評価の作成と管理

  • 更新

コースに追加できるコンテンツとして評価があります。これは受講者のパフォーマンスを割り当てられた指導者が評価するためのものです。

評価は、コース完了に関わるあらゆることを基準にすることができます。

例えば、機械を正しく取り扱うなど、職場で行われる手作業を行うよう指示し、この作業を指導者が評価することができます。

コースの他の学習項目と同様に、コースの完了に必須として設定することができ、進捗の追跡をすることができます。他の学習項目との主な違いは、評価はオフラインでコースコンテンツ外で受講者によって行われ、完了となるには、割り当てられた指導者によって手動で承認される必要があるということです。

ここでは、コースに評価を追加する方法、編集、削除、表示の設定、評価の進捗を確認する方法についてご説明します。

評価の作成

コースカタログ管理者コース管理者は評価を作成することができます。

他のすべての学習項目と同様に、評価はコース設定パネルの「コンテンツ」セクションでコースに追加します。

評価を作成するには、

1. LMS365 管理センター>トレーニング管理 に移動し、評価を追加するコースを選択します。

2.コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」を選択します。コースのコンテンツセクションが開きます。

3.「+学習項目の追加」のドロップダウンリストから「評価」を選択します。

capture1.png

4.「評価の追加」パネルが開きます。フィールドに入力します。アスタリスクが付いたフィールドは入力必須です。

capture2.png

名前 評価の名前を入力します。指導者のトレーニング ダッシュボードの概要セクションに表示されます。

説明:目的、期間、連絡先などを入力します。説明はコースのホームページ、および受講者が学習する際、評価コンテンツの画面で表示されます。このフィールドを空にした場合、評価には説明が表示されません。

説明にはリッチテキストエディタを使用することができます。YouTube、ビデオ、画像などを挿入して、充実した説明を受講者に提供することができます。また、ファイルを添付することもできます。
フルスクリーンアイコンを選択して、テキストフィールドを拡張して編集することができます。

指導者を指定評価を行うユーザーを指定します。このコースカタログに追加または招待されている、テナント内に存在するユーザー(外部ユーザーを含む)を割り当てることができます。

評価には複数の指導者を割り当てることができ、受講者は、そのうちの1人から承認されることにより、評価を完了することができます。

指導者ロールはコースを管理する権限は付与されません。トレーニングダッシュボードの概要セクションで、指導者として承認する必要のある評価の一覧を表示し、それらを承認することができます。
指導者として割り当てられたり、取り消されたりした場合、当該ユーザーはメールで通知を受け取ります。

指導者名の表示:受講者に指導者の名前を表示します。既定ではこのトグルはオフです。

5.保存して評価を作成します。

コースに追加されたすべての評価は、自動的にコースの完了に必須としてコース完了の初期セットに追加されます。変更するには、コース管理パネル>コース完了設定に移動して、完了セットの編集を行います。

追加された評価は、コースのホームページでは次のように表示されます。

capture3.png

指導者として割り当てられている評価がある場合、そのユーザーのトレーニングダッシュボードの「概要」セクションに評価の一覧が表示されます。

capture4.png

評価を管理する

コースカタログ管理者とコース管理者は、コースのコンテンツセクションから、評価を含むコースに追加された学習項目を管理することができます。

1.LMS365 管理センター>トレーニング管理でコースを選択します。

2.コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」を選択し、コースのコンテンツセクションを開きます。

3.評価を選択します。アクションパネルが開き、次の4つのオプションが利用できます。

  • 受講者の詳細を閲覧
  • 評価の編集
  • 評価の非表示/表示する
  • 評価の削除

capture5.png

受講者の詳細を閲覧

このオプションでは現在コースに登録されている受講者、評価の進捗、評価が承認された日を確認することができます。

コースから登録解除された受講者の評価の進捗を表示するには、その受講者をコースに再登録する必要があります。

capture6.png

名前:受講者の名前。既定ではアルファベット順で表示されます。

ステータス:受講者の進捗を表示します。
「未開始」ー 評価はまだ承認されていません。「完了」ー 評価は承認され完了しています。

完了:指導者が評価を承認した日時。未承認の評価は空欄です。

各列名をクリックして、並べ替えができます。

______.png :評価の進捗をダウンロードすることができます。ダウンロードされたレポートには、現在登録されている受講者の進捗が含まれます。(ステータスでフィルタリングされている場合は、その受講者のみ)
_________.png  :進捗ステータス「すべて」「未開始」「完了」でフィルタリングできます。既定は「すべて」です。

「検索」フィールドを使用して、特定の受講者を見つけることができます。検索は、受講者の名前のみで実行されます。

capture7.png

また、評価の進捗パネルでは、評価を完了した受講者の進捗を削除することができます。
評価を完了した受講者を選択し、アクションパネルの「受講者の進捗を削除」を選択します。
確認メッセージが表示されます。削除すると、受講者の最後の試行が削除されます、削除した試行は元に戻すことはできません。

capture8.png

評価の編集

評価を選択してアクションパネルの「評価の編集」を選択します。
評価の編集パネルが開きます。必要な変更を行い保存します。

評価が更新されても、受講者と指導者に通知されることはありません。

capture9.png

評価の非表示

このオプションでは、コースホームページまたはコースプレーヤーに、学習項目として「評価」を表示せず、受講者が利用できないようにすることができます。

「評価の非表示」を選択すると、確認メッセージが表示され、「隠す」を選択すると評価は非表示となります。

現在の評価の表示ステータスはタイトルの横に表示されます。詳しくは「コースコンテンツの作成・管理の概要」の学習項目の非表示をご参照ください。

capture10.png

評価が非表示になっている場合、「評価を表示する」オプションが表示されます。「評価を表示する」を選択すると、評価は学習項目としてコースのホームページやコースプレーヤーに表示され、受講者が利用できるようになります。

コースの受講(前提条件)、または完了するために必須と設定されている学習項目を非表示にした場合、受講者は受講の継続、コースを完了することができません。

評価の削除

このオプションでは、コースから評価を完全に削除することができます。

「評価を削除」を選択すると、確認メッセージが表示されます。「削除」ボタンを選択すると削除されます。コースから削除された評価は元に戻すことができません。

capture11.png

受講者の評価の進捗の管理

評価の進捗は「コースの進捗」と「ユーザページ」で管理することができます。

コースの進捗から管理する

コース管理者コースカタログの管理者は、コースの進捗から受講者の評価の進捗を表示、管理することができます。

1.LMS365 管理センター>トレーニング管理でコースを選択します。コース管理パネルが開きます。

2.コース管理パネルの「コースの進捗」を選択します。

3.コースの進捗パネルで、受講者名を展開すると、評価を含むコースのすべての学習項目の進捗が表示されます。

capture12.png

評価のステータスは「未開始」:進捗率0%、 または「完了」:進捗率100%です。
指導者、コース管理者、またはコースカタログ管理者によって承認された評価は「 完了」 、承認されていない評価は「未開始」となります。よって、評価では「受講中」ステータスは使用されません。

評価の進捗を変更するには、その評価の現在の進捗や目的に応じて、次のいずれかの方法で行います。

A.「未開始の」評価の場合:

受講者名の右端にある編集アイコン ______.pngを選択します。選択した受講者の進捗が表示されます。受講者のコース内のすべての学習項目の進捗を編集することができます。評価を選択し、そのステータスを「完了」に変更できます。保存して変更を適用します。

capture13.png

B.完了した評価の場合:

受講者名の右端にある編集アイコン ______.pngを選択します。選択した受講者の進捗が表示されます。受講者のコース内のすべての学習項目の進捗を編集することができます。評価を選択し、そのステータスを「未開始」に変更できます。保存して変更を適用します。

受講者名を展開し、評価の右側にある アイコンを選択し、受講者の評価の試行を削除できます。

試行を削除する場合、確認メッセージで「すべての試行」または「最後の試行」 のいずれかを選択することができますが、評価には1つの試行しかないため、結果は同じです。

「削除」で選択した進捗を削除します。削除された評価の進捗を元に戻すことはできません。

capture14.png

C. 完了した評価の場合:

受講者名の右側にある  アイコンを選択し、進捗を削除ます。

capture15.png

コースの進捗を削除パネルが開きます。選択した学習項目の進捗ステータスを「未開始」にリセットすることができます。リセットすると元に戻すことはできません。ここでは確認メッセージは表示されませんので、注意してください。

capture16.png

ユーザーパネルから管理する

コースカタログ管理者は、ユーザーページから受講者の評価の進捗を表示、管理することができます。

1.LMS365 管理センター>ユーザー に移動し、ユーザーを選択します。ユーザーパネルが開きます。

2.ユーザーパネルの「受講の進捗を閲覧」を選択します。

3.受講者の進捗パネルで、コース名を展開すると、評価を含むコースのすべての学習項目の進捗が表示されます。

capture17.png

評価のステータスは「未開始」:進捗率0%、 または「完了」:進捗率100%です。
指導者、コース管理者、またはコースカタログ管理者によって承認された評価は「 完了」 、承認されていない評価は「未開始」となります。よって、評価では「受講中」ステータスは使用されません。

評価の進捗を変更するには、その評価の現在の進捗や目的に応じて、次のいずれかの方法で行います。

A.「未開始の」評価の場合:
コース名の右端にある編集アイコン ______.pngを選択します。選択したコースの進捗が表示されます。受講者のコース内のすべての学習項目の進捗を編集することができます。評価を選択し、そのステータスを「完了」に変更できます。保存して変更を適用します。

capture18.png

B.完了した評価の場合:

コース名の右端にある編集アイコン ______.pngを選択します。選択したコースの進捗が表示されます。受講者のコース内のすべての学習項目の進捗を編集することができます。評価を選択し、そのステータスを「未開始」に変更できます。保存して変更を適用します。

コース名を展開し、評価の右側にある ✖ アイコンを選択し、受講者の評価の試行を削除できます。

試行を削除する場合、確認メッセージで「すべての試行」または「最後の試行」 のいずれかを選択することができますが、評価には1つの試行しかないため、結果は同じです。

「削除」で選択した進捗を削除します。削除された評価の進捗を元に戻すことはできません。

capture19.png

C. 完了した評価の場合:

コース名の右側にある ✖ アイコンを選択し、進捗を削除ます。

capture20.png

受講の進捗を削除パネルが開きます。選択した学習項目の進捗ステータスを「未開始」にリセットすることができます。リセットすると元に戻すことはできません。ここでは確認メッセージは表示されませんので、注意してください。

capture21.png