言語であれば、お使いのブラウザの言語で表示され、 そうでない場合は、英語 (米国) で表示されます。

このレポートは、「レポート」ページからもダウンロードできます。詳細については、こちらを参照してください。

capture19.png

 

リセット機能

必要なロール:カタログ管理者

「リセット」機能を使用して、「ユーザー」ページに適用されたすべてのフィルタリングをリセットすることができます。

「ユーザー」ページにフィルタリングが適用されている場合、該当するフィルター アイコンは青く塗りつぶされています。フィルタリングをリセットするには、「リセット」を選択します。

capture20.png

 

「ユーザー」ページのレポート機能

必要なロール:カタログ管理者

「ユーザー」ページでは、以下のレポートをダウンロードすることができます。

  • 現在のコース カタログの「ユーザー」ページに表示されているすべてのユーザーのリスト。リストはツールバーの「エクスポート」でダウンロードします。
  • ユーザーが持つスキル登録されているコースやトレーニング プラン、またはスキルが付与されるコースやトレーニング プランによってフィルタリングした結果。結果はツールバーの「エクスポート」でダウンロードします。
  • 現在のコース カタログ内のすべてのトレーニングに関する特定のユーザーの受講履歴。受講履歴の閲覧とダウンロード方法については、こちらを参照してください。
  • 現在のコース カタログで、ユーザーが受講者登録したすべてのコースとトレーニング プランに関する進捗。進捗レポートの詳細については、こちらを参照してください。
  • 現在のコース カタログの特定のユーザーまたはすべてのユーザーが取得した認定証。認定証の閲覧と管理方法については、こちらを参照してください。