コースコンテンツの作成・管理の概要

  • 更新

コースコンテンツの作成・管理は、トレーディング作成(編集)パネルのコンテンツセクションで行います。

コース管理者は、コンテンツパッケージ、クイズ、ラーニングモジュール、外部アプリ、評価など、様々なタイプのコンテンツをコースに設定することができます。

ここでは、コンテンツセクションと、個々のコンテンツの作成・管理の概要についてご説明します。


コンテンツセクションの概要

LMS365管理センター>トレーニング管理でコースを選択し、コース管理パネルの「コースコンテンツ管理」を選択します。

capture1.png

トレーニング編集パネルのコンテンツセクションが開き、コースの現在のコンテンツが一覧で表示されています。ここで、当該コースのコンテンツを管理することができます。

capture2.png

無料サンプルコースでは、学習項目の並び替えはできますが、コンテンツを編集することはできません。

capture3.png

コンテンツセクションには、次の情報が表示されます。

名前:学習項目の名前

非表示アイコン:このアイコンが付いた学習項目は、コースホームページに表示されません。

capture4.png

タイプ:学習項目のタイプ(ラーニングモジュール、クイズ、コンテンツパッケージ、外部アプリ、評価)

公開:学習項目が公開されている場合「はい」と表示されます。

アイテム数:学習項目を構成する要素の数。

コース完了:学習項目がコース完了に必須項目の場合「はい」と表示されます。

新しい学習項目がコースに追加されると、自動的にコース完了の必須項目としてマークされます。コース完了の設定を変更するには、コース管理パネル > コース完了設定に移動し、受講者がコースを完了するために必要な学習項目を選択します。コース完了設定については「コース完了設定の作成と管理」をご覧ください。

進捗:受講者の学習項目の進捗。カラーインジケータとパーセンテージにより、進捗状況が一目でわかります。

capture5.png

未開始:受講者は学習項目を開始していません。

受講中:受講者はが学習項目を開始していますが、まだ完了していません。

失敗受講者は最後の試行を失敗した、または学習項目そのものを完了できませんでした。

完了:受講者は学習項目を正常に完了しています。

コースに受講者が登録されていない場合、プログレスバーはグレーになります。

capture6.png


コースに学習項目を追加する

コースに学習項目を追加するには、コンテンツセクションから「+学習項目の追加」を選択し、コースに追加する学習項目の種類を選択します。

capture7.png

無料サンプルコースのコンテンツは編集できないため、学習項目の追加は使用できません。

学習項目を選択した後、開いたパネルから選択した学習項目を追加・作成・アップロードできます。

コンテンツパッケージ:コンテンツ パッケージの作成と管理については、こちらの「コンテンツパッケージのインポート・使用・管理」をご参照ください。

クイズ:クイズの作成と管理については、こちらの「クイズの作成」をご参照ください。

評価:評価の作成と管理については、こちらの「評価の作成と管理」をご参照ください。

外部アプリ:外部アプリの作成と管理については、こちらの「LMS365に統合された外部アプリ:外部コンテンツやツールの追加・管理・削除」をご参照ください。
追加パネルに入力します。

ラーニングモジュール:ラーニングモジュールの作成パネルにリダイレクトされます。ライセンスモジュール作成についてはこちらの「ラーニングモジュールの作成と管理」をご参照ください。


学習項目の順序

既定では、学習項目はコースに追加した順に並んでいます。学習項目をドラッグ&ドロップして順序を変更することができます。

capture8.png

コンテンツセクションの順序はコースホームページに反映されます。ここで、受講者が学習を進める際に学習項目が表示される順番を設定することができます。

新しく追加された学習項目は、既存の学習項目の一番下に追加されます。


前提条件の設定(ロックオプション)

前提条件とは、受講者が先行する学習項目を完了するまで次の学習項目の受講を制限する仕組みです。これにより、管理者は受講者がコースコンテンツを受講する順番をコントロールすることができます。

前提条件を設定は、各学習項目の右端にあるロックアイコンで行います。ロックされた学習項目は、この学習項目より上にある学習項目を完了しなければ、この学習項目に進むことができません。

前提条件有(ロック):mceclip11.png 前提条件無(ロック解除):mceclip12.png

capture9.png

次の場合、学習項目をロックすることはできません。

コースに学習項目が1つしかない場合。

capture10.png

学習項目が、先頭にある場合、学習項目が非表示の場合。

capture11.png

列名にあるロックアイコンをクリックして、すべての学習項目に前提条件を設定することができます。(上記のロックできない場合を除く)

capture12.png

評価がロックされている場合、指導者、コース管理者、またはコースカタログ管理者が承認するまで、受講者は以降の学習項目を進めることはできません。
次のような場合、学習項目の前提条件(ロック)は自動的に解除されます。並び替えや、表示/非表示の変更を行った後は、その都度、前提条件を確認してください。

● 並び替えにより、ロックされた学習項目が先頭に移動した。
● ロックされた学習項目が一旦非表示になり、再度表示された。


学習項目の非表示 

学習項目を非表示に設定すると、コースホームページのコンテンツに表示されません。つまり、受講者にこの学習項目は表示されません。

学習項目を非表示にするには、学習項目を選択し、アクションパネルの非表示アクションを選択します。

capture13.png

確認メッセージが表示されます。「隠す」ボタンで学習項目を非表示にします。

capture14.png

非表示の学習項目には名前の横に_______.pngアイコンが表示されます。

capture15.png

コースの受講(前提条件)、または完了するために必須と設定されている学習項目を非表示にした場合、受講者は受講の継続、コースを完了することができません。

非表示の学習項目を表示するには、学習項目を選択し、アクションパネルの表示アクションを選択します。

capture16.png


コンテンツの管理

コンテンツを管理する機能は、学習項目のタイプにより異なります。

学習項目を管理するには、コンテンツセクションの一覧から選択し、開いたアクションパネルで関連するアクションを選択します。

無料サンプルコースのコンテンツは編集できません。アクションパネルの編集と削除は使用できません。

ラーニングモジュールには、以下のアクションがあります。

受講者の進捗を閲覧:受講者のラーニングモジュールの進捗とラーニングモジュールに追加されている項目のステータスを確認できます。

ラーニングモジュール編集:編集モードのラーニングモジュールパネルにリダイレクトされます。

ラーニングモジュールを非表示/ラーニングモジュールを表示

ラーニングモジュール削除:ラーニングモジュールを削除します。

ラーニングモジュールの管理については「ラーニングモジュールの作成と管理」をご参照ください。

capture17.png

クイズには、以下のアクションがあります。

受講者の詳細を閲覧:受講者の試行の結果や、設問への回答を見ることができます。

設問の統計:設問に対する回答の統計を表示します。

クイズ編集:編集モードのクイズパネルにリダイレクトされます。

クイズを表示/クイズを非表示

コースからクイズを削除:クイズをコースの学習項目から削除します。

クイズの管理については「クイズの編集と管理」をご参照ください。

capture18.png

コンテンツパッケージには、以下のアクションがあります。

受講者の詳細を閲覧コンテンツパッケージの進捗ダッシュボードが開きます。受講者のコンテンツパッケージの進捗を確認できます。

コンテンツパッケージを閲覧コンテンツパッケージが新しいタブで開きます。

コンテンツパッケージの編集:コンテンツパッケージ設定パネルが開きます。

コンテンツパッケージを表示/コンテンツパッケージを非表示

コースからコンテンツパッケージを削除:コンテンツパッケージをコースの学習項目から削除します。

コンテンツ パッケージの管理については「コンテンツパッケージのインポート・使用・管理」をご参照ください。

capture19.png

評価には、以下のアクションがあります。

受講者の詳細を閲覧:受講者の進捗を確認できます。

評価の編集:評価の編集パネルが開きます。

評価を表示する/評価の非表示

評価の削除:評価をコースの学習項目から削除します。

評価の管理については「評価の作成と管理」をご参照ください。

capture20.png

外部アプリには、以下のアクションがあります。

受講者の詳細を閲覧:受講者の進捗を確認できます。

外部アプリの編集:外部アプリの編集パネルが開きます。

外部アプリを表示/外部アプリを非表示

外部アプリの削除:外部アプリをコースの学習項目から削除します。

外部アプリの管理については「LMS365に統合された外部アプリ:外部コンテンツやツールの追加・管理・削除」をご参照ください。

capture21.png