ユーザーをコースに登録する方法

  • 更新

目次

はじめに

ユーザーをコースに登録すると、そのユーザーは当該コースの受講者となります。

ここでは、管理者がユーザーをコースに登録する方法を説明します。

ユーザーをトレーニングプランに登録する方法については、こちらをご覧ください

重要!:

  • カタログ管理者は、コースやトレーニングプランに登録する前に、関連するすべてのユーザーと Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを「ユーザー」リストに追加することをお勧めします。これにより、ユーザーはこのカタログのすべてのコースとトレーニングプランページに適切にアクセスできるようになり、ユーザーがカタログ内を移動したとき、SharePointによるアクセスの拒否メッセージが表示されることを防ぐことができます。
    トレーニング対象者と限定公開を使用して、特定のトレーニングにカタログの特定のユーザーのみがアクセスできるようにすることができます。
  • SharePointのネイティブな共有機能を使用する代わりに、上記のオプションを使用することをお勧めします。SharePointサイトの所有者は、コースカタログのSharePointサイトのSharePointグループにユーザーを追加できます。このオプションにより、これらのユーザーはこのカタログのカタログ、コース、トレーニングプランのページを表示することが可能となります。ですが、これらのユーザーはカタログのユーザーリストには自動的に追加されません。そのため、これらのユーザーはLMS365(Learn365)では操作が制限されることがあります。

ユーザーページからユーザーを登録する

必要なロール: カタログ管理者

カタログ管理者は、LMS365 (Learn365) 管理センターのユーザーページからユーザーをコースに登録することができます。

この手順の詳細については、こちらをご参照ください。

How to enroll users in courses1.png

 

コース設定パネルから受講者を管理する

必要なロールカタログ管理者. コース管理者はコースが作成され、コース管理者ロールが割り当てられた後、コースの受講者を登録および管理することができます。

トレーニングタイプに応じて、ユーザーをコースに登録します:

  • コース設定パネルの「ユーザー」セクションから(eラーニングおよび講師の指導によるトレーニングの場合)
  • コース設定パネルの「セッション」セクションから (講師の指導によるトレーニングのみ)

eラーニング コース

必要なロール:カタログ管理者、コース管理者はコースが作成され、コース管理者ロールが割り当てられた後、コースの受講者を登録および管理することができます。

コース設定パネルの「ユーザー」セクションから、ユーザーをeラーニング  コースに登録することができます。

ユーザーをeラーニング コース登録する:

  1. 「ユーザー」セクションの「受講者」タブで「+受講者登録」を選択します。
  2. 「ユーザー 検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティ グループを入力します。

    カンマまたはセミコロンで区切られたリストとして、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1,500の文字を入力することができます。
    すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーグループは追加できません。

    無効なメールアドレスや認識できないユーザーを入力した場合、問題を修正するまで次に進むことができません。無効なメールアドレスとユーザーは赤色で強調されます。

    最大50メールアドレスまたは1,500文字を超えると、該当する情報メッセージが表示されます。この手順を繰り返して、追加のメールアドレスを入力することができます。

    Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを追加した場合、グループ内のすべてのユーザーをカウントします。

  3. 「登録」を選択します。

How to enroll users in courses2.png

すべてのユーザーを登録するには数分かかることがあります。この間、登録済受講者のリストでは、ユーザーの名前はグレーアウトしており、非アクティブとなります。

登録された受講者とグループは、追加された順番に関係なく、アルファベット順に表示されます。登録されたグループには、タイトルの横の括弧内にユーザー数が表示されます。

受講者の名前とグループタイトルがアクティブになると、「メッセージの送信」オプションと「登録を取り消す」 オプションが利用できるようになります。

注記:

受講者を選択するとアクションパネルが開き、 「メッセージの送信」 オプションが表示されます。このオプションは、コースが作成されるまで使用できません。コースが作成されると、カタログおよびコー ス管理者は受講者セクション、またはコース管理パネルの「受講者にメール」オプションから、コースに登録されている受講者にEメールメッセージを送信することができます。登録済みユーザーにEメールを送信する方法については、こちらを参照してください。

これらの変更は自動的に保存されます。

講師の指導によるトレーニング

講師の指導によるトレーニングの登録の手順は、登録タイプによって異なります。

1つに登録するタイプのコース

1つに登録するタイプの講師の指導によるトレーニングでは、次のいずれかの方法でユーザーを登録することができます。

  • ユーザーをコースに登録し、単独セッションまたはセッショングループに登録します。
  • ユーザーをコースに登録し、単独セッションまたはセッショングループをユーザー自身で選択できるようにします。
  • ユーザーをコースに登録し、単独セッションまたはセッショングループに登録することなくコースを完了できるようにします。

注記:

受講者が1つに登録するタイプの講師の指導によるトレーニングに個人と Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループの両方で登録されている場合、Microsoft Entra グループのセッションまたはセッショングループの登録が、受講者の個人登録よりも優先されます。

ユーザーをコースに登録し、スタンドアロンセッションまたはセッショングループに登録する

特定の受講者を特定のセッションまたはセッショングループに登録したい場合、次の方法があります。

  • 該当するセッションまたはセッション グループに直接登録します。この操作は自動的に受講者をコースに登録します。
  • 先にコースに登録し、関連するセッションまたはセッション グループに登録します。

受講者がコースの特定のセッションまたはセッショングループに登録済みかどうかは、「ユーザー」セクション>「受講者」タブ>「セッション」列を確認します。

How to enroll users in courses3.png

コースのセッションまたはセッショングループにユーザーを登録する

  1. コース設定パネルの「セッション」セクションに移動し、既存のセッションまたはセッショングループを選択するか、作成します。

    コース設定パネルの「ユーザー」セクションから開始し、そこに受講者が表示されていない場合、コース設定パネルの「セッション」 セクションに誘導するリンクが表示されます。

    How to enroll users in courses4.png

  2. 「セッション」セクションで、開いたアクションパネルから「受講者を管理する」を選択します。
  3. 開いた「受講者を管理する」パネルで、「+受講者登録」を選択します。
  4. 「ユーザー 検索」 フィールドに、セッションまたはセッション グループに登録するユーザーの名前、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティ グループを入力します。

    カンマまたはセミコロンで区切られたリストとして、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1,500の文字を入力することができます。
    すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーグループは追加できません。

    無効なメールアドレスや認識できないユーザーを入力した場合、問題を修正するまで次に進むことができません。無効なメールアドレスとユーザーは赤色で強調されます。
    最大50メールアドレスまたは1,500文字を超えると、該当する情報メッセージが表示されます。この手順を繰り返して、追加のメールアドレスを入力することができます。

    Microsoft Entra ID(Azure Active Directory)グループを追加した場合、登録者数がセッションまたはセッショングループの定員数を超えないように、グループ内のすべてのユーザーがカウントされます(参加者定員が設定されている場合)。グループ内のユーザー数が括弧内に表示されます。

  5. 「登録」を選択します。

How to enroll users in courses5.png

受講者をコースに登録し、受講者自身がセッションまたはセッショングループを選択できるようにする

注記:

受講者が1つに登録するタイプの講師の指導によるトレーニングに個人と Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループの両方で登録されている場合、Microsoft Entra グループのセッションまたはセッショングループの登録が、受講者の個人登録よりも優先されます。

セッションまたはセッショングループがコース完了の必須条件である場合、カタログおよびコース管理者はユーザーをコースに登録し、受講者自身がセッションまたはセッショングループを選択できるようにすることができます。

コースの出席がコース完了の必須条件として設定され、「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが無効になっている場合、ユーザーは「セッションへの登録申請」通知を受け取ります。通知内のリンクに従って、ユーザーはセッションまたはセッション グループを選択し、登録を完了します。

  1. コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「受講者」タブで「+受講者登録」を選択します。
  2. 「ユーザー 検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティ グループを入力します。

    カンマまたはセミコロンで区切られたリストとして、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1,500の文字を入力することができます。
    すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーグループは追加できません。

    無効なメールアドレスや認識できないユーザーを入力した場合、問題を修正するまで次に進むことができません。無効なメールアドレスとユーザーは赤色で強調されます。
    最大50メールアドレスまたは1,500文字を超えると、該当する情報メッセージが表示されます。この手順を繰り返して、追加のメールアドレスを入力することができます。

    Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを追加した場合、グループ内のすべてのユーザーをカウントします。

  3. 「登録」を選択します。

登録されたユーザーとグループは、追加された順番に関係なく、アルファベット順に表示されます。登録されたグループには、タイトルの横の括弧内にユーザー数が表示されます。

受講者の名前とグループタイトルがアクティブになると、「メッセージの送信」オプションと「登録を取り消す」 オプションが利用できるようになります。

注記:

受講者を選択するとアクションパネルが開き、 「メッセージの送信」 オプションが表示されます。このオプションは、コースが作成されるまで使用できません。コースが作成されると、カタログおよびコー ス管理者は受講者セクション、またはコース管理パネルの「受講者にメール」オプションから、コースに登録されている受講者にEメールメッセージを送信することができます。受講者にメールを送る方法については、こちらを参照してください。

ユーザーをコースに登録し、セッションまたはセッショングループに登録することなくコースを完了できるようにする

カタログ管理者とコース管理者は、 「セッション登録なしでの受講登録を許可する」 オプションを有効にし、セッションの出席を不要に設定して、受講者がセッションに登録せずにコースを完了できるようにすることができます。

コースの完了に出席が必須ではなく、「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが有効になっている場合、受講者は

「セッションへの登録申請」通知を受け取りません。 また、セッションまたはセッショングループを選択するよう促されることはありません。ただし、受講者が希望すれば、利用可能セッションに登録することができます。

  1. コース設定パネルの「設定」セクションで、「セッション登録なしでの受講登録を許可する 」トグルをオンにします。
  2. コース設定パネルの「基本情報」セクションでコース完了に「出席は必須ではありまん」を設定します。これにより、受講者はセッションやセッション グループ出席することなくコースを完了することができます。コースの完了に出席を必須とした場合、受講者はセッションを選択しなくてもコースを受講することができますが、コースを完了することはできません。
  3. コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「受講者」タブで「+受講者登録」を選択します。
  4. 「ユーザー 検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティ グループを入力します。

    カンマまたはセミコロンで区切られたリストとして、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1,500の文字を入力することができます。
    すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーグループは追加できません。

    無効なメールアドレスや認識できないユーザーを入力した場合、問題を修正するまで次に進むことができません。無効なメールアドレスとユーザーは赤色で強調されます。
    最大50メールアドレスまたは1,500文字を超えると、該当する情報メッセージが表示されます。この手順を繰り返して、追加のメールアドレスを入力することができます。

    Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを追加した場合、グループ内のすべてのユーザーをカウントします。

  5. 「登録」を選択します。

登録されたユーザーとグループは、追加された順番に関係なく、アルファベット順に表示されます。登録されたグループには、タイトルの横の括弧内にユーザー数が表示されます。

受講者の名前とグループタイトルがアクティブになると、「メッセージの送信」オプションと「登録を取り消す」 オプションが利用できるようになります。

注記:

受講者を選択するとアクションパネルが開き、 「メッセージの送信」 オプションが表示されます。このオプションは、コースが作成されるまで使用できません。コースが作成されると、カタログおよびコー ス管理者は受講者セクション、またはコース管理パネルの「受講者にメール」オプションから、コースに登録されている受講者にEメールメッセージを送信することができます。受講者にメールを送る方法については、こちらを参照してください。

 

全てに登録するタイプのコース

全てに登録するタイプの講師の指導によるトレーニングでは、コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「受講者」タブからユーザーを登録します。これにより、ユーザーはコースとすべてのセッションおよびセッショングループに登録されます。

  1. コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「受講者」タブで「+受講者登録」を選択します。
  2. 「ユーザー 検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティ グループを入力します。

    カンマまたはセミコロンで区切られたリストとして、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1,500の文字を入力することができます。
    すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーグループは追加できません。

    無効なメールアドレスや認識できないユーザーを入力した場合、問題を修正するまで次に進むことができません。無効なメールアドレスとユーザーは赤色で強調されます。
    最大50メールアドレスまたは1,500文字を超えると、該当する情報メッセージが表示されます。この手順を繰り返して、追加のメールアドレスを入力することができます。

  3. 「登録」を選択します。

How to enroll users in courses6.pngすべてのユーザーを登録するには数分かかることがあります。この間、登録済受講者のリストでは、ユーザーの名前はグレーアウトしており、非アクティブとなります。

注記:

  • コースに「参加者定員」が設定されている場合、受講可能人数は「ユーザー」セクションの「受講者」および「管理者」タブの下に表示されます。このコースの参加者定員を超える数の登録を行うと、メッセージが表示されます。
  • Microsoft Entra ID(Azure Active Directory)グループを追加した場合、グループ内のすべてのユーザーがカウントし、コースの参加者定員数を超えないことを確認します。

登録されたユーザーとグループは、追加された順番に関係なく、アルファベット順に表示されます。登録されたグループには、タイトルの横の括弧内にユーザー数が表示されます。

受講者の名前とグループタイトルがアクティブになると、「メッセージの送信」オプションと「登録を取り消す」 オプションが利用できるようになります。

 

複数に登録するタイプのコース

複数に登録するタイプの講師の指導によるトレーニングでは、次のいずれかの方法でユーザーを登録することができます。

  • ユーザーをコースに登録し、特定のセッションまたはセッション グループに登録する。
  • ユーザーをコースに登録し、ユーザー自身がセッションまたはセッショングループを選択できるようにする。
  • ユーザーをコースに登録し、セッションまたはセッショングループに登録することなくコースを完了できるようにする。

ユーザーをコースに登録し、特定のセッションまたはセッショングループに登録する

コースの完了に出席が必要な場合、このタイプのトレーニングでは、少なくとも1つの単独セッションまたはセッション グループに登録する必要があります。特定のユーザーを特定のセッションやセッショングループに登録したい場合は、該当するセッションやセッショングループを通じて登録することができます。

ユーザーがセッションまたはセッショングループに登録済みかどうかを確認するには、「ユーザー」セクション>「受講者」>「コース セッション」列の「セッション リスト」リンク選択します。

How to enroll users in courses7.png

ユーザーをコースの特定のセッションまたはセッショングループに登録する

  1. コース設定パネルの「セッション」セクションに移動し、既存のセッションまたはセッショングループを選択するか、作成します。
  2. アクションパネルから、「受講者を管理する」を選択します。
  3. 開いた「受講者を管理する」パネルで、「+受講者登録」を選択します。
  4. 「ユーザー 検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティ グループを入力します。

    カンマまたはセミコロンで区切られたリストとして、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1,500の文字を入力することができます。
    すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーグループは追加できません。

    無効なメールアドレスや認識できないユーザーを入力した場合、問題を修正するまで次に進むことができません。無効なメールアドレスとユーザーは赤色で強調されます。
    最大50メールアドレスまたは1,500文字を超えると、該当する情報メッセージが表示されます。この手順を繰り返して、追加のメールアドレスを入力することができます。

    Microsoft Entra(Azure Active Directory)グループを追加した場合、登録者数がセッションの参加者定員数を超えないように、グループ内のすべてのユーザーがカウントされます(参加者定員が設定されている場合)。グループ内のユーザー数が括弧内に表示されます。

  5. 「登録」を選択します。

必要な数の、単独セッションとセッション グループにユーザーを登録することができます。

ユーザーをコースに登録し、ユーザー自身がセッションまたはセッショングループを選択できるようにする

セッションまたはセッショングループがコース完了の必須条件である場合、カタログおよびコース管理者はユーザーをコースに登録し、受講者自身がセッションまたはセッショングループを選択できるようにすることができます。

コースの出席がコース完了の必須条件として設定され、「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが無効になっている場合、ユーザーは「セッションへの登録申請」通知を受け取ります。通知内のリンクに従って、ユーザーはセッションやセッショングループを選択し、登録を完了します。

  1. コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「受講者」タブで「+受講者登録」を選択します。
  2. 「ユーザー 検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティ グループを入力します。

    カンマまたはセミコロンで区切られたリストとして、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1,500の文字を入力することができます。
    すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーグループは追加できません。

    無効なメールアドレスや認識できないユーザーを入力した場合、問題を修正するまで次に進むことができません。無効なメールアドレスとユーザーは赤色で強調されます。
    最大50メールアドレスまたは1,500文字を超えると、該当する情報メッセージが表示されます。この手順を繰り返して、追加のメールアドレスを入力することができます。

  3. 「登録」を選択します。

登録されたユーザーとグループは、追加された順番に関係なく、アルファベット順に表示されます。登録されたグループには、タイトルの横の括弧内にユーザー数が表示されます。

受講者の名前とグループタイトルがアクティブになると、「メッセージの送信」オプションと「登録を取り消す」 オプションが利用できるようになります。

注記:

受講者を選択するとアクションパネルが開き、 「メッセージの送信」 オプションが表示されます。このオプションは、コースが作成されるまで使用できません。コースが作成されると、カタログおよびコー ス管理者は受講者セクション、またはコース管理パネルの「受講者にメール」オプションから、コースに登録されている受講者にEメールメッセージを送信することができます。受講者にメールを送る方法については、こちらを参照してください。

ユーザーをコースに登録し、セッションまたはセッショングループに登録することなくコースを完了できるようにする

カタログ管理者とコース管理者は、「セッション登録なしでの受講登録を許可するオプションを有効にし、セッションの出席を不要に設定して、受講者がセッションに登録せずにコースを完了できるようにすることができます。

コースの完了に出席が必須ではなく、「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが有効になっている場合、受講者は「セッションへの登録申請」通知を受け取りません。

  1. また、セッションまたはセッショングループを選択するよう促されることはありません。ただし、受講者が希望すれば、利用可能セッションに登録することができます。コース設定パネルの「設定」セクションで、「セッション登録なしでの受講登録を許可する 」トグルをオンにします。
  2. コース設定パネルの「基本情報」セクションでコース完了に「出席は必須ではありまん」を設定します。これにより、受講者はセッションやセッション グループ出席することなくコースを完了することができます。コースの完了に出席を必須とした場合、受講者はセッションを選択しなくてもコースを受講することができますが、コースを完了することはできません。
  3. コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「受講者」タブで「+受講者登録」を選択します。
  4. 「ユーザー 検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティ グループを入力します。

    カンマまたはセミコロンで区切られたリストとして、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1,500の文字を入力することができます。
    すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーグループは追加できません。

    無効なメールアドレスや認識できないユーザーを入力した場合、問題を修正するまで次に進むことができません。無効なメールアドレスとユーザーは赤色で強調されます。
    最大50メールアドレスまたは1,500文字を超えると、該当する情報メッセージが表示されます。この手順を繰り返して、追加のメールアドレスを入力することができます。

    Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを追加した場合、グループ内のすべてのユーザーをカウントします。

  5. 「登録」を選択します。

登録されたユーザーとグループは、追加された順番に関係なく、アルファベット順に表示されます。登録されたグループには、タイトルの横の括弧内にユーザー数が表示されます。

受講者の名前とグループタイトルがアクティブになると、「メッセージの送信」オプションと「登録を取り消す」 オプションが利用できるようになります。

注記:

受講者を選択するとアクションパネルが開き、 「メッセージの送信」 オプションが表示されます。このオプションは、コースが作成されるまで使用できません。コースが作成されると、カタログおよびコー ス管理者は受講者セクション、またはコース管理パネルの「受講者にメール」オプションから、コースに登録されている受講者にEメールメッセージを送信することができます。受講者にメールを送る方法については、こちらを参照してください。

 

Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを管理してユーザーを登録する

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者は、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ内のユーザーを管理できます。コースおよびカタログ管理者 は、Microsoft Entra グループをコースに登録することができます。

Microsoft Entraグループがコースに登録されると、グループの現在のメンバーは元より、後からグループに追加されるユーザーも自動的にコースに登録されます。

Microsoft Entraグループをコースに登録することで、特定の役割を持つ全員を自動的に同じコースに登録することができます。ユーザーに役割が割り当てられると、関連する Microsoft Entra グループに追加されます。例えば、管理職、新入社員、あるいは特定の部署のMicrosoft Entraグループがある場合、該当するトレーニングにこれらのグループを登録することができます。

Microsoft 365 グローバル管理者ロールを持つユーザーは、Microsoft Entraグループ内のユーザーの管理を担います。Microsoft 365 グローバル管理者がユーザーを Microsoft Entra グループに追加すると、そのユーザーはグループが登録されているすべてのコースに自動的に登録されます。ユーザーが Microsoft Entra グループから削除されると、そのグループが登録されているすべてのコースからユーザーの登録は自動的に解除されます。

Microsoft Entra または Microsoft 365 グループを使用してユーザーをコースに登録する方法については、こちらを参照してください。

 

LMS365 API通じて ユーザーを登録する

LMS365 API を使用して、ユーザーをコースに登録することができます。詳しくはこちらを 参照してください。