トレーニングプランの通知

  • 更新

目次

はじめに

ここでは、トレーニングプランにおけるLMS365通知の概要、既定の受信者、内容、配信タイプ、通知のトリガーについて説明します。

LMS365の「トレーニングプラン」に関連する通知は、登録、登録解除、登録申請、さまざまなタイプのリマインダーに至るまで、トレーニングプランのライフサイクルに関連する学習イベントで送信されます。

ここでは、こうしたイベントに沿って通知をグループ化しています。

すべてのLMS365の通知は、既定で「有効」になっています。

カタログ、またはコースレベルで通知を有効/無効にする方法については、こちらを参照してください。

 

登録申請

ユーザーが、自動承認の登録フローでトレーニングプランに登録すると、その場でトレーニングプランに登録され、「トレーニングプランの登録確認」通知を受け取ります。

ユーザーが、管理者の承認、またはラインマネージャーによる承認の登録フローでトレーニングプランへの登録を申請すると、ユーザーと承認者のアクションに応じて通知が送信されます。

このセクションでは、登録申請に関連するトレーニングプランの通知について説明します。

トレーニング プラン承認待ちの確認

概要

この通知は、トレーニングプランへの登録申請が承認待ちであることをユーザーに通知します。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはラインマネージャによる承認の登録フローのトレーニングプランへの登録を申請すると、承認者に登録申請が送信され、ユーザーは承認待ちであることを示す「トレーニングプラン承認待ち確認」通知を受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニング プラン承認待ちの確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:トレーニングプランへの登録を申請したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications1.png「トレーニングプラン承認待ちの確認」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプラン登録申請

概要

この通知は、承認者(ラインマネージャー/カタログ管理者/コース管理者) に、トレーニングプランに新しい登録の承認申請が届いていることを通知します。

通知には、承認者が通知から直接登録申請を処理するための「承認」および「却下」リンクが含まれています。

複数の承認者が同じ登録申請通知を受け取った場合、最初に登録を承認/却下した人物が承認者になります。
同じ登録申請を他の承認者が承認/却下した場合、すでに承認、または却下されたことを知らせるメッセージが表示されます。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローでトレーニングプランに登録すると、承認者(カタログ管理者/コース管理者/ライン マネージャー)は、トレーニングプランへの登録が申請されたことを知らせる「トレーニングプラン登録申請」通知を受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

承認者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプラン登録申請」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 申請者:トレーニングプランへの登録を申請したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間
  • 通知から直接登録申請を処理するための「承認」と「却下」のリンク

Training plan notifications2.png「トレーニングプラン登録申請」通知の例

承認者が、ユーザーのトレーニングプランスへの登録を承認すると、ユーザーは「トレーニングプランの登録確認」通知を受け取ります。

承認者によって登録申請が却下された場合、ユーザーは「トレーニングプラン登録却下の確認」通知を受け取ります。

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプラン承認リマインダー

概要

「トレーニングプラン承認リマインダー」通知は、承認者にトレーニングプランへの登録申請がまだ処理されていないことを通知します。

通知には、承認者が通知から直接登録申請を処理するための「承認」および「却下」リンクが含まれています。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローでトレーニングプランに登録すると、承認者(カタログ管理者/コース管理者/ライン マネージャー)は「トレーニングプラン登録申請」通知を受け取ります。

通知テンプレートの「リマインドメールを送信する」フィールドに設定された日数以内に、承認者が登録申請を承認、または却下していない場合、登録申請の承認が保留されていることを知らせる「トレーニングプラン承認リマインダー」通知が承認者に送信されます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

承認者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプラン承認リマインダー」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 申請者:トレーニングプランへの登録を申請したユーザー
  • トレーニングプラン名: トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間
  • 通知から直接登録申請を処理するための「承認」と「却下」のリンク

カタログ管理者は、「トレーニングプラン承認リマインダー」通知テンプレートを編集でき、登録申請が行われた後、承認者によって承認、または却下されていない場合に、リマインダーを送信する日数を指定することができます。

トレーニングプラン承認リマインダーを送信する既定の設定は、21,14,7日です。

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

承認者がユーザーのトレーニングプランへの登録を承認すると、ユーザーは「トレーニングプランの登録確認」通知を受け取ります。

承認者が登録申請を却下した場合、ユーザーは「トレーニングプラン登録却下の確認」通知を受け取ります。

ユーザーが登録申請を取り消した場合、ユーザーは「トレーニングプランの登録取り消し」通知を受け取ります。

 

トレーニングプラン登録却下の確認

概要

この通知は、ユーザーに、トレーニングプランの登録申請が却下されたことを通知します。

この通知には、却下の理由(承認者が却下メッセージフィールドに記入したもの)、およびトレーニングプラン連絡先の担当者名とEメールが含まれています。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはラインマネージャーによる承認の登録フローでトレーニングプランに登録すると、承認者(カタログ管理者/コース管理者/ライン マネージャー)によって、ユーザーの登録申請が却下されることがあります。

この場合、ユーザーは、承認者によって提供された却下の理由が記載された「トレーニングプラン登録却下の確認」通知を受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプラン登録却下の確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 受講者:トレーニングプランへの登録を申請したユーザー
  • 申請者:トレーニングプランへの登録を申請したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications3.png「トレーニングプラン登録却下の確認」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

登録と登録解除

このセクションでは、登録と登録解除のプロセスに関連するトレーニングプランの通知について説明します。

トレーニングプランの登録確認

概要

この通知は、ユーザーがトレーニングプランに登録されたときに送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

「トレーニングプランの登録確認」通知は、以下のような場合にユーザーに送信されます。

  • ユーザーが、自動承認の登録フローのトレーニングプランに自分で登録したとき。

  • 管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローのトレーニングプランで、承認者が登録申請を承認し、ユーザーが登録されたとき。

  • ユーザーが、ライン マネージャー、コース管理者、またはカタログ管理者によって、手動でトレーニングプランに登録されたとき。

注記:  

「トレーニングプランの登録確認」通知は、  開始日が先のトレーニングプランでは送信されません。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプランの登録確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 受講者:トレーニングプランへの登録を申請したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications4.png「トレーニングプランの登録確認」通知の例

トレーニングプラン内のコースに対する「コースの登録確認」通知は、次の条件に基づいて送信されます。

  • ユーザーがeラーニング コースを含むトレーニングプランに登録された場合:

    • トレーニングプラン内の eラーニング コースに前提条件がない場合、「トレーニングプランの登録確認」通知のみが受講者に送信され、これらのコースの「コースの登録確認」通知は送信されません。

    • トレーニングプラン内の eラーニング コースに前提条件が設定されている場合、受講者は最初に「トレーニングプランの登録確認」通知を受け取り、その後、このトレーニングプラン内のロック解除されたeラーニング コースに登録されるたびに、「コースの登録確認」通知を受け取ります。

    • 受講者がトレーニングプランを再受講、またはトレーニングプランから登録解除する場合も、同じロジックが適用されます。

  • ユーザーが講師によるトレーニングコースを含むトレーニングプランに登録された場合:

注記:

次の場合でも、ユーザーはトレーニングプランのロック解除されたすべてのコースに登録されます。

  • ユーザーが、このトレーニングプランに含まれる管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認のコース(1つまたは複数)で、承認を待っている場合。
  • ユーザーが、このトレーニングプランに含まれるコース (1つまたは複数) のウエイトリストに登録されている場合。
  • ユーザーが、このトレーニングプランに含まれるコース(1つまたは複数)の登録を取り消した場合。

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプランの登録取り消し

概要

この通知は、トレーニングプランへの登録が取り消されたことをユーザーに通知します。

通知のトリガーとなるのは?

「トレーニングプランの登録取り消し」通知は、以下の場合に送信されます。

  • ステータスが「未開始」または「受講中」のトレーニングプランから、ユーザーが自ら登録を解除した場合。

  • 管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローのトレーニングプランで、承認者が登録申請を承認、または却下する前に、ユーザーが登録申請を取り消した場合。

  • LMS365管理センターを通じて、コースまたはカタログ管理者が、手動でユーザーのトレーニングプランの登録を取り消した場合。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプランの登録取り消し」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 受講者:トレーニングプランへの登録を申請したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications5.png「トレーニングプランの登録取り消し」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプランの完了

トレーニングプランの完了に関連する通知は「トレーニングプラン完了の確認」の1つだけです。

トレーニングプラン完了の確認

概要

この通知は、受講者がトレーニングプランを完了すると送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

受講者は、以下のような場合に「トレーニングプラン完了の確認」通知を受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプラン完了の確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 受講者:トレーニングプランを完了したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • 完了日:受講者がコースを完了した日付と時刻
  • トレーニングプラン 認定証: 認定証の閲覧とダウンロードができるリンク(トレーニングプランに認定証が付与されている場合)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications6.png「トレーニングプラン完了の確認」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプランの期限

このセクションでは、トレーニングプランの期限に関連する2つの通知について説明します。

トレーニングプラン期限のリマインダー

概要

この通知は、受講者に登録したトレーニングプランの期限が近づいていることを通知します。

通知のトリガーとなるのは?

期限が設定されたトレーニングプランに登録されているユーザーが、期限が近づいてもまだトレーニングプランを完了していない場合、またはカタログ管理者、コース管理者によって進捗ステータスが手動で「完了」にされていない場合は、「トレーニングプラン期限のリマインダー」通知が対象のユーザーに送信されます。

通知テンプレートの「リマインドメールを送信する」フィールドに設定された期日前の日数に従って、受講者にこの通知が送信されます。
トレーニングプラン期限のリマインダーを送信する既定の設定は、14,7,3,1日です。

カタログ管理者はリマインダーテンプレートを編集し、リマインダーを送信する日を調整することができます。

注記:

以下の場合、トレーニングプラン期限のリマインダー通知は送信されません。

  • トレーニングプランを完了している受講者は、この通知を受け取りません。
  • トレーニングプランが公開されていない場合、通知は送信されません。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプラン期限のリマインダー」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 受講者:トレーニングプランに登録されているユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプランの期限:登録されたユーザーが、トレーニングプランを完了するべき日付と時刻
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプランの期限が過ぎました

概要

この通知は、期限が設定されたトレーニングプランをまだ完了していない受講者に、トレーニングプランの期限が過ぎたことを通知します。

通知のトリガーとなるのは?

期限が設定されたトレーニングプランに登録されており、トレーニングプランの期限が到来するまでに受講者がトレーニングプランを完了していない、またはカタログ管理者、コース管理者によってトレーニングプランの進捗が手動で完了にされなかった場合、「トレーニングプランの期限が過ぎました」通知が受講者に送信されます。

カタログ管理者は、トレーニングプランの期限が既に過ぎている場合、再度通知を送信して受講者にリマインドすることができます。

この場合、通知テンプレートに「再度通知を送信」フィールドに入力します。

注記:

以下の場合、「トレーニングプランの期限が過ぎました」通知は受講者に送信されません。

  • トレーニングプランを完了している場合。
  • トレーニングプランが公開されていない場合。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者、ライン マネージャー

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプランの期限が過ぎました」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:トレーニングプランに登録されているユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル (トレーニングプランホームページへのリンク )
  • トレーニングプランの期限:登録されたユーザーが、トレーニングプランを完了するべき日付と時刻
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications7.png「トレーニングプランの期限が過ぎました」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプラン未開始のリマインダー

このセクションでは、「トレーニングプラン未開始のリマインダー」通知の概要を説明します。

概要

この通知は、受講者に、登録されているトレーニングプランの受講が開始されていないことを通知します。

同じような通知が、eラーニングコース講師によるトレーニングコースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

「トレーニングプラン未開始のリマインダー」通知は、公開されたトレーニングプランに登録しているが、まだ受講を開始していない受講者に送信されます。

通知テンプレートの「リマインドメールを送信する」フィールドに設定された登録後の日数に従って、受講者にこの通知が送信されます。

トレーニングプラン未開始のリマインダーを送信する既定の設定は、30,14日です。

カタログ管理者はリマインダーテンプレートを編集し、リマインダーを送信する日を調整することができます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者、ライン マネージャー

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

  • 受講者:トレーニングプランに登録されているユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプランの期限:登録したユーザーがトレーニングプランを完了するべき日付と時刻(設定されている場合)
  • トレーニングプラン コース:トレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間

Training plan notifications8.png「トレーニングプラン未開始のリマインダー」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプランの公開ステータス

このセクションでは、トレーニングプランの公開ステータス(公開、未公開、予定、終了)に関連する通知について説明します。

トレーニングプラン公開

概要

LMS管理者とコース管理者は、トレーニングプランが公開されると、確認のためこの通知を受け取ります。

通知のトリガーとなるのは?

トレーニングプラン公開通知は、以下の場合に送信されます。

注記:

トレーニングプランの開始/終了日が、トレーニングプランの作成日より前の場合、この通知は送信されません。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

LMS 管理者, コース管理者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプラン公開」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるLMS管理者とコース管理者
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン開始日:トレーニングプランが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付と時刻
  • トレーニングプラン終了日:トレーニングプランが終了となり、コンテンツが利用不可となる日付と時刻(設定されている場合)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications9.png「トレーニングプラン公開」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプランが開始されました

概要

この通知は、トレーニングプランが公開される前に登録されたアクティブな受講者(ステータスが「受講中」または「未開始」)に送信されます。これらのユーザーは、トレーニングプランが開始されるとこの通知を受け取ります。

通知のトリガーとなるのは?

「トレーニングプランが開始されました」通知は、以下の場合に送信されます。

  • トレーニングプランの開始日が到来し、トレーニングプランが自動的に公開されたとき。

  • コース管理者またはカタログ管理者が、手動でトレーニングプランを公開したとき。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプランが開始されました」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:トレーニングプランに登録されているユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン終了日:トレーニングプランが終了となり、コンテンツが利用不可となる日付と時刻(終了日が設定されている場合)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプラン未公開

概要

LMS 管理者とコース管理者は、トレーニングプランが未公開になるとこの通知を受け取ります。

通知のトリガーとなるのは?

「トレーニングプラン未公開」通知は、以下の場合に送信されます。

  • トレーニングプランの終了日が到来し、コースが自動的に未公開になったとき。
    このトレーニングプランに登録されているユーザーは、「トレーニングプラン終了」通知を受け取ります。

  • コースまたはカタログ管理者が、手動でトレーニングプランの公開ステータスを「公開」から「未公開」に変更した、または終了日を現在の日付より前の日付に変更した場合。

注記:

トレーニングプランの開始日/終了日が、トレーニングプランの作成日より前に設定された場合、この通知は送信されません。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

LMS 管理者, コース管理者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプラン未公開」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるLMS管理者とコース管理者
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン開始日:トレーニングプランが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付と時刻
  • トレーニングプラン終了日:トレーニングプランが終了となり、コンテンツが利用不可となる日付と時刻(終了日が設定されている場合)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications10.png「トレーニングプラン未公開」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプラン終了

概要

この通知は、トレーニングプランに登録されているユーザーに、トレーニングプランの終了日が到来し、トレーニングプランの公開が終了したことを通知します。

通知のトリガーとなるのは?

終了日が来ると「トレーニングプラン終了」通知が送信され、コースは自動的に公開を終了します。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプラン終了」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:トレーニングプランに登録されているユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン終了日:トレーニングプランが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付と時刻
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

トレーニングプランの進捗リセット

トレーニングプランの進捗に関連する通知は「トレーニングプランの進捗リセット」1つだけです。

同じような通知が、eラーニングコースと講師によるトレーニングでも送信されます。

概要

この通知は、登録されているトレーニングプランのうち、1つ以上のコースの進捗がリセットされたことを受講者に通知します。

通知のトリガーとなるのは?

コースまたはカタログ管理者が、受講者の進捗ページまたはコースの進捗ページで「進捗の削除」アクションを選択することで、1つ以上のコースの受講者の進捗をリセットしたとき。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプランの進捗リセット」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):管理者が、トレーニングプラン設定パネルの所要時間(標準形式)フィールドに設定した、またはシステムによって自動的に計算されたトレーニングプランの所要期間
  • トレーニングプランの学習時間:管理者によってトレーニングプラン設定パネルの「期間」フィールドに入力されたトレーニングプランの期間

Training plan notifications11.png「トレーニングプランの進捗リセット」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

トレーニングプランの進捗のリセットについては、こちらを参照してください。

 

トレーニングプランの再受講が必要です

概要

この通知は、受講者にトレーニングプランの再受講が必要であることを通知します。

同じような再受講通知が、e-ラーニング講師によるトレーニングでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

受講者は、以下のような場合に「トレーニングプランの再受講が必要です」通知を受け取ります。

  • 管理者により、完了したトレーニングプランの再受講が開始されたとき。
    詳しくはこちらを参照 してください。

  • トレーニングプランが完了し、「強制的再受講」オプションが有効な場合、トレーニングプランに設定された条件に従って通知が送信されます。
    このオプションの詳細については、 こちらを参照してください。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「トレーニングプランの再受講が必要です」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランのタイトル(トレーニングプランホームページへのリンク)
  • トレーニングプラン コース:このトレーニングプランに含まれるコースのリスト
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランID(設定されている場合)
  • トレーニングプランの期限:トレーニングプランの期限(設定されている場合)

Training plan notifications12.png「トレーニングプランの再受講が必要です」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

通知を送信しないケース

コースまたはカタログ管理者のいくつかの操作は、ユーザーにトレーニングプランの通知を送信するトリガーにはなりません。具体的には以下のような場合です。