Learn365 管理センター

  • 更新

目次

はじめに

Learn365 には、Learn365 を管理および設定するためのさまざまなツールが用意されています。

ここでは、Learn365 管理センターへのアクセス、個々のコース カタログの設定、Learn365 のグローバル設定について説明します。

 

Learn365 管理センターにアクセスする

Learn365 管理センターにアクセスする方法は、いくつかあります。

  • カタログ管理者、コース管理者、セッション講師には、コース カタログ ページの右上に歯車アイコンが表示されます。このアイコンを選択すると、Learn 365 管理センターが開きます。
  • SharePoint のサイト ナビゲーションに Learn365 管理センター リンクを追加すると、簡単にアクセスできるようになります。

Learn365 Admin Center-1.png

 

  • Microsoft 365 アプリランチャーに Learn365 アプリを追加すると、簡単にアクセスできるようになります。

Learn365 Admin Center-2.png

 

Learn365 管理センターに入ると、Learn365 で割り当てられた Learn365 のロールと権限に応じて、コースとトレーニング プランの管理、カタログ設定とそのユーザーの管理、その他の管理アクションを実行できるエリアに移動します。

Learn365 Admin Center-3.png

 

Learn365 管理センター ツールバー

Learn365 管理センターには、コース カタログ セレクターと 3 つのアイコンを含むツールバーが配置されています。ツールバーには、次の機能があります。

  • カタログ セレクターでは、利用可能なカタログを切り替えることができます。セレクターからカタログを選択すると、そのカタログの Learn365 管理センターにリダイレクトされます。

    このオプションは、Learn365 管理センターへのアクセス権を持つ講師、コース管理者、カタログ管理者が使用できます。ユーザーは、講師、コース管理者、カタログ管理者ロールを持つカタログのみを閲覧できます。 また、Learn365 管理センターでは、各ロールで許可された機能のみ使用することができます。
    カタログ セレクターはキャッシュ メモリを使用しているため、すでに閲覧権限がないカタログも表示されることがあります。カタログの閲覧に必要な権限がない場合、そのカタログへのアクセスは拒否されます。この問題を解決するには、キャッシュをクリアして、ページを更新してください。

    LMS 管理者ロールを持つカタログ管理者には、「すべてのカタログ」を選択するオプションがあります。このオプションを選択すると、グローバル設定のコース カタログ管理ページにリダイレクトされます。

Learn365 Admin Center-4.png

 

  • 吹き出しアイコンを選択すると、Zensai(Learn365)からの メッセージ フィードが表示されます。同じメッセージが Learn365 管理センターの バナー メッセージ に表示されます。バナー を閉じても、フィードでメッセージを確認することができます。

Learn365 Admin Center-5.png

 

  • ベル アイコンを選択すると、コースとトレーニング プランの管理に関するアクティビティ通知のフィードが表示されます。コースやトレーニングプランを管理する際には、ポップアップメッセージによって管理者にフィードバックが提供され、たとえば、コースが正常に保存されたこと、ユーザーが正常に登録されたことなどを通知します。

Learn365 Admin Center-6.png

 

  • メッセージ アイコンを選択すると、Zensai(Learn365) Support チャットボットとライブチャット オプションにアクセスできます。左メニューの「ヘルプ」からアクセスすることもできます。また、Zensai(Learn365)ヘルプセンターからもアクセスできます。
    ※チャットボットは日本語で表示されますが、会話は英語でのみ行うことができます。

Learn365 Admin Center-7.png

 

Learn365 管理センター ナビゲーション メニュー

Learn365 管理センターにアクセスすると、既定では現在のカタログのトレーニング管理ページが開きます。管理者は、ここから利用可能なカタログ間を移動することができます。

Learn365 管理センターの左側には、設定オプションのメニューがあります。メニューは折りたたむことができます。

コース カタログ メニューへのアクセスは、ロールによって異なります。講師、コース管理者、およびカタログ管理者には、各自のロールに関連するカタログ メニューのみが表示され、アクセスすることができます。

Learn365 Admin Center-8.png

 

カタログへ

メニューの一番上にある「カタログへ 」オプションを選択すると、コース カタログ ホーム ページに移動します。

 

トレーニング管理

Learn365 管理センターにアクセスすると「トレーニング管理」ページが開き、現在のカタログ内のすべてのコースとトレーニング プランが表示されます。

トレーニング管理ページでは、Learn365 で割り当てられたロールと権限に応じて、コースとトレーニング プランの作成、管理、レポートの生成とダウンロード、Go1 コースのインポート、その他のトレーニング管理アクションを実行できます。

トレーニング管理ページの詳細については、こちらを参照してください。

 

ユーザー

「ユーザー」を選択すると、コース カタログ内のすべてのユーザーが表示され、その詳細を管理することができます。

現在のカタログでユーザーが表示されていない場合は、カタログ セレクターを使用して、別のカタログに切り替えることができます。閲覧権限がないカタログへのアクセスは拒否されます。

カタログ セレクターはキャッシュ メモリを使用しているため、すでに閲覧権限がないカタログも表示されることがあります。カタログの閲覧に必要な権限がない場合、そのカタログへのアクセスは拒否されます。この問題を解決するには、キャッシュをクリアして、ページを更新してください。

LMS 管理者のロールを持つカタログ管理者には、「すべてのカタログ」を選択するオプションがあります。このオプションを選択すると、グローバル設定のコース カタログ管理ページにリダイレクトされ、テナントのすべてのカタログを表示できます。

「ユーザー」ページでユーザーを選択すると、「ユーザー」パネルが開き、さまざまなオプションで個々のユーザーを管理することができます。

 

コンテンツ

「コンテンツ」には、「クイズ」、「設問プール」、「コンテンツ パッケージ ストレージ」があります。

capture12.png

 

カタログ設定

「カタログ設定」には、次の項目があります。

  • 認定証テンプレート認定証テンプレートを作成および編集します。
  • カテゴリーコースとトレーニング プランの分類に使用するカテゴリーを管理します。
  • タグコースとトレーニング プランに設定したタグを管理します。
  • スキル フレームワークコース カタログのスキルとスキル レベル セットを管理します。
  • 通知Learn 365 がユーザーに送信する E メールや Microsoft Teams 通知を管理します。
  • サブスクリプション情報サブスクリプション情報の概要を表示します。
  • LMS 設定カタログ ホーム ページ上でのコースおよびトレーニング プランの評価の表示、コース ホーム ページに表示するセッション数、登録フロー、地域の設定、既定のトレーニング バナー画像、xAPI を設定します。

Learn365 Admin Center-9.png

 

グローバル設定

必要なロール: LMS 管理者またはMicrosoft 365 グローバル管理者

グローバル設定では、すべてのコース カタログに共通する設定を行います。既定では、Microsoft 365 グローバル管理者のみが、グローバル設定へのアクセス権を持っています。ただし、特定のユーザーにLMS 管理者ロールを割り当てることで、グローバル設定へのアクセス権を付与することができます。

Learn365 Admin Center-10.png

 

Learn365 グローバル設定では、次のことができます。

ヘルプ

「ヘルプ」メニュー項目から、Zensai(Learn365) Support チャットボットとライブチャット オプションにアクセスできます。ライブ チャット オプションは、Learn365 管理センターの画面右上のメッセージ アイコンからも利用できます。

※チャットボットは日本語で表示されますが、会話は英語でのみ行うことができます。

Learn365 Admin Center-11.png