認定証の通知

  • 更新

LMS365では、トレーニングの完了によりユーザーに認定証を授与することができます。

ここでは、認定証に関連して発生するイベントに連動して送信される通知についてご説明します。

すべてのLMS365通知は既定で有効になっています。カタログまたはコースレベルで通知を有効または無効にする方法については「LMS365 の通知:概要と管理」をご参照ください。

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます。

通知テンプレートを編集してカスタマイズする場合の注意事項については「通知テンプレートをカスタマイズした際に受ける影響」をご参照ください。


認定証有効期限のお知らせ

この通知は、ユーザーにトレーニングの完了時に授与された認定証、インポートされた外部トレーニングの認定証の有効期限が近づいていることを通知します。

通知のトリガー:認定証に設定された有効期限に対して、このテンプレートの「リマインドメールを送信する」で設定された日数に従って送信します。

この通知は有効期限が切れた認証証に対して送信されません。

受講者自身、管理者、または任意の自動化フローによってユーザーがコースに再登録された場合、受講者自身、管理者、または任意の自動化フローによって再受講が開始された場合は、該当するユーザーに新しい受講登録が作成され、LMS365はユーザーの以前の受講登録に対するリマインドメールの送信を停止します。

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)ライン管理者

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

属性:コース、トレーニングプラン

既定の本文:

  • 受講者:コースへ登録した受講者
  • コース名:認定証が授与されたコースのタイトル(コースホームページのリンク)
  • 認定証有効期限:認定証の有効期限が切れる日付と時刻
  • トレーニングタイプ: eラーニングまたはインストラクター主導型
  • コース ID:コースの「ID」フィールドに設定された値
  • コース所要時間(標準形式):コースの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値
  • コース期間:コースの「期間」フィールドに設定された値

テンプレート設定オプション:

  • 非アクティブのトレーニングに送信: 既定では、このオプションは ON になっています。
    ON の場合、未公開、終了、削除されたトレーニング、および既存のコースに関連付けられていないインポートされた外部の認定証を持つ受講者にもこの通知を送信します。
  • 登録を解除した受講者に送信: 既定では、このオプションは ON になっています。
    ONの場合、受講者登録がされていないユーザーにもこの通知を送信します。
  • リマインドメールを送信する:有効期限前の日数を設定します。ここで設定した日数に従って、この通知を送信します。既定では、60、30、14、7が設定されています。

Certificate notifications1.png

認定証の有効期限が切れています

この通知は、ユーザーに認定証の有効期限が切れたことを通知します。

通知のトリガー:

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)ライン管理者

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

属性:コース、トレーニングプラン

既定の本文:

  • 受講者:コースへ登録した受講者
  • コース名:認定証が授与されたコースのタイトル(コースホームページのリンク)
  • 認定証有効期限:認定証の有効期限が切れる日付と時刻
  • トレーニングタイプ: eラーニングまたはインストラクター主導型
  • コース ID:コースの「ID」フィールドに設定された値
  • コース所要時間(標準形式):コースの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値
  • コース期間:コースの「期間」フィールドに設定された値

テンプレート設定オプション:

  • 非アクティブのトレーニングに送信: 既定では、このオプションは ON になっています。
    ONの場合、未公開、終了、削除されたトレーニング、および既存のコースに関連付けられていないインポートされた外部の認定証を持つ受講者にもこの通知を送信します。
  • 登録を解除した受講者に送信: 既定では、このオプションは ON になっています。
    ONの場合、未登録のユーザーにもこの通知を送信します。
  • 通知も送信:認定証の有効期限がすでに切れているユーザーに、再度通知するためのオプションです。通知を送信する場合は、フィールドにそのタイミングを日数で設定します。既定では空欄になっています。

Certificate notifications2.png

 

トレーニングプラン認定証有効期限のお知らせ

この通知は、ユーザーにトレーニングプランの認定証の有効期限が近づいていることを通知します。

通知のトリガー:認定証に設定された有効期限に対して、このテンプレートの「リマインドメールを送信する」で設定された日数に従って送信します。

この通知は有効期限が切れた認証証に対して送信されません。

受講者自身、管理者、または任意の自動化フローによってユーザーがトレーニングプランに再登録された場合、受講者がトレーニングプランの再受講を開始した場合は、該当する受講者に新しい受講登録が作成され、LMS365は受講者の以前の受講登録に対する有効期限に関するリマインダーの送信を停止します。

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)ライン管理者

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

属性:コース、トレーニングプラン

既定の本文:次の情報が記載されています。

  • 受講者:トレーニングプランへ登録した受講者
  • トレーニングプラン名:認定証が授与されたトレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページのリンク)
  • 認定証有効期限:認定証の有効期限が切れる日付と時刻
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれる、認定証が授与されたコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

テンプレート設定オプション:

  • 非アクティブのトレーニングに送信: 既定では、このオプションは ON になっています。
    ONの場合、未公開、終了、削除されたトレーニング、および既存のコースに関連付けられていないインポートされた外部の認定証を持つ受講者にもこの通知を送信します。
  • 登録を解除した受講者に送信: 既定では、このオプションは ON になっています。
    ONの場合、未登録のユーザーにもこの通知を送信します。
  • リマインドメールを送信する:有効期限前の日数を設定します。ここで設定した日数に従って、この通知を送信します。既定では、60、30、14、7が設定されています。

Certificate notifications3.png

トレーニングプラン認定証期限切れ

この通知は、ユーザーにトレーニングプランの認定証の有効期限が切れたことを通知します。

通知のトリガー:

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)ライン管理者

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

属性:コース、トレーニングプラン

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランへ登録した受講者
  • トレーニングプラン名:認定証が授与されたトレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページのリンク)
  • 認定証有効期限:認定証の有効期限が切れる日付と時刻
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれる、認定証が授与されたコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

テンプレート設定オプション:

  • 非アクティブのトレーニングに送信: 既定では、このオプションは ON になっています。
    ONの場合、未公開、終了、削除されたトレーニング、および既存のコースに関連付けられていないインポートされた外部の認定証を持つ受講者にもこの通知を送信します。
  • 登録を解除した受講者に送信: 既定では、このオプションは ON になっています。
    ONの場合、未登録のユーザーにもこの通知を送信します。
  • 通知も送信:認定証の有効期限がすでに切れているユーザーに、再度通知するためのオプションです。通知を送信する場合は、フィールドにそのタイミングを日数で設定します。既定では空欄になっています。