LMS365 の通知:概要と管理

  • 更新

LMS365には、Eメール、Teams通知、モバイルアプリのプッシュ通知など、ユーザーに自動的に送信される通知が用意されています。

通知は、登録の確認、認定証の有効期限のリマインド、受講者にセッションへの参加を促すカレンダーの招待状を送るなど、トレーニングに沿ったフローをサポートします。カタログ管理者は、通知の送信の制御したり、テンプレートをカスタマイズすることができます。

ここでは、LMS365の通知機能とその管理方法についてご説明します。

目次を開く▼

通知を管理する場所

必要なロール:カタログ管理者

通知は、LMS365管理センター>カタログ設定>通知で、各カタログ毎にカタログ管理者によって管理されます。

LMS365ライセンスの有効期限、ユーザー数の超過を知らせる通知は、LMS 管理者、Microsoft 365 グローバル管理者、または SharePoint 管理者によってグローバル設定の「サブスクリプション情報」 ページで管理します。

LMS365の通知を有効にする

必要なロール:カタログ管理者

LMS365通知を使用にするには、各カタログで Microsoft 365接続設定を構成する必要があります。

Microsoft 365接続設定については、こちらの「Microsoft 365 に接続し、LMS365によるメール通知送信、会議室の予約、会議の招待状の作成を有効にする」をご参照ください。

通知ページの概要

必要なロール:カタログ管理者

LMS365管理センターの「通知」ページには、LMS365で使用する通知テンプレートが一覧で表示されます。フィルターやソートオプションも用意されています。

既定では、すべての通知テンプレートが有効になっています。

LMS365 notifications overview1.png

「通知」ページの列名にはソート機能があり、クリックして並べ替えができます。

  • 名前:通知テンプレートの名前(これは編集できません。)

  • 有効:通知が有効であるかどうか(ユーザーに送信されるかどうか)を表示します。

  • テンプレート:テンプレートが既定かカスタマイズされているかを表示します。

  • 受信者:通知の受信者

  • タイプ:通知の配信方法(Eメール、Teams通知、モバイル通知、アポイントメント)を表示します。

  • 関連先:通知の属性(eラーニング、インストラクター主導型、トレーニングプラン、コースカタログ)を表示します。

「通知」ページのメニューバーには、検索とフィルタリングオプションがあります。

  • 検索フィールド:を使用して、関連するテンプレートを検索します。検索はテンプレート名で実行されます。

  • ステータス:すべてのステータス、有効、無効でフィルタリングします。

  • テンプレート:すべてのテンプレート、初期設定、カスタムでフィルタリングします。

  • 受信者:すべての受信者、ロール別、ユーザー別。「ユーザー別」 フィルターは、通知テンプレートの宛先またはCCフィールドに個別のユーザーが含まれている場合に表示されます。

  • 配信方法:Eメール、Teams通知、モバイル通知、アポイントメントでフィルタリングします。 

  • 属性:eラーニング、インストラクター主導型、トレーニングプラン、コースカタログでフィルタリングします。

LMS365 notifications overview2.png

通知の種類とテンプレート

LMS365 では、各イベントやコースのタイプよって、専用のテンプレートが用意されています。
各通知の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。

通知の有効化と無効化

不要な通知の送信を防ぐために、通知の送信をコントロールすることができます。

通知は、カタログレベルとトレーニングレベルで有効または無効にすることができます。

トレーニングレベルでは、それぞれの eラーニングコース、インストラクター主導型コース、トレーニングプランにおいて送信する通知を選択することができます。

通知が無効になっていても、テンプレートフィールドを編集することができます。
フィールドを編集してテンプレートを保存すると、テンプレートは「初期設定」から「カスタム」に変更されますが、これによって通知が自動的に有効になることはありません。
通知を有効または無効にしても、そのテンプレートがカスタムとして分類されることはありません。

カタログレベルの通知設定

必要なロール:カタログ管理者

  • カタログレベルで通知を無効にすると、カタログ内のコースまたはトレーニングプランに関連する通知は送信されません。
  • カタログレベルで無効にした通知をトレーニングレベルで有効にすることはできません。

カタログレベルで通知を有効/無効にするには

1. LMS365管理センター>カタログ設定>通知 に移動します。「通知」ページが開きます。

2.通知ページで、通知テンプレートを選択します。「アクション」パネルが開きます。

3.アクションパネルで「通知を無効にする」または「通知を有効にする」を選択します。

「通知」ページでは変更したテンプレートの「有効」列が「はい」または「いいえ」に更新されます。

選択したテンプレートのステータスにより、アクションパネルには有効/無効の何れか、または両方のアクションが表示されます。

トレーニングレベルの通知設定

必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

  • カタログレベルで有効の通知をトレーニングレベルで無効にした場合、当該コースまたはトレーニングプランのその通知は送信されません。
  • カタログレベルで無効になっている通知をトレーニングレベルで有効にすることはできません。この場合、グレーアウトで表示され、ツールチップメッセージを見ることができます。

トレーニングレベルで通知を有効/無効にするには

1.LMS365管理センター>トレーニング管理ページでコースまたはトレーニングプランを選択します。

2.開いたパネルで「通知の管理」を選択します。

3.コース通知パネルで目的のテンプレートの「有効」列のトグルをON/OFFにして、このトレーニングでの通知を有効または無効にします。
4.変更を「保存」します。

LMS365 notifications overview3.png

通知テンプレートのカスタマイズ

必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

カタログ管理者は、通知の受信者や通知の内容を変更することができます。詳細については「通知テンプレートの編集とリセット」をご参照ください。

通知の言語

必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

コースやトレーニングプランの通知の言語は、トレーニングの地域の設定に依存します。
通知の言語の設定については、こちらの「通知の言語はどのように設定されていますか?」をご参照ください。