講師によるトレーニングの通知

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 の「講師によるトレーニングコースの通知」は、セッションベースのコースに関連する通知が対象となります。

ここでは、セッションベースのコースに関連する通知の概要、これらの通知をの概要、トリガーするアクション、既定の受信者、および配信タイプについて説明します。

「講師によるトレーニングコース」に関連する通知は、コースの登録、登録解除、登録申請から、さまざまなタイプのリマインダーに至るまで、コースのライフサイクルに関連する学習イベントで送信されます。

ここでは、こうしたイベントに沿って通知をグループ化しています。

すべてのLMS365の通知は、既定で「有効」になっています。

カタログ、またはコースレベルで通知を有効/無効にする方法については、こちらを参照してください。

 

ウエイトリスト

ユーザーが、空席のない「コース」またはコースの「単独セッション」や「セッショングループ」に登録する場合、コースの設定で「ウエイトリスト」オプションが有効になっていれば、ユーザーはこのコース、単独セッション、またはセッショングループの「ウエイトリスト」に追加できます。

これにより、このセクションで説明する「ウエイトリストへの追加確認」通知がトリガーされます。

ユーザーが「ウエイトリスト」の申請を取り消した場合、通知は送信されません。

 

ウエイトリストへの追加確認

概要

この通知は、セッションベースのコース、単独セッション、またはセッショングループの「ウエイトリスト」に追加されたことユーザーに通知します。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、以下のような場合にユーザーに送信されます。

  • ユーザーが「すべてに登録するタイプの講師によるトレーニング」に登録する際、コースに空席がなく、ユーザーがコースのウエイトリストに追加したとき
    ユーザーはコースのウエイトリストに追加されますが、コースには登録されません。ユーザーは、コースの単独セッションまたはセッショングループのいずれかに空席が出ると、コースに登録されます。

  • ユーザーが「1つに登録するタイプの講師によるトレーニング」に登録する際、選択した単独セッション、またはセッション グループに空席がないため、トレーニングの設定に応じて、選択した単独セッション/セッショングループのウエイトリスト、またはコースのウエイトリストに追加したとき。
    コースの「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが有効になっており、ユーザーが選択した単独セッション、またはセッショングループに利用可能な空席がない場合、ユーザーは選択した単独セッション/セッショングループのウエイトリストに追加されますが、コースには登録されません。

  • ユーザーが「複数に登録するタイプの講師によるトレーニング」に登録する際、選択した単独セッション、またはセッション グループに空席がないため、トレーニングの設定に応じて、選択した単独セッション/セッショングループのウエイトリスト、またはコースのウエイトリストに追加したとき。
    コースの「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが有効になっており、ユーザーが選択した単独セッション、またはセッショングループに利用可能な空席がない場合、ユーザーは選択した単独セッション/セッショングループのウエイトリストトに追加されますが、コースには登録されません。

  • 1つに登録するタイプの講師によるトレーニング」で、ユーザーが現在選択している単独セッション/セッショングループ(ステータスが「待機中」)を変更し、新しく選択した単独セッション、またはセッショングループに空席がない場合。

  • 複数に登録するタイプの講師によるトレーニング」で、ユーザーが選択した単独セッション/セッション グループを変更し、新しく選択した単独セッションまたはセッション グループに空席がない場合。

注記: 

コースまたはカタログ管理者が「1つ、複数に登録するタイプの講師によるトレーニング」にユーザーを手動で登録した場合、この通知は送信されません。

この場合、ユーザーは最初に「講師によるトレーニングの登録確認」通知を受け取り、次にコースホームページへのリンクが記載された「コースセッション選択のご案内」通知を受け取って、ここから単独セッション、またはセッション グループに登録できます。
このコースの単独セッション/セッション グループに利用可能な空席がない場合、ユーザーはコース管理者に連絡して選択を完了する必要があります。

このようなコースで「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが有効になっている場合、ユーザーは「コースセッション選択のご案内」通知を受け取りません。ユーザーは「講講師によるトレーニングの登録確認」通知はのみ受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者、コース管理者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「ウエイトリストへの追加確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • Cc:コース管理者
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コース セッション:単独セッション/セッション グループに関する情報
    • 全てに登録するタイプ:「利用可能なセッション」というテキスト
    • 1つに登録するタイプ:単独セッションの日時(タイムゾーン付き)に関する情報、またはセッショングループのタイトル
    • 複数に登録するタイプ:各セクションごとに、ウエイトリストへの追加に関する個別のメッセージが送信され、セッションの日時(タイムゾーン付き)に関する情報が記載されます。
  • コース管理者:コース管理者の名前
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

Instructor-led training notifications1.png1つに登録するタイプのコースの「ウエイトリストへの確認」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

登録申請

ユーザーが、自動承認の登録フローの講師によるトレーニングに登録すると「講師によるトレーニングの登録確認確認」通知を受け取ります。

ユーザーが、管理者の承認、またはラインマネージャーによる承認の登録フローで講師によるトレーニングへの登録を申請すると、ユーザーと承認者のアクションに応じて通知が送信されます。

このセクションでは、登録申請に関連する講師によるトレーニングの通知について説明します。

承認待ちの確認

概要

この通知は、講師によるトレーニング、またはその単独セッション/セッション グループの登録申請が承認待ちであることをユーザーに通知します。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはラインマネージャーによる承認の登録フローの講師によるトレーニングへの登録を申請すると、そのユーザーに「承認待ちの確認」通知が送信されます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「承認待ちの確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングへの登録を申請したユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID (設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

Instructor-led training notifications2.png講師によるトレーニングコースの「承認待ちの確認」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

セッション登録申請

概要

この通知は、1つ、および複数に登録するタイプの講師によるトレーニングの登録申請に対して送信されます。

この通知は、承認者(ライン マネージャー/カタログ管理者/コース管理者)に、1つまたは複数に登録するタイプの講師によるトレーニングの単独セッション/セッション グループに、新しい登録の承認申請が届いていることを通知します。

通知には、承認者が通知から直接登録申請を処理するための「承認」および「却下」リンクが含まれています。

複数の承認者が、同じ登録申請通知を受け取った場合、最初に登録を承認/却下した人物が承認者になります。
同じ登録申請を他の承認者が承認/却下した場合、すでに承認、または却下されたことを知らせるメッセージが表示されます。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはラインマネージャーによる承認の登録フローの講師によるトレーニングへの登録を行うと送信されます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

承認者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「セッション登録申請」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 申請者:講師によるトレーニングへの登録を申請したユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID (設定されている場合)
  • 通知から直接登録申請を処理するための「承認」と「却下」のリンク

Instructor-led training notifications3.png講師によるトレーニングコースの「セッション登録申請」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

使用可能な変数のうち「1つに登録するタイプの講師によるトレーニング」でしか機能しないものがいくつかあります。

変数の詳細については、こちらを参照してください。

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

セッション登録承認リマインダー

概要

この通知は、1つまたは複数に登録するタイプの講師によるトレーニングの登録申請に対して送信されます。

この通知は、承認者(ラインマネージャー/カタログ管理者/コース管理者)に、単独セッション、またはセッション グループへの承認申請がまだ処理されていないことを通知します。

通知には、承認者が通知から直接登録申請を処理するための「承認」および「却下」リンクが含まれています。

複数の承認者が同じ登録申請通知を受け取った場合、最初に登録を承認/却下した人物が承認者になります。
同じ登録申請を他の承認者が承認/却下した場合、すでに承認または却下されたことを知らせるメッセージが表示されます。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローの、1つまたは複数に登録するタイプの講師によるトレーニングへの登録すると、承認者(カタログ管理者/コース管理者/ライン マネージャー) は「セッション登録申請」通知を受け取ります。

通知テンプレートの「リマインドメールを送信する」フィールドに設定された日数以内に、承認者が登録申請を承認/却下していない場合、承認者はコース登録申請がまだ保留中であることを知らせる「セッション登録承認リマインダー」通知を受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

承認者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「セッション登録承認リマインダー」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 申請者:講師によるトレーニングへの登録を申請したユーザー
  • コース名:コースのタイトル(コースホームページへのリンク)
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • 通知から直接登録申請を処理するための「承認」と「却下」のリンク

Instructor-led training notifications4.png講師によるトレーニングコースの「セッション登録承認リマインダー」通知の例

カタログ管理者は「セッション登録承認リマインダー」通知テンプレートを編集でき、登録申請が行われた後、承認者によって承認、または却下されていない場合に、リマインダーを送信する日数を指定することができます。

リマインダーを送信する既定の設定は、21,14,7日です。

使用可能な変数のうち「1つに登録するタイプの講師によるトレーニング」でしか機能しないものがいくつかあります。変数の詳細については、こちらを参照してください。

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コース登録申請

概要

この通知は、全てに登録するタイプの講師によるトレーニングコースの登録申請に対して送信されます。

この通知は、承認者(ラインマネージャー/カタログ管理者/コース管理者)に、コースに新しい登録申請が届いていることを通知します。

通知には、承認者が通知から直接登録申請を処理するための「承認」および「却下」リンクが含まれています。

複数の承認者が同じ登録申請通知を受け取った場合、最初に登録を承認/却下した人物が承認者になります。同じ登録申請を他の承認者が承認/却下した場合、すでに承認、または却下されたことを知らせるメッセージが表示されます。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローで、全てに登録するタイプのコースに登録すると、承認者(カタログ管理者/コース管理者/ライン マネージャー)に、コースに新しい登録の承認申請が届いていることを通知します。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

承認者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コース登録申請」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 受講者:講師によるトレーニングへの登録を申請したユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • 通知から直接登録申請を処理するための「承認」と「却下」のリンク
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

Instructor-led training notifications5.png講師によるトレーニングコースの「コース登録申請」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

承認リマインダー

概要

この通知は「全てに登録するタイプの講師によるトレーニング」の登録申請に対して送信されます。

「承認リマインダー」通知は、承認者(ラインマネージャー/カタログ管理者/コース管理者)に、講師によるトレーニングコースの登録申請がまだ処理されていないことを通知します。

通知には、承認者が通知から直接登録申請を処理するための「承認」および「却下」リンクが含まれています。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

ユーザーが、管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローで、全てに登録するタイプのコースに登録すると、承認者(カタログ管理者/コース管理者/ライン マネージャー)に、コースに新しい登録の承認申請が届いていることを通知します。

通知テンプレートの「リマインドメールを送信する」フィールドに設定された日数以内に、承認者が登録申請を承認、または却下していない場合、登録申請の承認が保留されていることを知らせる「承認リマインダー」通知が承認者に送信されます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

承認者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「承認リマインダー通知」は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信される承認者
  • 申請者:講師によるトレーニングへの登録を申請したユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID (設定されている場合)
  • 通知から直接登録申請を処理するための「承認」と「却下」のリンク
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

カタログ管理者は「セッション登録承認リマインダー」通知テンプレートを編集でき、登録申請が行われた後、承認者によって承認、または却下されていない場合にリマインダーを送信する日数を指定することができます。

承認リマインダーを送信する既定の設定は、21,14,7日です。

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

登録却下の確認

概要

この通知は、講師によるトレーニングコース、またはその単独セッション、セッショングループへの登録申請が却下されたことをユーザーに通知します。この通知には、却下の理由(承認者が却下メッセージフィールドに記入したもの)、およびコース連絡先の担当者名とEメールが含まれています。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローを持つコースの承認者 (カタログ管理者/コース管理者/ラインマネージャー)が、ユーザーの登録申請を却下したときに送信されます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「登録却下の確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングへの登録を申請したユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID (設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

Instructor-led training notifications7.png講師によるトレーニングコースの「登録却下の確認」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

登録と登録解除

このセクションでは、登録と登録解除のプロセスに関連する講師によるトレーニングの通知について説明します。

講師によるトレーニングの登録確認

概要

この通知は、ユーザーが、講師によるトレーニングコースに登録されたときに送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、以下のような場合にユーザーに送信されます。

  • ユーザーが、自動承認の登録フローの講師によるトレーニングに自分で登録したとき。

  • 管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローの講師によるトレーニングで、承認者が登録申請を承認し、ユーザーが登録されたとき。

  • ユーザーが、ライン マネージャー、コース管理者、またはカタログ管理者によって、手動で講師によるトレーニングに登録されたとき。

  • ユーザーが、自動承認フローのトレーニングプランに登録し、このトレーニングプランのロックされていないすべての講師によるトレーニングに自動的に登録されたとき。

  • 管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローを持つトレーニングプランで、承認者が登録申請を承認し、ユーザーがそのトレーニングプランに登録され、自動的にこのトレーニングプランのすべてのロック解除された講師主導型トレーニングコースに登録されたとき。

  •  コース管理者、カタログ管理者、またはラインマネージャーが、いずれかの登録フローでユーザーをトレーニングプランに手動で登録し、そのユーザーがこのトレーニングプランのすべてのロック解除された講師によるトレーニングに自動的に登録されたとき。

  • ユーザーが登録されているトレーニング プランの新しい講師によるトレーニングコースで、前提条件が満たされたことによりロックが解除されたとき。

  • コースまたはカタログ管理者が、講師によるトレーニング、またはその単独セッション/セッション グループに、ウエイトリストからユーザーを手動で登録したとき。

  • ウエイトリストに登録されたユーザーが、空席がでたことにより、講師によるトレーニング、またはその単独セッション/セッション グループに自動的に登録されたとき。

  • ユーザーが既に完了しているトレーニングプランに、管理者が後で新しい講師によるトレーニング (ユーザーが個別に登録されていないコース) を追加し、ユーザーがトレーニングプランの外で追加されたコースの1つを完了するか、コースまたはカタログ管理者が、ユーザーに対して追加されたコースの1つを手動で完了すると、そのユーザーは残りの追加されたコースに自動的に登録され、各コースの「講師によるトレーニングの登録確認」通知を受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「講師によるトレーニングの登録確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングに登録されたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID (設定されている場合)
  • セッション出席:講師によるトレーニングの登録タイプ
    「全てのグループと単独セッションに出席(全てに登録すタイプ)」、「1 つのグループまたは単独のセッションに出席(1つに登録するタイプ)」、「複数のグループまたは単独セッションに出席(複数に登録するタイプ)」
    講師によるトレーニングコースの登録タイプはコース作成のステップで設定します。
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間
  • グループ:セッショングループの名前(ユーザーがセッション グループに登録されている場合にのみ表示します)
  • 名前:単独セッション、またはセッション グループ内のセッションの名前
  • 場所:会議室/場所(設定されている場合)
  • 会議のURL:ユーザーが通知から直接セッションに参加できるURL
  • 開始日:セッションが開始される正確な日付、時刻、タイムゾーン
  • 終了日:セッションが終了する正確な日付、時刻、タイムゾーン

注記: 

全てに登録するタイプのコースの場合、ユーザーは、コースで登録されているすべてのアクティブな単独セッションとセッショングループに関連する情報 (セッショングループとセッションのタイトル、開始と終了の日時、場所など)をリストで見ることができます。

1つに登録するタイプのコースの場合、ユーザーは、登録されている1つの単独セッション、またはセッショングループの名前と、関連する情報(単独セッションまたはセッション グループのタイトル、開始と終了の日時、および単独セッションまたはセッション グループの各セッションの場所など)を見ることができます。

複数に登録するタイプのコースの場合:

  • ユーザーが、コースへの登録と同時にセッションやセッショングループに登録された場合、コースで登録されたすべてのアクティブな単独セッションとセッショングループに関連する情報(単独セッションまたはセッショングループのタイトル、開始と終了の日時、単独セッション/セッショングループの各セッションの場所など) をリストで見ることができます。リストには、最大10のコースセッションが表示されます。
  • ユーザーが、セッションやセッショングループに登録されずコースに登録された場合、セッションは表示されません。ユーザーには、コースのホームページに移動してセッションを選択することを案内します。

講師:セッションの講師の名前とメールアドレス(講師が割り当てられている場合にのみ表示します)セッショングループに講師を割り当てることはできません。

Instructor-led training notifications8.png全てに登録するタイプの講師によるトレーニングコースの「講師によるトレーニングの登録確認」通知の例

Instructor-led training notifications9.png1つに登録するタイプの講師によるトレーニングコースの「講師によるトレーニングの登録確認」通知の例

Instructor-led training notifications10.png複数に登録するタイプの講師によるトレーニングコースの「講師によるトレーニングの登録確認」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

講師によるトレーニングの予定 - 予定招待

概要

この通知は、講師の指導によるコースの予定されたセッションへの参加を、ユーザーに案内するために送信されます。

カレンダーにこの予定を追加するには、Eメールの招待を承諾する必要があります。

  • 全ておよび複数に登録するタイプのコースの場合、すべての登録された受講者、担当の講師、コース管理者は、登録されているすべての予定されたセッション(単独セッションおよびセッショングループ内のセッション)毎に個別の予定招待を受け取ります。

Instructor-led training notifications11.png複数に登録するタイプのコースのセッション グループのうちの1つのセッションに対して送信される「講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」通知の例

  • 1つに登録するタイプのコースでは、受講者は1つの単独セッション、またはセッション グループへの予定招待のみを受け取ります。自分が登録した講師によるトレーニングの単独セッション、またはセッション グループの各セッションの予定招待が届きます。
    講師とコース管理者は、1人以上の受講者が登録したすべてのセッション(単独セッション/セッショングループ内のセッション)への予定招待を受け取ります。
    これは、単独セッション、またはセッショングループ内のセッションに登録された受講者がいない場合、このセッションのカレンダーイベントは作成されず、そのセッションの「セッションの講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」は送信されないことを意味します。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、以下のような場合にユーザーに送信されます。

  • ユーザーが講師によるトレーニング、またはいずれかの登録タイプの単独セッション/セッション グループに自ら登録し、該当するユーザーのカレンダに予定されたイベントが作成されたとき。

重要!

  • 講師によるトレーニングの単独セッション/セッショングループに「Microsoft Entra(Azure Active Directory)グループ」が追加されている場合、このグループのメンバーは「講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」通知を受け取ります。
  • 招待は、システムによって10分ごとに実行されます。
  • 講師によるトレーニングで、ユーザーが単独セッション、またはセッショングループの登録を変更したとき。これにより、カレンダーに新しい予定が作成されます。

  • 1つおよび複数に登録するタイプのコースで、コースまたはカタログ管理者が、ユーザが登録されているセッショングループに新しくセッションを作成するか、単独セッションを追加した場合。これにより、カレンダーに新しい予定が作成されます。

  • コースまたはカタログ管理者が、セッションの場所、開始/終了日時、タイムゾーン、会議のURL、トレーニングコースタイトルの変更、または新たにコース管理者をコースに追加した場合は、この通知がすべての登録されてユーザー、担当講師、およびコース管理者に再度送信されます。
    通知には、更新された情報が表示されます。これは、単独セッションと、セッショングループ内の各セッションについて送信されます。

  • コースまたはカタログ管理者が、コースの地域(言語や日付フォーマットなど)の値の設定を変更したとき。このアクションは、通知を再度送信するトリガーになります。
    LMS365モバイルアプリの場合、専用の「セッションの更新」通知を送信します。

  • 受講者が、講師によるトレーニングへの登録を取り消したとき。
    この場合、件名フィールドに「Canceled」と、カレンダーからセッションを「予定表から削除」するオプションが付いた通知が、このユーザーに再度送信されます。

Instructor-led training notifications12.png講師によるトレーニングコースへの登録を取り消した受講者に送信される「講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」通知の例 </>

  • コースまたはカタログ管理者が、ユーザーの講師によるトレーニングコースの再受講を行った場合、この通知が該当するユーザー、担当講師、および管理者に送信されます。

  • 1つおよび複数に登録するタイプのコースで、コースまたはカタログ管理者が、ユーザーが登録されているセッショングループからセッションを除外し、このセッションを単独のセッションにした場合。
    この場合、件名フィールドに「Canceled」と、カレンダーからセッションを「予定表から削除」するオプションが付いた通知が、このセッションに登録されているすべてのユーザー、担当講師、管理者に送信されます。

  • コースまたはカタログ管理者が、ユーザーが登録されているセッション(単独セッションかセッショングループ内のセッション)を削除した場合。
    この場合、件名フィールドに「Canceled」と、カレンダーからセッションを「予定表から削除」するオプションが付いた通知が、このセッションに登録されているすべてのユーザー、担当講師、管理者に送信されます。

    セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが有効のコースでは、ユーザーがいずれの単独セッション/セッショングループにも登録されていない、または登録されている単独セッション/セッショングループがキャンセルされても、ユーザーはコースに登録されたままになります。

    セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが無効のコースでは、

    • 全て、および複数に登録するタイプのコースでは、ユーザーが、その他の(キャンセルされた以外の)単独セッション/セッショングループに登録されている場合、コースに登録されたままになります。
    • 1つに登録するタイプのコースでは、ユーザーはコースから登録解除されます。

  • 会議の開催者(LMS365管理センターのMicrosoft 365接続設定で設定された接続アカウント)が、Outlook会議の設定を手動で変更すると、そのセッションのすべての登録ユーザー、担当講師、およびコース管理者に通知が再度送信されます。

  • Teamsでスケジュールされたセッションに対して「コース管理者や講師を共同主催者として割り当てる」 オプションが有効になっている場合、現在のコース管理者とセッションの講師はこの通知を受け取ります。
    セッションの開催者と共同開催者を管理する方法については、こちらを参照してください。

LMS365の予定は、元々LMS365システムによってUTC時間で送信されます。Outlookは、その正規化メカニズムでタイムゾーンオフセットを処理し、すべてのユーザーに適したものにします。そのため、LMS365で作成した予定をOutlookのカレンダーから手動で編集することはお勧めしません。

 

宛先とCcフィールドの既定の受信者

コース管理者、講師、受講者

※コース管理者のみ削除、追加することができます。

宛先フィールドから「コース管理者」が削除された場合

  • コース管理者はこの通知を受け取りません。

  • セッションの「コース管理者や講師を共同主催者として割り当てる」オプションが有効になっている場合、現在のカタログ管理者はこの通知を受け取りません。
    セッションの開催者と共同開催者については、こちらを参照してください。

※この通知テンプレートでは「Cc」フィールドは使用できません。

配信タイプ

アポイントメント

既定の設定

「講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」通知は、講師によるトレーニングとほぼ同じで、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • 場所:会議室/場所(設定されている場合)
  • 会議のURL:ユーザーが通知から直接セッションに参加できるURL
  • コースの開始日:コースが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付と時刻
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付と時刻
  • コース管理者:コース管理者の名前

注記: 

カタログ管理者は「講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」通知テンプレートの件名を変更して、OutlookとMicrosoft Teamsのカレンダーでの予定の表示をカスタマイズできます。

これらの変更は、通知やカレンダーの予定タイトルに反映されます。

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。


講師の指導によるトレーニングの登録取り消し

概要

この通知は、講師によるトレーニングへの登録が取り消されたことをユーザーに通知します。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、以下のような場合にユーザーに送信されます。

  • 「未開始」または「受講中」のステータスの講師によるトレーニングコースから、ユーザーが自ら登録解除した場合。コースおよびカタログの管理者は、LMS365管理センターの「登録申請の管理」で、ユーザーが入力した登録解除の理由を確認することができます。

  • 管理者の承認、またはライン マネージャーによる承認の登録フローの講師によるトレーニングコースで、承認者が登録申請を承認/却下する前に、ユーザーが登録申請を取り消した場合。
    コースおよびカタログの管理者は、LMS365管理センターの「登録申請の管理」で、ユーザーが入力した登録申請取り消しの理由を確認することができます。

  • LMS365管理センターを通じて、コースまたはカタログ管理者が、手動でユーザーの講師によるトレーニングの登録を取り消した場合。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「講師の指導によるトレーニングの登録取り消し」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングに登録されたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID (設定されている場合)
  • セッション出席:講師によるトレーニングの登録タイプ
    「全てのグループと単独セッションに出席(全てに登録すタイプ)」、「1 つのグループまたは単独のセッションに出席(1つに登録するタイプ)」、「複数のグループまたは単独セッションに出席(複数に登録するタイプ)」。
    講師によるトレーニングコースの登録タイプは、コースを作成する際に設定(指定)します。
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間
  • グループ:セッショングループの名前(ユーザーがセッション グループに登録されている場合にのみ表示されます)
  • 名前:単独セッション、またはセッション グループ内のセッションの名前
  • 場所:会議室/場所(設定されている場合)
  • 会議のURL:ユーザーが通知から直接セッションに参加できるURL
  • 開始日:セッションが開始される正確な日付と時刻
  • 終了日:セッションが終了する正確な日付と時刻

注記: 

全てに登録するタイプのコースの場合、ユーザーは、コースで登録されているすべてのアクティブな単独セッションとセッショングループに関連する情報 (セッショングループとセッションのタイトル、開始と終了の日時、場所など)をリストで見ることができます。

1つに登録するタイプのコースの場合、ユーザーは、登録されている1つの単独セッション、またはセッショングループの名前と、関連する情報(単独セッション/セッション グループのタイトル、開始と終了の日時、および単独セッションまたはセッション グループの各セッションの場所など)を見ることができます。

複数に登録するタイプのコースの場合、ユーザーは、コースで登録されたすべてのアクティブな単独セッションとセッショングループに関連する情報(単独セッションまたはセッショングループのタイトル、開始と終了の日時、単独セッション/セッショングループの各セッションの場所など)をリストで見ることができます。リストには、最大10のコースセッションが表示されます。

講師:セッションの講師の名前とメールアドレス(講師が割り当てられている場合にのみ表示します)セッショングループに講師を割り当てることはできません。

Instructor-led training notifications13.png全てに登録するタイプの講師によるトレーニングコースの「講師によるトレーニングの登録取り消し」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コース セッション

このセクションでは、セッションに関連する2つの通知について説明します。

新規セッションリクエスト

概要

この通知は、コース管理者に、講師によるトレーニングコースでユーザーが新しい単独セッション、またはセッショングループをリクエストしていることを通知します。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、ユーザーが「セッションをリクエスト」オプションを通じて、コースに対して新しい単独セッションまたはセッショングループをリクエストしたとき。

このオプションを利用するためには、コースの「セッションのリクエスト」オプション有効になっている必要があります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

コース管理者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「新規セッションリクエスト」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるコース管理者
  • 申請者:新しい単独セッションまたはセッショングループをリクエストしたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID (設定されている場合)
  • メッセージ:ユーザーが新しい単独セッション、またはセッショングループをリクエストする際に入力したメッセージ
  • 管理者は、LMS365管理センターのコース設定>「セッション」セクションへのダイレクトリンクから、該当のコースの単独セッション、またはセッショングループを管理することができます。
  • 管理者は、LMS365管理センターの「セッションのリクエスト」へのリダイレクトリンクから、ユーザーからのリクエストを管理することができます。

Instructor-led training notifications14.png講師によるトレーニングコースの「新規セッションリクエスト」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コースセッション選択のご案内

概要

この通知は、単独セッション、またはセッショングループへの登録が必要であることを受講者に通知します。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、以下のような場合にユーザーに送信されます。

  • 1つまたは複数に登録するタイプの講師によるトレーニングコースに、コースまたはカタログ管理者によって手動で登録されたユーザーが、登録プロセスを完了するために、単独セッションまたはセッショングループに登録する必要がある場合。

  • 1つまたは複数に登録するタイプのコースを含むトレーニングプランに、ユーザー自身が登録するか、コースまたはカタログ管理者によって手動で登録された場合。
    ユーザーは、登録プロセスを完了するために、これらのコースの単独セッション、またはセッショングループに登録する必要があります。

注記:  

講師によるトレーニングコースで「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが有効になっている場合「コースセッション選択のご案内」通知は送信されません。
この場合、ユーザーは単独セッション/セッショングループに登録されることなく、または登録されていた単独セッション/セッショングループがキャンセルされたときでも、コースに登録することができます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者、ライン マネージャー

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コースセッション選択のご案内」通知は、講師によるトレーニングと同じで、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • Cc.:受講者のライン マネージャー(設定されている場合)
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間
  • コースセッションの選択リンク:コースホームページへの直接リンク
    利用可能な単独セッション、またはセッショングループのリストが表示され、受講者はそこから単独セッション/セッショングループに登録することができます。

Instructor-led training notifications15.png1つに登録するタイプの講師によるトレーニングコースの「コースセッション選択のご案内」通知の例

受講者は単独セッションまたはセッショングループを選択した後「講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」通知を受け取ります。

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

セッション 講師

このセクションでは、単独セッションの講師の割り当てと、割り当て解除に関する2つの講師主導型トレーニングコース通知について説明します。

セッショングループに講師を割り当てることはできません。

セッション 講師の追加

概要

この通知は、ユーザーに、講師によるトレーニングの単独セッションの「講師」として割り当てられたことを通知します。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、コースまたはカタログ管理者が、ユーザーを講師によるトレーニングコースの単独セッションの講師として割り当てたとき。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

宛先フィールドには受講者と記載されますが、この通知を受け取るのは「講師」として割り当てられたユーザーです。

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「セッション講師の追加」通知は、講師によるトレーニングとほぼ同じで、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • 場所/会議URL:会議室/場所 、またはユーザーが通知から直接コースセッションに参加可能なURL の両方またはいずれか 
  • コースの開始日:コースが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付、時刻、タイムゾーン
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付、時刻、タイムゾーン
  • コース管理者:コース管理者の名前
  • セッション講師:セッション講師の名前

Instructor-led training notifications16.png「セッション講師の追加」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

セッション 講師の解除

概要

この通知は、ユーザーに、講師によるトレーニングの単独セッションの講師の割り当てが解除されたことを通知します。

通知のトリガーとなるのは?

この通知は、コースまたはカタログ管理者が、ユーザーを講師によるトレーニングコースの単独セッションの講師から割り当て解除したとき。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

宛先フィールドには受講者と記載されますが、この通知を受け取るのは「講師」として割り当てられたユーザーです。

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「セッション講師の解除」通知は、講師によるトレーニングとほぼ同じで、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • 場所/会議URL:会議室/場所 、またはユーザーが通知から直接コースセッションに参加可能なURL の両方またはいずれか 
  • コースの開始日:コースが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付、時刻、タイムゾーン
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付、時刻、タイムゾーン
  • コース管理者:コース管理者の名前
  • セッション講師:セッション講師の名前(割り当て解除された講師を除く)

Instructor-led training notifications17.png「セッション 講師の解除」'通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コースの完了

コースの完了に関連する通知は「コース完了の確認」の1つです。

コース完了の確認

概要

「コース完了の確認」通知は、ユーザがコースを完了すると送信されます。

eラーニング コースについても、このイベントで同じ通知が送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

受講者は、以下のような場合に「コース完了の確認」通知を受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コース完了の確認」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングコースを完了したユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • 完了日:受講者がコースを完了した日付と時刻
  • コース認定証:認定証の閲覧とダウンロードができるリンク(コースに認定証が付与されている場合)
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コースの期限

このセクションでは、コースの期限に関連する2つの通知について説明します。

コース期限のリマインダー

概要

この通知は、受講者に、登録した講師によるトレーニングの期限が近づいていることを通知します。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます

通知のトリガーとなるのは?

期限が設定された「講師によるトレーニング」コースに登録されているユーザーが、期限が近づいてもまだコースを完了していない場合、またはカタログ管理者、コース管理者によって、進捗ステータスが手動で「完了」にされていない場合は「コース期限のリマインダー」通知が対象のユーザーに送信されます。

通知テンプレートの「リマインドメールを送信する」フィールドに設定された期日前の日数に従って、受講者にこの通知が送信されます。
「コース期限のリマインダー」を送信する既定の設定は、14,7,3,1日です。

カタログ管理者は、リマインダーテンプレートを編集し、リマインダーを送信する日を調整することができます。

注記:  

以下の場合、「コース期限のリマインダー」通知は送信されません。

  • コースを完了している受講者は、この通知を受け取りません。
  • コースが公開されていない場合、通知は送信されません。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コース期限のリマインダー」通知は、講師によるトレーニングとほぼ同じで、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングコースに登録されたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コースの期限:登録したユーザーがコースを完了するべき日付と時刻
  • 場所:会議室/場所(設定されている場合)
  • 会議のURL:ユーザーが通知から直接セッションに参加できるURL
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コースの期限が過ぎました

概要

この通知は、期限が設定された講師によるトレーニングコースを完了していない受講者に、コースの期限が過ぎたことを通知します。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

期限が設定された「講師によるトレーニング」コースに登録されているユーザーが、コースの期限が到来するまでにコースを完了していない、またはカタログ管理者、コース管理者によって手動でコースの進捗が完了にされていない場合「コースの期限が過ぎました」通知が受講者に送信されます。

カタログ管理者は、コースの期限が既に過ぎている場合、再度通知を送信して受講者にリマインドすることができます。

この場合、通知テンプレートの「再度通知を送信」フィールドに入力します。

注記:  

以下の場合、「コースの期限が過ぎました」通知は受講者に送信されません。

  • 受講者が、コースを完了している場合
  • コースが公開されていない場合

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者、ライン マネージャー

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コースの期限が過ぎました」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングコースに登録されたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コースの期限:登録したユーザーがコースを完了するべき日付と時刻
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コース未開始のリマインダー

このセクションでは、コース未開始のリマインダー通知の概要を説明します。

概要

この通知は、受講者に、登録されている講師によるトレーニングコースの受講が開始されていないことを通知します。

この通知は、eラーニングコーストレーニングプランでも送信されます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者、ライン マネージャー

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

  • 受講者:講師によるトレーニングコースに登録されたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コースの期限:登録したユーザーがコースを完了するべき日付と時刻(設定されている場合)
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間

通知のトリガーとなるのは?

「コース未開始のリマインダー」通知は、公開された講師によるトレーニングコースに登録された受講者が、受講を開始していない場合に送信されます。

通知テンプレートの「リマインドメールを送信する」フィールドに設定された登録後の日数に従って、受講者にこの通知が送信されます。

「コース未開始のリマインダー」を送信する既定の設定は、30,14日です。

カタログ管理者はリマインダーテンプレートを編集し、リマインダーを送信する日を調整することができます。

Instructor-led training notifications18.png講師によるトレーニングコースの「コース未開始のリマインダー」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コースの公開ステータス

このセクションでは、講師によるトレーニングコースの公開ステータス(公開、未公開、予定、終了)に関連する通知について説明します。

コース 公開

概要

この通知は、LMS管理者とコース管理者に、講師によるトレーニングコースが公開されたことを通知します。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

「コース公開」通知は、以下の場合に送信されます。

  • 管理者が事前に設定したコースの公開日時を迎えたとき。

  • コースまたはカタログ管理者が、公開ステータスを未公開、予定済、公開終了から公開に変更(または必要に応じて開始日/終了日を変更) することで、手動でコースを公開した場合。

注記:  

コースの開始日/終了日が、コースの作成日より前に設定された場合、この通知は送信されません。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

LMS 管理者, コース管理者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コース公開」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるLMS管理者とコース管理者
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コースの開始日:コースが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付と時刻
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付と時刻
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

講師によるトレーニング開始のリマインダー

概要

この通知は、受講者が登録した講師によるトレーニングコースの開始日が近づいたことを通知します。

通知のトリガーとなるのは?

開始日が予定された講師によるトレーニングに登録されている場合、開始日が近づくと「講師によるトレーニング開始のリマインダー」通知が受講者に送信されます。

通知テンプレートの「リマインドメールを送信する」フィールドに設定された開始前の日数に従って、受講者にこの通知が送信されます。承認リマインダーを送信する既定の設定は、7,3,1日です。

カタログ管理者はリマインダーテンプレートを編集し、リマインダーを送信する日を調整することができます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「講師によるトレーニング開始のリマインダー」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングコースに登録されたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コースの開始日:コースが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付と時刻
  • 場所/会議URL:会議室/場所 、またはユーザーが通知から直接コースセッションに参加可能なURL の両方またはいずれか 
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

Instructor-led training notifications19.png講師によるトレーニングコースの「講師によるトレーニング開始のリマインダー」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コースが開始されました

概要

この通知は、講師によるトレーニングコースが公開される前に登録されたアクティブな受講者(ステータスが「受講中」または「未開始」)に送信されます。これらのユーザーは、コースが開始されるとこの通知を受け取ります。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

「コースが開始されました」通知は、以下の場合に送信されます。

  • コースの開始日が到来し、コースが自動的に公開されたとき。

  • コースまたはカタログ管理者が、手動でコースを公開したとき。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コースが開始されました」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングコースに登録されたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付と時刻
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コース未公開

概要

この通知は、LMS管理者とコース管理者に、講師によるトレーニングコースが未公開になったことを通知します。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

「コース未公開」通知は、以下の場合に送信されます。

  • コースの終了日が到来し、コースが自動的に未公開になったとき。このコースに登録されているユーザーは「コース終了」通知を受け取ります。

  • コースまたはカタログ管理者が、手動でコースの公開ステータスを「公開」から「未公開」に変更した、または終了日を現在の日付より前の日付に変更した場合。

注記:  

コースの開始日/終了日が、コースの作成日より前に設定された場合、この通知は送信されません。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

LMS 管理者, コース管理者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コース未公開」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるLMS管理者とコース管理者
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コースの開始日:コースが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付と時刻
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付と時刻
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コース終了

概要

この通知は、コースに登録されているユーザーに、コースの終了日が到来し、コースの公開が終了したことを通知します。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

コースの終了日が到来し、コースが自動的に「未公開」になったとき。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コース終了」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • 受講者:講師によるトレーニングコースに登録されたユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付と時刻
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

コースの進捗リセット

コースの進捗に関連する通知は「コースの進捗リセット」1つです。

この通知は、e-ラーニング コースでも送信されます。

概要

この通知は、学習したコースで1つ以上のラーニング モジュールの進捗がリセットされたことを受講者に通知します。

通知のトリガーとなるのは?

コースまたはカタログ管理者が、受講者の進捗ページ、またはコースの進捗ページで「進捗の削除」アクションを選択することで、1つ以上の学習項目の受講者の進捗をリセットしたとき。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「コースの進捗リセット」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • コース所要時間(標準形式):コース管理者によってコース設定パネルの「所要時間(標準形式)」フィールドに入力されたコースの期間
  • コース期間:コース管理者によってコース設定パネルの「期間」フィールドに入力されたコースの期間

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

コースやトレーニングプランの進捗のリセットについては、こちらを参照してください。

 

講師によるトレーニングの再受講が必要です

概要

この通知は、受講者に講師によるトレーニングの再受講が必要であることを通知します。

同じような再受講通知が、eラーニング コーストレーニングプランでも送信されます。

通知のトリガーとなるのは?

受講者は、以下のような場合に「講師によるトレーニングの再受講が必要です」通知を受け取ります。

  • 管理者により、完了した講師によるトレーニングの再受講が開始されたとき。
    詳しくは、こちらを参照してください。

  • コースが完了し「強制的再受講」オプションが有効な場合、コースに設定された条件に従って通知が送信されます。
    このオプションの詳細については、 こちらを参照してください。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

Eメール、Microsoft Teams

既定の設定

「講師によるトレーニングの再受講が必要です」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • 宛先:この通知が送信されるユーザー
  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • トレーニング タイプ:講師によるトレーニング
  • コース ID:コースID(設定されている場合)
  • 登録タイプ:このコースの登録タイプ
  • コースの期限:コースの期限(設定されている場合)

Instructor-led training notifications20.png「講師によるトレーニングの再受講が必要です」通知の例

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

LMS365モバイルアプリ専用の通知

このセクションでは、受講者が、LMS365モバイルアプリのみで受け取ることができる、コースセッションに関連する通知について説明します。

セッションの更新

概要

この通知は、登録されている講師によるトレーニングのセッションが更新されたことを、受講者に通知します。

この通知は、LMS365モバイルアプリの通知タブで確認できます。

また、受講者がプッシュ通知を有効にしている場合は、プッシュ通知として表示されます。

通知のトリガーとなるのは?

コースまたはカタログ管理者が、コースセッションの場所、開始/終了日時、タイムゾーン、会議のURL、トレーニング名、または場合によってコースの地域設定を変更した場合。

登録されたすべての受講者、セッションの講師、およびコース管理者は、コースまたはセッションの更新情報が記載された招待を再度受け取ります。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

LMS365モバイル通知

既定の設定

「セッションの更新」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • 場所/会議URL:会議室/場所 、またはユーザーが通知から直接コースセッションに参加可能なURL の両方またはいずれか 
  • コースの開始日:コースが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付、時刻、タイムゾーン
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付、時刻、タイムゾーン
  • コース管理者:コース管理者の名前

Instructor-led training notifications21.png

LMS365モバイルアプリで受信したセッションの更新通知の例

受講者は、Eメールの「講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」通知も受け取ります。

カタログ管理者は「講師によるトレーニングの予定 - 予定招待」通知テンプレートの件名を変更して、OutlookとMicrosoft Teamsのカレンダーでの予定の表示をカスタマイズできます。

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

セッションの中止

概要

この通知は、登録されている講師によるトレーニングのセッションが中止になったことを、受講者に通知します。この通知は、LMS365モバイルアプリの通知タブで確認できます。また、受講者がプッシュ通知を有効にしている場合は、プッシュ通知として表示されます。

通知のトリガーとなるのは?

コースまたはカタログ管理者が、受講者が登録されている講師によるトレーニングのセッションをキャンセル (または削除) すると送信されます。

宛先とCcフィールドの既定の受信者

受講者

配信タイプ

LMS365モバイル通知

既定の設定

「セッションの中止」通知は、既定の設定で以下の情報を提供します。

  • コース名:コースのタイトル ( コースホームページへのリンク )
  • 場所/会議URL:会議室/場所 、またはユーザーが通知から直接コースセッションに参加可能なURL の両方またはいずれか 。
  • コースの開始日:コースが開始され、コンテンツの利用が可能になる日付と時刻
  • コースの終了日:コースが終了となり、コンテンツが利用できなくなる日付と時刻
  • コース管理者:コース管理者の名前

Instructor-led training notifications22.png

LMS365モバイルアプリで受信したセッションの中止通知の例

セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが有効のコースでは、ユーザーがいずれの単独セッション/セッショングループにも登録されていない、または登録されている単独セッション/セッショングループがキャンセルされても、ユーザーはコースに登録されたままになります。

セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが無効のコースでは、

  • 全て、および複数に登録するタイプのコースでは、ユーザーが、その他の(キャンセルされた以外の)単独セッション/セッショングループに登録されている場合、コースに登録されたままになります。

  • 1つに登録するタイプのコースでは、ユーザーはコースから登録解除されます。

 カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます

編集によりテンプレートをカスタマイズした場合の影響については、こちら参照してください。

 

通知を送信しないケース

コースまたはカタログ管理者のいくつかの操作は、ユーザーにコース通知を送信するトリガーにはなりません。
具体的には以下のような場合です。:

  • ユーザーが、ウエイトリストの登録を取り消した場合。
  • ユーザーが登録している講師によるトレーニングコースが、トレーニングプランに追加され、トレーニングプランでこのコースの前提条件が設定されていない場合。
  • ユーザーが登録された講師によるトレーニングコースが 、トレーニングプランから取り除かれた、または削除された場合。
  • ユーザーが登録されたトレーニングプランのコースの進捗が、リセットされた場合。
    この場合、 トレーニングプランの進捗リセット通知のみ送信されます。
  • 受講者が登録された講師によるトレーニングコースで、管理者の割当または割当解除した場合。
  • コースまたはカタログ管理者によって、まだ公開されていない(予定済み)のコースへユーザーが登録された場合