ラーニングモジュールの作成と管理

  • 更新

ラーニングモジュールとは各種ドキュメントや動画、コンテンツパッケージ(SCORM、AICC)を利用して作成するEラーニング用の教材コンテンツです。受講者は進捗状況を確認しながら、指定された教材を順番に受講することができます。学習プロセスを明確にすることで効率よく受講することができます。

ここでは、ラーニングモジュールの作成、管理、編集、削除の方法と、ラーニングモジュールで使用できるファイルの種類やコンテンツの管理についてご説明します。

ラーニングモジュールの作成

新しいラーニングモジュールを作成するには:

1.LMS365 管理センター>トレーニング管理 でコースを選択します。コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」から、コースのコンテンツセクションに移動します。

capture1.png

「コンテンツ」セクションでは、現在のコースに設定されているすべての学習項目が表示されています。

2. 新しいラーニングモジュールをコースに追加するには「+学習項目の追加」から「ラーニングモジュール」を選択します。

capture2.png

3.ラーニングモジュールエディターが表示されます。ここでラーニングモジュールにさまざまなコンテンツを追加、管理します。詳細については「ラーニングモジュールエディタ-のコンテンツ」をご参照ください。

capture3.png

4.「詳細」 タブに移動して、ラーニングモジュールの名前と説明を入力します。

名前:ラーニングモジュールの名前を入力します。このフィールドは入力必須です

説明:ラーニングモジュールの説明を入力します。この説明は、受講者がラーニングモジュールを開始する際に表示されます。

capture4.png

5.公開と日付を設定します。

公開:既定では公開に設定されています。公開ステータス は、トグルボタンで切り替えることができます。

公開がONの場合、緑色のチェックアイコンとステータス「公開」が表示されます。

公開されたラーニングモジュールは、関連するコースから受講者が利用することができます。

capture5.png

必要に応じてラーニングモジュールの公開の開始日、終了日を設定します。

開始日:ラーニングモジュールが公開され、受講者が利用することができます。既定では、作成する現在の日付と時刻が設定されます。

終了日:ラーニングモジュールが非公開となり、受講者は利用できなくなります。既定では空欄です。ラーニングモジュールに利用期間を設ける場合に設定します。

capture6.png

ラーニングモジュールが公開されると、コースのコンテンツセクションの公開列に「はい」と表示されます。

capture7.png

ラーニングモジュールの編集

ラーニングモジュールを編集するには:

1.LMS365 管理センター>トレーニング管理 でコースを選択>コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」から、コースのコンテンツセクションに移動します。

2.編集するラーニングモジュールを選択し、アクションパネルの「ラーニングモジュール編集」を選択します。

capture8.png

3.必要な変更を行い、保存します。

ラーニングモジュールエディターでコンテンツの編集

LMS365 管理センター>トレーニング管理 でコースを選択>コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」>ラーニングモジュールを選択し、アクションパネルの「ラーニングモジュール編集」を選択します。

ラーニングモジュールエディターの「コンテンツ」タブでは次の変更ができます。

  • コンテンツの追加
  • ドラッグ&ドロップによるコンテンツの並び替え
  • 既存のコンテンツの編集(編集 ______.png アイコンがあるコンテンツは、ラーニングモジュールエディター内で編集できます。)
  • その他、 アイコン、または ________.png アイコンでラーニングモジュールからコンテンツを削除

以下のコンテンツ(✖ アイコンで削除)は削除の確認メッセージは表示されません。

  • ドキュメントライブラリ
  • クイズ
  • コンテンツパッケージ
  • 外部アプリ

以下のコンテンツ(________.png アイコンで削除)は確認メッセージが表示され、確認後、実行します。

  • コンテンツエディター
  • 埋め込みコード(動画、サードパーティのコンテンツなど)
  • 確認
  • Webサイトのリンク
  • ファイルのリンク

capture9.png

ラーニングモジュールに新しい学習コンテンツを追加するには、左側のメニューでコンテンツの種類を選択します。
対応するパネルが表示されますので、必要事項を入力してコンテンツを追加します。

編集が終わったら、ラーニングモジュールの変更を保存します。

コース内のラーニングモジュールの管理

ラーニングモジュールの順序の変更

コース設定パネルのコンテンツセクションではドラッグ&ドロップを使用して、学習項目を並び替えることができます。

capture10.png

ラーニングモジュールの非表示

コースのラーニングモジュールを非表示にするには、

コンテンツセクションで、ラーニングモジュールを選択し、 アクションパネルの「ラーニングモジュールを非表示」を選択します。

capture11.png

次の確認メッセージが表示されます。メッセージには、非表示にした場合の注意事項が記載されています。

capture12.png

非表示に設定した学習項目が、コースの受講の前提条件や、完了の必須の項目に設定されている場合、受講者はコースを進行、または完了することができません。

ラーニングモジュールを非表示に設定すると、変わって「ラーニングモジュールを表示」オプションがアクションパネルに表示されます。

capture13.png

ラーニングモジュールの削除

LMS365 管理センター>トレーニング管理 でコースを選択>コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」>ラーニングモジュールを選択し、アクションパネルの「ラーニングモジュール削除」を選択します。

重要!削除されたラーニングモジュールを復元することはできません。

capture14.png

確認メッセージが表示されます。「削除」または「キャンセル」を選択してください。

ラーニングモジュールの受講者の進捗の閲覧と進捗の削除

コースに登録されていない受講者のラーニングモジュールの進捗を表示するには、管理者はその受講者をコースに再登録する必要があります。

コースに登録されている受講者の、ラーニングモジュールの進捗情報を表示するには

LMS365 管理センター>トレーニング管理 でコースを選択>コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」>ラーニングモジュールを選択し、アクションパネルの「受講者の進捗を閲覧」を選択します。

ラーニングモジュール進捗パネルが開きます。ここには、コースに登録されている受講者の以下の情報が表示されます。

______.png 受講者のラーニングモジュールの進捗に関するレポートをダウンロードすることができます。

_________.png受講者をステータス「すべて」「未開始」「受講中」「失敗」「完了」でフィルタリングすることができます。

名前:コースに登録されている受講者の名前

ステータス:受講者の進捗ステータスが表示されます。「未開始」「受講中」「完了」「失敗」です。

完了率 % :ラーニングモジュールの進捗状況がパーセンテージで表示されます。

完了:ラーニングモジュールを完了した日付と時刻が表示されます。

capture15.png

ラーニングモジュールの学習コンテンツの進捗を表示するには、

1.受講者を選択します。

2.アクションパネルで「受講の進捗を閲覧」を選択します。

capture16.png

ラーニングモジュールのコンテンツリストが表示され、受講者の各コンテンツの進捗が表示されます。

capture17.png

__.png:コンテンツは失敗(不合格)です。

__.png:コンテンツは完了しています。

___.png:コンテンツは未開始です(完了していません)。

__.png:コンテンツはが利用できません。

ラーニングモジュールに含まれるコンテンツパッケージやクイズが利用できなくなった場合、受講者の進捗には表示されますが、コンテンツ項目はグレーアウトしています。

受講者がラーニングモジュールを開始していない場合、「受講の進捗を閲覧」・「受講者の進捗を削除」は使用できません。

ラーニングモジュールから受講者の進捗を削除するには

LMS365 管理センター>トレーニング管理 でコースを選択>コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」>ラーニングモジュールを選択し、アクションパネルの「受講者の進捗を閲覧」を選択します。

ラーニングモジュール進捗パネルが開きます。

1.受講者を選択します。

2.アクションパネルの「受講者の進捗を削除」を選択します。

3.メッセージを確認して「削除」します。

受講者の最後の試行が削除されると、受講者のラーニングモジュールのステータスは「未開始」に変わります。

ラーニングモジュールビルダーの言語

ラーニングモジュールビルダーの言語は、LMS365グローバル設定>言語ファイルで設定・カスタマイズすることができます。言語のカスタマイズについては「言語ファイル(LMS365製品の翻訳管理)」をご参照ください。