トレーニング管理ページ:概要と機能

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 管理センターのトレーニング管理ページでは、選択したコース カタログのすべてのコースとトレーニング プランの概要が表示され、ここからコースやトレーニング プランの管理、新しいコースの作成やインポートを行うことができます。

ここでは、トレーニング管理ページの概要と機能について説明します。これには、フィルタリングと並べ替えオプション、ウエイト リスト、セッションのリクエスト、承認待ち、トレーニング プロビジョニングの表示、Go1 および LinkedIn Learning コースのインポートが含まれます。トレーニング管理ページから、「コース管理」パネルや「トレーニング プラン管理」パネルにアクセスし、さまざまなトレーニング管理オプションを利用することができます。

 

トレーニング管理ページの概要

必要なロール:カタログ管理者またはコース管理者

LMS365 管理センターにアクセスすると、既定では、「トレーニング管理」パネルが表示されます。

  • ユーザーがカタログ管理者の場合、現在のコース カタログのすべてのコースとトレーニング プランが表示されます。カタログ管理者は、すべての機能 (トレーニングの作成、インポート、管理、フィルタリングと並べ替え) を利用することができます。

The Training Management1.png

  • ユーザーがコース管理者の場合、管理者として割り当てられたコースとトレーニング プランが表示されます。コース管理者は、トレーニングの管理、フィルタリングと並べ替えなど、機能の利用に制限があります。

The Training Management2.png

 

カタログ管理者は、トレーニング管理ページで、新しいコースとトレーニング プランの作成や、Go1 および LinkedIn Learning コースのインポートができ、現在のカタログ内のすべてのコースとトレーニング プランを確認することができます。

カタログ管理者には、カタログのトレーニング数が上限に近づいた場合または上限に達すると、LMS365 管理センターのトレーニング管理ページに警告通知バナーが表示されます。 トレーニング数の上限の通知については、こちらをご覧ください。

各コースとトレーニング プランには、トレーニングのタイプを示すアイコンが表示されます。

  • e-learning_icon.png:eラーニング コースと Go1、LinkedIn Learning からインポートしたコース
  • Instructorlead_icon.png:講師によるトレーニング コース
  • Trainingplan_icon.png:トレーニング プラン

以下の各列に情報が表示されます。

  • タイトル:コースまたはトレーニング プランのタイトルが表示されます。
  • _______.pngコース カタログに表示アイコン:コースまたはトレーニング プランが、コース カタログ (受講者) に表示されているか否かを示します。この列では、並べ替えとフィルタリングが利用できます。コースまたはトレーニング プランの表示は、「トレーニング設定」パネルの「設定」セクションにある「コース カタログに表示」オプションで設定します。
  • _______.pngコース (トレーニングプラン) の進捗:棒グラフ アイコンを選択すると、コース (トレーニング プラン) の進捗ダッシュボードが開きます。
  • 登録済み:コースまたはトレーニング プランに、現在登録されている受講者の数が表示されます。
  • 完了:コースまたはトレーニングプランを完了した受講者の数が表示されます。
  • 期限切れ:コースまたはトレーニング プランに設定された期日までに完了していない、または、期日が過ぎた後に完了した受講者の数が表示されます。
  • ステータス:コースまたはトレーニング プランの現在のステータスが表示されます。ステータスは以下のいずれかです。
    • 公開______.png:設定された開始日が到来し、公開されています。
    • 非公開_______.png:公開していません。
    • 予定______.png:公開に設定されているが、設定された開始日が到来していません。
  • カテゴリー:コースまたはトレーニング プランに設定さているカテゴリーが表示されます。この列では、並べ替えとフィルタリングが利用できます。

The Training Management3.png

  • Cloudアイコン.pngコンテンツ パッケージのインポート元この列は、Go1、LinkedIn Learning の統合が設定され、それらのコースが LMS365 にインポートされている場合にのみ表示されます。インポートされたコンテンツ パッケージのインポート元が、該当するブランド アイコンで表示されます。

The Training Management4.png

 

  • 平均評価 (星アイコン)受講者から受けたコースまたはトレーニング プランの評価 (非表示の評価は除く) の平均値を表示します。非表示の評価値は計算に含まれませんが、コースまたはトレーニング プランに提供された評価の件数の合計値にはカウントされます。この列では、並べ替えが利用できます。
  • お気に入りアイコン.pngお気に入りこのコースまたはトレーニング プランを現在お気に入りとしてマークしている受講者の数が表示されます。表示されている数にカーソルを合わせると、このコースまたはトレーニング プランを、お気に入りとしてマークしたことのある受講者数 (全期間) と、現在お気に入りとしてマークしている受講者数 (現在のお気に入り) が表示されます。この列では、並べ替えが利用できます。

コースまたはトレーニング プランを選択すると、「コース管理」または「トレーニング プラン管理」パネルが開き、ここから利用可能な管理オプションを選択できます。

 

トレーニングの作成

カタログ管理者は、「+トレーニングの作成」オプションを使用して、コースやトレーニング プランを作成できます。カタログ管理者およびコース管理者として割り当てられたユーザーは、トレーニング管理ページからそれらを管理することができます。

詳細については、以下を参照してください。

Go1 コースのインポート

LMS365 では、Go1 と LMS365 の統合により、Go1 コースを LMS365 にインポートして利用することができます。

LMS365 にインポートされた Go1 コースは eラーニング コースとして扱われ、「コース管理」パネルを通じて同じ方法で管理できます。

LMS365 と Go1 の統合を設定する方法、Go1 からコースをインポートする方法については、こちらを参照してください。

 

LinkedIn Learning コースのインポート

LMS365 では、LinkedIn Learning と LMS365 の統合により、LinkedIn Learning コースを LMS365 にインポートして利用することができます。

LMS365 にインポートされた LinkedIn Learning コースは eラーニング コースとして扱われ、「コース管理」パネルを通じて同じ方法で管理できます。

LMS365 と LinkedIn Learning の統合を設定する方法、LinkedIn Learning からコースをインポートする方法については、こちらを参照してください。

 

トレーニングの並べ替え、フィルタリング、検索

「トレーニング管理」ページでは、トレーニングの並べ替え、フィルタリング、検索ができます。フィルターと検索テキストを組み合わせて、該当するトレーニングをすばやく見つけることができます。

1.任意の列名 (ステータス列は除く) をクリックして、アルファベット順 (昇順 A-Z または降順 Z-A) や数値順 (昇順または降順) に並べ替えることができます。

2.選択フィルターのドロップダウンから、トレーニング タイプ、公開ステータス、Viva Learning への共有、Go1 コンテンツ、Linkedin Learning コンテンツによるトレーニングのフィルタリングができます。 既定では、公開ステータスを問わず、カタログ内のすべてのコースとトレーニング プランが表示されます。Go1 コースや LinkedIn Learning コースがインポートされている場合は、フィルターで該当するチェックボックスを選択して、それらのコースのみを表示することができます。Go1 コースや LinkedIn Learning コースを含むトレーニング プランも表示されます。

フィルターを組み合わせて使用し、たとえば、特定の公開ステータスを持つ、特定のタイプのコースを表示することができます。カタログ管理者は、さらに表示をフィルタリングして、Viva Learning と共有されたコンテンツのみを表示することもできます。コース管理者には、自身が管理者であるコースとトレーニング プランのみが表示されます。

The Training Management5.png

 

選択フィルターのドロップダウンには、次の項目があります。

  • すべて選択:利用可能なすべてのフィルターを選択します。多くのパラメーターを選択する場合は、すべてを選択した後、不要なパラメーターの選択を解除する方が便利です。フィルターをリセットするには、一度「すべて選択」を選択し、解除します。
  • トレーニング タイプ:eラーニング、講師によるトレーニング、トレーニング プランでフィルタリングすることができます。複数選択が可能です。
  • 公開ステータス:トレーニングの現在の公開ステータスでフィルタリングすることができます。複数選択が可能です。
    • 公開:公開されているコースとトレーニング プランを表示します。
    • 非公開:非公開のコースとトレーニング プランを表示します。
    • 予定済:公開が予定されているコースとトレーニング プランを表示します。開始日が現在より先に設定されているトレーニングです。
    • 公開終了:終了日が現在より前のコースとトレーニング プランを表示します。
  • その他:
    • 「Viva Learning で表示」または「Viva Learning で非表示」:Viva Learning と共有されているコースとトレーニング プランをフィルタリングできます。この項目を選択した場合、コースとトレーニング プランの表示は、トレーニング設定パネルの「設定」セクションにある「Viva Learning で表示」オプションの設定によりコントロールされます。
    • Go1 のコンテンツ:Go1 からインポートされたコースを表示します。Go1 コースを含むトレーニング プランも表示されます。
    • LinkedIn Learning のコンテンツ:LinkedIn Learning からインポートされたコースを表示します。LinkedIn Learning コースを含むトレーニング プランも表示されます。

 

重要!

Viva Learning と共有されているトレーニングを正確に把握するためには、「Viva Learning で表示」だけでなく、公開ステータスの「公開」も選択してください。「公開」フィルターを選択しなかった場合、非公開、予定済、公開終了のトレーニング、および対象者が設定されているトレーニングも表示に含まれます。

 

3.列見出しにあるフィルターを使用すると、コース カタログに表示されている、または表示されていないコースやトレーニング プランを素早く見つけることができます。

The Training Management6.png

 

4.カテゴリーによるフィルタリングにより、選択したカテゴリーに応じたコースやトレーニングプランを表示することができます。複数選択が可能です。「すべて選択」 (リストの一番上) または「カテゴリー無」 (リストの一番下) も選択できます。

The Training Management7.png

 

5.コースやトレーニング プランのタイトル、あるいはカテゴリー名をすべてまたは一部のみ入力し、該当するトレーニングを検索することができます。検索文字列を入力すると、検索パラメーターに一致するトレーニングのみが表示されます。

The Training Management8.png

 

ウエイト リスト

概要

ウエイト リストを選択すると、現在、ウエイト リストにユーザーが登録されているコースが表示されます。各コースのウエイト リストに追加されたユーザー数は、コース タイトルの横に表示されます。

ウエイト リストは、講師によるトレーニング コースでのみ利用することができます。

The Training Management9.png

 

コース、セッション、セッション グループのウエイト リストを管理するには、コースを選択し、「コース管理」パネルの「ウエイト リスト」を選択します。

開いた「ウエイト リスト」パネルで、選択したセッションやグループにユーザーを登録するか、ウエイト リストからユーザーを削除します。「ウエイト リスト」パネルは、セッションの登録タイプによって若干の違いがあります。

 

1つのグループ、またはセッションに登録するタイプ

1つのグループまたはセッションに登録するタイプでは、以下の情報が表示されます。

  • セッションのドロップダウン リスト:既定値は「すべてのコース セッション」です。コースのすべてのセッションとセッション グループに対する、すべてのリクエストが表示されます。

ドロップダウンリストで、セッションまたはセッション グループを選択すると、それに対するリクエストのみが表示されます。

The Training Management10.png

 

以下の列が表示されます。

  • 名前:コース、そのセッション、またはセッション グループへの登録をリクエストしたユーザの名前。
  • 日時:ユーザーのリクエストが送信された日付と時刻。
  • コース セッション:ユーザーがウエイト リストに追加された日付と時刻、もしくはセッションまたはセッション グループのタイトル (タイトルが提供された場合)。

ウエイト リストを管理するには:

1.該当するユーザーを選択します。「アクション」パネルが開きます。

2.ユーザーが登録をリクエストしたセッションまたはセッション グループを確認します。「登録するセッションを選択」ドロップダウンから、別のセッションまたはセッション グループを選択できます。

The Training Management11.png

 

3.該当するアクションを選択します。

  • 選択したセッションに受講者を登録:選択したセッションまたはセッション グループにユーザーを登録します。
    選択したセッションやセッション グループに空席がない場合は、定員数超過を通知するメッセージが表示されます。
  • ウエイト リストから受講者を削除:セッションまたはセッション グループのウエイト リストからユーザーを削除します。

The Training Management12.png

 

全グループおよびセッションに登録するタイプ

全グループおよびセッションに登録するタイプでは、「ウエイト リスト」パネルに以下の 2 つの列が表示されます。

名前:コースとそのすべてのセッションおよびセッション グループへの登録をリクエストしたユーザの名前。

日時:ユーザーのリクエストが送信された日付と時刻。

The Training Management13.png

 

ウエイト リストを管理するには:

1.該当するユーザーを選択します。「アクション」パネルが開きます。

2.該当するアクションを選択します。

  • コースに受講者を登録:ユーザーをコースとそのすべてのセッションおよびセッション グループに登録します。
    コースに空席がない場合は、定員数超過を通知するメッセージが表示されます。「登録する」を選択すると、ユーザーはコースとそのすべてのセッションとセッション グループに登録されます。
  • ウエイト リストから受講者を削除:コースのウエイト リストからユーザーを削除します。

The Training Management14.png

 

複数のグループまたは単独セッションに登録するタイプ

複数のグループまたは単独セッションに登録するタイプでは、「ウエイト リスト」パネルに以下の 3 つの列が表示されます。

名前:単独セッションおよびセッション グループへの登録をリクエストしたユーザーの名前。

日時:ユーザーのリクエストが送信された日付と時刻。

コース セッション:「セッション リスト (N)」リンクが表示されます。ユーザーがウエイト リストに登録している単独セッションとセッション グループの数がかっこ内に表示されます。

The Training Management15.png

 

「セッション リスト (N)」リンクを選択すると、セッション名、開始日と終了日、タイムゾーン、場所が表示されます。セッション グループを展開すると、グループ内の各セッションの情報が表示されます。

The Training Management16.png

 

ウエイト リストを管理するには:

1.該当するユーザーを選択します。「アクション」パネルが開きます。

2.該当するアクションを選択します。

  • コースに受講者を登録:ユーザーを、選択した単独セッションおよびセッション グループに登録します。
    単独セッションおよびセッション グループのいずれにも空席がない場合は、定員数超過を通知するメッセージが表示されます。「登録する」を選択すると、ユーザーはそれらのセッションまたはグループに登録されます。
  • ウエイト リストから受講者を削除:コースのすべての単独セッションおよびセッション グループのウエイト リストからユーザーを削除します。

The Training Management17.png

 

セッションのリクエスト

「セッションのリクエスト」フィルターは、講師によるトレーニング コースのライン マネージャー ダッシュボードに表示されます。このアイコンを選択すると、現在、ユーザーからセッションのリクエストが送信されているコースが表示されます。各コースに送信されたリクエスト数は、コース名の横に表示されます。

このフィルターを選択した場合、受講者名の横に登録申請数も表示されます。

The Training Management18.png

 

ユーザーのリクエストを管理するには:

1.該当するコースを選択します。「コース管理」パネルが開きます。

2.「セッションのリクエスト」を選択します。「セッションのリクエスト」パネルが開きます。以下の各列に情報が表示されます。

  • 名前:リクエストを送信したユーザーの名前。
  • 日時:ユーザーのリクエストが送信された日付と時刻。
  • メッセージ:ユーザーからのメッセージ。

The Training Management19.png

 

3.該当するリクエストを選択します。すべてのリクエストを選択するには、列見出し「名前」の横にあるチェックボックスをオンにします。「アクション」パネルが開きます。

4.必要なアクションを選択します。

  •  メッセージの送信:ユーザーへのメール送信については、こちらを参照してください。
  • セッションのリクエストを削除:選択したユーザーのリクエストを削除します。この操作は元に戻すことができません。

The Training Management20.png

 

登録申請

「登録申請」を選択すると、登録申請が保留中になっているコースとトレーニング プランが表示されます。横に表示された数は、現在保留となっている申請の合計数です。

登録申請が保留となっているコースとトレーニング プランには、そのタイトルの横に _____.png マークが表示されます。

The Training Management21.png

 

受講申請を確認するには、該当するコースまたはトレーニング プランを選択して開いた管理パネルから、「受講承認」を選択します。「受講承認」パネルが開きます。

保留中の登録申請、申請の承認・却下については、こちらを参照してください。

 

プロビジョニング

「プロビジョニング失敗」フィルターを選択すると、プロビジョニングに失敗したコースとトレーニング プランが表示されます。

The Training Management22.png

 

現在プロビジョニング中のコースとトレーニング プランは、タイトルの横に回転ホイールのアイコンが表示されます。回転ホイールのアイコンを選択すると、現在のステータス、開始日時、現在の作業内容、進捗率などの情報を見ることができます。

The Training Management23.png

 

出席の確認

「出席の確認」フィルターを選択すると、出席確認が必要なセッションを含む講師によるトレーニング コースが表示されます。このフィルターは、少なくとも 1 人の参加者の出席確認が必要なセッションを含むコースがある場合にのみ表示されます。横に表示された数は、そのようなセッションを含むコースの合計数です。

 

Teams 会議出席レポートに基づく自動出席登録については、こちらを参照してください。

 

管理パネル

コース管理者およびカタログ管理者は、「トレーニング管理」ページでコースとトレーニング プランを管理します。管理するコースまたはトレーニング プランを選択すると、「コース管理」パネルまたは「トレーニング プラン管理」パネルが開きます。

「コース管理」パネルで実行できる操作の詳細については、以下を参照してください。

「トレーニング プラン管理」パネルで実行できる操作の詳細については、こちらを参照してください。